また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2678563 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

黒戸尾根で行く初冬の甲斐駒ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
1時間39分
合計
9時間29分
Sスタート地点07:4608:43笹の平分岐08:4409:24刃渡り09:2509:33刀利天狗09:3509:58五合目小屋跡10:0210:03屏風小屋跡10:0610:27七丈小屋10:3211:06八合目御来迎場11:0911:55駒ヶ岳神社本宮11:56甲斐駒ヶ岳12:1012:12駒ヶ岳神社本宮12:1413:07八合目御来迎場13:1213:41七丈小屋14:2214:48屏風小屋跡14:5314:55五合目小屋跡15:0115:30刀利天狗15:42刃渡り15:4416:21笹の平分岐16:2617:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報温泉&サウナ  夢みの丘 500円 http://yumemionsen.pepper.jp/
冷たい水風呂&遠赤外線ヒーターサウナで
仕上がり早いです。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 いつもの夏山装備からの変更点
・チェーンスパイク追加
・レインWトップス トレントフライヤーからストームクルーザーへ変更
・短パンをファイントラックのスカイトレイルパンツ(ロングパンツ)へ変更
・ファイントラックのスキンメッシュのアームスリーブ追加
・ファイントラックのスキンメッシュのロングスリーブT追加
・ブラックダイヤモンドのウィンドシェル追加
・テムレス手袋をボア付きの物へ変更
・ダイソーのナイロン手袋をソフトシェルの手袋へ変更

写真

秋晴れの中、スタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋晴れの中、スタートです。
3
吊り橋わったたらスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋わったたらスタートです
1
尾白川散策している方も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川散策している方も
1
この分岐からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐からスタート
1
標高が低いところは広葉樹の落葉が始まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が低いところは広葉樹の落葉が始まっています。
1
前回8月よりも早く七丈小屋に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回8月よりも早く七丈小屋に着きました。
2
七丈小屋幕営地より少し上った箇所から積雪があります。
特に北側斜面では、何度も膝まで踏み抜きました。(踏み痕が多いところを歩いているつもり)
ここからチェーンスパイク装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋幕営地より少し上った箇所から積雪があります。
特に北側斜面では、何度も膝まで踏み抜きました。(踏み痕が多いところを歩いているつもり)
ここからチェーンスパイク装着しました。
2
日陰になる鎖場は凍結箇所もありました。(11時ころ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰になる鎖場は凍結箇所もありました。(11時ころ)
2
山頂に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
3
BSの百名山TVで修行僧が崖下を覗いた岩かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BSの百名山TVで修行僧が崖下を覗いた岩かな
2

感想/記録

今期、2度目の黒戸尾根。
七丈小屋のネット情報によると積雪があるため、対応できなかったら引き返す前提で登りました。
山友は3:30頃にスタートだけど、オイラは遅れて合流する事に。
(山頂からの眺めを山友と一緒に味わいたい)
意外と七丈小屋までは前回よりも早かったので、もう少し頑張ろうとスピード上げたら、テント場から少し上から積雪が有り、樹林帯を抜け北側斜面になったら膝まで踏み抜く箇所もあり慎重に進みますが、どうせなら楽しんで行きました!
気になるのは2本の剣が立っている急な箇所。ここに積雪があったら引き返そうと思いましたが、
日向だったため、積雪ゼロでした。
八合目の祠まで着いたところで山頂を見ると山友が下山しそうなタイミングでした。

山頂で記念撮影し、早々に下山開始。七丈小屋でカップラ補給。
あとはお話ししながら早足で下山。なんとかヘッデン無しで下山完了できました。
スキー場では毎週のように雪道を歩いていますが、山岳での積雪路は初めてなので、良い経験になりました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:424人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ