ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858717 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山ハイキング20年目のリベンジ

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー habusan
天候晴れ(快晴)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
家族の車で蓼科山女神茶屋登山口へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
1時間9分
合計
7時間40分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口08:0009:31標高2110m標識09:3211:31蓼科山12:2512:30蓼科山頂ヒュッテ12:3713:11蓼科山荘13:1713:21将軍平13:2214:38天祥寺原・将軍平分岐15:40竜源橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂までのコースタイムは3時間でしたが、
予想以上の急登で、かなりオーバーペース。
後ろを振り返ると良い眺めためか休憩時間多めでしたorz
コース状況/
危険箇所等
序盤は樹林帯で中盤以降は尾根沿いのゴツゴツした岩場を歩く。
南側だったためか残雪無し。
将軍平への下りルートについては、軽アイゼン必要。
下山ルートも多少の残雪有り。
ほぼほぼ、コースタイムで下山しました。

過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 当日は強風、気温マイナス5度(山頂付近)防寒対策多め対応。

写真

早朝の女神茶屋。ここから登山開始。家族に乗せてきてもらったので感謝です。
2016年04月30日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の女神茶屋。ここから登山開始。家族に乗せてきてもらったので感謝です。
最初は穏やかな樹林帯を通過。多少の急登がありましたが、いつものようなペースで進みます。
2016年04月30日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は穏やかな樹林帯を通過。多少の急登がありましたが、いつものようなペースで進みます。
しばらくすると、岩場多めの直登ルートへ。休憩すると後ろにはアルプスが見える素晴らしい眺望が。
2016年04月30日 09:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると、岩場多めの直登ルートへ。休憩すると後ろにはアルプスが見える素晴らしい眺望が。
岩場はこんな感じ。ルートを考えながら登りました。
2016年04月30日 09:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場はこんな感じ。ルートを考えながら登りました。
振り向くと絶景が見えるので休憩多めになりました。
2016年04月30日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと絶景が見えるので休憩多めになりました。
標高2110m付近を過ぎると、樹林帯でしたが、ここからが本番でした。谷沿いのルートだと思い、一時ルート外に行ってしまうアクシデントもありましたね。
2016年04月30日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2110m付近を過ぎると、樹林帯でしたが、ここからが本番でした。谷沿いのルートだと思い、一時ルート外に行ってしまうアクシデントもありましたね。
ひたすら登る。
2016年04月30日 10:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登る。
また、登る。
2016年04月30日 10:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、登る。
いつまで続くのか?
2016年04月30日 10:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまで続くのか?
ようやく、山頂が見えて来たが、完全に岩場になっていた。
2016年04月30日 11:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、山頂が見えて来たが、完全に岩場になっていた。
山頂ルートはぐるっと廻るような感じ。
2016年04月30日 11:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ルートはぐるっと廻るような感じ。
歩きにくいさの登山は本当に久しぶりだと改めて実感。
2016年04月30日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくいさの登山は本当に久しぶりだと改めて実感。
山頂到着でまずは、記念撮影。聖水とあおいちゃんです。
2016年04月30日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着でまずは、記念撮影。聖水とあおいちゃんです。
昼は、山専ボトルに入っていたお湯でラーメンとおむすび。1時間ぐらい山頂の眺望を楽しみました。
2016年04月30日 11:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼は、山専ボトルに入っていたお湯でラーメンとおむすび。1時間ぐらい山頂の眺望を楽しみました。
下山ルートは将軍平へ降りるルートを選択。アイゼンがあった方が良いと言われたので、蓼科山荘付近で装着。
2016年04月30日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートは将軍平へ降りるルートを選択。アイゼンがあった方が良いと言われたので、蓼科山荘付近で装着。
北側は残雪が有りで少し苦労しました。
2016年04月30日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は残雪が有りで少し苦労しました。
蓼科山荘で立ち寄りました。天祥寺原・将軍平分岐ルートは、私で5人目だということでした。
2016年04月30日 13:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘で立ち寄りました。天祥寺原・将軍平分岐ルートは、私で5人目だということでした。
最初は残雪のトレースを頼りで下り、沢沿いに出たら目印を見ながら下山しました。
2016年04月30日 14:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は残雪のトレースを頼りで下り、沢沿いに出たら目印を見ながら下山しました。
天祥寺原・将軍平分岐から先は穏やかなハイキングコース。のんびり行きました。
2016年04月30日 14:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天祥寺原・将軍平分岐から先は穏やかなハイキングコース。のんびり行きました。
予定より、40分遅れて竜源橋に到着。
2016年04月30日 15:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より、40分遅れて竜源橋に到着。
撮影機材:

感想/記録

>女ノ神茶屋・蓼科山登山口〜標高2110m標識
序盤は急登ではありますが、樹林帯ルートのため普通です。
しかしながら、標高が上がるとゴツゴツした岩場多めで歩きにくいです。

>標高2110m標識〜山頂
稜線上の直登ルートで岩場ありの楽しいルート。
しかしながら、振り返ると南北アルプスの絶景を見ることが出来、
休憩多めになってしまいました。
30分以上ロスをしてしまったのはそれが影響しています。

>山頂〜将軍平
将軍平への下山ルートは北側だったためか、残雪多めでした。
安全を考慮してアイゼンでゆっくりと降りました。

>将軍平〜天祥寺原・将軍平分岐
ここから先は人気がないようでした。
私で5人目だと蓼科山荘の人に言われました。
樹林帯で残雪有りでトレースを見ながら下山。
しばらくして雪が無くなったので、アイゼンを外しましたが、
沢沿いでゴツゴツして岩場を降りました。
目印・ロープもしっかりとしているので安全でしたね。
途中で、山頂に向かう登山者と会いました。
将軍平付近は雪があることを伝えました。

>天祥寺原・将軍平分岐〜竜源橋
最後はハイキングコースな感じでした。
飛ばすこと無くゆっくりと降りることにしました。
30分以上下山予定時間過ぎてしまったので、少し反省。

今回の蓼科山は20年前の小学校の遠足のような企画で行った以来でした。
ですので、タイトルに「リベンジ」と入れさせれ頂きました。
正直なところ、小学校の時は運動に不慣れてあり、7合目登山道からでしたが、
かなり大変な思いをした記憶があります。
そして、山頂の眺望も見ることも出来ず残念な記憶も有りです。
登山を初めて1年を過ぎてようやく普通に登れる山になり、
無事にリベンジも果たしました。
これを機会に八ヶ岳の部分縦走でも考えようか〜と思っている次第です。

*尚、ヤマノススメは今回関係なし
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 急登 軽アイゼン 直登 目印
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ