ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829895 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鉄道公園から棒ノ峰まで行ってこい帰ってこい 鉄道公園〜雷電山〜高水山〜成木〜黒山〜棒ノ嶺〜岩茸石山〜高水山〜鉄道公園

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー latency
天候晴れ 北風強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鉄道公園の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良好。
榎峠から高水山へは山と高原地図にはありませんが、高水山トレイルランでも利用されている登山道があります。案内や踏み跡も明瞭です。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

鉄道公園からスタート。
桜がちょっとだけ咲いています。
2016年03月20日 05:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄道公園からスタート。
桜がちょっとだけ咲いています。
1
青梅丘陵ハイキングコースへ。
2016年03月20日 05:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅丘陵ハイキングコースへ。
とてもよく整備されています。
2016年03月20日 05:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもよく整備されています。
青梅の街並み。
2016年03月20日 06:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅の街並み。
いくつかビューポイントがあります。
2016年03月20日 06:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかビューポイントがあります。
ビューポイントからは、日和田山から続くいつもの飯能尾根がバッチリと。
2016年03月20日 06:53撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビューポイントからは、日和田山から続くいつもの飯能尾根がバッチリと。
1
携帯の電波も入るポイントがあります。
2016年03月20日 07:02撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯の電波も入るポイントがあります。
大岳山、御岳山方面。
雪はもう無いようですね。
2016年03月20日 07:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山、御岳山方面。
雪はもう無いようですね。
1
辛垣(からかい)城跡へ急登りということです。
2016年03月20日 07:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛垣(からかい)城跡へ急登りということです。
天然の要塞=要害ということらしいです。
2016年03月20日 07:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然の要塞=要害ということらしいです。
1
榎峠に出てきました。
この道の反対側に高水山への登山口があります。
2016年03月20日 07:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榎峠に出てきました。
この道の反対側に高水山への登山口があります。
軍畑からの登山道と合流します。
2016年03月20日 08:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍畑からの登山道と合流します。
常福院。
2016年03月20日 08:18撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常福院。
帰りにも通りますが、まずは登頂。高水山。
誰もいません。
2016年03月20日 08:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りにも通りますが、まずは登頂。高水山。
誰もいません。
1
常福院に戻って山行の安全を祈願。
2016年03月20日 08:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常福院に戻って山行の安全を祈願。
常福院は三刀流ですよ。
2016年03月20日 08:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常福院は三刀流ですよ。
参道を一気に下ってきました。
2016年03月20日 08:45撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道を一気に下ってきました。
わかりやすい上成木周辺の案内があります。
2016年03月20日 08:54撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりやすい上成木周辺の案内があります。
下りてきた高水山。
2016年03月20日 08:55撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきた高水山。
黒山への登山道は小沢トンネルの手前から。
2016年03月20日 08:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山への登山道は小沢トンネルの手前から。
ここが小沢峠。
2016年03月20日 08:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが小沢峠。
どこぞのアスレチックのような階段。
2016年03月20日 09:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこぞのアスレチックのような階段。
常盤尾根と呼ばれているようですが、途中祠や
2016年03月20日 09:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常盤尾根と呼ばれているようですが、途中祠や
サルノコシカケがたくさんの木を見つけたりで、コースをそれてしまうと、案の定登山道を見失ってしまいました。
GPSでなんとか戻ります。
2016年03月20日 09:28撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルノコシカケがたくさんの木を見つけたりで、コースをそれてしまうと、案の定登山道を見失ってしまいました。
GPSでなんとか戻ります。
1
馬乗馬場。
このあたり、財宝が埋められているそうですよ!
2016年03月20日 10:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬乗馬場。
このあたり、財宝が埋められているそうですよ!
1
黒山到着。
なかなかの尾根でした。
2016年03月20日 10:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山到着。
なかなかの尾根でした。
棒ノ嶺。
先週あった雪はまったくなくなっていました。
この山頂標、青空バックで超かっけーーーっす!
2016年03月20日 10:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺。
先週あった雪はまったくなくなっていました。
この山頂標、青空バックで超かっけーーーっす!
5
棒ノ嶺山頂から、飯能アルプスとか。
2016年03月20日 10:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺山頂から、飯能アルプスとか。
3
頂上の雪は解けてまったくありません。
お休みしている人もそこそこいらっしゃいます。
人気のお山ですね。
2016年03月20日 10:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の雪は解けてまったくありません。
お休みしている人もそこそこいらっしゃいます。
人気のお山ですね。
コンジリ峠に戻って、黒山へ。
2016年03月20日 10:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンジリ峠に戻って、黒山へ。
黒山から岩茸石山へ。
2016年03月20日 10:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山から岩茸石山へ。
1
岩茸石山から振り返って、常盤尾根と黒山から歩いてきた尾根。
2016年03月20日 11:44撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石山から振り返って、常盤尾根と黒山から歩いてきた尾根。
1
この時間は岩茸石山と高水山は大盛況。
2016年03月20日 11:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間は岩茸石山と高水山は大盛況。
元来た道を戻ります。
トレイルランのコースなので案内はバッチリ。
2016年03月20日 12:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元来た道を戻ります。
トレイルランのコースなので案内はバッチリ。
林道歩きもつまらないので、行に行かなかった尾根山へ。
2016年03月20日 12:11撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きもつまらないので、行に行かなかった尾根山へ。
永栗ノ峰。
2016年03月20日 12:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永栗ノ峰。
行はここから取りつきます。
2016年03月20日 12:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行はここから取りつきます。
高水トレイルラン大会がありますので、ご注意を。
2016年03月20日 12:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高水トレイルラン大会がありますので、ご注意を。
榎峠からの地獄の試練のような登り返し。
くぅーーーぅ。
2016年03月20日 12:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榎峠からの地獄の試練のような登り返し。
くぅーーーぅ。
1
雷電山二度目。
2016年03月20日 12:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷電山二度目。
この時間でも、今日は飯能方面バッチリです。

2016年03月20日 13:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間でも、今日は飯能方面バッチリです。

1
青梅の街並みもよく見えました。
2016年03月20日 13:46撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅の街並みもよく見えました。
1
ようやっと、ゴール。
お子様たちに人気でにぎわってしました。
2016年03月20日 14:01撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやっと、ゴール。
お子様たちに人気でにぎわってしました。
1

感想/記録

帰ってくる道中車が多いので、あぁ連休の中日なんだなと。
渋滞回避で今日は近場で正解だったようです。
一昨年のコースの反対回りです。
青梅丘陵ハイキングコースはよく整備されていて、万が一はいつでも青梅線沿線の各駅方面へエスケープできる安心コースです。
あったかいと思って、夏仕様で行ったものの、結構北風が強くしばし寒い思いもしました。
山の上の春はもうちょっとですね。
訪問者数:259人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 GPS サル 高原 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ