また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2786519 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

悪沢岳と赤石岳(三伏→椹島)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年12月03日(木) ~ 2020年12月06日(日)
メンバー
天候概ね晴天
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間45分
休憩
2時間40分
合計
16時間25分
Sスタート地点21:4023:00鳥倉林道登山口00:40ほとけの清水01:30三伏峠小屋02:30烏帽子岳04:00小河内岳避難小屋05:3005:30小河内岳05:30大日影山05:30板屋岳09:00高山裏避難小屋10:1010:40高山裏縦走路水場15:00前岳15:30中岳15:45荒川中岳避難小屋
2日目
山行
2時間0分
休憩
15分
合計
2時間15分
荒川中岳避難小屋11:4512:45悪沢岳13:0014:00荒川中岳避難小屋
3日目
山行
13時間30分
休憩
35分
合計
14時間5分
荒川中岳避難小屋06:3006:45中岳08:00荒川小屋08:1508:50大聖寺平08:50小赤石岳の肩08:50小赤石岳10:45赤石岳・小赤石岳間分岐10:30赤石岳10:4011:00赤石岳・小赤石岳間分岐11:00北沢源頭12:20富士見平12:40赤石小屋12:5013:50カンバ段15:25牛首峠16:00聖沢登山口19:30畑薙ダムゲート前20:20白樺荘20:20ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稜線は3日間とも常時15〜20mの風が吹いてました。
2日目の朝は、小雪で吹雪いて視界なしのためふて寝。
3日目は、天気悪くなる傾向が見受けられましたが
5時間以内に安全圏に逃げ込めるので赤石岳へいきました。
3日目の林道歩きは、光岳へ行けなかった敗者の罰ゲームで3割ランニング混じりです。(宿泊先の温泉入るため)
コース状況/
危険箇所等
基本的に夏道を通行しました。
ある程度ルートファインディング能力が必要です。
水場は、細い水場は朝は凍っていて夕方出てることもあります。
気温による影響を受けるポイントは注意して下さい。

夕立パノラマ公園 トイレ使える
1700mの水場 (多分通年使える)
三伏峠2000m から残雪
三伏峠2300m 水場凍結
三伏小屋 未調査
烏帽子岳までトレースあり(ハイマツ漕ぎ)
小河内岳避難小屋 利用可能(トイレと水NG)
裏高山避難小屋 小屋、トイレ、水場通年使えそう。
2450mの水場 凍結
ここから危険エリア
2500mから3000m さらさら雪15cmずり落ちやすい滑り止め聞かない厄介な雪面
前岳取り付き さらさら雪と岩と崖のミクックス注意
中岳避難小屋 利用可能(トイレ、水NG)
中岳→悪沢岳 雪少なく危なくない
中岳→荒川小屋 中岳下降点のルート若干わかりにくい。
2750m水場   コップで汲めるていど
荒川小屋   冬季小屋利用可能。トイレNG.水場未調査沢まで降りれば取れます。
荒川小屋→大聖平 大聖平手前で防寒対策必要
大聖平→赤石岳 季節風と夏道を外さないように。
赤石岳下降点→富士見平 一番雪多いエリア粉雪30cm.
沢水得られます。谷トラバース注意
ここまで危ないエリア
富士見平→赤石小屋 踏み跡あり
赤石小屋 未調査
2325m付近 雪あり
椹島まで 普通の登山道
椹島→ゲート 16km 徒歩(水場なし)
ゲート→白樺莊 7km ランニング

アイゼンが必要な雪面なし。チェーンスパイクが便利。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

13kg(3泊4日分)
2020年12月03日 15:19撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13kg(3泊4日分)
4
前回の塩見岳ー間ノ岳より40分余計にじかんかかりました。
2020年12月04日 01:28撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の塩見岳ー間ノ岳より40分余計にじかんかかりました。
2
小河内岳避難小屋で仮眠1時間
三伏→高山裏は雪あったり無かったりです。
這松漕ぎあり。
2020年12月04日 05:28撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳避難小屋で仮眠1時間
三伏→高山裏は雪あったり無かったりです。
這松漕ぎあり。
2
高山裏避難小屋 カモシカが小屋脇に。
2020年12月04日 08:51撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋 カモシカが小屋脇に。
4
木の脇でカモシカが、
2020年12月04日 08:51撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の脇でカモシカが、
5
高山裏避難小屋の水場
耐水層からいきなり沢になるか年中無休
2020年12月04日 09:06撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋の水場
耐水層からいきなり沢になるか年中無休
2
水場の案内標識
たまにある。下り10分帰り15分
2020年12月04日 09:18撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の案内標識
たまにある。下り10分帰り15分
1
小屋のトイレ🚻使えました。
2020年12月04日 09:31撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のトイレ🚻使えました。
1
高山裏→前岳のルート上水場
9月なら使えますが、やはり使えない。
細い水場は気温の影響をうけます。
ここは吹き溜まり地形通るからそれなりに
雪あります。
2020年12月04日 10:37撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏→前岳のルート上水場
9月なら使えますが、やはり使えない。
細い水場は気温の影響をうけます。
ここは吹き溜まり地形通るからそれなりに
雪あります。
2
高山裏小屋から60分
ここから地獄の蟻地獄ルート開始
雪は少なく見えますがサラサラで
引っ掛かりなし。岩は歩きづらい。
完全に雪にうもってアイゼンガシガシ効けば楽そうだけど多分サラサラ雪ぽさそう!
2020年12月04日 12:56撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏小屋から60分
ここから地獄の蟻地獄ルート開始
雪は少なく見えますがサラサラで
引っ掛かりなし。岩は歩きづらい。
完全に雪にうもってアイゼンガシガシ効けば楽そうだけど多分サラサラ雪ぽさそう!
4
7割登ってまだ斜度あります。
夏道外すと雪の蟻地獄
少し埋まるけど夏道が安全
2020年12月04日 13:54撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7割登ってまだ斜度あります。
夏道外すと雪の蟻地獄
少し埋まるけど夏道が安全
3
稜線の先は崖落ちる?
まだしばらくあとにしときます。
2020年12月04日 14:09撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の先は崖落ちる?
まだしばらくあとにしときます。
3
前岳手前の稜線
少しだけ稜線あるかないといけません。
左手は崖右手側は登ってきた蟻地獄
落ちたらピッケル付ストックじゃ止まらないな。
2020年12月04日 14:54撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳手前の稜線
少しだけ稜線あるかないといけません。
左手は崖右手側は登ってきた蟻地獄
落ちたらピッケル付ストックじゃ止まらないな。
2
奥中央が前岳山頂
左手の細い雪を行きます。
稜線歩きは拒否。
2020年12月04日 14:57撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥中央が前岳山頂
左手の細い雪を行きます。
稜線歩きは拒否。
3
前岳山頂から赤石岳
( ´ー`)フゥー...やっとこ安全圏に到着。
数秒で手足をかじかませる痛い季節風が
吹いてます。
2020年12月04日 15:26撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳山頂から赤石岳
( ´ー`)フゥー...やっとこ安全圏に到着。
数秒で手足をかじかませる痛い季節風が
吹いてます。
3
2晩お世話になった中岳避難小屋
常時20mの風が吹いていたから寒くてガンガン音(手摺が鉄骨に当たる)がしてました。
小屋中にツエルト張ってやっとこぬくぬく。
ツエルト無かったり危なかったです。
2020年12月04日 15:30撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2晩お世話になった中岳避難小屋
常時20mの風が吹いていたから寒くてガンガン音(手摺が鉄骨に当たる)がしてました。
小屋中にツエルト張ってやっとこぬくぬく。
ツエルト無かったり危なかったです。
6
小屋前からきたアルプス
2020年12月04日 15:35撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前からきたアルプス
2
塩見間の岳農鳥
朝は雪でした。(写真なし)
2020年12月05日 11:35撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見間の岳農鳥
朝は雪でした。(写真なし)
4
停滞日にしたから悪沢岳へ偵察
赤石岳行きたいけど千枚岳から下る可能性ありだし。
2020年12月05日 11:35撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
停滞日にしたから悪沢岳へ偵察
赤石岳行きたいけど千枚岳から下る可能性ありだし。
7
悪沢岳は大きい。
夏道でのぼります。雪はあったり無かったり
2020年12月05日 11:50撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳は大きい。
夏道でのぼります。雪はあったり無かったり
7
悪沢岳山頂から赤石岳と仮の住処
2020年12月05日 12:46撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂から赤石岳と仮の住処
4
登山道だけ雪あり。
登山道以外あるけません。
2020年12月05日 13:10撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道だけ雪あり。
登山道以外あるけません。
3
悪沢岳下山中中岳を望む。
登山道だけ良い雪あります。
両脇は這松
2020年12月05日 13:15撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳下山中中岳を望む。
登山道だけ良い雪あります。
両脇は這松
6
中岳にのぼりかえす。
2020年12月05日 13:35撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳にのぼりかえす。
1
中岳→荒川小屋間
岩雪MIX 
2020年12月06日 07:23撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳→荒川小屋間
岩雪MIX 
1
中岳→荒川小屋途中の水場はチョロチョロ。
水音はかなりしますがコップですくうていど
でも命の水場です。助かりました。
2020年12月06日 07:28撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳→荒川小屋途中の水場はチョロチョロ。
水音はかなりしますがコップですくうていど
でも命の水場です。助かりました。
3
荒川小屋水場チェックせず。
50m下れば沢水取れそうな音はしてます。
2020年12月06日 07:53撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋水場チェックせず。
50m下れば沢水取れそうな音はしてます。
2
大聖寺平へ向かう途中
そろそろ防寒対策必要なところ
2020年12月06日 08:21撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平へ向かう途中
そろそろ防寒対策必要なところ
2
大聖寺平だだっ広い
そして風の通り道。
(だから雪はありません)
2020年12月06日 08:42撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平だだっ広い
そして風の通り道。
(だから雪はありません)
3
大聖寺平から北アルプス
大聖寺平ー赤石岳山頂はほとんど雪付きの
道。10cmから30cm
2020年12月06日 08:54撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平から北アルプス
大聖寺平ー赤石岳山頂はほとんど雪付きの
道。10cmから30cm
1
小赤石岳から赤石岳へ続く尾根
2020年12月06日 09:47撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳から赤石岳へ続く尾根
4
赤石岳山頂ちょっと高曇り残念
2020年12月06日 10:30撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳山頂ちょっと高曇り残念
4
赤石岳から椹島へ下るカール
2020年12月06日 10:56撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳から椹島へ下るカール
1
ここ下ります。登るのはそろそろ危険ですね。バックカントリースキーするならいい斜面。装備的には滑ったら止まれないから
超慎重モード。
2020年12月06日 10:56撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ下ります。登るのはそろそろ危険ですね。バックカントリースキーするならいい斜面。装備的には滑ったら止まれないから
超慎重モード。
2
下山ルート見えますか?
2020年12月06日 10:56撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ルート見えますか?
2
登山道の凹み部分雪付き
2020年12月06日 11:48撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の凹み部分雪付き
1
赤石小屋の避難小屋
2020年12月06日 12:58撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋の避難小屋
2
ヤレヤレ!無事下山
2020年12月06日 15:25撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ!無事下山
1
林道24kmの罰ゲーム
2020年12月06日 20:16撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道24kmの罰ゲーム
1

感想/記録

夕陽のビデオ




昼のビデオ




大学4年時に北岳→光岳→寸又峡をやって以来20年ぶりに南アルプス縦走をしたくて、3区間に分けチャレンジしました。当時は40kgを背負ってましたが今は13〜2kgおっさんは無駄な荷物を持てません。

基本的に公共交通機関を活用
1区間 長坂駅→甲斐駒ヶ岳→仙丈ヶ岳→仙流荘
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2699464.html

2区間 大河原→鳥倉→塩見→間の岳→農鳥→奈良田
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2737778.html

3区間 鳥倉→大河内→中岳→悪沢→赤石→聖→光岳→池口→和田(実績は赤石岳リタイヤ)
百間洞は、目の前でとても遠かったです。

一応、距離、標高差、宿泊地標高は地道にアップしてます。テキトウで山のぼりしたら危ないから。

荷物は、厳選したアイテムだけで12kg(道具7kg,食料2.5kg水2.5kg)です。基本的に濡れたらアウトな編成なので、汗濡れ、ドボン厳禁。

南アルプス(特に南部)は、給水ポイントが少なく苦労します。冬季縦走は、使えない水場が多いです。
枯れない水源で確実に補給して下さい。
他人のレコ信じると危ないです。
湧出系の水場と滲み水系では水量と外気から受ける
影響が違いますから。

湧出系の水場
○甲斐駒ヶ岳神社の御神水
○北沢峠 長英小屋
○夕立パノラマ公園先の清水
○高谷裏避難小屋の水場 
あとは、未確認。

滲み水系(冬季は期待できない)
仏の清水
高山裏小屋から30分歩いた水場
 
今回、予備日(超晴天)があるのに聖岳へ突っ込まなかった理由は明白で、どの下山口でも最終日は、日の出から真剣勝負で下山してぎりぎりセーフなんです。
聖は、単体で冬登頂してるし、光岳まで行けないなら
。。。という理由。赤石岳→聖岳間は距離が長くとても素敵な場所ですが無理は禁物。

今回便利だったアイテムは、電熱ベストとツエルトです。電熱ベストは電気なしで暖かく、いざというときは携帯電話のバッテリーでかなり暖かくなれます。
ツエルトは避難小屋の中で使いました。寒気を直接吸わないことで自分の排気を使い空間を加湿加温できます。

このルートは、誰入ってなくて自分でルート探せラッセルもこなせて、臨機応変に下山口選べないとちょっと危険なエリアです。
雪の少ない場所もあれば、雪が吹き溜まる地形もありますから。

他人の足跡あるだけでもかなりスピード違うものです。
樹林帯の雪の下のルート探索はこつが必要です。短足族の兎テンの足跡は案外夏道を使ってます。鹿も、案外登山道を使います。一番気ままなのはカモシカであの足跡は信じちゃいけません。登山道は森の動物達の高速道路ですから。私はルート探索に短足族の足跡はかなり参考とします。

あと11月12月の他人のレコは、行ける人もいるんだ位で読んでください。雪がサラサラ、ザラメ、アイスという条件や積雪深が5cmピッチでコースタイム変わります。(一応ワカン持参)

参考までに鳥倉登山道のコースタイム
林道終点から三伏峠までの所要時間
前回 2時間(大河原から標高1000m徒歩アルバイトしたあと)仏の清水から少し雪
今回 2時間40分(タクシー)標高2000からガッツリ5cm

路面状況のほんのちょっと違うだけでコースタイム変わります。

塩見岳へ行けたから悪沢岳へと向かうのはものすごく危険な選択です。

稜線の長さ(体温低下)やルート探索、など総合力が異なります。塩見岳はルート的に針葉樹林帯の中で季節風を直撃する時間が短く人が踏み固めた高速道路です。
 一方、三伏→高山裏は吹きさらしと樹林帯のMIXで
ラスボスの高山裏から先の前岳に取り付く標高差600mのカールは、風の通り道でかなり大変でした。

粉雪の蟻地獄!谷からは季節風の応援団、そして稜線につけば崖と岩雪MIXの急傾斜の狭い稜線。。。

私の場合初日は夜間歩行後の追加エクササイズなので
明らかなオーバーワークです。自分の体力を下方修正しないと。。。高山裏小屋までは楽勝でしたが。

悪沢岳へ冬行くなら正直椹島経由が正解です。(笑)
千枚岳の小屋がいい場所(水あり)にあります。
無理に長距離歩く必要ありません。

今年のアルプス快速登山は今週で終わりかな?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1522人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ