また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 452135 全員に公開 沢登り 丹沢

沢登り講習 水無川水系 セドノ沢左俣

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年05月28日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り(下界は暑かったらしい・・・)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

戸沢8:40−
9:20水無川本谷・セドノ沢二俣−
セドノ沢左俣−
10:20左俣大滝(2段13m)−
13:12新大日茶屋南−
木ノ又小屋14:00−
ホソノノ尾根下降−
16:00戸沢
コース状況/
危険箇所等
 遡行グレードは1級上(水量多ければ2級下になることも)で
 初級者向きです。
 10m級滝が3つあり、その他の小滝含め新緑の滝登りが楽しめます。


過去天気図(気象庁) 2014年05月の天気図 [pdf]

写真

水無川最初の堰堤を越します
2014年05月28日 09:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川最初の堰堤を越します
F1左コーナーを登るお二人
2014年05月28日 09:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1左コーナーを登るお二人
1
本谷とセドノ沢の二俣
2014年05月28日 09:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷とセドノ沢の二俣
セドノ沢へ
2014年05月28日 09:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢へ
セドノ沢F1を登るkamo講師。我々受講生はお助け紐をもらいました。kaito
2014年05月28日 22:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1を登るkamo講師。我々受講生はお助け紐をもらいました。kaito
1
ボディビレーをするkamo講師。kaito
(肩絡みですよ kamog)
2014年05月28日 09:34撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボディビレーをするkamo講師。kaito
(肩絡みですよ kamog)
1
F2を登る受講生H氏。kaito
2014年05月28日 09:40撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2を登る受講生H氏。kaito
1
至るところで真っ盛り

たぶんヒメレンゲです。kaito
2014年05月28日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至るところで真っ盛り

たぶんヒメレンゲです。kaito
左俣の大滝が出てきました
2014年05月28日 10:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣の大滝が出てきました
大滝手前の3m滝
ここもお助け紐をもらう。kaito
2014年05月28日 10:23撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝手前の3m滝
ここもお助け紐をもらう。kaito
ホールド、スタンスはしっかりあるが濡れる。kaito
2014年05月28日 10:23撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールド、スタンスはしっかりあるが濡れる。kaito
私もH氏もしっかり濡れました。kaito
2014年05月28日 10:23撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私もH氏もしっかり濡れました。kaito
1
大滝を登るkamog講師。kaito
2014年05月28日 22:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝を登るkamog講師。kaito
けっこうコケが着いていて滑る。タワシで落としてくれました。kaito
2014年05月28日 22:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうコケが着いていて滑る。タワシで落としてくれました。kaito
ビレーするH氏。kaito
2014年05月28日 22:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレーするH氏。kaito
落ち口は右に。kaito
2014年05月28日 22:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口は右に。kaito
落ち口近くまでは、けっこうしぶきがかかり濡れる上にスタンスが細かく、また脆いです。kaito
2014年05月28日 22:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口近くまでは、けっこうしぶきがかかり濡れる上にスタンスが細かく、また脆いです。kaito
落ち口付近も外傾したホールドばかりで、私は怖かった。kaito
2014年05月28日 22:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口付近も外傾したホールドばかりで、私は怖かった。kaito
私には大滝をリードで登るのはまったく無理です。kaito
2014年05月28日 22:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私には大滝をリードで登るのはまったく無理です。kaito
大滝登るkaitoさん
2014年05月28日 10:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝登るkaitoさん
大岩を支点にビレーするkamog講師。kaito
2014年05月28日 22:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を支点にビレーするkamog講師。kaito
1
続くH氏。kaito
2014年05月28日 22:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続くH氏。kaito
クイックドローを回収しながら登ってます。
初めは2番手の私が頼まれたのですがゆとりが無くパスしまくりで!kaito
2014年05月28日 22:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クイックドローを回収しながら登ってます。
初めは2番手の私が頼まれたのですがゆとりが無くパスしまくりで!kaito
1
かなり高度感がありました。kaito
2014年05月28日 22:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり高度感がありました。kaito
1
最後もちょっといやらしかった。kaito
2014年05月28日 22:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後もちょっといやらしかった。kaito
1
大滝の上で右から入る支流の滝。
一昨年この滝の上部にいた要救者を機動隊、県警、消防、そして我々総出で助けたっけな。
2014年05月28日 10:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の上で右から入る支流の滝。
一昨年この滝の上部にいた要救者を機動隊、県警、消防、そして我々総出で助けたっけな。
三俣の中央を進むと出てくる10m滝
2014年05月28日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣の中央を進むと出てくる10m滝
10m滝のクライミングルート(右壁)にも今日は水が流れていたので左から巻きました
2014年05月28日 11:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝のクライミングルート(右壁)にも今日は水が流れていたので左から巻きました
1
白竜の滝の位置を確認するkamog講師。kaito
2014年05月28日 22:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜の滝の位置を確認するkamog講師。kaito
1
書策新道はここで左俣から離れ右の尾根に向かっています。
昨年警察と一緒に張ったテープはまだ健在でした。
2014年05月28日 12:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道はここで左俣から離れ右の尾根に向かっています。
昨年警察と一緒に張ったテープはまだ健在でした。
その目印のペットボトル
2014年05月28日 12:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その目印のペットボトル
ガスがかかるとルート判断も難しくなります
2014年05月28日 12:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかるとルート判断も難しくなります
およっ?新大日手前に出た
2014年05月28日 13:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
およっ?新大日手前に出た
1
新大日茶屋
2014年05月28日 13:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日茶屋
木ノ又小屋
2014年05月28日 14:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋
いよいよホソノノ尾根の読図下山開始
2014年05月28日 14:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよホソノノ尾根の読図下山開始
1
つつじがみごとでした。kaito
2014年05月28日 22:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじがみごとでした。kaito
尾根の分派はどちらに進むか・・・
そのコツは教えました
2014年05月28日 14:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の分派はどちらに進むか・・・
そのコツは教えました
ホソノノ尾根径路が書策新道に合流するところ
2014年05月28日 15:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソノノ尾根径路が書策新道に合流するところ
書策新道は管理登山道ではないので一般登山しかやらない方はリスクも高くなるので入らない方がよいです
2014年05月28日 15:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道は管理登山道ではないので一般登山しかやらない方はリスクも高くなるので入らない方がよいです
だいたい沢の横断点がザレています
2014年05月28日 15:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい沢の横断点がザレています
1
水無川本谷へ下降
2014年05月28日 15:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷へ下降
1
本谷横断点
2014年05月28日 15:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷横断点
1
この木橋は腐り初めているので山側を巻いた方がよい
2014年05月28日 15:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木橋は腐り初めているので山側を巻いた方がよい
1
戻りました
お疲れ様でした
2014年05月28日 16:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りました
お疲れ様でした
1

感想/記録
by kaito

2回目の沢講習です。
前回の原小屋沢と同じ初級の沢ということでしたが大滝の登攀はしびれました。
この滝の登攀で他の滝の記憶が全部吹っ飛びました。
セドノ沢にはこの滝しかなかったくらいで帰りましたが、あらためて写真を見るとお助け紐をもらったりして多くの滝を登っていることを思い出しました。
それくらいこの滝の登攀は、私には厳しいものでした。やはりクライミングを学ばないと沢登りは難しいです。
下山したホソノノ尾根の読図も難しいものがありました。それだけにH氏と相談しながら無事カイサク新道(現在廃道)に出た時の喜びは大きいものがありました。
Hさん、機会がありましたらまたいっしょに沢を登りたいですね!
kamo講師、今後ともよろしくお願いします。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3697人

コメント

Hです
kaitoさま
こちらこそありがとうございました
楽しい一日でした
是非また一緒によろしくお願いします。
2014/5/30 17:33
お疲れ様でした!
kaitoさん
今回行ったビレイですけど、写真のコメントにある「ボディビレイ」は「肩絡みビレイ」ですね
こいつは昔ながらのやり方ですが、結構慣れが必要な技です。
通称お助け紐は、講習中ちょっとお話ししましたが、メインロープの端をいつでも出せるようにセットし、フリクションヒッチと併せて使うのが最も安全策と思います。
それから大滝で行ったのは「ダイレクトビレイ」で、方法としては、いざという時に引き降ろしも可能な「ムンターヒッチ」を使いました。
あのような滝横を登る際、もしテンションしたら流芯に晒されるような状況下ではATCガイドやルベルソ4などのオートロックデバイスは解除に手間がかかるので向きません。
また以前はボディビレイ+ワンターンという方法も紹介されましたが、ロープワークが厄介なうえ、プーリー効果が働き、あれはやらない方がよいです。
フォロワーが落ちたらどうなるかをリーダーは常に考え、様々なビレイシステムを使い分ける必要がありますね。

ryu84さん>ヤマレコ登録したのですね〜
2014/5/30 21:00
Re: お疲れ様でした!
講習ありがとうございました。
セカンドのビレイにロック機能のあるatcなどのデバイスを使わないのか疑問に思っていたのですが、納得しました。
現実にセカンドで登った私がクイックドローの回収を忘れ、ちょっと下げてもらいましたがatcなどですと,すぐに下ろせないですよね。滝にさらされた自分を想像すると恐ろしいです。
クライミング講習よろしくお願いします。
2014/6/2 18:51
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ