また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2780807 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

大山(鶴巻温泉から大山三峰縦走コースで清川へ)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅 清川 に駐車。https://michinoeki-kiyokawa.jp/
道の駅の目の前にあるバス停 清川村役場前6:10発本厚木行の神奈川中央交通バスに乗車。
本厚木から小田急線に乗り、鶴巻温泉駅で下車。
鶴巻温泉駅から大山、三峰山を経由して道の駅 清川へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
1時間27分
合計
8時間29分
S鶴巻温泉駅08:4309:10吾妻山09:15矢倉沢道方面分岐09:1609:37善波峠09:47名古木浅間山09:56念仏山10:0110:18谷戸ノ頭10:30聖峰分岐10:3110:35高取山10:4010:53不動越(イヨリ峠)11:01千畳敷山11:19百合ノ台11:26浅間山11:3211:34蓑毛越11:54西の峠12:1016丁目12:1212:1820丁目12:2825丁目12:39大山13:3413:44不動尻分岐14:09梅の木尾根分岐14:17唐沢峠14:23不動尻三峰分岐14:2414:45不動尻大山分岐14:55七沢山15:10大山三峰山15:2016:36森ノ岳17:05煤ヶ谷17:0617:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鶴巻温泉〜大山
 道幅が広い所が多く、歩きやすい。雨でも特に問題なかった。
大山〜清川
 三峰山前後はヤセ尾根、アップダウン、鎖場、ハシゴが連続し、雨に濡れて滑りやすかった。
その他周辺情報お風呂:清川村ふれあいセンター 「別所の湯」
https://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/shisetsu/1/4/998.html
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

道の駅 清川からバス、電車を乗り継ぎ鶴巻温泉駅にやってきた。
ここから大山に向かい、大山三峰縦走コースで清川に戻る計画。
2020年12月05日 08:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅 清川からバス、電車を乗り継ぎ鶴巻温泉駅にやってきた。
ここから大山に向かい、大山三峰縦走コースで清川に戻る計画。
東名高速をくぐる。遮音壁の外側に樹木が生い茂っている。
2020年12月05日 08:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東名高速をくぐる。遮音壁の外側に樹木が生い茂っている。
道標をたどって登山道の入口へ。
2020年12月05日 08:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標をたどって登山道の入口へ。
道幅が広く歩きやすいなと思っていたら雨が降ってきた。
2020年12月05日 08:55撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅が広く歩きやすいなと思っていたら雨が降ってきた。
吾妻山に到着。東屋があったので雨を避け、レインウェアを着て出発。
2020年12月05日 08:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻山に到着。東屋があったので雨を避け、レインウェアを着て出発。
道の感じは変わることなく念仏山に到着。大きいなぁ。
2020年12月05日 09:53撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の感じは変わることなく念仏山に到着。大きいなぁ。
根っ子でいっぱいの道。
2020年12月05日 10:20撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っ子でいっぱいの道。
岩。雨に濡れていたけどここは滑らなかった。
2020年12月05日 10:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩。雨に濡れていたけどここは滑らなかった。
今度は木段。それにしても寒いのにレインウェアの中が蒸れて汗が止まらない。
2020年12月05日 10:29撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は木段。それにしても寒いのにレインウェアの中が蒸れて汗が止まらない。
高取山に到着。汗だくになるほどだったのに、立ち止まると寒い。
2020年12月05日 10:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山に到着。汗だくになるほどだったのに、立ち止まると寒い。
不動越えの不動明王像。
2020年12月05日 10:50撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動越えの不動明王像。
雨は止んだ様子だけど、ガスがより濃くなってきた。
2020年12月05日 11:10撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は止んだ様子だけど、ガスがより濃くなってきた。
浅間山に登っている時に見かけたコンクリの板のような、ぐちゃぐちゃに散らばっているけど何だこれは。
2020年12月05日 11:21撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山に登っている時に見かけたコンクリの板のような、ぐちゃぐちゃに散らばっているけど何だこれは。
浅間山に到着。丹沢山塊百名山?そんなんがあると初めて知った。むむむ。自分たちはいくつ登ったのか。
2020年12月05日 11:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山に到着。丹沢山塊百名山?そんなんがあると初めて知った。むむむ。自分たちはいくつ登ったのか。
蓑毛越。右に行くとケーブルカーの阿夫利神社駅に向かう。ここは直進で。
2020年12月05日 11:31撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛越。右に行くとケーブルカーの阿夫利神社駅に向かう。ここは直進で。
岩がゴロゴロした急斜面を直登。
2020年12月05日 11:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロした急斜面を直登。
道が緩やかになり木道が続く。
2020年12月05日 11:45撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が緩やかになり木道が続く。
4年前に大山に登った時ってこんな感じだった気がする。
2020年12月05日 11:51撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4年前に大山に登った時ってこんな感じだった気がする。
大きな岩もゴロゴロしてる。
2020年12月05日 11:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩もゴロゴロしてる。
木段って疲れる。
2020年12月05日 12:02撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段って疲れる。
ケーブルカーから登ってくる登山道と合流。
2020年12月05日 12:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカーから登ってくる登山道と合流。
あー、こんな感じだった。4年前に登った時。
2020年12月05日 12:12撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー、こんな感じだった。4年前に登った時。
富士見台から見えるのは白い世界。
2020年12月05日 12:15撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から見えるのは白い世界。
あ、鳥居だ。もうすぐ山頂。
2020年12月05日 12:30撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、鳥居だ。もうすぐ山頂。
大山山頂に到着。ここでお昼ごはんにするも、汗が冷えて寒くてしょうがなかった。気温は6℃。
2020年12月05日 12:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山山頂に到着。ここでお昼ごはんにするも、汗が冷えて寒くてしょうがなかった。気温は6℃。
2
見晴台方面に少し下って分岐を左に入り、大山三峰縦走コースへ。
2020年12月05日 13:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台方面に少し下って分岐を左に入り、大山三峰縦走コースへ。
木段の木が濡れて滑った。
2020年12月05日 13:41撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段の木が濡れて滑った。
こんな感じで歩きやすい道が続くのかな。
2020年12月05日 13:51撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで歩きやすい道が続くのかな。
1
ヤセ尾根にはチェーン柵が。丹沢では見かけたことがないので、気軽に登れる大山近辺ならではなのかな?
2020年12月05日 14:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根にはチェーン柵が。丹沢では見かけたことがないので、気軽に登れる大山近辺ならではなのかな?
梯子もチェーン柵付きで優しくなっている。
2020年12月05日 14:10撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子もチェーン柵付きで優しくなっている。
1
ところが、ここ不動尻三峰分岐から先から様子が激変。
そもそも三峰山方向を差す道標がない。
2020年12月05日 14:18撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが、ここ不動尻三峰分岐から先から様子が激変。
そもそも三峰山方向を差す道標がない。
近づいてよく見ると、「↑三峰」と誰かが書いたみたい。
2020年12月05日 14:18撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてよく見ると、「↑三峰」と誰かが書いたみたい。
三峰山方向に進むと、いきなり踏み跡が薄くなった。
2020年12月05日 14:21撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山方向に進むと、いきなり踏み跡が薄くなった。
尾根伝いに歩いていくと、誤って進んでしまいそうな方向にロープが張られていた。
2020年12月05日 14:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いに歩いていくと、誤って進んでしまいそうな方向にロープが張られていた。
激変は踏み跡が薄いだけでなく、ヤセ尾根の様子も先ほどまでと大違い。チェーン柵なんてない。
2020年12月05日 14:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激変は踏み跡が薄いだけでなく、ヤセ尾根の様子も先ほどまでと大違い。チェーン柵なんてない。
鎖が出て来た。チェーンが新しい。
2020年12月05日 14:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖が出て来た。チェーンが新しい。
崩れたヤセ尾根にかかる梯子には、さっきと違ってチェーン柵はない。濡れて滑るので慎重に渡らないと。
2020年12月05日 14:53撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れたヤセ尾根にかかる梯子には、さっきと違ってチェーン柵はない。濡れて滑るので慎重に渡らないと。
1
鎖場を下る場所では土が滑るので後ろ向きで。
2020年12月05日 14:55撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を下る場所では土が滑るので後ろ向きで。
あれが三峰山のピークかと思ったら違っていた、を何度か繰り返す。
2020年12月05日 15:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが三峰山のピークかと思ったら違っていた、を何度か繰り返す。
三峰山に到着。
2020年12月05日 15:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山に到着。
2
そこからの下りがいきなり急だ。
2020年12月05日 15:17撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからの下りがいきなり急だ。
なんともテクニカルなコースだ。
2020年12月05日 15:20撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんともテクニカルなコースだ。
ここが道中最も危ない場所だった。ハシゴがめちゃくちゃ滑って傾斜もあるので、とても歩く気になれない。鎖は低くて使えない。梯子の左側を降りて、鎖やハシゴをつかみながら渡った。足場はしっかりしていたのでこちらの方が断然いい。ただ、白い根っこは滑るので注意。
2020年12月05日 15:24撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが道中最も危ない場所だった。ハシゴがめちゃくちゃ滑って傾斜もあるので、とても歩く気になれない。鎖は低くて使えない。梯子の左側を降りて、鎖やハシゴをつかみながら渡った。足場はしっかりしていたのでこちらの方が断然いい。ただ、白い根っこは滑るので注意。
この梯子もめちゃくちゃ滑ったので、後ろ向きで四つん這いになって降りた。鉄板の階段は穴がいっぱいでバリがあるので滑らない。
2020年12月05日 15:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この梯子もめちゃくちゃ滑ったので、後ろ向きで四つん這いになって降りた。鉄板の階段は穴がいっぱいでバリがあるので滑らない。
ここのロープ、見た目滑りそう。そして思いっきり滑った。
2020年12月05日 15:40撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのロープ、見た目滑りそう。そして思いっきり滑った。
崩落が進むヤセ尾根。大きな木がかろうじて身を支えている。
2020年12月05日 15:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が進むヤセ尾根。大きな木がかろうじて身を支えている。
なかなか幻想的な雰囲気。ハリーポッターに出て来そうな森だ。
2020年12月05日 16:07撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか幻想的な雰囲気。ハリーポッターに出て来そうな森だ。
1
煤ケ谷方面に下山。
2020年12月05日 16:08撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤ケ谷方面に下山。
道標では森ノ岳を指し示していなかったけど、真っすぐ尾根伝いに歩いてピストンすることに。
2020年12月05日 16:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標では森ノ岳を指し示していなかったけど、真っすぐ尾根伝いに歩いてピストンすることに。
森ノ岳には雨量計が。雨量を城山ダムに知らせるために作られたと書かれていた。こういった雨量計のデータも見て津久井湖の緊急放流をするのかな。
2020年12月05日 16:31撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森ノ岳には雨量計が。雨量を城山ダムに知らせるために作られたと書かれていた。こういった雨量計のデータも見て津久井湖の緊急放流をするのかな。
道の駅まではもうすぐそこ。
2020年12月05日 16:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅まではもうすぐそこ。
登山口までもうすぐのところでヘッデンを装備。
「カラス なぜ鳴くの〜♪」の放送とともに無事下山しました。
2020年12月05日 16:59撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口までもうすぐのところでヘッデンを装備。
「カラス なぜ鳴くの〜♪」の放送とともに無事下山しました。

感想/記録

 鶴巻温泉駅から大山を目指し、そのまま三峰山を経由して清川へ縦走しました。大山は小学校の遠足で登ったくらいとても登りやすい山ですが、大山から北側の大山三峰縦走コースは、丹沢っぽさを感じるテクニカルなコースでした。なんだか別々の山を楽しんでしまった気分。ただ、雨の日に行くのはおすすめでないです。10時には雨が上がってピーカンになる予報だったのになぁ。
 今シーズンの登山はこれで終了です。今シーズンはかなり山に登ったし、だいぶ力が付いた気がします。来年の春に登ったらリセットされて愕然とするんだろうなぁ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:265人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ