また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4271229 全員に公開 山滑走 甲信越

双六岳周辺 山スキー

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月04日(水) ~ 2022年05月07日(土)
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
76:52
距離
50.0 km
登り
4,227 m
下り
4,138 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.3~1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間16分
休憩
1時間1分
合計
9時間17分
双六小屋07:3809:01双六岳09:4210:12双六岳中道分岐10:1911:03中道分岐11:30丸山12:00三俣峠14:46三俣峠14:5916:55双六小屋
3日目
山行
4時間13分
休憩
58分
合計
5時間11分
双六小屋07:3907:57双六岳巻道分岐08:0208:07双六岳中道分岐08:51双六岳09:1410:16双六池10:19双六小屋10:3910:41双六池11:22双六池11:36双六小屋11:4112:02双六岳巻道分岐12:06双六岳中道分岐12:1112:50双六岳
4日目
山行
8時間55分
休憩
1時間42分
合計
10時間37分
双六岳中道分岐23:4501:11双六岳巻道分岐05:08双六小屋05:3205:34双六池07:37大ノマ乗越08:3408:47シシウドヶ原08:4808:53イタドリが原08:56チボ岩08:5809:00秩父沢出合10:23小池新道入口10:3310:51わさび平小屋11:03笠新道登山口11:1011:19中崎橋11:2011:33お助け風穴11:48登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山スキーとしては特に危険個所は無い。
その他周辺情報ひがくの湯に入浴。登山者、と申告すれば50円割引で750円。
ご飯も食べられる。量は多目。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール
共同装備 テント テントマット 食料

写真

新穂高の駐車場からスタート
林道なのでブーツも担ぐ
2022年05月04日 06:45撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高の駐車場からスタート
林道なのでブーツも担ぐ
1
遠くに見える稜線を目指す。
2022年05月04日 07:22撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見える稜線を目指す。
1
雪が出てきたのでシール歩行に。
このあと、またすぐに担ぐ。
2022年05月04日 09:03撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出てきたのでシール歩行に。
このあと、またすぐに担ぐ。
1
小池新道に入ると、シール歩行可能に。
2022年05月04日 09:23撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道に入ると、シール歩行可能に。
1
大ノマ乗越に向かう。
2022年05月04日 10:24撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越に向かう。
1
大ノマ乗越、最後は急登
2022年05月04日 11:46撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越、最後は急登
1
小休止して、あと一登り。
2022年05月04日 12:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止して、あと一登り。
1
大ノマ乗越は槍穂の大展望台
2022年05月04日 13:47撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越は槍穂の大展望台
1
ライチョウ
2022年05月04日 17:03撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ
1
シートラで夏道トラバース道
2022年05月04日 17:03撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートラで夏道トラバース道
1
やっと双六小屋についた。
2022年05月04日 17:24撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと双六小屋についた。
1
避難小屋に泊る。
2022年05月04日 17:24撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に泊る。
1
2日目。ピーカン。
小屋を出発。
2022年05月05日 07:38撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。ピーカン。
小屋を出発。
1
双六に登る。
2022年05月05日 07:38撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六に登る。
1
空荷で一本滑って双六山頂へ。稜線は雪がなく、シートラ。
2022年05月05日 09:01撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空荷で一本滑って双六山頂へ。稜線は雪がなく、シートラ。
1
三俣蓮華方面。
コルまで滑走し、トラバースして山頂を回避して三俣山荘方面に滑り込んだ。
2022年05月05日 09:21撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華方面。
コルまで滑走し、トラバースして山頂を回避して三俣山荘方面に滑り込んだ。
1
黒部源流
2022年05月05日 12:44撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流
1
雪庇が出てる山は祖父岳
2022年05月05日 13:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が出てる山は祖父岳
1
トラバースして双六小屋に戻るルート、ハイマツ藪漕ぎで突破。
2022年05月05日 15:38撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして双六小屋に戻るルート、ハイマツ藪漕ぎで突破。
1
3日目
薄曇りだが、風はなく、快適。
2022年05月06日 07:32撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目
薄曇りだが、風はなく、快適。
1
今回2度目の双六山頂。
2022年05月06日 08:58撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回2度目の双六山頂。
1
山頂から南西のコルまでシートラで降りる。
2022年05月06日 08:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南西のコルまでシートラで降りる。
1
双六谷に左俣に滑り込む。
2022年05月06日 09:34撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六谷に左俣に滑り込む。
1
槍・穂高を眺めながらの滑走は最高!
2022年05月06日 09:34撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・穂高を眺めながらの滑走は最高!
1
しばらく落として、トラバースで右俣へ。
2022年05月06日 09:42撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく落として、トラバースで右俣へ。
1
双六岳東面。雪が少し重かった。
2022年05月06日 13:20撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳東面。雪が少し重かった。
1
自分のシュプールを見ながら飲むビールは最高
2022年05月06日 14:11撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のシュプールを見ながら飲むビールは最高
1
夕日を浴びる笠ヶ岳
2022年05月06日 18:38撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日を浴びる笠ヶ岳
1
4日目
3泊お世話になった避難小屋ともお別れ。
良い宿でした。
1泊1000円/人を、あとから郵送
2022年05月07日 05:26撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目
3泊お世話になった避難小屋ともお別れ。
良い宿でした。
1泊1000円/人を、あとから郵送
1
双六谷を滑る。
ガリガリ。
2022年05月07日 05:36撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六谷を滑る。
ガリガリ。
1
雪が切れて、シートラ。
2022年05月07日 05:53撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が切れて、シートラ。
1
大ノマ乗越に向けて、急登をシートラで。
2022年05月07日 07:05撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越に向けて、急登をシートラで。
1
シートラでガシガシ登る
2022年05月07日 07:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートラでガシガシ登る
1
大ノマ乗越に帰ってきた。
展望が良い。雪の緩み待ちで大休憩。
2022年05月07日 07:34撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ノマ乗越に帰ってきた。
展望が良い。雪の緩み待ちで大休憩。
1
ガタガタだけど、雪は緩んでいて快適に滑走。
2022年05月07日 08:37撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガタガタだけど、雪は緩んでいて快適に滑走。
1
林道をテクテク歩いて下山。
2022年05月07日 10:26撮影 by SO-53B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をテクテク歩いて下山。
1

感想/記録

古巣の山岳会の方々にお声がけを頂き、3泊4日で黒部源流を滑りに。
5/4
新穂高の駐車場から出発。晴れていて綺麗に稜線がみえる。
左俣林道をシートラで。ながいので、トレランシューズをはいて、スキーブーツを担いだ。
泊り装備にシートラはきつい。
雪が出てきたので、林道の途中でトレランシューズをデポして、シール歩行に切り替えたが、結局すぐにシートラすることに。
小池新道からは完全に雪があるので、そこまで担いだままの方が良かったか。
小池新道に入り、大ノマ乗越まで登りが始まる。シール登行できるので快適だ。
最後、斜度がきつくなるので、細かくジグを切って登る。
最後の数歩、スキーを担いで大ノマ乗越へ。
槍・穂高の眺めが素晴らしい。
小休止後、登山道沿いに稜線を歩く。
雪が切れている個所があり、所々シートラ。
弓折岳を越え、ほぼ夏道沿いに歩く。稜線には、数張のテントが。
槍・穂高を眺めながらのテン場は最高だろう。
ほぼ、歩きの方で、スキーヤーは1パーティー。偶然にも、友人だった。
夏道沿いにトラバースして双六谷におり、少し上ると双六小屋に到着。
テントを持ってきていたが、避難小屋が使えたのでそちらに。
先行でソロの方と、2人パーティーの方がいらっしゃった。

5/5
快晴で風も無い。絶好の登山日和だ。
小屋を出発して、双六岳を目指す。
肩に荷物をデポして、150m程気持ちの良い斜面を滑走。
登り返して、肩からはシートラして山頂へ。
私以外は、滑走・山頂無しでトラバースルート。
ここで、私のミスではぐれてしまい、2時間ほどロスしてしまった。
反省。
三俣蓮華手前のコルまで滑走し、三俣蓮華の山頂をカットしてトラバースルートで三俣山荘手前まで滑走。
そこから、黒部源流域に滑り込む。雪は良くない。斜度も緩いので、スキーが走らない。
黒部源流を滑る目的が達成されたので、滑走が良くなくても満足。三俣蓮華の肩まで登り返し、双六小屋にトラバースで戻るルートを選択。
登山道もあるし、トレースもあるから楽勝、と思っていたら、2584Pから伸びている尾根を乗越す時にシートラでハイマツの藪漕ぎを強いられた。
トラバース後、小屋に向かっての滑走は、夕方で程よく雪が締まっていて気持ち良かった。
本日も快適に避難小屋に泊った。

5/6
昨日は滑りを楽しめなかったので、双六周辺で滑りを楽しむことに。
一本目は双六谷左俣。
山頂まで登り、板を担いで南西のコルまで降りる。
槍・穂高を見ながら滑走開始。
南東面なので、狙い通り、早い時間から緩んでいて、ベストコンディション。
350mほど一気に落とせて気持ち良い!!
トラバースして右俣に行き、小屋まで登り返す。

2本目は双六岳南東の肩から小屋まで。
ここも気持ち良いザラメで250mを一気に落とす。

3本目はまた山頂まで登り、東面を落とす。
ちょっと雪が重い。100m程落として、シールつけてトラバースして、小屋に向けて滑走。

3本滑って満足し、小屋の外で宴会。
自分たちのシュプールを見ながら飲むビールは格別に美味かった。

5/7
今日は帰るだけ。
来るときに使った稜線夏道ルートが快適でなかったので、双六谷を下って大ノマ乗越に登り返すルートを取る。
朝なので、雪が固く、ガリガリ言わせながら滑走。
下っていくと雪が切れたのでシートラで突破。
どうせ、大ノマ乗越への登り返しはシートラなので、そのまま担いで下る。
一息ついてから、登り返し。
急登だけどトレースもあり、それほどきつくはない。
登りきると、槍・穂高が出迎えてくれた。
見納めなので、ゆっくりと休憩して、滑走開始。
少し待った甲斐があり、雪は緩んできていて快適。
雪は行きより溶けていて、小池新道の入り口までギリギリ繋がっていた。
あとはシートラで林道をテクテクあるいて、4日間の山行は終了。


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:288人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ