また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511170 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳&仙丈ケ岳(仙流荘アクセス〜北沢峠テン泊)

日程 2014年09月14日(日) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候14日晴れのちくもり、15日晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
行き:中央道諏訪ICから高遠を経由し仙流荘バス停前駐車場(無料)
帰り:途中まで同じで諏訪南ICから中央道で帰宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間25分
休憩
1時間5分
合計
6時間30分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:2907:51仙水小屋08:11仙水峠09:16駒津峰09:1809:43六方石10:23甲斐駒ヶ岳11:1011:35摩利支天11:4912:11六方石12:1212:36駒津峰13:04双児山13:0513:59長衛荘
2日目
山行
5時間28分
休憩
40分
合計
6時間8分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)04:1004:15仙丈ヶ岳二合目登山口05:24薮沢大滝ノ頭05:2906:20小仙丈ヶ岳06:2407:13仙丈ヶ岳07:3807:51仙丈小屋07:5508:25馬の背ヒュッテ08:2709:23薮沢大滝09:57大平山荘10:10長衛荘10:15仙丈ヶ岳二合目登山口10:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甲斐駒ケ岳:全体的に岩、砂利の印象強い。山頂直下の直登コースは下山より登りの方が当然楽なので登る方も多い、下山の方がいると登りの待ちで中々降りれないと思います。摩利支天はコース通りに辿るのが吉、中にはショートカットをしようとして進退窮まる人もいるので注意。
双児山から下山する人が多くここを登って来る人は時間的にもいませんでしたが正直飽きるコースでした。
仙丈ケ岳:北沢峠テント場から登るにはテント場入口近くの仙丈ケ岳2合目登山口からつづら折りの樹林帯を登る。すぐに北沢峠からの分岐に出ます。
小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳までは気持ちの良い稜線で景色に目を取られがちですが足元にも注意しましょう。
大平山荘までの道は沢沿いの為か花が多く景色とはまた別に目を取られがちに。
最後太平山荘から北沢峠まで若干の登り返しがあるので体力を使いきらない様に。
その他周辺情報仙流荘で日帰り入浴可(大人¥600)ただ浸かれる湯が狭い。
高遠の高遠そばが美味しい。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ マット シュラフ バーナー ワイン シェラカップ
共同装備 テント

写真

早朝の仙流荘バス停、人数が多い時は通常6時が5時に出してもらえます、全員が座れるまで増発してくれるので安心。
バス停の切符売場で往復(¥2600)切符を購入して並びます。
2014年09月14日 04:55撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の仙流荘バス停、人数が多い時は通常6時が5時に出してもらえます、全員が座れるまで増発してくれるので安心。
バス停の切符売場で往復(¥2600)切符を購入して並びます。
北沢峠に到着しました。長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)でテント場の受付をしなくてはならないので急いで向かいます。
2014年09月14日 05:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠に到着しました。長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)でテント場の受付をしなくてはならないので急いで向かいます。
丁度撤収作業中の方がいらしたので運よく小屋に近い1段目のいい場所にテントを設営出来ました。
テント泊は約1年振りでしたが長男と二人で5分で設営完了!
荷物を置いてアタックザックに切り替え、いざ甲斐駒を目指す。
2014年09月14日 06:19撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁度撤収作業中の方がいらしたので運よく小屋に近い1段目のいい場所にテントを設営出来ました。
テント泊は約1年振りでしたが長男と二人で5分で設営完了!
荷物を置いてアタックザックに切り替え、いざ甲斐駒を目指す。
1
テント場入口付近から、、本日は奥の2段目もこんな感じでした。
2014年09月14日 07:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場入口付近から、、本日は奥の2段目もこんな感じでした。
1
樹林帯を登ります。
2014年09月14日 07:44撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を登ります。
仙水小屋に到着。
2014年09月14日 07:52撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋に到着。
仙水峠に到着。
沢山の人が休憩してました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠に到着。
沢山の人が休憩してました。
駒津峰が見えます。
2014年09月14日 08:25撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰が見えます。
木々の間から摩利支天。
2014年09月14日 08:32撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から摩利支天。
仙丈ケ岳。懐が深い。
北沢峠も見える。
2014年09月14日 08:46撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳。懐が深い。
北沢峠も見える。
北沢峠のテン場をアップ。
2014年09月14日 08:46撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠のテン場をアップ。
雲に隠れる甲斐駒。
2014年09月14日 08:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れる甲斐駒。
北岳、間ノ岳
2014年09月14日 08:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳
いいね。、
2014年09月14日 09:14撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね。、
駒津峰に到着。
仙丈ケ岳を振り返る。
2014年09月14日 09:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰に到着。
仙丈ケ岳を振り返る。
駒津峰から見る甲斐駒
2014年09月14日 09:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰から見る甲斐駒
甲斐駒と摩利支天。
2014年09月14日 09:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒と摩利支天。
2
尾根伝いに進む。
2014年09月14日 09:25撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いに進む。
だんだんと近づいてきました。
迫力あるなー(^_^;)
2014年09月14日 09:30撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと近づいてきました。
迫力あるなー(^_^;)
1
すげー高度感。途中のコルから。
2014年09月14日 09:34撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すげー高度感。途中のコルから。
ここは勿論直登で。帰りは巻道経由で摩利支天寄って下山するので。
2014年09月14日 09:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは勿論直登で。帰りは巻道経由で摩利支天寄って下山するので。
振り返る。駒津峰と仙丈ケ岳が一直線に。
2014年09月14日 09:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。駒津峰と仙丈ケ岳が一直線に。
見た目程ではない。
2014年09月14日 09:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目程ではない。
滑りにくい岩と全体的にホールドはしっかりとありますので楽です。
2014年09月14日 10:07撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りにくい岩と全体的にホールドはしっかりとありますので楽です。
登ってる途中、見下ろす。
2014年09月14日 10:08撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってる途中、見下ろす。
到着の証拠写真。長男と二人は3月の雲取以来。
軽く昼食を摂取。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着の証拠写真。長男と二人は3月の雲取以来。
軽く昼食を摂取。
2
鋸岳方面。
2014年09月14日 10:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳方面。
中央アルプス方面、大分雲が出てきた。
2014年09月14日 10:54撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面、大分雲が出てきた。
駒ヶ岳神社にでも行ってみるか。
2014年09月14日 11:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社にでも行ってみるか。
こっちは巻道。帰りはこっちから下山。
2014年09月14日 11:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは巻道。帰りはこっちから下山。
駒ヶ岳神社。
2014年09月14日 11:07撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社。
色々祈願する。
2014年09月14日 11:07撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々祈願する。
摩利支天にも寄っていこう。
ここから一直線には行けません。
2014年09月14日 11:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天にも寄っていこう。
ここから一直線には行けません。
ここまで降りてから登る、。
2014年09月14日 11:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで降りてから登る、。
凄い所を登っている様に見えるがそうではない。
2014年09月14日 11:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い所を登っている様に見えるがそうではない。
エクスカリバーではなく奉剣。
2014年09月14日 11:45撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エクスカリバーではなく奉剣。
しかし凄い岩ですねー
2014年09月14日 11:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし凄い岩ですねー
戸台川。
2014年09月14日 12:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸台川。
さっき取り忘れた。
駒津峰まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき取り忘れた。
駒津峰まで戻ってきました。
さてここから双児山経由で下山します。
2014年09月14日 12:39撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてここから双児山経由で下山します。
雲が低いのか自分が高い所にいるからかよく理解出来てません。
2014年09月14日 12:39撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が低いのか自分が高い所にいるからかよく理解出来てません。
双児山に到着。
2014年09月14日 13:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児山に到着。
仙丈ケ岳も雲に包まれてきました。
なんだかまだ夏の雲に見えますね。
2014年09月14日 13:08撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳も雲に包まれてきました。
なんだかまだ夏の雲に見えますね。
飽き飽きした下山道は省き、長衛荘に到着。
2014年09月14日 14:01撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飽き飽きした下山道は省き、長衛荘に到着。
ここで生ビールを飲む。アサヒの生は¥700ですが地ビールの
生はプラス¥100増しと言うので迷うことなく地ビールを選択。
YONAYONAみたいなペールエールでかなりフルーティーなビールでした。
2014年09月14日 14:04撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで生ビールを飲む。アサヒの生は¥700ですが地ビールの
生はプラス¥100増しと言うので迷うことなく地ビールを選択。
YONAYONAみたいなペールエールでかなりフルーティーなビールでした。
1
暫し長衛荘にて休憩の後、テントに戻り夕食の支度。
今日は鍋キューブでキムチ鍋。
自宅で切ってきた野菜と凍らしてきた肉類を放り込みテント内で仕込む。
2014年09月14日 15:13撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫し長衛荘にて休憩の後、テントに戻り夕食の支度。
今日は鍋キューブでキムチ鍋。
自宅で切ってきた野菜と凍らしてきた肉類を放り込みテント内で仕込む。
出来上がったので外に出てビールと食す。
昼食用に余分に買っていたコンビニおにぎりの具を取って
最後はおじやで締め。
2014年09月14日 15:25撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出来上がったので外に出てビールと食す。
昼食用に余分に買っていたコンビニおにぎりの具を取って
最後はおじやで締め。
早朝、暗がりの中テントを出発。
2014年09月15日 04:08撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝、暗がりの中テントを出発。
あっと言う間に2合目到着。
2014年09月15日 04:59撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっと言う間に2合目到着。
日が登り始めました。
2014年09月15日 05:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が登り始めました。
鳳凰三山がくっきりと。
2014年09月15日 05:30撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山がくっきりと。
1
小仙丈ケ岳方面に進む。
2014年09月15日 05:31撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳方面に進む。
甲斐駒とその奥は金峰山。
2014年09月15日 05:40撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒とその奥は金峰山。
甲斐駒左手は八ヶ岳。
2014年09月15日 05:46撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒左手は八ヶ岳。
テント場。
2014年09月15日 05:48撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。
鋸岳と奥は八ヶ岳。
2014年09月15日 05:48撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳と奥は八ヶ岳。
北岳と左手奥にちらっと富士山。
2014年09月15日 05:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳と左手奥にちらっと富士山。
馬の背ヒュッテが見える。
2014年09月15日 05:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテが見える。
北ア方面、穂高と槍が目立つ。
2014年09月15日 05:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア方面、穂高と槍が目立つ。
標高が上がるに連れて見えてきた富士山。
2014年09月15日 05:52撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるに連れて見えてきた富士山。
小仙丈ケ岳はあのピークの先。
2014年09月15日 05:54撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳はあのピークの先。
富士山が見えた。
北岳とコラボ。
2014年09月15日 06:05撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えた。
北岳とコラボ。
朝陽がいい感じ。
2014年09月15日 06:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽がいい感じ。
甲斐駒、奥に奥秩父、八ヶ岳。
2014年09月15日 06:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、奥に奥秩父、八ヶ岳。
左から鳳凰三山、富士山、北岳。
2014年09月15日 06:15撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から鳳凰三山、富士山、北岳。
中央アルプス方面、。
2014年09月15日 06:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面、。
甲斐駒、鋸岳、奥に八ヶ岳。
2014年09月15日 06:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、鋸岳、奥に八ヶ岳。
日本の最高峰からきれいに順に見えるのはこの山だけ。
2014年09月15日 06:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本の最高峰からきれいに順に見えるのはこの山だけ。
ほんと眺める山です。
2014年09月15日 06:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと眺める山です。
こういう時間帯の山って最高ですねー。
意味もなく同じアングルで撮ってしまう。。
2014年09月15日 06:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう時間帯の山って最高ですねー。
意味もなく同じアングルで撮ってしまう。。
雲海も見える。
2014年09月15日 06:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海も見える。
仙丈ケ岳まであと少し。
2014年09月15日 06:34撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳まであと少し。
1
8合目到着。
2014年09月15日 06:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目到着。
しかし気持ちがいいなーこの稜線は。
2014年09月15日 06:43撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし気持ちがいいなーこの稜線は。
あそこが山頂か。
2014年09月15日 07:02撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこが山頂か。
この角度だと富士山が北岳に近すぎる。
やっぱり均一に見えたのは先程の場所か。
2014年09月15日 07:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度だと富士山が北岳に近すぎる。
やっぱり均一に見えたのは先程の場所か。
幻想的な風景。
2014年09月15日 07:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的な風景。
1
その景色。
北ア方面。
2014年09月15日 07:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その景色。
北ア方面。
御嶽や乗鞍なんかも見える。
2014年09月15日 07:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽や乗鞍なんかも見える。
鋸岳と八ヶ岳の2枚刃。
2014年09月15日 07:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳と八ヶ岳の2枚刃。
ほんと360度、丸見えの景色。
甲斐駒や北岳より景色は良いね。
2014年09月15日 07:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと360度、丸見えの景色。
甲斐駒や北岳より景色は良いね。
ここで軽食。
暖かいココアでも飲んで下山、。
2014年09月15日 07:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで軽食。
暖かいココアでも飲んで下山、。
仙丈小屋まで下る。
2014年09月15日 07:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋まで下る。
トイレを¥100で借りる。
長男の話だとかなり綺麗だったとの事。
2014年09月15日 07:52撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレを¥100で借りる。
長男の話だとかなり綺麗だったとの事。
自炊もここで出来る。
2014年09月15日 07:56撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自炊もここで出来る。
さくっと降りて振り返ると山頂と小屋はもうあんなに遠く。
2014年09月15日 08:10撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくっと降りて振り返ると山頂と小屋はもうあんなに遠く。
馬の背ヒュッテに到着。
トイレ代を徴収してました。
2014年09月15日 08:26撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテに到着。
トイレ代を徴収してました。
沢沿いから見る甲斐駒。
2014年09月15日 08:41撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いから見る甲斐駒。
花の名前はまた後日。
2014年09月15日 08:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の名前はまた後日。
これが藪沢大滝ですかね。
2014年09月15日 08:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが藪沢大滝ですかね。
下には残雪が。
2014年09月15日 08:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には残雪が。
太平山荘に到着ここから北沢峠まで登り返す。
テント場に戻り撤収してバス停に並ぶと11時半で臨時便を出してくれた。
2014年09月15日 09:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平山荘に到着ここから北沢峠まで登り返す。
テント場に戻り撤収してバス停に並ぶと11時半で臨時便を出してくれた。
高遠蕎麦の店「華留運」(ケルン)、山やの御用達の店として知る人ぞ知る店の様です。
ここで昼食を摂って長い帰路へ。
2014年09月15日 14:10撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高遠蕎麦の店「華留運」(ケルン)、山やの御用達の店として知る人ぞ知る店の様です。
ここで昼食を摂って長い帰路へ。
撮影機材:

感想/記録

秋のメイン登山として久々4年振りの南アルプス。
どうせなら甲斐駒と仙丈ケ岳の2座をテント1泊で目指す。
次男が最後まで行きたがっていたのだが塾の宿題が終わらないとの理由から
今回は参加せず、久々に長男と二人でのテン泊になった。
懸念していたのはお盆よりも混むと言われるこの時期の仙流荘の前の無料駐車場と北沢峠のテント場だった。駐車場には何とか停めれたが停められなかった車は田んぼの方まではみ出ていた様だった。
テント場もやはり混んでいたが朝早く撤収する人達も居たので素早く声を掛けて運よく小屋寄りの中々いい場所に設営出来た。
ここまで出来れば悩むことはない、後は登るだけだ。
肝心の山の所感ですが、甲斐駒より仙丈ケ岳の方が景色が良かったという事。
天候が今ひとつ優れなかったのもあるのですが、仮に晴れていたとしても見える景色は断然仙丈ケ岳ですね。
ただ甲斐駒はやはり恰好が良い山だ。
冬の早朝中央道を走っていると見えるモルゲンの甲斐駒なんか最高ですしね。
次男が黒戸尾根から登りたいとか言っていたので今度はそっちから登ってみるか。

たまたまだったと思うがこの時期にしてはテント場の気温も高く、午前3時でテント内は8℃程度だった。(標高2000mなので平地に比べて-12℃で考えると昨日は暖かかったんですかね。)

着る物にもよるがダウンなども持っていったが着用せず、終始フリースでシュラフはモンベルの♯3で十分暑かった。マットもサーマレストZLineで地熱も感じず。
相当な寒気が来ない限り、9月はこんなんで問題なさそうです。

10月になればまた変わりますね。

訪問者数:980人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/8/23
投稿数: 928
2014/9/16 11:27
 ご苦労様です
私達仙人夫婦も昨年登りました。甲斐駒は天気が悪くて大変でしたが、仙丈は良かったね・・・今年の夏は北岳に登ったよ・・・白神の地から一週間かけて行きました。
登録日: 2011/4/21
投稿数: 22
2014/9/16 12:17
 Re: ご苦労様です
tokiyosi64さん
はじめまして、ご夫婦で登山、羨ましいです。
うちは嫁が高所恐怖症で高い岩場とかが全くダメなので、、、
子供たちもどこまで着いてきてくれるかって感じですが(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ