また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4227428 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

佐渡ヶ島遠征〜花の百名山・金北山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年04月29日(金) ~ 2022年04月30日(土)
メンバー
天候1日目・雲のち雨、強風、2日目・晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、
4月28日(木)
2300/翌0510 新宿/佐渡汽船ターミナル バス6900円
0600/0830 新潟港/両津港 
カーフェリー2等 2810円
0850/0905 両津港/アオネバ登山口 
ドンデンライナー 1000円

4月30(日)(金)
1430/1500 白雲台登山口/窪田キャンプ場 タクシー 6070円

5月1日(日)
0920/1006 佐和田BS/トキの森公園
バス 580円
1121/1148 トキの森公園/両津港 
バス 480円
1240/1510 両津港/新潟港 
カーフェリー2等 2810円
1520/1528 新潟港/万代シティ 
バス 210円
1657/1900 新潟/東京 新幹線
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:03
距離
15.0 km
登り
1,195 m
下り
717 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間20分
休憩
13分
合計
2時間33分
Sアオネバ登山口09:1711:06アオネバ十字路11:1411:27金北山縦走路入口11:3211:50ドンデン山荘
2日目
山行
6時間31分
休憩
40分
合計
7時間11分
ドンデン山荘06:5007:02金北山縦走路入口07:0507:18アオネバ十字路08:03マトネ08:1208:28石花越分岐点11:16鏡池11:1711:21あやめ池12:09金北山12:3612:41天狗嶽(小天狗)12:50北ヶ嶽12:59ブナ林13:39マツムシ平14:00白雲台14:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ドンデン山荘〜金北山はところどころ残雪あり。あやめ池の先の雪壁の急勾配はロープはありますがなかなかの高度感です。アイゼンは不要でしたが、事前に佐渡トレッキング協議会への問い合わせをお奨めします。
その他周辺情報4月29日 ドンデン山荘テント泊
1人1000円+風呂500円
4月30日 窪田キャンプ場テント泊 
持ち込みテント1張1000円+1人200円

ビューさわだ(日帰り入浴)500円
トキの森公園 400円

●佐渡トレッキング協議会
トレッキングマップやフェリー時刻表など、数種類の資料を無料で送ってもらえます。シーズン中は花の開花情報も更新され大変参考になりました。
http://www.sado-trekking.com/

ログが途中で途切れてしまいました(泣)
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

写真

ドンデンライナーでアオネバ登山口へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンデンライナーでアオネバ登山口へ
1
いきなりニリンソウの群生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりニリンソウの群生
2
ずっとこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じ
2
渓流沿いを歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓流沿いを歩きます
2
シラネアオイもあちこちに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイもあちこちに
4
標高が上がるにつれてカタクリも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれてカタクリも
2
ドンデン山荘到着〜。テント設営後風雨強くなり1日目終了。夕方雨の中、入浴させていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンデン山荘到着〜。テント設営後風雨強くなり1日目終了。夕方雨の中、入浴させていただきました。
2
今日は晴れてくれ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は晴れてくれ〜
2
海も山も拝める絶景のテント場でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海も山も拝める絶景のテント場でした
1
テントの水滴凍ってるし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの水滴凍ってるし
1
山荘横のテント場は最大6張。下のテント場は10張。予約順で山荘に近い方のテント場からアサインされるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘横のテント場は最大6張。下のテント場は10張。予約順で山荘に近い方のテント場からアサインされるそうです。
1
山荘前の案内板も凍ってた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前の案内板も凍ってた
1
一番左の金北山まで行きますよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番左の金北山まで行きますよ〜
1
アオネバ十字路まで戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオネバ十字路まで戻ります
1
オトメエンゴサク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトメエンゴサク
2
気持ちのいい縦走路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい縦走路
1
ショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
2
分かりづらいけどエチゴキジムシロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりづらいけどエチゴキジムシロ
2
金北山には今は使われていない自衛隊の古いレーダーと神社があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金北山には今は使われていない自衛隊の古いレーダーと神社があります
3
本日の核心部。なかなかの急勾配を30mほどキックステップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の核心部。なかなかの急勾配を30mほどキックステップで。
1
雪壁を登りきって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁を登りきって
1
両津湾も真野湾も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両津湾も真野湾も
1
妙見山の新しいレーダー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見山の新しいレーダー
2
下山は自衛隊管理道路をひたすら歩く。妙見山はパスして左の道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は自衛隊管理道路をひたすら歩く。妙見山はパスして左の道へ。
1
観光客で賑わっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客で賑わっていました
1
タクシーで窪田キャンプ場へ。海の目の前、スーパー徒歩5分、日帰り入浴施設徒歩10分、佐和田BS徒歩5分の好立地なのに激安。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーで窪田キャンプ場へ。海の目の前、スーパー徒歩5分、日帰り入浴施設徒歩10分、佐和田BS徒歩5分の好立地なのに激安。
1
ご主人のご厚意でこちらのテントを無料で使わせていただきました。昨日の雨風でテントが濡れ濡れだったので大変助かりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご主人のご厚意でこちらのテントを無料で使わせていただきました。昨日の雨風でテントが濡れ濡れだったので大変助かりました!
1
最終日はトキのモリ公園へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日はトキのモリ公園へ
1
こんなトキもいるのねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトキもいるのねー
2
日本産トキのキンは、36才まで生きたとか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本産トキのキンは、36才まで生きたとか!
2
両津湾フェリー乗り場でいただいた岩海苔ラーメン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両津湾フェリー乗り場でいただいた岩海苔ラーメン
2
名物万代バスセンターのカレー(ミニ)。行列していました。わざわざ途中下車して行ってみたけど味はうーむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物万代バスセンターのカレー(ミニ)。行列していました。わざわざ途中下車して行ってみたけど味はうーむ。
2

感想/記録

GW前半は3日間の佐渡ヶ島遠征。初日午後と3日目の天気予報が雨だったので、夜行バス出発当日まで迷ったものの、登山中の天気はなんとか大丈夫そうだったのでいざ決行!

初日は東京から夜行バスで新潟港まで直行。新潟港から2時間半のカーフェリーは一番安い2等でも絨毯の大部屋でゴロ寝できるので快適です。

両津港発のドンデンライナーはドンデン山荘まで運行していますが、アオネバ登山口で途中下車してドンデン山荘まで歩くのがオススメです。とにかく花・花・花だらけで圧倒されます。歩き始めていきなりニリンソウ、イワカガミ、シラネアオイ、高度が上がるとカタクリがウジャウジャ。佐渡ヶ島はタヌキより大きな野生動物がいないので食害がなく、花の量が多いそう。また、ちょうど日本の南北の境に位置するので花の種類も多く、花が比較的大きいのは日本海側の特性らしい。

ドンデン山荘でテントを張ったとたんに雨が降りだし、夜まで風雨の強い予報でしたが、山荘の大部屋に空きはあることを確認し、ヤバそうになったら山荘に切り替えようととりあえずテントへ。その後夜中までずっと風雨は強かったのですが、撤去も大変だったので結局移動せず。

翌朝はテントの水滴が凍っていましたが(笑)、予報通り晴れてテント場から朝日と両津湾が拝めました。2日目は歩き始めからずっとカタクリ、ザゼンソウやエチゴキジムシロも。

あやめ池の先の雪壁は高度感もあり、けっこうなスリルが味わえます。下りに使うには経験値がないと厳しそう。ロープは毎年4月下旬設置するようですが、事前にご確認くださいませ。

山頂から白雲台登山口までは自衛隊管理道路ですが、ドンデン山荘で登山届を出すことにより、通行申請許可となります。ゴールの白雲台登山口ではソフトクリームで乾杯!

標高1000m程なのに北アルプスの稜線を歩いているような景色と、ずっとお花畑を歩いているような魅力溢れる山歩きでした。見られる花は1週間ごとに変わるそうなのでリピーターが多いというのも頷けます。今回も十分花を堪能できましたが、次回はベストシーズンといわれる5月下旬にも再訪したいな。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:314人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ