また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2663626 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

東京都の最西端と最北端をぐるりと(雲取山〜酉谷山〜三ッドッケ、鴨沢BS、東日原BS)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月20日(火) ~ 2020年10月21日(水)
メンバー
天候1日目:雲もあるけど概ね晴れ
2日目:曇り、ほんのり霧雨、のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅、鴨沢BS
帰り:東日原BS、奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【鴨沢BSから雲取山荘まで】
茶煮場手前で猿の群れに遭遇。
幸い絡まれず。
たくさんの人が歩くルートなので、特に問題なし。
石尾根縦走路に上がり、千本ツツジのピークを踏みに行くという余計なことをして、消耗。

【雲取山荘から酉谷山まで】
芋の木ドッケを過ぎるとグッと紅葉が進んでいました。
桂谷ノ頭付近は痩せ尾根、岩稜もあり、ちょっと険しいです。
水松山辺りは多重山陵で、ピークを踏む場合はちょっと注意。
酉谷避難小屋の水場は豊富に出ていました。

【酉谷山から東日原BS】
巻き巻きで行くので楽です。
橋を通る時や、何ヶ所か崩落帯を通る時は注意。
七跳山、三ッドッケはピークを踏みに行き、時間と体力を消耗。
あてにしていた一杯水は出ていませんでした。
もう脚もいっぱいいっぱいという所で滝入ノ峰のピークを踏みに行くというバカなことをして、かなり消耗。
ヨコスズ尾根の一番の難所は、登山口付近の石ゴロゴロ帯ではないでしょうか。
その他周辺情報直行、直帰。
雲取山荘泊。
酉谷避難小屋でお昼にさせていただきました。
とてもきれいで快適に使わせてもらいました。

写真

ここからスタート。
2020年10月20日 07:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート。
淡々と登る中で、こういう区切りが助かります。
全部で10枚。
2020年10月20日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡々と登る中で、こういう区切りが助かります。
全部で10枚。
1
駐車場はガスってましたが、高度を上げてどうやら上に出たようです。
2020年10月20日 08:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はガスってましたが、高度を上げてどうやら上に出たようです。
猿の群れに出くわしました。
2020年10月20日 08:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿の群れに出くわしました。
1
イノシシの足跡も。
2020年10月20日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの足跡も。
1
茶煮場の近くに水場。
2020年10月20日 08:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶煮場の近くに水場。
1
生き物たちの気配が濃い森。
2020年10月20日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生き物たちの気配が濃い森。
1
七ツ石小屋でお昼休憩。
2020年10月20日 10:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋でお昼休憩。
富士山がきれいに見えていました。
2020年10月20日 10:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がきれいに見えていました。
1
空も紅葉もいい感じ。
2020年10月20日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空も紅葉もいい感じ。
1
時間に余裕があるので、ちょっと寄り道。
石尾根を東へ。
2020年10月20日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕があるので、ちょっと寄り道。
石尾根を東へ。
2
千本ツツジに立ち寄り。
2020年10月20日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千本ツツジに立ち寄り。
1
雪をまとった南アルプスが見えました。
2020年10月20日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとった南アルプスが見えました。
1
石尾根を西に戻って、七ツ石神社をお参り。
2020年10月20日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根を西に戻って、七ツ石神社をお参り。
2
オオカミの狛犬。
2020年10月20日 11:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカミの狛犬。
3
そして晴天の七ツ石山。
2020年10月20日 11:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして晴天の七ツ石山。
3
まだまだ長そうです。
2020年10月20日 11:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ長そうです。
1
これで10枚コンプ。
2020年10月20日 12:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで10枚コンプ。
1
ダンシングツリーは今日も元気にクネってます。
2020年10月20日 12:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンシングツリーは今日も元気にクネってます。
1
晴天下の紅葉は格段にきれいです。
2020年10月20日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天下の紅葉は格段にきれいです。
3
黄色もいいですね。
2020年10月20日 12:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色もいいですね。
2
小雲取への登りから振り返って。
2020年10月20日 12:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取への登りから振り返って。
巻かずに寄ります。
2020年10月20日 12:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻かずに寄ります。
小雲取山もピークをチェック。
2020年10月20日 13:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山もピークをチェック。
2
奥秩父主脈を一望。
2020年10月20日 13:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父主脈を一望。
2
雲取山まであと一歩。
2020年10月20日 13:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山まであと一歩。
まずは山梨百名山。
2020年10月20日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは山梨百名山。
1
東京都最高峰、そして最西端。
2020年10月20日 13:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都最高峰、そして最西端。
1
三ッドッケが見えています。
翌日はあそこまで行きます。
2020年10月20日 14:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッドッケが見えています。
翌日はあそこまで行きます。
1日目はここまで。
2020年10月20日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目はここまで。
1
まだ日の出前ですが、距離が長いので早出します。
気温は氷点下になったようです。
2020年10月21日 05:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ日の出前ですが、距離が長いので早出します。
気温は氷点下になったようです。
2
だいぶ空が白み始めました。
周囲は真っ白のようです。
2020年10月21日 05:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ空が白み始めました。
周囲は真っ白のようです。
芋ノ木ドッケの山頂標が見つけられず。
この標識だけかな?
2020年10月21日 06:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケの山頂標が見つけられず。
この標識だけかな?
2
長沢背陵に入っていきます。
2020年10月21日 06:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背陵に入っていきます。
錦秋の森を楽しめます。
2020年10月21日 06:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦秋の森を楽しめます。
5
桂谷ノ頭周辺では痩せ尾根、岩稜、急傾斜が続きます。
2020年10月21日 07:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂谷ノ頭周辺では痩せ尾根、岩稜、急傾斜が続きます。
3
奥多摩全域がガスってます。
2020年10月21日 07:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩全域がガスってます。
長沢山到着。
小休止。
2020年10月21日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢山到着。
小休止。
2
水松山、三角点の前に山頂標。
2020年10月21日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水松山、三角点の前に山頂標。
1
東京都最北端、酉谷山へ。
2020年10月21日 10:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都最北端、酉谷山へ。
ガスってて奥多摩の最果て感がより一層感じられます。
風も当たってだいぶ寒いです。
2020年10月21日 10:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってて奥多摩の最果て感がより一層感じられます。
風も当たってだいぶ寒いです。
3
酉谷避難小屋の水場は豊富に出ていました。
500mlペットボトルが5秒くらいでいっぱいに。
2020年10月21日 10:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷避難小屋の水場は豊富に出ていました。
500mlペットボトルが5秒くらいでいっぱいに。
2
お昼休憩に使わせていただきました。
2020年10月21日 10:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼休憩に使わせていただきました。
2
後半は巻き道がほとんど。
2020年10月21日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半は巻き道がほとんど。
ここから七跳山のピークへ。
2020年10月21日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから七跳山のピークへ。
山頂標が2つ。
2020年10月21日 12:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標が2つ。
2
ハナド岩からはこの日の出発地、雲取山が見えました。
遠くから来たもんだ。
2020年10月21日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナド岩からはこの日の出発地、雲取山が見えました。
遠くから来たもんだ。
1
奥に石尾根、手前はタワ尾根。
2020年10月21日 12:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に石尾根、手前はタワ尾根。
バス時間の調整で、予定外の三ッドッケ(天目山)立ち寄り。
2020年10月21日 13:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス時間の調整で、予定外の三ッドッケ(天目山)立ち寄り。
3
蕎麦粒山、川苔山。
またガスってきました。
2020年10月21日 13:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山、川苔山。
またガスってきました。
ここに来てベアークロー。
2020年10月21日 13:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来てベアークロー。
2
一杯水での給水をあてにしていましたが、出ていませんでした。
2020年10月21日 13:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水での給水をあてにしていましたが、出ていませんでした。
1
一杯水避難小屋前で小休止。
陽が射して暖かいです。
2020年10月21日 13:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋前で小休止。
陽が射して暖かいです。
1
ベンチ前は栗だらけ。
2020年10月21日 13:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチ前は栗だらけ。
ヨコスズ尾根は天然の森。
カロー谷の方から鹿の声が。
2020年10月21日 14:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨコスズ尾根は天然の森。
カロー谷の方から鹿の声が。
3
最後にピーク拾い。
正規ルートを外れ、右の急斜面へ。
2020年10月21日 14:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にピーク拾い。
正規ルートを外れ、右の急斜面へ。
滝入ノ峰をチェック。
取り付きからの急登と、きわどい痩せ尾根は堪えました。
2020年10月21日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝入ノ峰をチェック。
取り付きからの急登と、きわどい痩せ尾根は堪えました。
1
P1180を踏んで、緩斜面を選んで正規ルートへ戻ります。
2020年10月21日 15:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1180を踏んで、緩斜面を選んで正規ルートへ戻ります。
登山口すぐ手前の石ゴロゴロ道が一番厄介です。
2020年10月21日 15:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口すぐ手前の石ゴロゴロ道が一番厄介です。
無事下山。
長かった上に余計にピーク踏みに走ったため、だいぶ消耗しました。
2020年10月21日 15:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
長かった上に余計にピーク踏みに走ったため、だいぶ消耗しました。
3

感想/記録

2日目の長沢背稜縦走はきつかった…というほどではなく、余計なピーク踏みや滝入ノ峰立ち寄りなどでムダに消耗しました。
貸し切りの長沢背稜は快適、錦繍の旅ができました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:341人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ