ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936234 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

テントを担いで再びジャンダルム(前穂高岳〜奥穂高岳〜西穂高岳)

日程 2016年08月07日(日) 〜 2016年08月09日(火)
メンバー chiroro_
天候1日目=☀
2日目=☀
3日目=☁
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
往路=沢渡に駐車し上高地までタクシーを相乗り(1,050円)
復路=上高地から沢渡までシャトルバス(1,250円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間46分
休憩
52分
合計
7時間38分
S河童橋06:2206:40岳沢湿原・岳沢登山口06:4207:097番標識07:1308:25岳沢小屋08:3911:23紀美子平11:4813:17穂高岳13:2414:00宿泊地
2日目
山行
4時間45分
休憩
2時間29分
合計
7時間14分
穂高岳山荘(テント)05:1005:51穂高岳06:0106:28馬の背06:3306:35ロバの耳06:5206:56ジャンダルム07:2208:08天狗のコル08:2608:34天狗岩08:5109:05逆層スラブ09:1609:25間ノ岳09:4010:05赤岩岳10:1310:28P110:3410:41西穂高岳10:4711:04チャンピオンピーク4峰11:1111:23ピラミッドピーク11:41西穂独標11:4412:14西穂丸山12:24西穂山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
随所で滑落・落石・浮石にはくれぐれも注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

花火大会見学で出発が遅れた。練馬ICから松本ICを経て沢渡Pに午前3時30分到着。1時間仮眠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花火大会見学で出発が遅れた。練馬ICから松本ICを経て沢渡Pに午前3時30分到着。1時間仮眠。
2
タクシーで上高地へ。相乗りなので安く早い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーで上高地へ。相乗りなので安く早い。
4
河童橋から岳沢(前穂高岳登山道)に入る。日ごろの労働がたたり、足が重いのでストレッチをすると快調に!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から岳沢(前穂高岳登山道)に入る。日ごろの労働がたたり、足が重いのでストレッチをすると快調に!
1
岳沢ヒュッテで一休みし、重太郎新道を紀美子平へ。ここで疲労回復に絶好のグレープフルーツを1個摂取。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢ヒュッテで一休みし、重太郎新道を紀美子平へ。ここで疲労回復に絶好のグレープフルーツを1個摂取。
2
翌日の体力温存のため前穂高岳には登らず、仰ぎ見るだけで先に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の体力温存のため前穂高岳には登らず、仰ぎ見るだけで先に進む。
1
いいね〜、明日行く岩稜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいね〜、明日行く岩稜。
奥穂高岳手前でライチョウの親子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳手前でライチョウの親子。
2
涸沢にはテントが少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢にはテントが少し。
奥穂手前の平坦地。中国人の女性留学生が軽装で日帰りとのことで休憩中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂手前の平坦地。中国人の女性留学生が軽装で日帰りとのことで休憩中。
1
奥穂のてっぺんはスルーし、穂高岳山荘へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂のてっぺんはスルーし、穂高岳山荘へ。
2
穂高山荘手前で渋滞中。小屋を見てホッとし気を抜かないこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高山荘手前で渋滞中。小屋を見てホッとし気を抜かないこと。
1
70リッターのザックに衣食住のすべてを詰め込んできた。前回のジャンダルムに続き今回もテント泊。ゆっくり歩こう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70リッターのザックに衣食住のすべてを詰め込んできた。前回のジャンダルムに続き今回もテント泊。ゆっくり歩こう!
4
前穂高岳北尾根とグリーンのmy tent。北尾根で幕営したという人が少なからずいた。うらやましい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳北尾根とグリーンのmy tent。北尾根で幕営したという人が少なからずいた。うらやましい!
テントは小屋のすぐそばに張る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントは小屋のすぐそばに張る。
2日目の朝。満点の星だった。風は強い。午前3時半に起きる。まずコーヒーを一杯。大麦やドライフルーツなどの有機シリアルで朝食。脂分はアンチョビーで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝。満点の星だった。風は強い。午前3時半に起きる。まずコーヒーを一杯。大麦やドライフルーツなどの有機シリアルで朝食。脂分はアンチョビーで。
1
出発時、警察官から行き先を尋ねられる。「ジャンダルムから西穂です。」と答えると、浮石に気を付けること、風が強いことが伝えられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発時、警察官から行き先を尋ねられる。「ジャンダルムから西穂です。」と答えると、浮石に気を付けること、風が強いことが伝えられる。
1
素晴らしい展望。涸沢岳〜北穂高岳〜槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい展望。涸沢岳〜北穂高岳〜槍ヶ岳。
2
奥穂高岳でしっかりストレッチをする。膝対策のため入念なストレッチは欠かせない。これで数時間は疲労感なく歩けるはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳でしっかりストレッチをする。膝対策のため入念なストレッチは欠かせない。これで数時間は疲労感なく歩けるはず。
馬ノ背を先ゆく青年3人。怖がっていたがすぐ慣れた様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背を先ゆく青年3人。怖がっていたがすぐ慣れた様子。
2
馬ノ背の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背の様子
1
ジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
4
ロバの耳に取り付いてから振り返る。この下りで後続者が石を落とす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳に取り付いてから振り返る。この下りで後続者が石を落とす。
1
2回目のジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目のジャンダルム
3
ジャンダルムを辞しコブの頭に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムを辞しコブの頭に進む。
西穂高岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳を目指す。
天狗岳で2回目の休憩。この先西穂山荘までは休憩なしのノンストップで歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳で2回目の休憩。この先西穂山荘までは休憩なしのノンストップで歩く。
2
天狗岳も大きい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳も大きい
逆層スラブ。鎖があるので問題なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブ。鎖があるので問題なし。
2
本日のハイライト、間ノ岳。
浮石が多い。その上険しい垂直の岩場が待っている。
間ノ岳は事故が多いので、改めて肝に銘じ慎重を期す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のハイライト、間ノ岳。
浮石が多い。その上険しい垂直の岩場が待っている。
間ノ岳は事故が多いので、改めて肝に銘じ慎重を期す。
3
ここからしばらく谷に下りるように巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく谷に下りるように巻く。
間ノ岳(逆層スラブ)を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳(逆層スラブ)を振り返る。
1
西穂高岳頂上で傘を差す女性。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳頂上で傘を差す女性。
1
ジャンダルムに別れを告げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムに別れを告げる。
1
日傘を差しながらジャンダルムへ向かう女性。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日傘を差しながらジャンダルムへ向かう女性。
西穂高岳はスルーし、ピラミッドピーク、独標へと進む。安心感からか足が重たくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳はスルーし、ピラミッドピーク、独標へと進む。安心感からか足が重たくなる。
幸せな光景。道がいい。人が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸せな光景。道がいい。人が多い。
1
ただ歩くだけ。暑い。ビールがほしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ歩くだけ。暑い。ビールがほしい。
急いでテントを張る。汗だくで衣類はビショビショ。ズボンの替えを持ってこなかったので、レインウェアの下を拝借。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急いでテントを張る。汗だくで衣類はビショビショ。ズボンの替えを持ってこなかったので、レインウェアの下を拝借。
ビール、缶酎ハイ、日本酒を飲む。テーブルでいろんな人たちと話す。おにぎりももらう。危険地帯を終えホッとする反面、神経は高ぶっているようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビール、缶酎ハイ、日本酒を飲む。テーブルでいろんな人たちと話す。おにぎりももらう。危険地帯を終えホッとする反面、神経は高ぶっているようだ。
3
3日目:西穂山荘から上高地へと降りる。途中「宝水」の水場を時間をかけて清掃する。バスで沢渡に向かい「ライダーハウス温泉山小屋ともしび」のアフロで3日間の汗と汚れを流す。1時間以上もお風呂に入って、旅の人とあれこれお話をする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目:西穂山荘から上高地へと降りる。途中「宝水」の水場を時間をかけて清掃する。バスで沢渡に向かい「ライダーハウス温泉山小屋ともしび」のアフロで3日間の汗と汚れを流す。1時間以上もお風呂に入って、旅の人とあれこれお話をする。
1

感想/記録

2012年に次ぐ2度目のジャンダルム。前回事故なく行けたので、「もう行かない。」と決めていたが、なぜかもやもやしていた。昨年から再チャレンジの機会をうかがっていた。ちょうど平日に3日間の休みが取れたので心と体を鍛えるために登ることにした。テント泊縦走装備、ザックは70リットル、1日目の酒・泡などすべてを持参した。今回は何の恐れもなく淡々と歩くことができた。前回11時間、今回7時間。誉めてやりたい。
訪問者数:397人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ