また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3747289 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

絶景堪能!甲武信ヶ岳〜金峰山〜瑞牆山ロング縦走(西沢渓谷〜甲武信ヶ岳〜国師ヶ岳〜北奥仙丈ヶ岳〜金峰山〜瑞牆山〜みずがき山荘)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年11月13日(土) ~ 2021年11月15日(月)
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)
GPS
17:19
距離
32.3 km
登り
3,607 m
下り
3,172 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間34分
休憩
52分
合計
4時間26分
S西沢渓谷入口バス停10:3810:50ねとりインフォメーション10:5110:57徳ちゃん新道登山口10:5712:23徳ちゃん新道分岐12:3213:46戸渡尾根分岐13:51木賊山13:5214:01甲武信小屋14:1814:32甲武信ヶ岳14:5615:04甲武信小屋
2日目
山行
6時間38分
休憩
51分
合計
7時間29分
甲武信小屋06:3406:49甲武信ヶ岳06:5407:042353m地点07:0507:15水師07:1507:42富士見07:4208:09両門ノ頭08:0908:45東梓08:4509:13国師ノタル09:1410:43国師ヶ岳11:0911:21三繋平11:2111:25北奥千丈岳11:2611:29三繋平11:3011:34前国師ヶ岳11:3411:44夢の庭園11:4511:52大弛峠11:5212:17朝日峠12:2412:43朝日岳前の展望岩場12:4312:52朝日岳12:5313:49金峰山13:5813:58五丈石13:5813:58金峰山13:5914:10金峰山小屋
3日目
山行
4時間28分
休憩
32分
合計
5時間0分
金峰山小屋06:0406:21金峰山06:3006:32五丈石06:3306:47金峰山小屋分岐06:4906:54千代の吹上06:5407:00砂払いノ頭07:0007:27トッコ岩07:32大日岩07:49大日小屋07:5007:57鷹見岩分岐07:5708:28富士見平小屋08:2808:42小川山・瑞牆山分岐08:4308:48桃太郎岩08:4909:26大ヤスリ岩09:2709:34瑞牆山09:5309:55弘法岩黒森分岐09:5510:02大ヤスリ岩10:0410:26桃太郎岩10:2610:32小川山・瑞牆山分岐10:3210:43富士見平小屋10:4310:48富士見平湧水10:4811:00富士見平林道交差11:0011:10瑞牆山荘11:1111:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
時折、雪と凍結あり。
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

絶景堪能!甲武信ヶ岳〜金峰山〜瑞牆山ロング縦走(西沢渓谷〜甲武信ヶ岳〜国師ヶ岳〜北奥仙丈ヶ岳〜金峰山〜瑞牆山〜みずがき山荘)

甲武信ヶ岳から金峰山の縦走は2回ほど経験があるのですが、2回とも最終日の天気が悪く瑞牆山に登れていないのでリベンジです。

一日目。
西沢渓谷から、徳ちゃん新道を通って甲武信ヶ岳に向かいます。
西沢渓谷の紅葉は残念ながら終わってしまっていたのですが、天気は晴天、絶好の登山日和です!
と、いいつつも甲武信ヶ岳は山頂近くまで全くと言って良いほど眺望がない山なので、晴天の恩恵はしばらくお預け。
毎度お馴染みの、かなりハードな急登を登り続けて甲武信小屋へ。ここでチェクイン&荷物をデポして甲武信ヶ岳の山頂へ向かいます。
ここで、ようやく晴天の恩恵が!時刻は15:00を回っていましたが雲がなく、富士山から南アルプス、金峰山方面まで眺望バッチリ!
最高の一日目です。あとは山小屋でカエルの形のストーブで暖をとってのんびり読書。

二日目。
朝食をすませ、朝一で、再び甲武信ヶ岳山頂へ。
ご来光の時間は過ぎちゃってましたが富士山が美しい…、これから歩く稜線も美しい…テンション上がります。
いざ、国師ヶ岳方面の縦走路へ。この日は予報では風がすごく強いはずだったんですが、良い意味で予報が外れてそれほどでもありません。あと、この縦走路は標高2200〜2500mの高さにもかかわらず森の中なんですよね。
森の中稜線好き(←レア)にとっては素晴らしい環境。風も防いでくれます。
ただ、このコース登り下りの繰り返しで距離も思いっきり長くてかなりハード。私はトレーニング稜線コースと呼んでいます…。
かなり疲労しながら国師ヶ岳へ。展望が開けると富士山が正面にどーんと現れます。この国師ヶ岳と、その先の北奥仙丈ヶ岳は、かなり展望が良くて素晴らしい山なんですが、100名山にも選ばれず、金峰山と甲武信ヶ岳、瑞牆の影に隠れて不遇な感じがしています。ぜひ訪れてほしい山です。
同じく眺望が素晴らしく密かに周辺の山で標高No. 1の北奥仙丈ヶ岳に寄って、大弛峠に向かいます。この辺りは、ちょいちょい雪が残っていて凍結もしていました。今のところアイゼン不要レベルですが注意が必要な箇所です。
大弛峠は、冬モードですでにバスなど車両は入れなくなっているようですね。峠を横目にさらに朝日岳を越えて金峰山を目指します。このあたりでだいぶ疲れてきました。
こんなにハードだったっけこのコース?笑
ただ、救いだったのが、2年前台風後にこちらの縦走路は倒木が多くて、途中跨いだりくぐったりがかなり大変だったのですが、いつのまにか大分歩きやすくなっています。登山道整備していただいている方には頭が下がります。
ヘロヘロになりながら金峰山に到着。ちょうど雲も晴れて素晴らしい眺望。特に八ヶ岳が美しいこと!
山頂の絶景と五丈岩の迫力に圧倒されながら金峰小屋へ到着。
久しぶりの金峰山小屋でしたが、以前と変わらずこの時期でもこたつやストーブで山小屋が暖かい!そして、チキンソテーにおかわりのカレーに、食事が相変わらず美味しい!朝食のお粥も朝でもするする胃に入ってありがたい限りです。
山小屋では、ツアーの皆さんの輪に入れていただいて楽しいひと時を過ごすことができました。

三日目。
もう一度、金峰山山頂に登ってご来光を狙います。運の良いことに、登り切ったタイミングでご来光が!富士山とご来光のセットを堪能できました。八ヶ岳を照らす光も美しいの一言。昨日登ったので2回山頂に行くのもどうかなと思ったのですが、ホント来て良かったです。
その後、金峰山の稜線を経て大日岩、富士見平へ。この稜線からの景色も美しい。過去2回とも切りで真っ白だったので初めて見れました。
富士見で、休憩していよいよ初チャレンジの百名山瑞牆山を攻略しに行きます。
この山、さくっと登れるかと思って舐めてたのですが、岩や鎖、かなり足を上げなくてはいけないところがあるなどアスレチック要素満載の山でした。個人的にはこれが楽しくて、楽しんでいる間に山頂に着いてしまった感じでした。
今日は月曜日で平日にもかかわらず山頂は人気で登山者も多かったです。やはり天候でしょうか。ありえないくらいの素晴らしい青空を堪能できました。甲斐駒ヶ岳から八ヶ岳、富士山、大パノラマ。山頂のみなさん感動して楽しんでいました。
あとは粛々と下山です。特にトラブルもなく富士見平を経て、瑞牆山荘に到着。三日ともに素晴らしい山行でした。
このコース、人を選ぶと思うのですが(ハードで展望すくない…)個人的には好きなルートで、今度は反対側からもアプローチしてみたいなあと思いました。
余談ですが、帰りの途中の韮崎駅近くで寄ったボンシイクというカフェがおしゃれで料理もコーヒーも美味しくて最高でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:184人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ