ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851298 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳 三俣よりピストン

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー okinawa123
天候4時SAを発車 満月が見えていますが、真上は曇り
天気予報を信じてP地に向かいます、ドンドン晴れて来る気配です
山頂、晴れ 来て良かった
気温 朝の駐車地6℃ 山頂7℃ 下山P地19℃
山頂の風は南南西の風 少し、凌げますがグローブをしていないと手が冷たいです
アクセス
利用交通機関
車・バイク
安曇野ICから約35分
4/22の開通を聞きまして、いざ出動です
駐車地にはトイレの明かりが有り、真っ暗でないのが、なんだか嬉しい。
トイレ 水場 駐車地に有
ポスト 11分林道を歩いた先に登山口、そこに有ります
登山口にはトイレ、水場有り
駐車場のキャパ 50台? 5分手前に臨時駐車場有り キャパ100台?さほど遠くない
本日 到着時4台でしたが下山すると15台
道路は全て乾燥路、積雪無し。しかし40cm位の落石が道路に有り、ギリ通行出来た。
帰りは路肩に退けられていました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
1時間48分
合計
9時間55分
Sスタート地点04:4605:03三股登山口05:0608:53前常念岳08:5909:47常念岳11:1111:56前常念岳12:0414:23三股登山口14:3014:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三股駐車場 4:49
4:59 三股登山口 5:00
5:03 分岐 5:03
5:08 標高1400m 5:08
5:21 標高1500m 5:21
5:21 迂回路 分岐 5:21
5:35 標高1600m 5:35
5:49 標高1700m 5:49
6:03 標高1800m 6:03
6:13 5.2km、2km案内 6:13
6:18 標高1900m 6:18
6:33 標高2000m 6:33
6:48 標高2100m 6:48
6:50 常念岳あと3km案内 6:50
6:58 標高2166m稜線 広場 4.1km、3.1km 7:07
7:15 標高2200m コンクリート 7:15
7:41 標高2300m 7:41
7:54 梯子 8:06
8:11 標高2400m 8:11
8:27 標高2500m 8:27
8:43 標高2600m 8:43
8:53 石室 避難小屋 8:59
9:00 前常念岳 標高2662m 9:00
9:04 2670mスノーシュー装着 9:07
9:09 ケルン 9:09
9:12 標高2700m 分岐 9:12
9:34 標高2800m 9:34
9:41 分岐 標高2810m 9:41
9:47 常念岳 標高2857m 11:11
11:15 分岐 標高2810m 11:15
11:20 標高2800m 11:20
11:36 標高2700m 分岐 11:36
11:42 ケルン 11:50
11:54 前常念岳 ツボ足に変更 12:01
12:11 標高2600m 12:11
12:19 標高2500m 12:19
12:27 標高2400m 12:27
12:29 梯子 12:32
12:40 標高2300m 12:40
12:57 標高2200m コンクリート 12:57
13:01 標高2166m稜線 広場 4.1km、3.1km 13:08
13:12 常念岳あと3km案内 13:12
13:16 標高2100m 13:16
13:24 標高2000m 13:24
13:33 標高1900m 13:33
13:35 常念岳あと4km案内 13:35
13:43 標高1800m 13:43
13:51 標高1700m 13:51
13:57 6.2km 1km案内 13:57
14:00 標高1600m 14:00
14:06 迂回路 分岐 14:13
14:16 標高1500m 14:16
14:24 標高1400m 14:24
14:24 分岐 14:24
14:25 登山口 14:28
14:40 ゴール P地

行程 9:51
登り 4:58
下り 3:29
コース状況/
危険箇所等
P地-登山口-分岐-標高1400m
林道を進んでいくと、小さなダムが有りその先に登山口、建物が4つ程有り何やら賑やかです。
水場が有ります、水豊富です。
沢も近くを流れていますので、ザーザー賑やかです。
鉄橋を渡ると蝶ヶ岳、常念岳の分岐です。
何時も迷いますが、最近は常念岳傾向。
急登りが始まると標高1400m
ルート明瞭 
危険箇所 急登りのスリップですかね
出会った人 0
出会った獣 0

標高1400m-1500m-1600m-1700m-1800m-1900m-2000m-2100m-2166m
1400前半はジグザグ
後半は一本道 1500mあたりで迂回路の分岐 平地です。
1600辺りは大きなジグザグ道 時々立ち枯れの大木、大木の倒木が見られます
1750を過ぎると小さいジグザグ道が始まります。
このジグザグをひたすら登って、2166mで尾根に乗ります、広場に成っています。
1940m辺りに登山道をふさぐ倒木が有ります、数m高巻でクリアします
1960m辺りから残雪が出始める、2100辺りから完全雪道です、ズボリます。
1990m辺りに登山道上空に倒木有り、大きな大木です。
ルート明瞭 スタート〜2166mまで私の足で約130分
危険箇所 最後の残雪路と倒木
出会った人 0
出会った獣 0

標高2166m-2200m-2300m-2360m梯子
私の足で約50分
9割残雪ルートです、ノートレース、ズボリます。
基本尾根芯をたどれば良いと思う、時々夏道の路肩が見つかるが、歩きにくいです
時々樹間から展望が有り、大滝山、蝶ヶ岳方面がチラチラ
梯子がアルミ製の新しい物に変わっています。2年前は丸太でした。
梯子の先は森林限界です展望良 本日は八つ、富士山、南アが眺めれました
残雪の為ルート不明瞭
危険箇所 ズボリ スノーブリッジが沢山
出会った人 0
出会った獣 0

梯子-標高2400m-2500m-2600m-避難小屋-2660m前常念岳
私の足で約55分
ここからは展望が開け、岩歩きです。
ペンキを辿って行きます。薄い物も有りますので、周りをキョロキョロしながら、登って行きます。
掴って登る所が何度も有り、大きな一歩、尖った岩先を歩きます。
景色良
雪は1か所、北側斜面の登り約4m 石楠花を掴んでキックステップでクリア、少々危険。
避難小屋 入り口が雪でふさがっています
避難小屋の直ぐ上が前常念岳です。
岩も色々ありまして、ザラザラの白い花崗岩、黒い岩、茶色い錆びたような岩、化石が有りそうなさざれ石、緑の苔が付いた岩など
ルートやや不明瞭 ペンキのルーファイが必要です
危険箇所 尖った岩の上、バランスと踏む位置に注意
一冬過ぎて、浮石も少し有ります
前常念岳山頂は一面雪です
出会った人 0
出会った獣 鷹?6羽 燕4羽

前常念岳-標高2700m分岐-2800m分岐-常念岳
私の足で約50分
9割は残雪の稜線歩きです、前穂、奥穂、北穂を眺めながら歩みます
気持ち良い稜線歩きです、踏み抜きを嫌ってスノーシューで歩む
北側の斜面の方が雪が硬い
ルート明瞭 稜線歩きです、クラックと滑落に注意
危険箇所 雪面のスリップ 踏み抜き
最後の常念岳の斜面は一面積雪です。下から見上げて左側は雪庇が出来ています
出会った人 0
出会った獣 0

常念岳山頂
どっしりした祠、山座同定版、全て出ています。(雪は有りますが)
山頂は狭いです、キャパ5,6名。
近くには平らな岩が、散らばっており、山頂一帯ならば30名ぐらい、のんびり出来ます。
南東側が切れ落ちており、風を凌ぐのが難しい山頂です。
今日は南南西の風、後に西風に成りました。
素晴らしい展望に大満足
3000mも峰が沢山眺めれました。見えなかった山はキレットの後ろに見える白山が雲で見えん
出会った人 1
出会った獣 0

下山
スリップを心配して、アイゼンで下山を始める
前常念岳までアイゼン、その先はツボ足で歩く
ルート明瞭 来た道なので、迷うことなく歩けました。しかし樹林帯の尾根は踏み後を見つけにくいです。
皮肉にもズボッた足跡は見つけやすい。
危険箇所 踏み抜きに疲れ果てる
出会った人 0
出会った獣 0
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30Lザック レインウエア 防寒着(1) コンロ 2食 非常食 ヘッテン ストック デジカメ GPS 予備電池 タオル グローブ(4) ゴム手 ザックカバー ザブトン 12アイゼン ピッケル スノーシュー ネックウォーマー(2) マグカップ バラクバラ シェルト

写真

駐車場から朝焼け
2016年04月23日 04:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から朝焼け
11
林道を歩いて行くと登山口
小屋スタッフの方の車かな?一般車はここまで入れません
2016年04月23日 04:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて行くと登山口
小屋スタッフの方の車かな?一般車はここまで入れません
3
橋を渡ると分岐です、常念岳を目指す
2016年04月23日 05:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると分岐です、常念岳を目指す
途中の広場
2016年04月23日 05:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の広場
フキノトウ
2016年04月23日 05:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フキノトウ
1
残り5.2km
2016年04月23日 06:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り5.2km
登山道をふさぐ倒木
2016年04月23日 06:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道をふさぐ倒木
1
樹間から蝶ヶ岳 ヒュッテも見えている気がする
2016年04月23日 06:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から蝶ヶ岳 ヒュッテも見えている気がする
5
垂れ下がっている倒木
頭上に大木が横たわっています
2016年04月23日 06:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂れ下がっている倒木
頭上に大木が横たわっています
1
昨年も見つけた残り3km
2016年04月23日 06:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年も見つけた残り3km
1
尾根に乗ると広場になっています
此処から 残雪 ノートレース 踏み抜き何度も
2016年04月23日 06:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると広場になっています
此処から 残雪 ノートレース 踏み抜き何度も
1
残り4.1kmと増えている
2016年04月23日 06:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り4.1kmと増えている
標高2200m 三角点跡?
2016年04月23日 07:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2200m 三角点跡?
森林限界 視界が広がります
2016年04月23日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界 視界が広がります
6
大滝山 蝶ヶ岳
2016年04月23日 07:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山 蝶ヶ岳
9
梯子まできました。
ここまでで歩き疲れたよ
2016年04月23日 07:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子まできました。
ここまでで歩き疲れたよ
1
梯子の上から富士山を眺める
丁度八ツと南アの間に見えます
2016年04月23日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の上から富士山を眺める
丁度八ツと南アの間に見えます
2
富士 甲斐駒ヶ岳山 北岳 仙丈ケ岳 間ノ岳 塩見岳 荒川岳
2016年04月23日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士 甲斐駒ヶ岳山 北岳 仙丈ケ岳 間ノ岳 塩見岳 荒川岳
2
鷲?鷹?トンビ?
2016年04月23日 08:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲?鷹?トンビ?
3
前穂 奥穂 涸沢岳 北穂が見えています
青空と残雪の景色 見事です
2016年04月23日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂 奥穂 涸沢岳 北穂が見えています
青空と残雪の景色 見事です
11
安曇野の町、八ツ、南ア
2016年04月23日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野の町、八ツ、南ア
2
霜柱が有ります
2016年04月23日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱が有ります
避難小屋
2016年04月23日 08:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
大滝山の後ろに中央アルプス
2016年04月23日 08:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山の後ろに中央アルプス
1
乗鞍岳 手前に霞沢岳
2016年04月23日 08:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳 手前に霞沢岳
6
前常念岳 ピーク
この先から残雪ルートの稜線歩きです
2016年04月23日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳 ピーク
この先から残雪ルートの稜線歩きです
9
遠望に焼山 火打山 妙高山 黒姫山 飯縄山
2016年04月23日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠望に焼山 火打山 妙高山 黒姫山 飯縄山
1
スノーシュー 持ってきて良かった
2016年04月23日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシュー 持ってきて良かった
4
常念岳岳を眺める
2016年04月23日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳岳を眺める
3
槍が見えて来る 手前に常念の雪庇
2016年04月23日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えて来る 手前に常念の雪庇
6
雪庇を眺めて クラックが入り始めています
2016年04月23日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇を眺めて クラックが入り始めています
6
最後の急登 硬い雪です
2016年04月23日 09:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登 硬い雪です
1
山頂 眺め最高です
2016年04月23日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂 眺め最高です
12
穂高連峰
2016年04月23日 09:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰
15
プレモルで乾杯
2016年04月23日 10:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレモルで乾杯
12
明神岳と前穂にズーム
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳と前穂にズーム
7
奥穂にズーム
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂にズーム
5
涸沢岳 北穂にズーム
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳 北穂にズーム
6
キレットにズーム
もっと天気が良いと後ろに白山が見える
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットにズーム
もっと天気が良いと後ろに白山が見える
6
南岳 大きな雪庇が見えますね
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳 大きな雪庇が見えますね
4
中岳 大喰岳
2016年04月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳 大喰岳
3
手前北鎌尾根 三俣蓮華岳
2016年04月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前北鎌尾根 三俣蓮華岳
5
鷲羽岳 ワリモ岳 水晶岳
後ろに薬師岳
2016年04月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳 ワリモ岳 水晶岳
後ろに薬師岳
10
真砂岳 ちょこんと赤牛岳 野口五郎岳
2016年04月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳 ちょこんと赤牛岳 野口五郎岳
3
大天井岳
2016年04月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳
3
竜王岳 雄山 立山 富士ノ折立 劔岳
2016年04月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王岳 雄山 立山 富士ノ折立 劔岳
4
針ノ木岳 燕岳 赤沢岳 蓮華岳 手前に唐沢岳
2016年04月23日 10:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳 燕岳 赤沢岳 蓮華岳 手前に唐沢岳
5
旭岳 鹿島槍ヶ岳 白馬岳 爺ヶ岳 
2016年04月23日 10:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳 鹿島槍ヶ岳 白馬岳 爺ヶ岳 
4
乗鞍 霞沢 梓川
2016年04月23日 10:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍 霞沢 梓川
7
御嶽山 乗鞍岳
2016年04月23日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山 乗鞍岳
5
前穂〜槍
2016年04月23日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂〜槍
7
横通岳夏道が見えますね 東天井岳 大天井岳
2016年04月23日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳夏道が見えますね 東天井岳 大天井岳
3
中岳から槍ヶ岳
2016年04月23日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳から槍ヶ岳
9
飛騨乗越 槍ヶ岳
パパ平かなテントが4張見えてる気がする
2016年04月23日 11:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越 槍ヶ岳
パパ平かなテントが4張見えてる気がする
8
下山はアイゼン
2016年04月23日 11:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はアイゼン
3
マイトレースと奥穂を眺める
2016年04月23日 11:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイトレースと奥穂を眺める
2
2200m 足はヘロヘロ
2016年04月23日 12:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2200m 足はヘロヘロ
1
尾根最後の広場
2016年04月23日 13:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根最後の広場
なぜか下山の時に見つかります
4km
2016年04月23日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか下山の時に見つかります
4km
ショウジョウバカマ
2016年04月23日 14:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
6
キクザキイチゲ?
登山口の水場に咲いています
2016年04月23日 14:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ?
登山口の水場に咲いています
2
ハシリドコロ 登山口の水場に咲いています
2016年04月23日 14:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシリドコロ 登山口の水場に咲いています
3
撮影機材:

感想/記録

4/22林道開通、常念を歩こう
4種類の登山が楽しめます、2100mまでは夏道雪無し、
樹林の尾根歩きは残雪ルート ルーファイと踏み抜き
森林限界を超えると岩登り 雪無し(1か所有り)
前常念岳からは残雪の稜線歩き 大展望
歩き応えが有りますね
雷鳥と展望を期待していましたが、雷鳥には会えず。天気が良すぎましたね。
下山時に車は15台、でも誰にも会わず、皆さん蝶ヶ岳を登られたもよう。
帰りの登山口からP地までのGPSログがなぜかぐしゃぐしゃです。

装備
30Lザック
レインウエア フリースジャケット グローブ3種 帽子 
コンロ 2食 非常食 水1.2L
デジカメ GPS ヘッテン 予備バッテリー 
バラクバラ ネックウォーマ2種 オーバーグローブ ゴム手
ストック アイゼン ピッケル 座布団 シェルト スノーシュー
携帯電話 ザックカバー
カウベル マグカップ サングラス
訪問者数:1311人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/16
投稿数: 340
2016/4/24 9:19
 素晴らしい展望ですね
okinawa123 さん  はじめまして

素晴らしい展望ですね 。
穂高から白馬岳までの大展望は息をのみますね。
特に槍ヶ岳の姿はいいですね。
日曜の朝、清々しい気持ちになりました。
しかし残雪の踏み抜きの中、日帰りとは凄いですね 。
お疲れ様でした。
登録日: 2009/11/2
投稿数: 228
2016/4/24 12:24
 Re: 素晴らしい展望ですね
こんにちは コメント有難う
無我夢中で歩いていれば、たどり着けますよ。
アイゼン、ピッケル、スノーシューと背中はやや重いです。
昨年の秋に歩いてGPSのログは持っているのが安心ネタです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ