また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 543092 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

小金沢連嶺縦走(寂ショウ尾根より滝子山〜湯ノ沢峠泊〜石丸峠〜小屋平)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年11月03日(月) ~ 2014年11月04日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候ほぼ常に快晴
1日目午前中はちょっとだけ風が強かった
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)笹子駅より徒歩
(復路)栄和交通バスにて、小屋平バス停→やまと天目山温泉、やまと天目山温泉→甲斐大和駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間52分
休憩
1時間15分
合計
7時間7分
S笹子駅07:3308:15寂ショウ尾根取付08:2008:45林道08:5509:401245m09:5010:55滝子山11:1512:15大谷ヶ丸12:2512:41米背負峠13:25ハマイバ丸13:4514:14大蔵高丸14:40湯ノ沢峠避難小屋
2日目
山行
4時間20分
休憩
1時間35分
合計
5時間55分
湯ノ沢峠避難小屋05:3506:35黒岳06:4507:45牛奥ノ雁ヶ腹摺山07:5508:30小金沢山08:50どこか(足をくじきテーピング休憩)09:2009:39狼平10:00石丸峠10:4511:30小屋平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※ルートは手書きなのでだいたいです。
コース状況/
危険箇所等
・寂ショウ尾根は取付が分かりにくかった。目印もやや少ない。
上部の岩場は、下りだと怖そうだが登りならさほど問題なし。まあ一般縦走路のレベル。

・湯ノ沢峠避難小屋と白谷丸の間で、崩壊のためか、地図上では登山道のある尾根よりちょっと北に道が付け替えられていた。新しい道も状態が悪く、雨の日に下るとかなり滑りそうだった。

あとは概ね山と高原地図(2013年度版)の記述通りだった。鎮西ヶ池から米背負峠くらいまで?(記憶曖昧)の区間は踏跡が落ち葉に隠されてわかりにくかった。小金沢山〜狼平のちょっと手前くらいは踏跡が錯綜気味で、ここは尾根通しなの?巻くの?と迷うところが何度かあった。
その他周辺情報やまと天目山温泉
ぬるぬるする高アルカリ温泉でした。
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

写真

しばらく舗装道をてけてけと。最初は地図を見ながら行けばそんなに迷いません。
2014年11月03日 07:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく舗装道をてけてけと。最初は地図を見ながら行けばそんなに迷いません。
寂ショウ(じゃくしょう)尾根の取付はわかりにくい。
林道右手にこの看板があったら、そこから古い林道っぽいところに入っていきます。
道なりに行くとなぞの山小屋があり、その前を通り過ぎると里山に入っていきます。はじめは踏跡がないのでわかりにくいのですが、尾根を狙って登っていくとそのうち登山道に合流します。わかりにくいので下りでは使いたくないですね。
2014年11月03日 08:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂ショウ(じゃくしょう)尾根の取付はわかりにくい。
林道右手にこの看板があったら、そこから古い林道っぽいところに入っていきます。
道なりに行くとなぞの山小屋があり、その前を通り過ぎると里山に入っていきます。はじめは踏跡がないのでわかりにくいのですが、尾根を狙って登っていくとそのうち登山道に合流します。わかりにくいので下りでは使いたくないですね。
登山道を登っていくと途中で林道と交差。
次の取付は右手にあります。
2014年11月03日 08:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を登っていくと途中で林道と交差。
次の取付は右手にあります。
寂ショウ尾根の登山道はこんな感じで踏跡がはっきりしないところも多々あります。
登りではまあ問題ないですが、初心者だと下りは迷いそう。
2014年11月03日 09:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根の登山道はこんな感じで踏跡がはっきりしないところも多々あります。
登りではまあ問題ないですが、初心者だと下りは迷いそう。
紅葉は終わりかけ。
2014年11月03日 09:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は終わりかけ。
鎖場が始まります。
点線ルートにするほどではないと思いますが、スタンスが小さかったりして、雨天時に下りで使うとけっこう怖そうです。
清滝小屋からの両神山くらいのレベルかなあ。八丁尾根よりははるかに簡単。
2014年11月03日 10:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が始まります。
点線ルートにするほどではないと思いますが、スタンスが小さかったりして、雨天時に下りで使うとけっこう怖そうです。
清滝小屋からの両神山くらいのレベルかなあ。八丁尾根よりははるかに簡単。
滝子山からの富士山。
北富士演習場から砲撃音が頻繁に聞こえました。
2014年11月03日 10:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山からの富士山。
北富士演習場から砲撃音が頻繁に聞こえました。
これから歩く縦走路。
唐松が紅葉してます。
2014年11月03日 11:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く縦走路。
唐松が紅葉してます。
こんな感じの道標がところどころにありますが、あんまり頻度は高くないです。
2014年11月03日 11:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道標がところどころにありますが、あんまり頻度は高くないです。
こんな感じで、踏跡のはっきりしない区間あり。
2014年11月03日 12:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで、踏跡のはっきりしない区間あり。
ススキが目立つ縦走路です。
2014年11月03日 12:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキが目立つ縦走路です。
闇テン跡。。。
2014年11月03日 12:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇テン跡。。。
厨二が喜ぶ名前(笑)
昔はここで神事でもやったんでしょうか。
2014年11月03日 13:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厨二が喜ぶ名前(笑)
昔はここで神事でもやったんでしょうか。
ススキススキ。
2014年11月03日 13:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキススキ。
南側が開けるたびに富士山がどーんと見えるのがこの縦走路の魅力。
2014年11月03日 14:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側が開けるたびに富士山がどーんと見えるのがこの縦走路の魅力。
南アもばっちり。
2014年11月03日 14:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アもばっちり。
大蔵高丸
2014年11月03日 14:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵高丸
湯ノ沢峠。避難小屋はすぐそこです。
2014年11月03日 14:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠。避難小屋はすぐそこです。
2日目。
地面には霜。
2014年11月04日 06:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。
地面には霜。
北からが一番均整のとれた形に見える
2014年11月04日 06:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北からが一番均整のとれた形に見える
久しぶりの朝日
2014年11月04日 06:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの朝日
黒岳。
このへんは奥秩父っぽい針葉樹林
2014年11月04日 06:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳。
このへんは奥秩父っぽい針葉樹林
コルが草原、ピークが樹林というパターンが多いこの連嶺。自然にこうなったのか、かなり人為が効いているのか?
2014年11月04日 07:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルが草原、ピークが樹林というパターンが多いこの連嶺。自然にこうなったのか、かなり人為が効いているのか?
闇テン跡
2014年11月04日 07:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇テン跡
日本一長い山名と聞いたことがあります。
2014年11月04日 07:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一長い山名と聞いたことがあります。
相変わらずきれい
2014年11月04日 07:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずきれい
南アの山々はまだ白くなっていないですね。
しかしあとで遠くに見えた乗鞍は真っ白でした。
2014年11月04日 07:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの山々はまだ白くなっていないですね。
しかしあとで遠くに見えた乗鞍は真っ白でした。
牛奥から西へ下る点線ルートの下り口。道標はあってないようなもので、気をつけていないと気付かないかも。
他の方の記録によると登山道は明瞭らしいですが
2014年11月04日 08:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥から西へ下る点線ルートの下り口。道標はあってないようなもので、気をつけていないと気付かないかも。
他の方の記録によると登山道は明瞭らしいですが
今回の主峰。
図らずも標高年でした。
2014年11月04日 08:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の主峰。
図らずも標高年でした。
1
狼平。
このへんは何度も来ているところですが、この縦走路のハイライトだということが今回の縦走でわかりました(笑)
2014年11月04日 09:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼平。
このへんは何度も来ているところですが、この縦走路のハイライトだということが今回の縦走でわかりました(笑)
この木とかいい雰囲気。
2014年11月04日 09:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木とかいい雰囲気。
大菩薩湖
2014年11月04日 09:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩湖
石丸峠から下山。
カラマツ林は歩いていて気持ちいいですね。
このへんは県有林になっていて、皆伐してちゃんと材を出しているみたいです。
2014年11月04日 10:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠から下山。
カラマツ林は歩いていて気持ちいいですね。
このへんは県有林になっていて、皆伐してちゃんと材を出しているみたいです。
撮影機材:

感想/記録

当初は皇海山―白根山の藪縦走の予定だったが、天気の都合で日程をずらしたうえ転進。笹子駅から寂ショウ尾根で滝子山に登り、小金沢連嶺を縦走し、牛の寝通りから小菅の湯に下るルートにした。が、途中で足を軽く挫いてしまい、大事を取って石丸峠から撤退。
ゆるーいルートだったが、登りではけっこうばてた。運動不足はよくない。
しょうもないところで足を挫いてしまったのも反省点。足首周りの筋力やバランス感覚を鍛えるべき。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:446人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ