また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3247998 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

行者小屋テント泊

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年06月05日(土) ~ 2021年06月06日(日)
メンバー
天候1日目 くもりときどき晴れ
2日目 くもりときどき小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸やまのこ村の駐車場を利用(1000円/日)。やまのこ村さんは休業中で、代金は赤岳山荘さんにお渡ししました。
バス停がある美濃戸口からやまのこ村までの林道は悪路です。ハイカーさんもいるので運転には気を付けて。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
4時間43分
休憩
1時間55分
合計
6時間38分
行者小屋04:1404:44地蔵の頭04:4504:53二十三夜峰05:00日ノ岳05:03鉾岳05:0505:08石尊峰05:0905:14三叉峰05:19横岳(無名峰)05:23横岳05:32台座ノ頭05:3305:44硫黄岳山荘05:4506:00硫黄岳06:0406:19赤岩の頭06:2006:46ジョウゴ沢06:50大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:5107:07中山尾根展望台07:0807:12行者小屋08:3508:43中山尾根展望台09:09赤岳鉱泉09:2610:14堰堤広場10:1510:46美濃戸10:4710:52やまのこ村10:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸から行者小屋、赤岳鉱泉を結ぶ南沢、北沢ルートは沢沿いですが非常によく整備されてました。沢を横切る橋もしっかりしたつくりで安心です。
地蔵尾根から横岳、硫黄岳への稜線ルートは岩場やハシゴなど多いですが、雨で濡れていたりしなければ大丈夫だと思います。
その他周辺情報行者小屋はテント泊のみ(2000円/日)。昼のみ小屋番さんがいるらしく、17時過ぎには閉まってました。翌日赤岳鉱泉にてお支払いしました。

写真

南沢ルートに入って早々にホテイラン。
2021年06月05日 12:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢ルートに入って早々にホテイラン。
これはなんじゃ?
2021年06月05日 12:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなんじゃ?
なだらかな登り基調のトレイル。
2021年06月05日 12:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな登り基調のトレイル。
なんとかスミレだろうな。
2021年06月05日 13:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかスミレだろうな。
これぞ八ヶ岳の森。
2021年06月05日 14:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ八ヶ岳の森。
広い河原に出ると横岳の岩壁がお出迎え。
2021年06月05日 14:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い河原に出ると横岳の岩壁がお出迎え。
きょうのお宿。お世話になります。
2021年06月05日 15:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうのお宿。お世話になります。
1
こりゃ絶景テント場だわ。
2021年06月05日 15:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃ絶景テント場だわ。
2
阿弥陀岳に向かいます。
2021年06月05日 16:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳に向かいます。
コルに出ると日本のトップ2が!
2021年06月05日 16:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに出ると日本のトップ2が!
1
南ア北部がしっかりと見えます。
2021年06月05日 16:18撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア北部がしっかりと見えます。
赤岳の迫力よ。
2021年06月05日 16:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の迫力よ。
1
諏訪湖と、その後ろに御嶽、乗鞍、穂高に槍も。
2021年06月05日 16:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖と、その後ろに御嶽、乗鞍、穂高に槍も。
このアングルいい!
2021年06月05日 16:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このアングルいい!
3
阿弥陀から降りてテン場でまったりしてたら赤岳が焼けた!しばしボーゼン。
2021年06月05日 18:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀から降りてテン場でまったりしてたら赤岳が焼けた!しばしボーゼン。
7
横岳も真っ赤!
2021年06月05日 18:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳も真っ赤!
3
その後も北アの夕景など楽しみつつ。
2021年06月05日 19:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も北アの夕景など楽しみつつ。
1
翌朝、地蔵尾根を登ります。急登ですが、登りやすい。
2021年06月06日 04:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、地蔵尾根を登ります。急登ですが、登りやすい。
しばらく上がると展望が開けてきます。
2021年06月06日 04:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく上がると展望が開けてきます。
途中にあるお地蔵様。
2021年06月06日 04:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあるお地蔵様。
東側は金峰、甲武信、十文字峠、両神、御座山、神流の山々?と見渡せます。
2021年06月06日 04:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側は金峰、甲武信、十文字峠、両神、御座山、神流の山々?と見渡せます。
丹沢のほうまで見えてそう。
2021年06月06日 04:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢のほうまで見えてそう。
お、ナンバーワン。
2021年06月06日 05:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、ナンバーワン。
硫黄岳山頂。だだっ広いですが、北側は断崖絶壁で崩壊も進んでるらしくロープが張られて立ち入り禁止になってます。
2021年06月06日 06:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂。だだっ広いですが、北側は断崖絶壁で崩壊も進んでるらしくロープが張られて立ち入り禁止になってます。
御嶽と乗鞍が。
2021年06月06日 06:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽と乗鞍が。
赤岩の頭。昨年はここからオーレン小屋に降りたなぁ。
2021年06月06日 06:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭。昨年はここからオーレン小屋に降りたなぁ。
赤岳鉱泉のテン場。
2021年06月06日 06:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のテン場。
赤岳鉱泉と行者小屋をつなぐ道にもマムートさんが!
2021年06月06日 08:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉と行者小屋をつなぐ道にもマムートさんが!
ちょっと降られつつの下山。
2021年06月06日 09:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと降られつつの下山。
んでごほうびの宿へ。
2021年06月06日 12:18撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んでごほうびの宿へ。

感想/記録

「八ヶ岳の涸沢」と勝手に呼んでる行者小屋に奥さんと2人で行ってきました。その名(笑)に違わぬすばらしい景観に囲まれてのテント泊、やっぱりよかったです♪
今年はできれば南北八ヶ岳の縦走をしてみたい…!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:185人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 急登 コル テン 地蔵 涸沢 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ