ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910054 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

焼山登山口から蛭ヶ岳

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー Nobu00
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路
橋本駅バス停6:53発、三ヶ木7:24着
三ヶ木発7:40焼山登山口へのバスは平日のみで土日はありませんので要注意です。
(ちゃんと調べておけば分かります)
三ヶ木バスターミナルでバスの運転手さんに7:40の焼山登山口に行くバスは?と聞いたら、土日の朝は6:55発しかないですよと言われ大ショック。三ヶ木から焼山登山口まで歩いて1時間半。9時から登り始めれば大倉バス停には18:30くらいにはつく計算でとりあえず歩き始めました。
復路
大倉バス停18:38発渋沢行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間22分
休憩
29分
合計
10時間51分
S三ヶ木07:3009:00西野々セブンイレブン10:41焼山10:4611:31黍殻山12:32東海自然歩道最高点1433m12:35姫次12:48袖平山13:00姫次13:18地蔵平14:18蛭ヶ岳14:4215:00鬼ヶ岩ノ頭15:12棚沢ノ頭15:23不動ノ峰15:53丹沢山16:33塔ノ岳16:53花立山荘17:16堀山の家17:32駒止茶屋17:49見晴茶屋18:02観音茶屋18:21大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし
鬼ヶ岩に鎖場。
ヤマレコの最近の山行記録を見ると、焼山までヤマビルがうようよとのことでしたが、ヒル下がりのジョニーを靴、靴下、ズボンに吹きかけたおかげか、ヒル被害はなしですみました。途中で見かけたヒルは1匹だけ。落葉を蹴とばしたら、ビックリしたのか、すごい勢いでのたうちまわってました。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

7:24三ヶ木バス停でバスを降り、乗り継ぎのバスをバスの運転手さんに聞いたら土日はないとのこと(T T)
焼山登山口まで1時間半くらい。今の季節なら日が長いので何とか真っ暗になる前には大倉につける計算なので、国道412号を歩きだす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:24三ヶ木バス停でバスを降り、乗り継ぎのバスをバスの運転手さんに聞いたら土日はないとのこと(T T)
焼山登山口まで1時間半くらい。今の季節なら日が長いので何とか真っ暗になる前には大倉につける計算なので、国道412号を歩きだす
国道413号を山中湖方向に曲がり、ひたすら歩く(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道413号を山中湖方向に曲がり、ひたすら歩く(^^;)
のどかな風景を楽しみながら、ただただ国道413号を歩く
それにしても暑い
ペットボトル2L 水筒1Lでは心細いので、途中、サークルKでもう2Lを追加。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな風景を楽しみながら、ただただ国道413号を歩く
それにしても暑い
ペットボトル2L 水筒1Lでは心細いので、途中、サークルKでもう2Lを追加。
1
気づいたら焼山登山口を越えてセブンイレブン。行き過ぎた。
セブンイレブンの信号を左折し、少し、くねくねした道を進むと焼山の道標が見えた。9時7分。
焼山登山口を通り過ぎたのと、途中サークルK、セブンイレブンで買い物していたので、少し遅れ気味か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気づいたら焼山登山口を越えてセブンイレブン。行き過ぎた。
セブンイレブンの信号を左折し、少し、くねくねした道を進むと焼山の道標が見えた。9時7分。
焼山登山口を通り過ぎたのと、途中サークルK、セブンイレブンで買い物していたので、少し遅れ気味か?
ほどなく鹿柵があり、いよいよ本格的な登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく鹿柵があり、いよいよ本格的な登山道
ここはまだ緩い坂ですが、もっと急な坂があり結構きつい。
そういえば6月は、1回しか登っていなかったので、足が弱っている気もしてきた。
参考にしたヤマレコでは皆さんがヒルが沢山いたと記載されていましたが、幸いヒルは1匹見かけただけで、ヒル被害はなしで済みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはまだ緩い坂ですが、もっと急な坂があり結構きつい。
そういえば6月は、1回しか登っていなかったので、足が弱っている気もしてきた。
参考にしたヤマレコでは皆さんがヒルが沢山いたと記載されていましたが、幸いヒルは1匹見かけただけで、ヒル被害はなしで済みました
1
やっと焼山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと焼山山頂
焼山には展望台がある。展望台から宮ケ瀬湖方向の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山には展望台がある。展望台から宮ケ瀬湖方向の眺め
1
丹沢三峰とその後ろに大山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢三峰とその後ろに大山
2
焼山を過ぎると、なだらかな道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山を過ぎると、なだらかな道が続く
黍殻山への分岐を山頂目指して右折
途端に、道とは思えない荒れた道を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山への分岐を山頂目指して右折
途端に、道とは思えない荒れた道を登ります
1
黍殻山への分岐から10分あまりで山頂
特に何があるというわけではないので、ヤブを歩きたくないならパスしたほうがいいです。先ほどのヤブのせいか分かりませんが、何かの虫にさされてしまった。今、左の腕が赤く腫れてかゆい(マダニではないと思いますが...)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山への分岐から10分あまりで山頂
特に何があるというわけではないので、ヤブを歩きたくないならパスしたほうがいいです。先ほどのヤブのせいか分かりませんが、何かの虫にさされてしまった。今、左の腕が赤く腫れてかゆい(マダニではないと思いますが...)
水場の道標。
ここで会った単独登山の若いかたが、水が冷たくておいしかったと言っていた。
かなり急な坂で、ぬかるんでいたとのこと。水はたっぷりあるし、何より時間が気になるので今日はパスしておこう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の道標。
ここで会った単独登山の若いかたが、水が冷たくておいしかったと言っていた。
かなり急な坂で、ぬかるんでいたとのこと。水はたっぷりあるし、何より時間が気になるので今日はパスしておこう
東海自然歩道の最高点1433m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の最高点1433m
姫次到着
当日、焼山と袖平山間の道でトレイルの大会が行われていた
皆さん登山道を元気に走っていて、凄すぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次到着
当日、焼山と袖平山間の道でトレイルの大会が行われていた
皆さん登山道を元気に走っていて、凄すぎ。
2
袖平山にも足を延ばし、再び姫次へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山にも足を延ばし、再び姫次へ
袖平山~姫次間の稜線から蛭ヶ岳?
雲がかかっていて、山頂が見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山~姫次間の稜線から蛭ヶ岳?
雲がかかっていて、山頂が見えない
姫次に戻って蛭ヶ岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次に戻って蛭ヶ岳を目指す。
地蔵平
特に見どころはなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵平
特に見どころはなかった
木の階段が現れる。かなり急。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の階段が現れる。かなり急。
崩壊した斜面。
登山道は左側にある。道自体は全然怖くはありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊した斜面。
登山道は左側にある。道自体は全然怖くはありません
蛭ヶ岳まで0.4km。
あと0.4kmの案内が目についただけで、この先に2本ありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳まで0.4km。
あと0.4kmの案内が目についただけで、この先に2本ありました
あと0.4km地点からの蛭ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと0.4km地点からの蛭ヶ岳
蛭ヶ岳山頂に到着
\(^o^)/
14時18分
この時間だと、さすがに私一人だけでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂に到着
\(^o^)/
14時18分
この時間だと、さすがに私一人だけでした
2
akijiさんのヤマレコに出ていた鹿のツノがありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
akijiさんのヤマレコに出ていた鹿のツノがありました
3
西側の展望。
富士山が少しだけ見えました
というか雲海で富士山しか見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の展望。
富士山が少しだけ見えました
というか雲海で富士山しか見えない
3
北側の展望。
今日歩いた、焼山から袖平山が見える。
左から袖平山、平なとこが姫次、黍殻山、焼山
14時42分。さっさと下山しなきゃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の展望。
今日歩いた、焼山から袖平山が見える。
左から袖平山、平なとこが姫次、黍殻山、焼山
14時42分。さっさと下山しなきゃ。
2
鬼ヶ岩方向の稜線は残念だがガスって見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩方向の稜線は残念だがガスって見えない
少しガスが晴れてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスが晴れてきた
1
鬼ヶ岩の稜線は残念ながら見えずじまい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の稜線は残念ながら見えずじまい
だいぶ晴れてきたか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ晴れてきたか
1
棚沢ノ頭の稜線は綺麗に見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭の稜線は綺麗に見えた
2
不動ノ峰の稜線はばっちり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰の稜線はばっちり
不動ノ峰から棚沢ノ頭を振り返る
左に檜洞丸、右に蛭ヶ岳
この景色好きだなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰から棚沢ノ頭を振り返る
左に檜洞丸、右に蛭ヶ岳
この景色好きだなぁ
2
もうすぐ不動ノ峰の休憩所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ不動ノ峰の休憩所
ゆっくり休む間もなく、どんどん進む
丹沢山の登り返しもハイペースで登り、丹沢山到着
15時53分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり休む間もなく、どんどん進む
丹沢山の登り返しもハイペースで登り、丹沢山到着
15時53分
一応、山頂の看板を撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、山頂の看板を撮影
2
富士山の裾野が少しだけ見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の裾野が少しだけ見えました
1
竜ヶ馬場へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場へ向かう
竜ヶ馬場到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場到着
1
やっと塔ノ岳
だいたい16時半
なんとか18時半くらいには大倉バス停につきそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと塔ノ岳
だいたい16時半
なんとか18時半くらいには大倉バス停につきそう
2
蛭ヶ岳と不動ノ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳と不動ノ峰
1
花立山荘も店じまい
開いてたらカキ氷食べたかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘も店じまい
開いてたらカキ氷食べたかった
明るいうちにどんぐりハウス到着
18時21分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいうちにどんぐりハウス到着
18時21分
3

感想/記録
by Nobu00

今年2回目の蛭ヶ岳。時間的、肉体的に、ハードでしたが、前回GWの時より山の緑が鮮やかでとても綺麗な景色を楽しめました。

6月は一回しか山に登れなかったので山を満喫したくて、累積標高が高く、距離があるコースを探しました。
ヤマレコで、焼山登山口から焼山、姫次、蛭ヶ岳、丹沢、塔ノ岳の縦走し、大倉バス停に下りるルートがあったので、これにしようと決めました。この時、バス時刻の平日ダイヤと土日を確認せず、1時間半あるくことになってしまった。(みなさん、もっと早い時間か、平日に登ったみたいです) そのため時間に余裕がなくなってしまい、山を楽しむというか、なんというか、ただ、ひたすら歩き続ける山行になりました。もう少しゆっくりできる予定だったのに。少し残念。
とはいえ、蛭ヶ岳~丹沢の主脈の景観を見れて、ほぼ満足できました。

それにしても無事明るいうちに大倉バス停につけてよかった。バス、電車の時間はよく確認しなきゃと反省。

その他の出来事
久しぶりの登山で足が若干弱ったのか、途中、足が攣ってしまいしばらく動けない状態になった時はあせりました。両脚の脛が同時に攣って、脚を伸ばすこともできず、ただ脛の緊張が解けるのを痛みをこらえて待ってました。かなり痛くてきつかった。

道志の道、国道413号の歩道を歩いていたら、ミミズが沢山干からびているなと思ってみてたけど、後で考えたら、あれってヒルか?
登山道では1匹見かけただけで、被害にはあいませんでした。昼下がりのジョニーのおかげか?

今、左腕は虫に刺されて、赤く腫れあがってかゆくてたまらない。
黍殻山のヤブのせいのような。マダニではないと思いますが、しばらく様子。
参考にしたヤマレコは以下です。みなさん、貴重な情報ありがとうございました。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-901543.html

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-904850.html

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-898827.html

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-907337.html

訪問者数:384人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/19
投稿数: 89
2016/7/7 9:18
 主脈縦走お疲れさまでした!
北丹はもう少しバスの本数を増やしてほしいですよね。
自分は、逆に東野バス停で一時間半待ちでした。

それにしても両足の脛が攣った上での大倉尾根の下りは大変でしたね。
無事下山できて何よりです。お疲れさまでした。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 92
2016/7/7 23:25
 Re: 主脈縦走お疲れさまでした!
nandriさんコメントありがとうございます。
そうなんです。北丹沢は車で行くにも駐車場はないようですし、バスも少ないので、登山口へのアクセスが、大変ですよね〜。
今まで行ける気がしませんでした。
でも、いつか焼山から袖平山を歩きたいと思っていたので、今回、バス時間を間違えたおかげで、北丹沢登れたと思うと、結果オーライで、よかったです。
まぁ次に行くときは平日か、バスダイヤが変わった時でしょうけど
(^^)
登録日: 2013/6/2
投稿数: 31
2016/7/9 20:08
 明日ゆきます
明日、同じコースを歩こうと考えてます。参考になりました。ヒルに気をつけます。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 92
2016/7/10 21:00
 Re: 明日ゆきます
kichimuraさん コメントありがとうございます。
では、ヤマレコ楽しみにしてます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ