また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3391415 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

富士山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年07月26日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 午後から台風の影響で強風
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

本当は浅間神社から山頂泊の予定だったが、いつも定宿にしていた小屋が今年は宿泊をしないと言う事で、5合目からのピストン。

高山病や熱中症にならないようにする事や、来週同僚を連れていく事になってしまったのでその下見を兼ねている。

主に来週の下見の目的もあるが、去年登れなかった分をゆっくり楽しむためが最大の目的。「富士山は観るものだ!」という人や「つまらない」「飽きる」「なんで?」という人がいるが最近は勝手に言わしてる(笑)何回登ってもその度に楽しい。もちろん富士山だけでないけど。

というわけで、今回も早朝に自宅を出発。高速代を少しでも浮かすために4時前にIC通過(笑)上野原あたりから雨が降り始め談合坂付近で土砂降り!天気予報を信じ走り続け大月のトンネルを過ぎるころにはすっかり止み、月明かりが!
5時前に富士山パーキングに到着し朝ご飯を食べながらゆっくり準備を整える。
始発が6時なのでその前にチケット売り場に並ぶ。検温してバスに乗り込み、5合目へ!5合目に着く頃には晴れてきてソワソワしだす。はやる気持ちを抑えながらトイレを済ませもう一度装備を確認して出発。
協力金と体調チェックをを済ませて歩き出すとどうしてもペースが上がる。我慢して我慢して抑える(笑)歩き出すときには思わず「ただいま」と言って一人で笑ってしまった。

月曜日と言う事もあり人は少ない。狙ったとおり、そして明日台風が来ることも影響しているかもしれない。6合目まではゆっくりおだやかに歩ける。シャクナゲが咲いていたりユリが咲いていたり、小さな花も咲いているのが見えた。下界の方は厚い雲海で覆いつくされていて何も見えないけどそれもまた良きかな。

6合目の安全センターで台風がこれから来るから風で落石あるから注意してと言われた。分岐の所から上を見上げればこれから歩く道がずーーーーーーーーーーーーっと見える(笑)これでやられちゃう人もいるだろうな。九十九の道を歩きやすい所を見つけながらゆっくり歩いていく。キツイけど気持ちい。

7合目からは岩場の上り。今日は古い靴を履いていたのでちょっと心配だったけどまだ頑張れそう(ソールは大分減っているけど)。ここからは小屋がたくさんあるのでペースが立てやすい。前回の山行で7合目あたりから徐々に酸素濃度が上がらなかった(回復しづらい)ので意識して呼吸するようにし、所々で酸素濃度を測ってみた。やはり、「苦しいな」「なんかフラっとする」と思う時は下がっている70%台の時もあったが深呼吸をする事で回復ができた。これは前回と違う所。やはりペースが関係してくるのだろうか。

8合目からはやはりツラい。6合目からの上りとは違って足元が沈み込むし足場が悪い。それ場でよりも立ち止まる事が多くなる。しかし、天気が良く頃頃には下の雲海も取れてきて山中湖や河口湖が見えてきて元気が出てくる。水分もこまめに摂り今の所高山病の症状は出ていない。

8合5勺からはさらにツライ(笑)というのもここからは頂上がはっきり見えるのになかなか着かないからだ。分かっちゃいるけどツライ。御来光館を過ぎると小屋はもうない。九十九の道が見える、鳥居も狛犬も山頂の小屋の屋根も。でもなかなか着かない。9合目を過ぎ鳥居を越えやっとのことで狛犬迄到着!

で、吉田口山頂到着!
が、しかし!扇屋も山口屋も店じまいをしている?!
台風が来るので早々に小屋を閉めるそうで、入り口を木の板でがっちりと止めていた。山口屋の方はまだ作業をしていたが、半分くらいは済んでいて、小屋の前の道に雨水が小屋と反対側を流れるように溝を作っていた。久須志神社で御朱印をもらい、
さてここで一旦考えた。台風の影響からか風が強い。立っていられるが気を抜けばよろけてしまう位。お鉢巡りをするか剣ヶ峰ピストンにするか。来週の事が無ければピストンだったけど「下見」の2文字が頭に浮かび。1枚長袖を上に着て反時計回りで出発(ほぼ時計回りで皆さんお鉢巡りなのですが私は毎回半時計回り)。なぜかというと、馬の背を登りたくないのと、半時計の方がなんとなく景色が良いから(笑)進行方向にずーーーーーーーーーーーーっと剣ヶ峰を見ていられるし。なんか人もほとんど前にいないからゆっくり回れる気がする。風が強く体感気温も低く指先がかじかんでくる。

人が少ないのですんなり剣ヶ峰で写真を撮る。やはりみんな石碑の所で撮るんだね。なんか自分の中ではもうちょっと先の赤い✕が「ここ」って感じで毎回写真を撮ってしまう。剣ヶ峰からは馬の背を下る。やはりソールが減っているからなのかズルズル滑る(笑)下っているうちに指先は復活。浅間神社に着くが人はまばら。戸が閉まっていたのでまさか?とは思ったが風が強いので閉めていただけ。ここでも御朱印をもらい、毎年の恒例の後輩の国試の合格祈願の絵馬を奉納。ここから吉田口の山頂へ戻る。

ここからの道は結構好き。ここが富士山の山頂?という位真っ平らなところがあるかと思えば横が切れているところがあったり色々楽しい。何年か前は強風+霧でホワイトアウトすれすれで歩いたことも、年賀状に使った写真もこの途中で撮ったことも。

最初に立てていたコースタイムよりも早く吉田口に到着していてお鉢をする前に再度予定を立て直していた。予定通り戻ってきたので下山はのんびり………

とはいきませんでした(笑)だって気持ちいのですよ!
トンずる トンずる トンずるずる なんてテンポよく下れるので
足の具合を確かめながら、時々景色も楽しみながら
下っていましたが、途中でアクシデントが!
ハイドロから水が補給できない?
原因は……水が凍っていて溶けていない(笑)
熱くなると思ってハイドロに水を入れてから凍らせて持ってきたが
予定よりも溶けるのが遅かったようで……誤算だった
このせいなのか少し熱中症気味に
騙し騙し、でもトントン下り
やっぱり予定よりも早く5合目に到着
小御嶽神社で3つ目の御朱印をもらい
バスへ乗り込む。

バスの中では当然爆睡(笑)
富士山パーキングに到着して荷物を片付けて
顔や頭を水で洗う!サッパリして着替えて帰路につく

さて、今回の反省を活かし来週はうまくいくだろうか……
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:451人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ