また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 722757 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 悪沢(沢登り講習)

日程 2015年09月22日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れのち曇り(シャワー浴びたら寒し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
箱根橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:23箱根橋−
悪沢−
屏風岩山東尾根(大滝沢・悪沢界尾根)−
16:10箱根橋
コース状況/
危険箇所等
■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
■沢登り、クライミング講習等
 http://mt-farm.info/

■中川川水系 悪沢
  隣の箱根屋沢同等、丹沢山系のメジャー沢の中では短いながらも悪い滝が
  点在する難しい部類の沢だが、ナメは小振りながらきれい。
  遡行グレード:2級上
  クライミンググレード:元蕁

ヽ簑橋南端から入渓。左から涸れ支沢を合わせるとすぐにF1−10m。
 右から登れるがホールド外傾し細かく難しくヌメリもある。
 ここは無理せず左のガレた涸れ支沢に入り、下からも見える単管の架かった
 明瞭な古い巻き道で巻く。
 沢に戻れば左側に単管階段の架かった堰堤。
 そしてCo435mで左から急な涸れルンゼの支沢を合わせ、その先、沢は
 ゴルジュとなって左に曲がればF2−20m滝が行く手を遮る。
 以前は右壁から浅いクラックを伝ってツルツルの壁を登ったが、支点も欠落が
 多いので、435m二俣状まで戻り、右岸(左のこと)の単管階段と残置トラロープ
 沿いに少し大きく高巻く。
 踏み跡も割と明瞭で、次のF3−7mも一緒に巻くことになる。

Co510mでF4−2段20m。これも以前登ったことがあるが、水中眼鏡と
 庇付き帽子が欲しくなるほど、どっかぶりのシャワーで苦労したことを思い出す。
 少し戻れば右側に単管階段とトラロープのある明瞭な巻き道がある。
 ただ単管も古く傷んでいるので慎重に使いましょう。
 滝の落ち口に落ち込む尾根状を乗越して単管ハシゴで沢に戻れる。
 少し遡れば2段3m滝と堰堤のミックス。
 右にある鉄製ハシゴで越えるが、ハシゴ落ち口には多量の倒木が詰まっている。

小滝を幾つか越えていけば、沢はまたV字状ゴルジュとなり、右に曲がると
 スラブ壁状のF5−10m。さらさら〜な流れだが斜度は立っており、
 ホールド、スタンスは非常に細かい。
 右壁をクライミングするが、中盤で浅い水平クラックを使って流芯に向かい
 2mほどトラバースするところが非常に細かく悪い。
 以前は太い倒木が立てかけてあり途中までそれを使って登ったが、もう既に
 流されてしまった。
 仕方なく少し戻って左岸(右のこと)のザレを斜めに登って、途中から出てくる
 残置トラロープ沿いに高巻く。砂岩のザレなので滑落要注意。

Co580mで三俣状となり、中央の本流には2段8m滝が架かる。
 前半の核心部。
 左から上がり、垂壁のバンドに乗りこむのがバランシーで悪い。
 左手カチで左足をまずバンドに乗せ、身体を右に倒して右足もバンドに乗せる。
 その前にハーケンが2つ近くにあるので、クイックドローを架けてから
 ムーブを作った方がよい。
 バランスで右足に荷重を移動しながら、右上にあるガバを右手で伸びあがるように
 取りに行く。
 少し上がれば3つ目のやや緩いハーケンがあるので、フォロワーのために
 長めのスリングをA0用に架けてあげたい。
 ここはクライミング力に乏しい人には厳しい。(元蕁棔
 もし高巻くなら右の細い支沢を上がり弱点からだが、それほど容易ではない。
 続くY字状7mは卦蕕らいのクライミング。

ゥ淵瓩半滝を幾つか越えていくと、Co690mで水量比3:1:少量の三俣。
 一番左の西向きの本流を進めば小滝の上で、Co715mの三俣状となる。
 左の涸れ沢はガレで今日も自然落石があったので一応要注意。
 右の本流は3段25m滝が堂々と落ちている。
 一見すると階段状に見えるが、登ってみると意外に立っているので充分注意。
 ルートは左から取り付き、数mで1ピン目のハーケンあり。
 3つ走っている水平バンドはやはりオープンホールドでガバではない。
 また少し登れば流芯内に2ピン目のハーケンがあり、この辺りはシャワー
 クライミングになる。
 少々バランシーな下段を登り(元蕁檗法▲謄薀江で右側に渡る。
 右壁に3ピン目のハーケンあり、そこから上部もカンテから凹角状登っていく。
 (卦蕁棔
 落ち口右斜面の木にビレイポイントを作り後続をビレイする。
 身体が濡れてしまい今日は寒かった。
 高巻きは右側の尾根状を登って落ち口に出る。

 続く2段8mは卦蘢度。
 その後も滝が3m、3m、8m(卦蕁檗砲範続し、次の6mはまたちょっと
 嫌らしい滝だ。
 左から中央を登るが、ややヌメリもありクライミングチック。卦蕁棔
 次の2段8m滝を右から越えれば、Co785m二俣となる。

785m二俣から右に入れば、斜度のある長いナメ状、2段12×25m(卦蕁次
 4m(左から小さく巻く。卦蕁法3m(卦蕁法△修靴謄肇ぞナメ〜トイ状
 ルンゼとなり稜線に上がれる。
 また同二俣から左に入れば、ナメ、左岩壁状3段4m(スラブ状で卦蕁棔法
 スラブ状6m(元蕁櫃世落ち口がホールド疎く少々難しい)。
 スラブ状6mは左手のザレを少し大きく高巻く。足元ズルズルなので要注意。

 その上はCo820m二俣で、右に入っても左に入っても、ほぼ水の涸れた棚が
 いくつかあり、適当なところで、それぞれ右の尾根に乗って植林の稜線を目指す。

Р嫉海蓮一般登山道利用なら、詰めた稜線を左(西)に進む屏風岩山(標識あり)
 から、北へ向かって大滝峠上から西丹沢自然教室か、南に向かって二本杉峠から
 中川集落へ下りるか。
 読図ができれば、詰め上げた稜線(屏風岩山東尾根。大滝沢・悪沢の界尾根)を
 右(東)に下って、大滝沢林道ゲートあたりか、大滝橋と箱根橋の間の尾根突端
 を下って県道76号に出る。
 この尾根は森林作業径路が薄くあるが、Co650mの開放的な小ピークからの
 地図読みが核心となる。
過去天気図(気象庁) 2015年09月の天気図 [pdf]

写真

県道76号
箱根橋から割沢橋へ向かいます
2015年09月22日 09:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道76号
箱根橋から割沢橋へ向かいます
左の単管道を巻きます
2015年09月22日 09:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の単管道を巻きます
F2−20mの左高巻き用単管
2015年09月22日 09:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2−20mの左高巻き用単管
巻き途中からF3−7mを見る
2015年09月22日 09:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き途中からF3−7mを見る
2
F3−2段20mは右の単管道から巻く
2015年09月22日 09:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3−2段20mは右の単管道から巻く
1
巻きから沢に戻る
2015年09月22日 09:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きから沢に戻る
1
落ち口に流木が詰まっている
2015年09月22日 10:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口に流木が詰まっている
3
小気味よいナメ
2015年09月22日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小気味よいナメ
3
antemさん快適に登っていきます
2015年09月22日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
antemさん快適に登っていきます
5
さぁどう攻略するか^^
2015年09月22日 10:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁどう攻略するか^^
4
スラブ状10m滝
右がルートだが細かいよ
2015年09月22日 10:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ状10m滝
右がルートだが細かいよ
5
戻って左岸を巻きます
2015年09月22日 10:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って左岸を巻きます
2
落ち口へ巻き終わり
2015年09月22日 10:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口へ巻き終わり
2
前半核心部の2段8m滝
2015年09月22日 10:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半核心部の2段8m滝
2
レギュラーモードで(a)
2015年09月22日 10:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レギュラーモードで(a)
見た目以上に難しい(a)
2015年09月22日 10:51撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目以上に難しい(a)
1
ここはクライミング力必要ですよ
2015年09月22日 10:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはクライミング力必要ですよ
1
その上の小滝
2015年09月22日 10:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の小滝
1
anthemさん無事登ってきました
2015年09月22日 11:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
anthemさん無事登ってきました
2
ナメはなかなかのものです
2015年09月22日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメはなかなかのものです
3
華麗なムーブ^^
2015年09月22日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
華麗なムーブ^^
7
細めに書き込んでらっしゃいます^^(a)
2015年09月22日 11:50撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細めに書き込んでらっしゃいます^^(a)
1
後半の核心部 3段25m滝
2015年09月22日 11:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半の核心部 3段25m滝
1
一見すると左から登れそうだが・・・
2015年09月22日 11:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見すると左から登れそうだが・・・
4
現実は結構バランシーだしシャワーだし
2015年09月22日 12:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現実は結構バランシーだしシャワーだし
3
kamogリード中
ずぶ濡れだぁ
2015年09月22日 12:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kamogリード中
ずぶ濡れだぁ
4
リードしないで良かった・・
ここも見た目より悪い・・(a)
2015年09月22日 12:35撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リードしないで良かった・・
ここも見た目より悪い・・(a)
1
anthemさんフォローで登る
2015年09月22日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
anthemさんフォローで登る
1
その上の滝
2015年09月22日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の滝
もうちょい
2015年09月22日 12:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょい
1
灌木をビレイポイントとした
2015年09月22日 12:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木をビレイポイントとした
1
まだまだ連瀑です
2015年09月22日 13:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ連瀑です
3
この6mスラブ滝はなかなか難しいので左を巻きます
2015年09月22日 13:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この6mスラブ滝はなかなか難しいので左を巻きます
2
ほぼ涸れ棚
2015年09月22日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ涸れ棚
3
倒木の架かった涸棚
2015年09月22日 14:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の架かった涸棚
1
左に白ガケが出たら右の尾根に取り付く
2015年09月22日 14:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に白ガケが出たら右の尾根に取り付く
1
植林の尾根を登ります
2015年09月22日 14:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の尾根を登ります
1
屏風岩山東尾根に出ました
2015年09月22日 14:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山東尾根に出ました
2
ミニミニみかん
あざーす(a)
2015年09月22日 14:59撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニミニみかん
あざーす(a)
開放的な650m小ピーク
2015年09月22日 15:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放的な650m小ピーク
尾根末端は笹薮の中の踏み跡
2015年09月22日 16:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端は笹薮の中の踏み跡
1
リアル笹子トンネル(a)
2015年09月22日 16:11撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リアル笹子トンネル(a)
2
県道に出ました
2015年09月22日 16:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に出ました
1

感想/記録
by kamog

antemさん、お疲れ〜★★★

感想/記録
by anthem

いろいろ教えて頂きありがとうございました〜
悪沢 いい記念になりました☆彡
またお世話になりますね!
写真追加しようかと試みてるんですが、サーバーエラーが出てしまう・・
気長にやってみます♪
訪問者数:576人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2015/9/24 12:41
 kamoせんせー anさん
お疲れ様でした。
まさかSWで講習やっておられるとは思いませんでした。
せんせー日帰り登山なら許可が下りてるのでお手隙の頃谷川の沢を受講したいです
悪沢は、名前の通り悪そう。南アルプスの悪沢岳は好きですが、ここは立ち入れないなぁ・・・
あと葛根田すごく良かったデス。
登録日: 2012/1/21
投稿数: 814
2015/9/24 22:10
 Re: kamoせんせー anさん
SWこそkamogさんですよ
谷川ご一緒できるといいですわ〜
登録日: 2005/11/15
投稿数: 505
2015/9/24 23:26
 Re: kamoせんせー anさん
「せんせー」は止めて〜

谷川は・・・そうですねぇ、10月中旬くらいまでならOKですよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ