また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 731857 全員に公開 ハイキング 丹沢

夜間登山で行く丹沢主稜【過去の記録をUP】

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年08月13日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2007年08月の天気図 [pdf]

写真

今週の富士登山に備え、夜間歩行体験にて丹沢へ。小田原終電の小田急(00:04)に乗り、渋沢へ。タクシ−にて大倉に行き、00:50に大倉出発。
樹林帯(新月も重なり)と言う事で視界は全く無く、たよりはヘッドランプのみ。3段階の明るさ調整「中」でも足下はよく見え、数メートル先もぼんやりと見えて、ルートの確認など全く問題無い。歩き慣れた大倉尾根なので歩行自体は全く問題無いが、野生動物の鳴き声や、草木が揺れる音など相当怖い。後ろを振り向く事すら怖い。相当ビビリながら歩行しているので、歩行に集中できず、立花手前のベンチにて大休止する事とした。今回購入した銀マットを引いて仮眠する。星空を見ながら横になるのは結構良いものだ。ペルセウス流星群が来ていつとの事で、1分/回程度で流れ星が見えた。流れ星なんて見たのは何年ぶりだろうか。
銀マットは結構暖かく、マットを敷いてツエルトにくるまれば、少々寒くても問題な様だ。
明るくなったら引き返すかどうするか考えるほど弱っていたが、東の空が明るくなりヘッドランプ無しでも視界が利く様になったら、元気が出てきた。お湯を沸かし、コーヒーを飲んで04:43に出発する。
2007年08月13日 04:48撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今週の富士登山に備え、夜間歩行体験にて丹沢へ。小田原終電の小田急(00:04)に乗り、渋沢へ。タクシ−にて大倉に行き、00:50に大倉出発。
樹林帯(新月も重なり)と言う事で視界は全く無く、たよりはヘッドランプのみ。3段階の明るさ調整「中」でも足下はよく見え、数メートル先もぼんやりと見えて、ルートの確認など全く問題無い。歩き慣れた大倉尾根なので歩行自体は全く問題無いが、野生動物の鳴き声や、草木が揺れる音など相当怖い。後ろを振り向く事すら怖い。相当ビビリながら歩行しているので、歩行に集中できず、立花手前のベンチにて大休止する事とした。今回購入した銀マットを引いて仮眠する。星空を見ながら横になるのは結構良いものだ。ペルセウス流星群が来ていつとの事で、1分/回程度で流れ星が見えた。流れ星なんて見たのは何年ぶりだろうか。
銀マットは結構暖かく、マットを敷いてツエルトにくるまれば、少々寒くても問題な様だ。
明るくなったら引き返すかどうするか考えるほど弱っていたが、東の空が明るくなりヘッドランプ無しでも視界が利く様になったら、元気が出てきた。お湯を沸かし、コーヒーを飲んで04:43に出発する。
大倉より5時間で塔の岳へ。予定では05:00出発なので飲むゼリーだけを飲んで直ぐに出発。
2007年08月13日 05:52撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉より5時間で塔の岳へ。予定では05:00出発なので飲むゼリーだけを飲んで直ぐに出発。
予定よりだいぶ遅れているのでみやま山荘はそのまま通過し、休憩所にて大休止するラーメンを作って食べ、08:34出発。
2007年08月13日 07:53撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定よりだいぶ遅れているのでみやま山荘はそのまま通過し、休憩所にて大休止するラーメンを作って食べ、08:34出発。
1泊しないと来られないと思っていたが、丹沢に通って1年、遂に蛭が岳にきた。残念ながら、ガスのため景観無し。丹沢山から蛭が岳の稜線も景観が無かった。ゼリーを飲んで早々と出発。
2007年08月13日 09:30撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1泊しないと来られないと思っていたが、丹沢に通って1年、遂に蛭が岳にきた。残念ながら、ガスのため景観無し。丹沢山から蛭が岳の稜線も景観が無かった。ゼリーを飲んで早々と出発。
景観も何もなく単なるピークだけの白ヶ岳。通過する。
2007年08月13日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景観も何もなく単なるピークだけの白ヶ岳。通過する。
白ヶ岳を出てすぐ鹿がのんびり草を食べているので、写真を撮った。人慣れしているようで、逃げなかった。
2007年08月13日 11:01撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ヶ岳を出てすぐ鹿がのんびり草を食べているので、写真を撮った。人慣れしているようで、逃げなかった。
白ヶ岳から檜洞丸の歩行は、今までの中で一番辛い歩行となった。登山道も非常に荒れており、急激な登り降りを繰り返す。特に金山乗越からの登りはかなり辛かった。辛いと思った谷川連峰の茂倉新道以上(降下のみであるが)かもしれない。山頂直下は、バイケイソウが満開となっていた。
2007年08月13日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ヶ岳から檜洞丸の歩行は、今までの中で一番辛い歩行となった。登山道も非常に荒れており、急激な登り降りを繰り返す。特に金山乗越からの登りはかなり辛かった。辛いと思った谷川連峰の茂倉新道以上(降下のみであるが)かもしれない。山頂直下は、バイケイソウが満開となっていた。
最後のピーク檜洞丸に到着。ここで最後のゼリーを飲んでゆっくりする。最後はツツジ新道の2時間急降下となる。12:55出発。
2007年08月13日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク檜洞丸に到着。ここで最後のゼリーを飲んでゆっくりする。最後はツツジ新道の2時間急降下となる。12:55出発。
檜洞丸直下のバイケイソウ群生。この木道近辺は非常に綺麗で、霧時は幻想的な空間となる。お気に入りの場所である。
2007年08月13日 13:03撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸直下のバイケイソウ群生。この木道近辺は非常に綺麗で、霧時は幻想的な空間となる。お気に入りの場所である。
檜洞丸からの下降路は2回登っているツツジ新道を選択した。結構ラクチンなイメージがあったが、いざ下降すると非常に辛い。ほとんどが急な下りで疲れた体にはしんどい。なんとかゴーラ沢出合に到着し、手と顔、頭を洗ってさっぱりした。15:40のバスに乗るべく、早足で西丹沢教室に向かう。14:55出発。
2007年08月13日 14:48撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸からの下降路は2回登っているツツジ新道を選択した。結構ラクチンなイメージがあったが、いざ下降すると非常に辛い。ほとんどが急な下りで疲れた体にはしんどい。なんとかゴーラ沢出合に到着し、手と顔、頭を洗ってさっぱりした。15:40のバスに乗るべく、早足で西丹沢教室に向かう。14:55出発。
ついに完歩。歩行時間約12時間。早々と着替えて15:40のバスに乗り、山北で降りJRにて帰宅。
2007年08月13日 15:30撮影 by Canon EOS Kiss Digital, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに完歩。歩行時間約12時間。早々と着替えて15:40のバスに乗り、山北で降りJRにて帰宅。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:633人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ