また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5563317 全員に公開 ハイキング 丹沢

不老山(最後のサンショウバラ;浅瀬から不老山北尾根↑ 白クラノ頭から南東尾根↓)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年06月01日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り  風 弱風
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小田急新松田駅から富士急湘南バスで浅瀬入口へ
帰り:JR御殿場線駿河小山駅から帰宅

2週間前とは大違い。登山客は10人未満でした。
もうツツジも終わりで檜洞丸は霧予報ですからね。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:03
距離
18.5 km
登り
1,157 m
下り
1,216 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
58分
合計
7時間2分
S浅瀬入口バス停08:2008:40寺の沢橋08:44滝壺橋08:54世附キャンプセンターきこり村09:03世附・浅瀬駐車スペース09:07浅瀬ゲート09:1009:13漁協管理小屋09:1810:36不老山10:5110:53不老山南峰11:10世附峠11:20蘇峰台11:5111:58悪沢峠11:5912:08峰坂峠12:47白クラノ頭12:5015:03湯船入口15:16小山公園15:22駿河小山駅15:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般路は迷う所や危険個所はありません。

不老山北尾根

取付きはいくつかあるようですが、急坂を登ると後は尾根
の形がはっきりしており踏み跡(林業の方のも含め)もあ
るので登りで迷う事はないかと思います。
危険個所もないので体力勝負です。
念の為チェーンスパイクを着けましたが、登りはなくても大
丈夫だったかと思います。

白クラノ頭南東尾根

危険個所はありませんが、尾根の形が緩く支尾根も多い
ので道迷い注意です。
半分以上踏み跡があり、目印も数か所付いていますが、
結構頻繁に方向を確認しないと間違いそう。
GPSで何度も確認したので大きな間違いはしませんでした。
下の方はいくつかルートがありそうでしたが、私は八幡社
の所にでました。
それ程急坂もなかったのでチェーンスパイクは使用せず。

ヒルが心配でしたが大丈夫でした。
過去天気図(気象庁) 2023年06月の天気図

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ チェーンスパイク

写真

新松田駅バス停。2週間前は平日でも超満員だったのが嘘のよう。私が先頭。出発15分前でもこの状態でした。
2023年06月01日 07:00撮影
新松田駅バス停。2週間前は平日でも超満員だったのが嘘のよう。私が先頭。出発15分前でもこの状態でした。
3
浅瀬に向かう途中、丹沢湖越しの山。風がないので鏡に映ったよう。
2023年06月01日 08:31撮影
浅瀬に向かう途中、丹沢湖越しの山。風がないので鏡に映ったよう。
16
木陰の隙間に見える滝。
2023年06月01日 08:48撮影
木陰の隙間に見える滝。
7
水量が多いせいか渡渉個所が中々見つからず、ヒル対策で着けたロングスパッツを信じてここを強引に突破。靴の中に少し水が入ってしまったがそのまま登山継続。
2023年06月01日 09:20撮影
水量が多いせいか渡渉個所が中々見つからず、ヒル対策で着けたロングスパッツを信じてここを強引に突破。靴の中に少し水が入ってしまったがそのまま登山継続。
8
チェーンスパイクを付けて、対岸のここから取付きます。
2023年06月01日 09:26撮影
チェーンスパイクを付けて、対岸のここから取付きます。
5
尾根に乗ってしまえば後は急坂をひたすら登るだけ。
2023年06月01日 09:32撮影
尾根に乗ってしまえば後は急坂をひたすら登るだけ。
6
ロープが所々に付いていました。
2023年06月01日 09:47撮影
ロープが所々に付いていました。
5
林業の方が作業されていました。伐採したばかりの木屑が見えます。
2023年06月01日 10:15撮影
林業の方が作業されていました。伐採したばかりの木屑が見えます。
4
林道を横断、又急坂に取付きます。
2023年06月01日 10:19撮影
林道を横断、又急坂に取付きます。
4
植林帯で落ち葉がないので踏み跡もしっかり。
2023年06月01日 10:29撮影
植林帯で落ち葉がないので踏み跡もしっかり。
5
おっと、蛇。 長さが短いし、あの三角形の頭はマムシでは?クワバラクワバラ。
2023年06月01日 10:34撮影
おっと、蛇。 長さが短いし、あの三角形の頭はマムシでは?クワバラクワバラ。
8
稜線に合流。
2023年06月01日 10:38撮影
稜線に合流。
4
不老山山頂に到着。サンショウバラの木。何とか間に合ったみたい。
2023年06月01日 10:42撮影
不老山山頂に到着。サンショウバラの木。何とか間に合ったみたい。
12
濃いめの花をアップ。
2023年06月01日 10:42撮影
濃いめの花をアップ。
20
ちょっと横から。
2023年06月01日 10:46撮影
ちょっと横から。
7
ベッピンさん。これから咲きそうな妹花と一緒に。
2023年06月01日 10:48撮影
ベッピンさん。これから咲きそうな妹花と一緒に。
21
誰もいないのでセルフで。
2023年06月01日 10:48撮影
誰もいないのでセルフで。
18
サンショウバラの丘に向かう途中のジシバリ。
2023年06月01日 11:15撮影
サンショウバラの丘に向かう途中のジシバリ。
11
スイカズラ。
2023年06月01日 11:17撮影
スイカズラ。
6
サンショウバラの丘に到着。花が付いている木は僅かでした。もうお終いです。
2023年06月01日 11:23撮影
サンショウバラの丘に到着。花が付いている木は僅かでした。もうお終いです。
6
取り敢えず標識。
2023年06月01日 11:26撮影
取り敢えず標識。
4
展望はいいです。登ってきた不老山。
2023年06月01日 11:27撮影
展望はいいです。登ってきた不老山。
6
北側の菰釣山は雲の中。
2023年06月01日 11:30撮影
北側の菰釣山は雲の中。
7
残り花を探してうろつきます。
2023年06月01日 11:30撮影
残り花を探してうろつきます。
6
昼食を食べながら近くに咲いていたカタバミをアップ。
2023年06月01日 11:46撮影
昼食を食べながら近くに咲いていたカタバミをアップ。
10
サンショウバラの丘を後にします。こらから向かう白クラの頭。
2023年06月01日 11:54撮影
サンショウバラの丘を後にします。こらから向かう白クラの頭。
7
残り花を見っけ。
2023年06月01日 11:55撮影
残り花を見っけ。
16
急な階段道。一般道の地形は把握してこなかったのでキツイ。
2023年06月01日 12:39撮影
急な階段道。一般道の地形は把握してこなかったのでキツイ。
3
白クラノ頭近くのヤマツツジ。
2023年06月01日 12:45撮影
白クラノ頭近くのヤマツツジ。
7
白クラノ頭に到着。
2023年06月01日 12:51撮影
白クラノ頭に到着。
7
南東尾根に向かいます。踏み跡が見える。
2023年06月01日 12:54撮影
南東尾根に向かいます。踏み跡が見える。
6
斜面のヤマツツジが綺麗。
2023年06月01日 12:54撮影
斜面のヤマツツジが綺麗。
9
凄い形の木。積雪地帯でもないのにどうやったらあんな形に?
2023年06月01日 13:01撮影
凄い形の木。積雪地帯でもないのにどうやったらあんな形に?
5
目印。ここは屈曲点、右に行きます。
2023年06月01日 13:04撮影
目印。ここは屈曲点、右に行きます。
5
開けた所から金時山、箱根山が見えます。
2023年06月01日 13:09撮影
開けた所から金時山、箱根山が見えます。
5
裸地です。
2023年06月01日 13:10撮影
裸地です。
5
林道に到着。
2023年06月01日 13:19撮影
林道に到着。
4
ここから見ると不老山もいい形です。
2023年06月01日 13:20撮影
ここから見ると不老山もいい形です。
8
気持の良い緑の道。
2023年06月01日 13:22撮影
気持の良い緑の道。
7
これ何だろう。調べたらフデリンドウの櫺未任靴拭C罎肪秧Гぜ錣詰まっています。
2023年06月01日 13:26撮影
これ何だろう。調べたらフデリンドウの櫺未任靴拭C罎肪秧Гぜ錣詰まっています。
5
枝が横に走ってる。少し巻いて突破。
2023年06月01日 13:42撮影
枝が横に走ってる。少し巻いて突破。
5
満開のウツギの木。今回のコースで一番咲いていた花でした。
2023年06月01日 13:58撮影
満開のウツギの木。今回のコースで一番咲いていた花でした。
7
アップで。
2023年06月01日 13:59撮影
アップで。
10
鉄塔到着。
2023年06月01日 14:04撮影
鉄塔到着。
3
寄り道した458mピークの三角点。
2023年06月01日 14:14撮影 by TG-6 OLYMPUS CORPORATION
寄り道した458mピークの三角点。
5
次の鉄塔は二列です。
2023年06月01日 14:22撮影
次の鉄塔は二列です。
4
今年あまり見かける事がなかったキランソウかな。何で今頃。
2023年06月01日 14:40撮影
今年あまり見かける事がなかったキランソウかな。何で今頃。
6
最後の斜面。
2023年06月01日 14:41撮影
最後の斜面。
4
神社に下りました。湯船八幡神社と樹齢300年近くの夫婦杉(手前と奥)。後はひたすら舗道歩きです。
2023年06月01日 14:46撮影
神社に下りました。湯船八幡神社と樹齢300年近くの夫婦杉(手前と奥)。後はひたすら舗道歩きです。
5
道端に咲いていたユキノシタ。
2023年06月01日 14:53撮影
道端に咲いていたユキノシタ。
10
駿河小山駅に到着。今回出会った方は一般道での数人だけ。静かな山行でした。無事下山。山の神様に感謝!
2023年06月01日 15:26撮影
駿河小山駅に到着。今回出会った方は一般道での数人だけ。静かな山行でした。無事下山。山の神様に感謝!
7

感想/記録
by nino33

天気が今一の予報でしたが、近場で車でなくとも行ける
所を探していたら、まーとぴ(MartP)さんのレコで不老
山のサンショウバラも終わりそうとの情報で、ルートも参考
にして行ってきました。

予想通りでしたがサンショウバラの丘ではもう終わり、残り
花しかありませんでした。でも不老山の山頂はまだ大丈夫
だったので綺麗な花も見られました。
1000mを超える所でないともう駄目でしょうね。

世附川浅瀬の水量が多く渡渉地点を探すのに一苦労。
結局ロングスパッツ頼りで川をざぶざぶ渡り、靴の中に少し
水が入りましたが面倒なのでそのまま登山続行。
帰ってから見たら足底がしわしわにふやけていました。
靴下の性能がいいのかマメは出来ませんでしたが、ちょっと
無謀と反省。

目的の花も見られ、天気の崩れもなく無事下山、山の神
様と情報を頂いたまーとぴ(MartP)さんに感謝致します。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:345人

コメント

ninoさん こんにちは
浅瀬入り口から歩きましたか
なるほどその手がありましたか(^_-)-☆
私、浅瀬に車止めて不老山ピストンのイメージしかなく💦
参考になりました、来年はこのルートでpunch
山頂のサンショウバラ、間に合ってよかったですねscissors
お疲れさまでした(^o^)
2023/6/2 16:25
たんたん豆さん 今晩は。

家の都合で車が使えなかったので苦心のルート選択でした。
舗道歩きが多かったですが、それ程苦になりません。
不老山も色々ルートがありますね。
休日で車や人が多そうな時は色んなルート選択が出来そう
です。 ぜひ試して下さい。
綺麗なサンショウバラも見られましたが、今年は早いので
車が使えれば三国山や切通峠の方が良かったんでしょうね。

今年は孫の世話で平日を中心に制約が多い為、ご一緒
出来ていないのが残念です。
又、ご一緒するのを楽しみにしています。
2023/6/2 20:54
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ