ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765401 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

屋久島縦走(宮之浦岳〜黒味岳)

日程 2015年11月18日(水) 〜 2015年11月19日(木)
メンバー w-charider
天候18日 雨
19日 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 船、 飛行機
屋久島内はバス移動
宮之浦港→白谷雲水峡 \550
淀川登山口→安房 \940
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間37分
休憩
43分
合計
6時間20分
S白谷広場09:1010:00白谷山荘10:0510:32辻峠11:12楠川分れ11:2012:30大株歩道入口12:4013:00ウィルソン株13:40大王杉13:4514:12縄文杉14:20高塚小屋14:3515:30新高塚小屋
2日目
山行
6時間18分
休憩
2時間27分
合計
8時間45分
新高塚小屋05:4007:00平石07:15焼野三叉路07:35宮之浦岳08:0008:12栗生岳09:05投石平09:27黒味岳分かれ09:55黒味岳10:4711:08黒味岳分かれ11:20花之江河11:2512:20淀川小屋13:0013:35淀川登山口14:0014:25紀元杉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
黒味岳・淀川小屋・淀川登山口では、バスまでの時間調整のため、必要以上に休憩を取りました。
コース状況/
危険箇所等
【登山道について】
全体的によく整備された道です。
木道や階段はやや滑りやすいものの、石畳はザラザラの花崗岩なのでほとんど滑りません。逆に石畳を歩く勢いで木道とか木の根っこに乗っちゃうと危ないかも。

また、そこら中に水が流れているため、登山道が水没あるいはぬかるんでいる箇所が多々あります。靴の防水は完璧に。(稜線を歩かないのであれば長靴という手もアリかも)

2日目の新高塚小屋〜平石間は夜間の行動だったので、道が非常にわかりにくかったです。
可能であれば明るくなってから歩いたほうが無難だと思います。

【水場について】
先述のとおり、地盤や苔の保水力故か、地図に示された以外にも、そこら中に綺麗な水が流れているので、飲料水の確保はとても簡単です(稜線上でもあちこちに小さな沢がありました)。
ただ一応、避難小屋やトイレ周辺の水は避けたほうが無難です。あと生水なので、荒天時やその前後も注意。

【トイレについて】
鈴木ともこさんの「山登りはじめました2」では、阿鼻叫喚なんて書かれていたトイレもありますが、少なくとも私が使ったトイレ(白谷山荘・大株歩道入口・新高塚小屋・淀川小屋)のトイレは特別汚れていたり、鼻が曲がるようなこともありませんでした。(季節などにもよると思いますが・・・)

携帯トイレは、今回たまたま使わずに済みましたが、保険で持って行くべきでしょう。

【避難小屋について】
高温多湿なためか、どの小屋もそれなりにカビくさかったです。私は厚手のシュラフマットを敷きましたが、レジャーシートを併用してもいいかもしれません(宿泊人数によってはさほど広げられませんが・・・)。

ちなみに新高塚小屋にはサンダルと物干しロープ&ハンガーがありました。
その他周辺情報宿泊施設は素泊まり民宿が山ほどある一方、スーパーやコンビニはかなり少ないので、自炊用や行動食などの食糧調達は計画的に。できれば入島前に揃えた方が無難だと思います。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ シュラフ 雨傘
備考 折りたたみ傘が使えるレベル(独断)の登山道なので、試しに持って行ったら大正解!
雨具(下)と雨傘、ザックカバーの併用で、ほとんど蒸れず&濡れずに済みました。
土砂降りでない限り、雨傘はかなり使えると思います。

写真

白谷雲水峡。
この時間帯、登山口にいた登山者は20人くらい、ほとんどがガイド同伴のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷雲水峡。
この時間帯、登山口にいた登山者は20人くらい、ほとんどがガイド同伴のようでした。
1
さつき吊橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さつき吊橋。
1
屋久島はコケが綺麗ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋久島はコケが綺麗ですね。
3
コケの写真2。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケの写真2。
2
沢の水も澄んでいます。
石はザラザラの花崗岩で滑りにくいのがありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水も澄んでいます。
石はザラザラの花崗岩で滑りにくいのがありがたい。
くぐり杉。
でかいザックを背負ったままだとちょっと抜けにくい(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くぐり杉。
でかいザックを背負ったままだとちょっと抜けにくい(笑)
2
白谷小屋、辻峠を過ぎ、楠川分れへ。ここからはトロッコ道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷小屋、辻峠を過ぎ、楠川分れへ。ここからはトロッコ道です。
1
雨じゃなきゃ味わえないであろう、幻想的な雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨じゃなきゃ味わえないであろう、幻想的な雰囲気。
2
なんか物語の世界にでも迷い込んだみたい。
天気、気温、湿度、明るさ、音など、感じとれるものすべてを引っくるめないと、この素晴らしさは伝わりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか物語の世界にでも迷い込んだみたい。
天気、気温、湿度、明るさ、音など、感じとれるものすべてを引っくるめないと、この素晴らしさは伝わりません。
3
ここから大株歩道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大株歩道。
1
ウィルソン株。
修学旅行の高校生がたくさんいました。うらやましい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィルソン株。
修学旅行の高校生がたくさんいました。うらやましい。
1
株の中はこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
株の中はこんな感じ。
1
真ん中から上を見上げてみました。
切り口がハート形に見える場所もちゃんと見つけたけど、ここでは内緒(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中から上を見上げてみました。
切り口がハート形に見える場所もちゃんと見つけたけど、ここでは内緒(笑)
1
満を持しての縄文杉。すげぇとか、神々しいとかって言葉じゃ足りない何かがありました。
雨の日に来て、本当によかったと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満を持しての縄文杉。すげぇとか、神々しいとかって言葉じゃ足りない何かがありました。
雨の日に来て、本当によかったと思う。
1
今回の宿、新高塚小屋。貸し切り状態でした。
まあ天気が天気ですからね(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の宿、新高塚小屋。貸し切り状態でした。
まあ天気が天気ですからね(笑)
2
朝はちょっとガスがかかってて、明るくなるまで道がわかりにくかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝はちょっとガスがかかってて、明るくなるまで道がわかりにくかったです。
いままでにこんな見事な御来光があっただろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いままでにこんな見事な御来光があっただろうか。
10
瞬きを忘れるくらい、魅入ってました。雨の中を登ってきた甲斐があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞬きを忘れるくらい、魅入ってました。雨の中を登ってきた甲斐があった。
5
目指すは宮之浦岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは宮之浦岳。
2
時々本人の知らない動きをするマイシャドウ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々本人の知らない動きをするマイシャドウ(笑)
9
いちいち綺麗すぎる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちいち綺麗すぎる。
3
こんな景色が見れるなら、何度足を運んでもいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色が見れるなら、何度足を運んでもいい。
3
山頂までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。
4
九州最高峰に到達!
思ったよりも早く着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九州最高峰に到達!
思ったよりも早く着きました。
3
ちょっと趣向を変えて、こんな一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと趣向を変えて、こんな一枚。
5
ヤクシカとばったり。互いに驚きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクシカとばったり。互いに驚きました。
3
もう数えきれないくらい遭遇しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう数えきれないくらい遭遇しました。
黒味分れから黒味岳へ。
宮之浦岳とくらべると、やや険しい道のりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒味分れから黒味岳へ。
宮之浦岳とくらべると、やや険しい道のりです。
黒味岳。
後ろは宮之浦岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒味岳。
後ろは宮之浦岳。
3
花之江河。
日本最南端の高層湿原だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花之江河。
日本最南端の高層湿原だそうです。
淀川小屋近くの沢。
いきなり目の前に現れたので、圧倒されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋近くの沢。
いきなり目の前に現れたので、圧倒されました。
2
ここらへんもコケが綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらへんもコケが綺麗。
木の幹にへばり付いていたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の幹にへばり付いていたり。
2
倒木の上を覆っていたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の上を覆っていたり。
3
岩に張り付いていたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に張り付いていたり。
3
杉の木もいちいちでっかい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の木もいちいちでっかい。
1
淀川登山口に到着。
バス停までもう少し歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川登山口に到着。
バス停までもう少し歩きます。
1

感想/記録

スケジュールの都合上、雨は避けられなかったので、初日の樹林帯歩きを雨の日に当てて、翌日山頂を踏む計画にしました。

結果的にはそれが大成功!
初日の樹林歩きも、2日目の稜線歩きも、あの天候・気温・湿度・風・明るさでなければ感じ取れない、唯一無二の山歩きになりました(((o(*゜▽゜*)o)))

(ただあえて言うならば、初日は土砂降りじゃなくて霧雨・小雨くらいがよかったな(笑))

北アルプスや八ヶ岳もそれなりに歩いてきましたが、今回の登山は自分の中で、今までにないまったく新しい山の扉を開いた、そんな気分です。

そして屋久島、いろんな意味でスケールがでっかい!
一度の山歩きじゃ容量オーバーしすぎてて、取り込めなかった感動がたくさんある気がします。
訪問者数:818人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ