また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510558 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

日本海へ-北又小屋-朝日岳-栂海新道-親不知-

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候1日目:晴れ→雨(夜は天の川も見えた)
2日目:晴れ時々曇り
3日目:曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 飛行機
■往路
06:00羽田空港(ANA881)07:40富山空港07:50(空港連絡バス)08:12富山駅08:25(北陸本線)09:12泊駅(タクシー)10:10北又小屋

※小川温泉〜北又小屋は、車両は許可タクシーのみ入れます(ゲート施錠されています)。
※2016.7.19追記
直近の山行で北又小屋へのタクシーをお願いしたところ、当時お願いした舟見タクシーさんはタクシー営業をしていないと伺い、入善タクシーさんに配車をお願いしました。
http://nyuzentaxi.com/index.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-919798.html

■復路
親不知観光ホテル13:50(送迎車)14:05親不知駅14:07(北陸本線)15:13富山駅15:50(空港連絡バス)16:12富山空港17:05(ANA890)羽田空港18:10

※親不知駅への送迎は、ホテルを早めに出発したので富山方面の電車に間に合いましたが、基本的には逆方向の直江津方面行き(14:20発)に間に合うように出発します。富山側に向かう場合は、乗り過ごすと15:42発になるので注意です。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間32分
休憩
10分
合計
5時間42分
S北又小屋10:1210:14北又吊り橋10:1511:00三合目(曲り谷)11:0311:53五合目(ブナ平)12:52七合目(白樺坂)12:5313:55イブリ山14:0015:02夕陽が原15:54朝日小屋
2日目
山行
9時間4分
休憩
11分
合計
9時間15分
朝日小屋03:3903:45水谷のコル03:4704:52朝日岳05:34吹上のコル05:3706:03照葉ノ池06:0507:22アヤメ平08:52黒岩平08:5309:18黒岩山10:56サワガニ山11:49北又の水場11:5212:43犬ヶ岳12:54栂海山荘
3日目
山行
9時間23分
休憩
5分
合計
9時間28分
栂海山荘03:0104:12黄蓮山04:53黄蓮の水場04:5505:09菊石山05:52下駒ヶ岳07:39白鳥山避難小屋08:05白鳥山09:24シキワリの水場09:2510:02坂田峠10:35尻高山10:3611:09二本松峠11:1012:25親不知 栂海新道登山口12:29親不知観光ホテルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■北又小屋〜朝日小屋
 ・登山届けは北又小屋で提出しました。
 ・鎖場もありますが難所はなし。
 ・イブリ山山頂まで樹林帯が続き展望が少ないですが、一合目〜十合目(イブリ山頂)の標識が等間隔に設置されているので、ペース配分に調度良いです。
 ・朝日小屋近くになると展望が広がります。

■朝日小屋〜朝日岳〜吹上コル(栂海新道入口)
 ・3時過ぎからナイトハイクしています。
 ・階段や木道の連続で整備されていて歩きやすいです。
 ・漁火や富山市街の明かりが良く見えます。

■吹上コル〜黒岩山〜栂海山荘(テント泊)
 ・吹上コルから樹林帯を抜けると池塘があちこちに出てきて展望が広がります。
 ・このコースで一番楽しい場所。
 ・でも、雨の後のせいか泥まみれの悪路でした。
 ・黒岩山から先は、アップダウンの連続の尾根道が続きます。
 ・栂海山荘(テント泊)のテン場は、自分のほかは1幕のみ。草原のふかふか天国です。
 ・トイレはワイルドです(崖から突き出た場所で。。)。
 ・小屋のほうは、団体さんが大勢でした。
 ・最大50人ぐらいは泊まれるようです。小屋に毛布ありました。
 ・水場はかなり手前で離れている場所から汲む必要があります。自分は朝日小屋から持参で済ませました。
 
■栂海山荘〜下駒岳〜白鳥小屋
 ・3時からナイトハイク。不明瞭な分岐が何箇所かありました(暗いせいかも)。
 ・黄蓮ノ水場分岐(看板)は左側が水場。右側を進みます。
 ・下駒岳の急登は、今回一番の難所かも。岩と木の根を掴みながら直登します。

■白鳥小屋〜親不知(日本海)
 ・どの感想でもいわれていますが、ここ長い!全行程で一番ツライ区間でした。高度計を見て、(樹林の隙間から)日本海を眺めていると、全然下がらない&進まない状況に疲れてきます(この区間は、コースタイムから1時間短縮しているので良いペースで歩けているハズなのですが)。
 ・サンダルと短パンは必携。特にゴール(日本海)で。短パンは栂海山荘から履きっぱなしで、砂浜でズボンを脱ぎ捨てサンダルで海に突っ込みました(笑)
その他周辺情報・燃料用アルコールは泊駅近くの「クスリのアオキ」泊駅前店で購入。行動食や飲料水も買えます。
・北又小屋でタクシーを乗り降りする場合の助成金(1000円)は、今年度分は扱ってました。タクシーで用意してくれた用紙に氏名&住所記入でOK。
http://asahimachi.com/taxi/ryokin.php#kitamata_tokutoku
・親不知観光ホテルで親不知駅までの送迎付入浴を利用。(1500円)
 ミニバンで1時間間隔で送迎をしているようです。
http://oyasirazu.net/
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Osprey Exos 58L (1) GPS・地図(1) ファーストエイド・リペア類(1) 着替え・予備グローブ(1) ダウン(1) 保存食・行動食・水(1) サングラス(1) ヘッデン(1) グローブ(1) テントマット(1) シュラフ(1) 火器・食器(1) 燃料(1) ビニール袋(1) ストック(1) Spotlight Bivy(1) フライシート ポール
備考 ・飛行機前提の計画のため、地元ドラックストアで燃料購入(燃料用アルコール)が必須。タクシーの運転手さんにお願いして立ち寄りしてもらった。
・ビビー泊で雨はやっぱりツライ。。夜に天候が快復して天の川を見ながらの展望、ガンガンに晴れている中での昼寝はサイコーでしたが(悩)。
・サンダル/短パン(必須)

写真

■1日目■北又小屋。スタートは晴れていましたが、
2014年09月13日 10:12撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■1日目■北又小屋。スタートは晴れていましたが、
朝日小屋に着く頃にはガス。
2014年09月13日 15:51撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日小屋に着く頃にはガス。
《360度パノラマ》
雨も振り出して、散々なスタートでした。Bivy泊なので余計にツライ。。
2014年09月13日 17:59撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
雨も振り出して、散々なスタートでした。Bivy泊なので余計にツライ。。
《360度パノラマ》
■2日目■朝日岳山頂でぐるっと。
2014年09月14日 05:09撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
■2日目■朝日岳山頂でぐるっと。
栂海新道のスタート地点、吹上のコルからのご来光。
2014年09月14日 05:32撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂海新道のスタート地点、吹上のコルからのご来光。
《360度パノラマ》
ツルツルの木道。結構怖かった。
2014年09月14日 05:57撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
ツルツルの木道。結構怖かった。
朝日。いい感じでした。
2014年09月14日 05:57撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日。いい感じでした。
長栂山山頂。
2014年09月14日 06:27撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長栂山山頂。
シンプルな感じが好いんじゃないかと。
2014年09月14日 06:27撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シンプルな感じが好いんじゃないかと。
1
《360度パノラマ》
期待以上の眺めが続きます。
2014年09月14日 07:11撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
期待以上の眺めが続きます。
ルート中は池塘が点在します。
2014年09月14日 08:24撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート中は池塘が点在します。
黒岩平の展望
2014年09月14日 08:31撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩平の展望
1
草紅葉しています
2014年09月14日 08:42撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉しています
1
お花畑地帯。
2014年09月14日 08:42撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑地帯。
《360度パノラマ》
黒岩山山頂でぐるっと。
2014年09月14日 09:17撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
黒岩山山頂でぐるっと。
栂海山荘でもテント泊。天気も良かったので、干しながら昼寝。
2014年09月14日 14:05撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂海山荘でもテント泊。天気も良かったので、干しながら昼寝。
ガスが出ますが、どんどん流れていきます。
2014年09月14日 14:12撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出ますが、どんどん流れていきます。
テント場からの眺め。
2014年09月14日 16:04撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場からの眺め。
1
■3日目■白鳥小屋
2014年09月15日 07:38撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■3日目■白鳥小屋
白鳥小屋の屋上から。
2014年09月15日 08:31撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥小屋の屋上から。
1
親不知登山口。
2014年09月15日 12:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親不知登山口。
日本海〜。長かった。。。
2014年09月15日 12:39撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海〜。長かった。。。
《360度パノラマ》
日本海でぐるっと
2014年09月15日 12:42撮影 by RICOH THETA , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
《360度パノラマ》
日本海でぐるっと
親不知から富山経由で帰る。
2014年09月15日 14:09撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親不知から富山経由で帰る。
今回は往復とも飛行機を利用しました。写真は日没間際の1枚。B787に乗るのも、この旅の目的のひとつでした
2014年09月15日 17:42撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は往復とも飛行機を利用しました。写真は日没間際の1枚。B787に乗るのも、この旅の目的のひとつでした
今回の山行記録で太平洋と日本海を繋ぐことが出来ました。ほっとしてます。
2014年09月18日 00:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行記録で太平洋と日本海を繋ぐことが出来ました。ほっとしてます。
3

感想/記録

去年9月の連休でも朝日小屋まで来たものの台風でピストン。栂海新道は行けませんでした。
1年間ずっと宿題を抱えたままでしたが、ようやくチャレンジすることが出来ました。
訪問者数:1974人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ