また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3255402 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

今季初の乗鞍岳 ライチョウ撮影

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年06月07日(月) [日帰り]
メンバー
天候 晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
乗鞍春山バスが、6月5日から片の小屋口まで延伸。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:42 スタート(0.00km) 09:42 - ゴール(6.91km) 14:57
コース状況/
危険箇所等
大雪渓の登りは覚悟していたが、県境から肩の小屋に通じる車道の除雪がされていなかった。
その他周辺情報乗鞍白雲荘さんは、オープン準備中。待ち遠しいな。。。

写真

今季初の乗鞍ライチョウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今季初の乗鞍ライチョウ。
ハイマツ脇にメスも居ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ脇にメスも居ました。
1
3羽目のライチョウ。
往路では発見しにくい岩陰に居ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3羽目のライチョウ。
往路では発見しにくい岩陰に居ました。
縄張りの見渡せる岩の上に鎮座しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縄張りの見渡せる岩の上に鎮座しています。
なんか変なのが来たって感じで見つめられます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか変なのが来たって感じで見つめられます。
1
危害が及ばないと判ると、辺りをキョロキョロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危害が及ばないと判ると、辺りをキョロキョロ。
お疲れの様で、居眠りを始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れの様で、居眠りを始めました。
1
山背景で撮れる絶好の位置なのですが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山背景で撮れる絶好の位置なのですが。。。
槍・奥穂を背景にすると、ライチョウが岩陰に。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・奥穂を背景にすると、ライチョウが岩陰に。。。
仕方ないので、こんな画で我慢するしかありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ないので、こんな画で我慢するしかありません。
2
メスに合図を送っているのか、時折、小声で「グ. ルグルー」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メスに合図を送っているのか、時折、小声で「グ. ルグルー」
3
時間があれば、ゆっくり撮影できるのですが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があれば、ゆっくり撮影できるのですが。。。
1
4羽目のライチョウ。
帰路の車道に出て来ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4羽目のライチョウ。
帰路の車道に出て来ていました。
道路を横切り、這夏の方に移動しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を横切り、這夏の方に移動しています。
往路にこの山の反対斜面であったオスとは別の個体の様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路にこの山の反対斜面であったオスとは別の個体の様です。
バックショット。
背中にも冬毛が若干残ってますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックショット。
背中にも冬毛が若干残ってますね。
2
バスの時間が迫る中でのあわただしい撮影で、気を付けていたつもりが、オスを興奮させてしまいました。
反省然りです。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの時間が迫る中でのあわただしい撮影で、気を付けていたつもりが、オスを興奮させてしまいました。
反省然りです。。。
2
オスが気にしていたハイマツの中からメスが登場。
今回5羽目のライチョウです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オスが気にしていたハイマツの中からメスが登場。
今回5羽目のライチョウです。
2
やはり、メスの方が用心深いですね。
今回、時間がないので、自然な姿を撮れるところまで持ち込めませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、メスの方が用心深いですね。
今回、時間がないので、自然な姿を撮れるところまで持ち込めませんね。
1
こんなに派手なのに、砂利道だと保護色ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに派手なのに、砂利道だと保護色ですね。
2
辛うじてペアを1枚の画角に入れられたので、帰路に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛うじてペアを1枚の画角に入れられたので、帰路に着きます。
1
慌てて下るも、好事魔多し。
下界からライチョウの鳴き声が聞こえたかと思えば、飛んできて岩に止まるライチョウを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慌てて下るも、好事魔多し。
下界からライチョウの鳴き声が聞こえたかと思えば、飛んできて岩に止まるライチョウを確認。
現場に着くと、立ち入り禁止のハイマツ帯に入り込み、近接撮影している不届き者が。。。
注意して出てもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現場に着くと、立ち入り禁止のハイマツ帯に入り込み、近接撮影している不届き者が。。。
注意して出てもらいました。
2
この画では、場所がバレバレですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この画では、場所がバレバレですね。
1
バスの出発時間ギリギリまで撮影を続けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの出発時間ギリギリまで撮影を続けます。
この子もお疲れの様子で、居眠りを始めてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この子もお疲れの様子で、居眠りを始めてしまいました。
ここを上るのかと思うと、ゾッとします。
2021年06月07日 09:45撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上るのかと思うと、ゾッとします。
ここからは、肩の小屋は見えない様ですね。
2021年06月07日 09:45撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、肩の小屋は見えない様ですね。
エコーラインの除雪作業はお休みの様子。
こっちを上がってしまおうかな?
2021年06月07日 09:46撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインの除雪作業はお休みの様子。
こっちを上がってしまおうかな?
1
しかし、立ち入り禁止看板はそのまま。
仕方がないので、肩の小屋を目指しましょう!
2021年06月07日 09:46撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、立ち入り禁止看板はそのまま。
仕方がないので、肩の小屋を目指しましょう!
げっ!
肩の小屋に続く車道の除雪もまだされていない!
折角スノースパイク外したのに付け直す羽目に。。。
2021年06月07日 11:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げっ!
肩の小屋に続く車道の除雪もまだされていない!
折角スノースパイク外したのに付け直す羽目に。。。
不消ヶ池も、まだ雪渓の中。
2021年06月07日 11:14撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不消ヶ池も、まだ雪渓の中。
不消ヶ池から先は、スノースパイクは必要ありませんでした。
2021年06月07日 11:14撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不消ヶ池から先は、スノースパイクは必要ありませんでした。
ようやく鶴ヶ池が見えてきました。
2021年06月07日 11:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく鶴ヶ池が見えてきました。
鶴が池周囲では、白雲荘のスタッフが登山道整備の真っ最中。
2021年06月07日 11:30撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴が池周囲では、白雲荘のスタッフが登山道整備の真っ最中。
我が別荘は健在なり。
2021年06月07日 12:03撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が別荘は健在なり。
ここからの風景が好き!
2021年06月07日 13:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの風景が好き!
普段はカメラだけで彷徨う道も、荷物を背負ってだと、結構大変。
2021年06月07日 13:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普段はカメラだけで彷徨う道も、荷物を背負ってだと、結構大変。
やっとバスが見えてきました。
2021年06月07日 14:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとバスが見えてきました。

感想/記録

春山バスの片の小屋口延伸を受け、乗鞍岳へライチョウ撮影に。
大雪渓の登りは覚悟していましたが、肩の小屋から鶴が池方面に向かう摩利支天岳脇の道路も雪が残っていて。。。
鶴が池周囲では、乗鞍白雲荘のスタッフが、登山道整備の真っ最中。
目的だった大黒岳の滞在時間は一時間ほど。
ライチョウを見つけても、時間が気になり落ち着いて撮影できない状態。
乗鞍白雲荘のオープンが待ち遠しいですね。

肝心のライチョウ写真は、現在校正の真っ最中。
この短時間にしては、6羽に逢えたのは奇跡的。(遠目のも含んでですが。。。)
準備ができたら、上げますね。

【2021/06/09追記】
ライチョウ写真もアップしました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:190人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ