ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929571 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

<奥穂高岳>↑重太郎新道〜吊尾根、↓ザイテングラート、涸沢〜横尾

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー Meu
天候雨〜晴れ〜曇〜雨〜晴
アクセス
利用交通機関
バス
バスタ新宿から往復、さわやか信州号利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間28分
休憩
52分
合計
9時間20分
S上高地バスターミナル06:0006:07河童橋06:22岳沢湿原・岳沢登山口06:537番標識08:25岳沢小屋08:4509:50カモシカの立場09:5710:35岳沢パノラマ10:3611:12雷鳥広場11:1311:33紀美子平11:4512:21分岐点13:36南稜の頭13:49穂高岳14:0015:20穂高岳山荘
2日目
山行
6時間4分
休憩
2時間6分
合計
8時間10分
穂高岳山荘06:1007:25涸沢小屋07:3107:45涸沢ヒュッテ07:5309:42横尾山荘10:30徳澤園10:3312:04小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)13:5314:20上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下りは涸沢ヒュッテをすこし進んだ辺りから本谷橋までは渋滞。その先は林道なのでスイスイと進めました。
コース状況/
危険箇所等
吊尾根は若干、目印が見えずらい気がしました。
その他周辺情報小梨平で入浴、食事
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

雨の河童橋、梓川の水も濁ってる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の河童橋、梓川の水も濁ってる
とても幻想的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても幻想的
登山口。6月の時と変わってる?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。6月の時と変わってる?
登山口からすぐの登山道の状態を見て、、、うーーーーん(-_-)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からすぐの登山道の状態を見て、、、うーーーーん(-_-)
岳沢小屋までカウント開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋までカウント開始
風穴。涼んで生きかえるポイントですが、先を急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴。涼んで生きかえるポイントですが、先を急ぎます。
眺望が開けると、テンションが上がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望が開けると、テンションが上がる
3番、あれ?4番は気づかなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番、あれ?4番は気づかなかった。
プチ徒渉。ちょっと前の時間はもっと増水してたらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ徒渉。ちょっと前の時間はもっと増水してたらしい。
小屋の写真がなかった。カモシカの立場からの景色、このまま雲が取れてくれないかなぁ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の写真がなかった。カモシカの立場からの景色、このまま雲が取れてくれないかなぁ。。。
小屋に着いた後はジップロックからiPhoneを取り出したので、画像が鮮明w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に着いた後はジップロックからiPhoneを取り出したので、画像が鮮明w
これらの看板も、6月に来た時はまだなかった。小屋の方達に感謝!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これらの看板も、6月に来た時はまだなかった。小屋の方達に感謝!!
岳沢パノラマ、眺望はゼロ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢パノラマ、眺望はゼロ。。。
お花の名前はこれから覚えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花の名前はこれから覚えていきます。
やっぱり今回も、雷鳥不在の雷鳥広場。現れてくれそうな天候なのになぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり今回も、雷鳥不在の雷鳥広場。現れてくれそうな天候なのになぁ
1
紀美子平に到着。午後の空模様が心配で、吊尾根はとにかく早いうちに渡りたいから前穂はスキップ。もちろん体力も考えて!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平に到着。午後の空模様が心配で、吊尾根はとにかく早いうちに渡りたいから前穂はスキップ。もちろん体力も考えて!
1
紀美子平から吊尾根方向を見ると、向こうから向かってくる登山者達が見える。。眺望は相変わらず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平から吊尾根方向を見ると、向こうから向かってくる登山者達が見える。。眺望は相変わらず
同じように奥穂へ向かう人は何人かいたけれど、奥穂側から来てすれ違ったのは2人だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じように奥穂へ向かう人は何人かいたけれど、奥穂側から来てすれ違ったのは2人だけ。
私がいた時にも遠くからおそらく雪渓を転がっていく、低い大きな落石の音が響いて聞こえた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私がいた時にも遠くからおそらく雪渓を転がっていく、低い大きな落石の音が響いて聞こえた。
奥穂高岳 山頂
到着\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳 山頂
到着\(^o^)/
1
バチが当たりそうだから、上にはあがるのは辞めておきました。この後すぐに、再びの雨
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バチが当たりそうだから、上にはあがるのは辞めておきました。この後すぐに、再びの雨
2
雨もあり、奥穂山頂から山荘までは渋滞で、1時間は軽く超えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨もあり、奥穂山頂から山荘までは渋滞で、1時間は軽く超えました。
テン場の段々の一番下にテントを張る。しばらくすると急激にお天気が回復。前穂が現れてテンションUP↑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場の段々の一番下にテントを張る。しばらくすると急激にお天気が回復。前穂が現れてテンションUP↑
1
テン場でお隣の「ベテラン山男風」な方(笑)がとっても感じの良い人で、裏の夕焼けが綺麗になってきましたよ、と教えてくださったので、私も早速移動。
美しい風景が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場でお隣の「ベテラン山男風」な方(笑)がとっても感じの良い人で、裏の夕焼けが綺麗になってきましたよ、と教えてくださったので、私も早速移動。
美しい風景が…
1
ジャンも姿を見せてくれました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンも姿を見せてくれました!
1
雨のスタートで最悪だと思ったけど、視界が開けて締めくくり。ここまで来た甲斐があったな...頑張ってよかった。何よりも無事にたどりついた事に心から感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のスタートで最悪だと思ったけど、視界が開けて締めくくり。ここまで来た甲斐があったな...頑張ってよかった。何よりも無事にたどりついた事に心から感謝。
2
翌朝、そのお隣の方に同行させていただき、涸沢岳へあがりご来光を拝みに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、そのお隣の方に同行させていただき、涸沢岳へあがりご来光を拝みに。
段々と明るくなってきて...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と明るくなってきて...
最高な1日の始まり方♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高な1日の始まり方♪
2
周りを見ても、実はまだどれがどの山かさっぱり分からないので、その方に山の名前もたっぷりレクチャーして頂いちゃいました。。。(実はこちらがテントの撤収にもたついている間、サクサクと片づけて出発してしまったので(さすが!笑)、最後にお名前を聞くのはもちろん、ろくすっぽお礼も言えなかった。スミマセン)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りを見ても、実はまだどれがどの山かさっぱり分からないので、その方に山の名前もたっぷりレクチャーして頂いちゃいました。。。(実はこちらがテントの撤収にもたついている間、サクサクと片づけて出発してしまったので(さすが!笑)、最後にお名前を聞くのはもちろん、ろくすっぽお礼も言えなかった。スミマセン)
しかしこの山荘、ホントにすごい場所に建っているなぁ〜とつくづく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしこの山荘、ホントにすごい場所に建っているなぁ〜とつくづく。
1
ココがザイテングラートか〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココがザイテングラートか〜
1
涸沢カールを見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カールを見下ろす
あまりの景観の良さに感嘆!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの景観の良さに感嘆!
2
きのう、あそこを歩いてきたのかと思うと、感慨深い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのう、あそこを歩いてきたのかと思うと、感慨深い
1
それにしても美しすぎる。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても美しすぎる。。。
1
人気のある理由が、実際に来てみてよ〜くわかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人気のある理由が、実際に来てみてよ〜くわかった。
2
本当に素敵な景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に素敵な景色
これを見ながら景色と、さらに撮った写真も見ながらキョロキョロ 笑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見ながら景色と、さらに撮った写真も見ながらキョロキョロ 笑。
荷物をまとめなおして、お水を頂いて出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物をまとめなおして、お水を頂いて出発!
林道を進み、大渋滞の後に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進み、大渋滞の後に
ようやく横尾大橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく横尾大橋
横尾大橋からの癒される風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾大橋からの癒される風景
1
横尾山荘に到着。
後で気づいたら、この後は写真はなかったw

ここで、降りてきた!感がどうしても出てしまうので
この後、横尾ー徳沢ー明神 のゆるーいアップダウンが
すごくキツかった・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山荘に到着。
後で気づいたら、この後は写真はなかったw

ここで、降りてきた!感がどうしても出てしまうので
この後、横尾ー徳沢ー明神 のゆるーいアップダウンが
すごくキツかった・・・
1

感想/記録
by Meu

新島々でバスが停車して雨に気づく。あれ?そんなこと書いてあったかな、天気予報に。聞いてないよ〜ヽ(´o`;と、ため息。

上高地のバスターミナルに着くとさらに激しい雨。テンションだだ下がり。
なかなかスタートを切る気になれず、ダラダラと支度をする。

6:00、登山届を出してようやく出発。
行けるところまで行ってみて、ムリせず引返そう!と決める。岳沢小屋でテン泊して帰るのもアリだよね?場合によっては小梨平でテン泊してノンビリするのもいいかな...と自分に言ってみたり w

登山口をしばらく進み、下山してきた方に上の様子を伺うと「岳沢小屋の手前の徒渉は気を緩めると、足を持って行かれそうになる」との事。そんな感じじゃ多分、小屋目前で戻ってくる事になるんだろうなぁ。。

でも、私がそこにたどり着く頃には、落ち着いていて、渡るのにも特に問題ない。そして岳沢小屋へ進んだところ着いた頃にはすっかり雨も止んでいた。

でも、また午後は不安定だというし、普段お世話になっているガイドさんにも「夏はとにかく早目、早目に行動!」と聞いていたから、レインウェアをしまい、お手洗いを済ませてとにかく先に進む。

しばらく行くと、思ったより岩場も渇いていた。それでようやく予定通りに進む決断が出来、やっとスッキリした気分になれた!

(というのも。。。
実は...今回、土日の2日間で奥穂に行くのに、白出沢から行くか、重太郎新道から行くか迷った。穂高岳山荘のHPに記されている登山道状況を確認したり、周辺各小屋のブログなどを確認。重太郎新道を選んだ理由は、白出沢の足元の不安定さや、雨の後の増水の時の情報、また他の方の最近の山行記録に熊が出て撤退したとか、足の踏み場もないくらいアブだかブヨがいた...というのを読んだのと、何より6月に重太郎新道から前穂まではピストンしているから様子がわかり、そういう点で少しは安心だったから。でもこの間はひとりじゃなかったし、岳沢小屋に不要なものはデポしていた。紀美子平か、その少し手前まで行ってしまってからひきかえすといっても、今の私がテン泊装備でソロで重太郎新道を下るのはやっぱりまだ早い!山を舐めちゃいけない!!ということで、岳沢小屋を出て本格的な急登が始まるまでに、進むか戻るかの決断をすると決めていたから。)

紀美子平に着くと、それまで抜きつ抜かれつで、時々会話をしていた山慣れした感じの男性2人組は、紀美子平に荷物をデポして前穂へ行くと言う。「吊尾根を行くのに私ひとりだから、さりげなく着いて行きますね!」なぁ〜んて言っていたけど、その方達ともここでお別れ。「後から追いかけます」って言ってて、本当にあっという間に追いつくんだろうなぁ。。。と思ったけど、その後は合わなかった。多分。

私が心配する立場じゃないけど吊尾根で雨にあってしまったのかな?あの人達。でも当初は北穂まで行く予定を変更するって言ってた程の人達だから、雨なんて特に問題ないのかな。。などなど・・

奥穂山頂に着くと、山荘側から登って来た人達で急に人口密度が増えてビックリ(;゜0゜)それまでの静けさがウソの様。ここで無情にも再び雨が降り始める。山荘手前の直下降のハシゴや鎖場の事を考えると憂鬱になった。で、、、実際に渋滞。

でも、とにかく山荘に到着してやっとホッとした。

テン場ではお隣に、今日は涸沢から上がってきてノンビリしていたという、ソロの男性がいらして、その方に本当にお世話になってしまった。。。お名前もきけなかったけど、本当にありがとうございます。

翌朝は2:00に起き、日焼け対策も兼ねるからノンビリお化粧して(こういうのがテン泊のいいところ〜♪)ガッツリ朝ご飯を食べる。まだ早いからまた少し横になってテントから星空を眺め、シアワセなひとときを過ごし、4:00をまわってから涸沢岳へあがり、圧巻の風景&ご来光を拝む。

そしてテントを片付けて、早速出発!
これまた初めてのザイテングラートからの雄大な風景に大感激(((o(*゜▽゜*)o))) 紅葉シーズンに人々が大挙するのもうなずけた。

今回は紀美子平からの大迫力のジャンダルムは拝めなかったけど、また眺望の利くときに行きたいな〜
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/2
投稿数: 4
2016/8/3 20:14
 天気
天気は残念でしたね。
自分は雨だと中止にしちゃいます。
山はやっぱり晴れが一番ですね。
梓川も雨だと水が濁ってそう(>_<)
Meu
登録日: 2015/8/28
投稿数: 4
2016/8/7 13:03
 Re: 天気
基本的に、事前に完全な雨予報の時は行かないのですが、この間は向こうに着いてしまっていたので 1日目の夕刻から2日目は素晴らしい空と眺望を楽しめました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ