また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3886707 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵

飯能アルプス縦走(正丸駅→伊豆ヶ岳→天覧山→飯能駅)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候1月3日:晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:正丸駅
復路:飯能駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:25
距離
26.8 km
登り
1,925 m
下り
2,104 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
1時間25分
合計
11時間25分
S正丸駅07:1607:28中丸屋07:37馬頭さま08:32五輪山08:3608:47伊豆ヶ岳08:5109:07古御岳09:1209:36高畑山09:4709:51鉄塔横伐採地10:03中ノ沢ノ頭10:22天目指峠10:2411:09子ノ権現11:1011:21子の権現駐車場11:4111:56久々戸山11:5712:00スルギ12:0112:30高反山12:3112:40板谷の頭12:4113:09前坂13:1013:39大高山13:4414:48天覚山14:5315:13東峠15:2258号鉄塔15:44かまど山入口15:57大倉谷分岐15:5816:12久須美ケルン16:21丘の上公園16:33飯能アルプス永田入口16:38多峯主山登山口16:51大黒山17:14多峯主山17:2317:49天覧山18:0118:05天覧山中段18:12飯能中央公園18:1318:41飯能駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■コース状況
・全体的に細かいアップダウンが続きます。
・小さなピークにはピークへ登る道と巻道の2つがあることが多く、どちらへ進むか迷いますが好きな方を進めば良いと思います。
しかし大高山手前にある巻道は巻道ではありませんので注意!北側へ下る作業道みたいなので必ず尾根を登るようにしてください。
・山と高原地図では子の権現から前坂まで破線ルートですが普通に通行可能。板谷の頭付近は尾根が痩せていて滑りやすい急坂なので注意。
・滑りやすいといえば、伊豆ヶ岳から古御岳方面への下りも落ち葉に埋もれて滑りやすい箇所がありました。

■装備
日の短い時期はヘッドランプが必要になる場合があります。
今回の縦走はゴールする頃は暗くなることが想定されたので、暗くなっても安心なように、街に近く標高の低い飯能をゴールにすることにしました。


その他周辺情報■水場
補給出来る場所は子ノ権現の売店のみ
冬場ということもあり、1人1Lの水でギリギリ持ちました。

■トイレ
ルート上のトイレは4箇所ですが、子ノ権現から多峯主山までの距離が長いです。
正丸駅
子の権現
多峯主山直下
天覧山登山口

このルートは水場やトイレが少ないのが難点です
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

今回の出発地点は正丸駅。2018年に歩いた武甲山〜伊豆ヶ岳の続きから飯能アルプスを縦走します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の出発地点は正丸駅。2018年に歩いた武甲山〜伊豆ヶ岳の続きから飯能アルプスを縦走します
2
正丸駅前の売店は9月に閉店してしまったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅前の売店は9月に閉店してしまったようです
線路の高架を潜って車道を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
線路の高架を潜って車道を進みます
駅から20分程で登山口です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅から20分程で登山口です
途中の分岐を直進。今回は五輪山へダイレクトに登るショートカットを進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の分岐を直進。今回は五輪山へダイレクトに登るショートカットを進みます
ヤマレコのらくルートでは破線(通行止め)ルートでしたが、思ったよりよく整備されて普通に歩けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコのらくルートでは破線(通行止め)ルートでしたが、思ったよりよく整備されて普通に歩けます
1
地主の方のご協力により開設された登山道とのこと。ありがたく登らせていただきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地主の方のご協力により開設された登山道とのこと。ありがたく登らせていただきます
1
登山道や沢筋には2019年台風の爪痕が色濃く残っているため以前は本当に通行止めだったのかも(らくルートの情報が古い?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道や沢筋には2019年台風の爪痕が色濃く残っているため以前は本当に通行止めだったのかも(らくルートの情報が古い?)
ここだけ登山道が凍結してました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけ登山道が凍結してました
沢筋から離れて登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋から離れて登ります
尾根に上がる手前は砂地の急斜面。滑りやすいので残置ロープを使って登ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がる手前は砂地の急斜面。滑りやすいので残置ロープを使って登ってきました
そして尾根に到着。五輪山方面からの下山時に直進してしまわないよう下降点には看板とロープが設置してあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして尾根に到着。五輪山方面からの下山時に直進してしまわないよう下降点には看板とロープが設置してあります。
さて、まずは五輪山を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、まずは五輪山を目指します
途中ちょっとした岩場あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ちょっとした岩場あり
1
岩場と言っても手は使わずに登れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場と言っても手は使わずに登れます
岩場を過ぎると気持ちの良い道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を過ぎると気持ちの良い道
そして五輪山に到着。GPSの調子が悪くここで少し休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして五輪山に到着。GPSの調子が悪くここで少し休憩
休憩後は伊豆ヶ岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後は伊豆ヶ岳へ
すぐに伊豆ヶ岳に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに伊豆ヶ岳に到着
1
伊豆ヶ岳からの眺め。展望はいまいちですが、ここからいよいよ縦走開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳からの眺め。展望はいまいちですが、ここからいよいよ縦走開始!
伊豆ヶ岳直下の下りは落ち葉で滑りやすく緊張しましたが、ようやく鞍部に着いて一安心。上久通林道の分岐を横目に直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳直下の下りは落ち葉で滑りやすく緊張しましたが、ようやく鞍部に着いて一安心。上久通林道の分岐を横目に直進
1
縦走の宿命「下ったら登る」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走の宿命「下ったら登る」
1
古御岳には東屋がありますが、伊豆ヶ岳で休憩したばかりなのでここは通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳には東屋がありますが、伊豆ヶ岳で休憩したばかりなのでここは通過
だんだん道が歩きやすくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん道が歩きやすくなってきました
ふと西側を見ると、2ヶ月前の山行で鳥首峠からの下りの時に見た石灰採掘場が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと西側を見ると、2ヶ月前の山行で鳥首峠からの下りの時に見た石灰採掘場が見えました。
写真ではわかりにくいですが急な下り。慎重に下って…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが急な下り。慎重に下って…
また登り返します。この先ずっとこの繰り返しです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また登り返します。この先ずっとこの繰り返しです
ここは関東ふれあいの道。正丸駅から5.5km来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは関東ふれあいの道。正丸駅から5.5km来ました
その後は杉の樹林帯の中を歩いて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は杉の樹林帯の中を歩いて…
目の前に見えるのは古御岳かな?ここで山を眺めながらベンチに座って休憩。遅い朝ごはんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に見えるのは古御岳かな?ここで山を眺めながらベンチに座って休憩。遅い朝ごはんです。
高畑山を出発するとすぐに鉄塔を通過。ちょっと変わった形!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山を出発するとすぐに鉄塔を通過。ちょっと変わった形!
方向的に蕨山の金毘羅尾根や棒ノ折の稜線が見えると思うんだけど…よくわからない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向的に蕨山の金毘羅尾根や棒ノ折の稜線が見えると思うんだけど…よくわからない…
しばらくすると中ノ沢ノ頭。右へ進むと山頂。左は巻道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると中ノ沢ノ頭。右へ進むと山頂。左は巻道。
ルート上の殆どのピークには巻き道が用意されてて悩みますが、折角なのでピークを踏んでおきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート上の殆どのピークには巻き道が用意されてて悩みますが、折角なのでピークを踏んでおきます
2
そして中ノ沢ノ頭の山頂を踏んで下ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして中ノ沢ノ頭の山頂を踏んで下ると…
1
天目指峠から伊豆ヶ岳方面(こちらの山道から下ってきました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠から伊豆ヶ岳方面(こちらの山道から下ってきました)
子の権現方面はこちら。正面の車道を進むのではなく、白い標識の所に登山道があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現方面はこちら。正面の車道を進むのではなく、白い標識の所に登山道があります
こちらから登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから登ります
天目指峠には休憩所がありますがトイレはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠には休憩所がありますがトイレはありません。
気持ちの良いトレイルです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いトレイルです
愛宕山まで2つのピークを越えていきますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山まで2つのピークを越えていきますが…
そのピーク毎に地元にまつわる案内板が立っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのピーク毎に地元にまつわる案内板が立っています
岩がゴツゴツした登りが続くと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴツゴツした登りが続くと…
祠のある愛宕山に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠のある愛宕山に到着!
2
この頃になると子ノ権現(天龍寺)の鐘の音がすぐ近くでゴーンゴーンと鳴り響いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃になると子ノ権現(天龍寺)の鐘の音がすぐ近くでゴーンゴーンと鳴り響いています
愛宕山から少し下り鳥居を潜ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山から少し下り鳥居を潜ると…
その先はすっかり外界の空気。ずっと樹林帯の中で寒かったけど、ここは日向でぽかぽか♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先はすっかり外界の空気。ずっと樹林帯の中で寒かったけど、ここは日向でぽかぽか♪
ここでようやく視界が開けました。右が伊豆ヶ岳、左が古御岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでようやく視界が開けました。右が伊豆ヶ岳、左が古御岳
2
ちょっと寄り道して子の権現天龍寺で初詣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道して子の権現天龍寺で初詣
2
有名な日本一の鉄わらじ。足腰守護の神仏ということでお参りしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な日本一の鉄わらじ。足腰守護の神仏ということでお参りしました
2
子の権現には売店もあり、近くの阿字山展望所でお昼休憩。ここには東屋や切り株のベンチがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現には売店もあり、近くの阿字山展望所でお昼休憩。ここには東屋や切り株のベンチがあります
1
お昼後はいよいよ破線ルートへ突入します。ルートの入口は、子の権現の駐車場を突っ切って車道を進み、ヘアピンカーブのこの道標が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼後はいよいよ破線ルートへ突入します。ルートの入口は、子の権現の駐車場を突っ切って車道を進み、ヘアピンカーブのこの道標が目印。
道標が示す西吾野駅方面には進まず、車道から逸れてこちらの山道を下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標が示す西吾野駅方面には進まず、車道から逸れてこちらの山道を下っていきます
進行方向を見ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向を見ると…
これから歩く尾根が続いています!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く尾根が続いています!
1
眼下に見えるのは吾野方面でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見えるのは吾野方面でしょうか?
子の権現の車道から下るとすぐに良い雰囲気の場所がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現の車道から下るとすぐに良い雰囲気の場所がありました
1
その後はずっと樹林帯の巻道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後はずっと樹林帯の巻道が続きます
山と高原地図によると、この先「前阪」まで破線ルートですが、踏み跡もしっかりしているので問題なく歩けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図によると、この先「前阪」まで破線ルートですが、踏み跡もしっかりしているので問題なく歩けます
1
すると見逃しそうな木の幹に「スルギ」の文字
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると見逃しそうな木の幹に「スルギ」の文字
飯能アルプス縦走路は、ここで大きく方向を変えて右折するように進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯能アルプス縦走路は、ここで大きく方向を変えて右折するように進みます
途中、堂平山への分岐を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、堂平山への分岐を通過
こちらが堂平山方面ですが今回はスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが堂平山方面ですが今回はスルー
縦走路を先へ進むとすぐに大高沢入山。隣の木のコブ?が気になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を先へ進むとすぐに大高沢入山。隣の木のコブ?が気になります
大高沢入山にはこのような情報札がありましたが、今回の飯能アルプスルートには関係無かったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高沢入山にはこのような情報札がありましたが、今回の飯能アルプスルートには関係無かったようです
そして高反山分岐を通過。ルート上で初めて飯能アルプスの文字を見つけて縦走気分が盛り上がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして高反山分岐を通過。ルート上で初めて飯能アルプスの文字を見つけて縦走気分が盛り上がります
1
その後、栃屋谷林道まで2つのピークを越えます。まずは1つ目のピークでは…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、栃屋谷林道まで2つのピークを越えます。まずは1つ目のピークでは…
少し展望が開けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し展望が開けました
さてここから滑りやすいヤセ尾根の下りが続きます。左手(北側)はすっぱり切れ落ちているのでロープが張られています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてここから滑りやすいヤセ尾根の下りが続きます。左手(北側)はすっぱり切れ落ちているのでロープが張られています
そして2つ目のピーク、板谷ノ頭を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして2つ目のピーク、板谷ノ頭を通過
左手(北側)には石灰の採掘場がずっと見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手(北側)には石灰の採掘場がずっと見えます
再び急坂の下り。この付近は破線ルートらしいイヤな感じが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び急坂の下り。この付近は破線ルートらしいイヤな感じが続きます
1
先ほど見えた採掘現場の発破注意の看板ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど見えた採掘現場の発破注意の看板ですね
そして栃屋谷林道に到着。林道から下ってきた道を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして栃屋谷林道に到着。林道から下ってきた道を振り返ります
そしてここから暫く林道を下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてここから暫く林道を下っていきます
4分程歩くと登山道入口があるのでここから入山…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4分程歩くと登山道入口があるのでここから入山…
前坂を経由しショートカットする形で再び栃屋谷林道に出ました。林道から前坂方面を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂を経由しショートカットする形で再び栃屋谷林道に出ました。林道から前坂方面を振り返ります
1
林道を挟んで大高山方面の登山道をまた登ります。ここから先は実線ルートなので少し安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を挟んで大高山方面の登山道をまた登ります。ここから先は実線ルートなので少し安心
そして20分程で大高山に到着。陽が傾いてきているので休まずに進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして20分程で大高山に到着。陽が傾いてきているので休まずに進みます
1
そして名もなきピークをいくつか越えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして名もなきピークをいくつか越えます
しばらく歩いていくと木の幹に案内板がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩いていくと木の幹に案内板がありました
左へ行くと獣道。天覚山方面は右へ下るそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ行くと獣道。天覚山方面は右へ下るそうです
そしてようやく天覚山へ到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてようやく天覚山へ到着!
2
展望も良いのでここでベンチに座って休憩。ずっと樹林帯なのでこの展望は貴重です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望も良いのでここでベンチに座って休憩。ずっと樹林帯なのでこの展望は貴重です
2
さて天覚山から下ると登山道は右手に方向を変えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて天覚山から下ると登山道は右手に方向を変えます
1
その地点には鉄塔がそびえているのですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その地点には鉄塔がそびえているのですが…
黒く焼け焦げた木々が切り倒されていて…山火事でもあったのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒く焼け焦げた木々が切り倒されていて…山火事でもあったのでしょうか?
天覚山から下ること10分で林道に出ました。林道から天覚山方面を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山から下ること10分で林道に出ました。林道から天覚山方面を振り返ります
そして林道を少し歩いていくと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして林道を少し歩いていくと…
東峠です。ここからまた山に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峠です。ここからまた山に入ります
338mピークで鉄塔の下を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
338mピークで鉄塔の下を通過
この先はゴルフ場脇の山道を延々と歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はゴルフ場脇の山道を延々と歩きます
かまど山の分岐を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまど山の分岐を通過
分岐から右手の久須美坂方面へ進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から右手の久須美坂方面へ進みます
思わず走りたくなるような気持ちの良いトレイルが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず走りたくなるような気持ちの良いトレイルが続きます。
すると祠があって…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると祠があって…
1
祠の脇に久須美山の標識がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の脇に久須美山の標識がありました
1
暫く行くと立派なケルンがあり…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行くと立派なケルンがあり…
永田山の標識。私の地図では久須美三角点となっている地点です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田山の標識。私の地図では久須美三角点となっている地点です
1
ここから登山道は大きく方向を変えて、左手に新興住宅街を見下ろしながら進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道は大きく方向を変えて、左手に新興住宅街を見下ろしながら進みます
1
目指す多峯主山は…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す多峯主山は…
2
登山道は緩やかに標高を下げて、住宅地のすぐ脇を通過するようになります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は緩やかに標高を下げて、住宅地のすぐ脇を通過するようになります
1
最後は階段を下ってフェンス脇を通ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は階段を下ってフェンス脇を通ると…
バス通りに出ました。ここからまた少し車道を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス通りに出ました。ここからまた少し車道を下ります
車道を挟んだ所に多峯主山登山口がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を挟んだ所に多峯主山登山口がありました
1
ここから日の入りと競争。徐々に暗くなる山道に心細くなりながら登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから日の入りと競争。徐々に暗くなる山道に心細くなりながら登ります
1
しかしここからガンガン下ります。下るに連れて樹林帯の暗闇が濃くなって少し怖い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしここからガンガン下ります。下るに連れて樹林帯の暗闇が濃くなって少し怖い!
暗部まで下るとベンチがあったので、ここでヘッドランプを取り出し装着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗部まで下るとベンチがあったので、ここでヘッドランプを取り出し装着
1
さて準備万端。いざ多峯主山へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて準備万端。いざ多峯主山へ!
1
ようやく山道を抜けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山道を抜けました。
2
ここから先は遊歩道。多峯主山直下にはバイオトイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は遊歩道。多峯主山直下にはバイオトイレ
そして、ほぼ日が落ちかけた頃、多峯主山に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ほぼ日が落ちかけた頃、多峯主山に到着!
2
薄明の空に浮かぶ稜線は…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄明の空に浮かぶ稜線は…
1
右から武甲山・小持山・大持山を経て一番低いところが鳥首峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から武甲山・小持山・大持山を経て一番低いところが鳥首峠。
4
そして鳥首峠から有間山稜を経て一旦下って川苔山。この稜線は2ヶ月前に歩いたばかり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして鳥首峠から有間山稜を経て一旦下って川苔山。この稜線は2ヶ月前に歩いたばかり
3
こちらは右から、御前山、大岳、富士山、丹沢山地と続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは右から、御前山、大岳、富士山、丹沢山地と続きます
3
山頂にはこのような写真パネルが用意してあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはこのような写真パネルが用意してあり
山座同定の参考にさせてもらいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山座同定の参考にさせてもらいました
そして東側には東京方面の夜景!これを見に来た!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして東側には東京方面の夜景!これを見に来た!
3
スカイツリーが一際目立ちます。実は12/30にスカイツリーまで自転車で行き、混雑する行列を見て展望台に上らずに帰ったという経緯があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイツリーが一際目立ちます。実は12/30にスカイツリーまで自転車で行き、混雑する行列を見て展望台に上らずに帰ったという経緯があります
3
その後は遊歩道を歩き最後のピーク天覧山へ!1月1日〜3日は夜間登山禁止措置を緩和の文字を見て登ることにしました(後でよく見たら日没までの但し書きがあった…ごめんなさい)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は遊歩道を歩き最後のピーク天覧山へ!1月1日〜3日は夜間登山禁止措置を緩和の文字を見て登ることにしました(後でよく見たら日没までの但し書きがあった…ごめんなさい)
7分程で天覧山に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7分程で天覧山に到着
3
天覧山からの夜景。多峯主山よりも街が近くなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧山からの夜景。多峯主山よりも街が近くなりました
3
そしてすっかり暗くなった頃下山。天覧山入口にトイレあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすっかり暗くなった頃下山。天覧山入口にトイレあり
バス停まで下りてきましたが、折角なので飯能駅まで歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停まで下りてきましたが、折角なので飯能駅まで歩きます
1
駅までの道中、アニメ・ヤマノススメで主人公がアルバイトをしていたお店を偶然見つけました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅までの道中、アニメ・ヤマノススメで主人公がアルバイトをしていたお店を偶然見つけました
3

感想/記録

2022年の初登山は念願の飯能アルプスを縦走。
今回は山登りと言うより山歩き。気持ちよく初登山を楽しむことが出来ました。
2018年に歩いた武甲山から伊豆ヶ岳までの赤線も繋がって満足です。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1445839.html
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:291人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ