ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945211 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

茶臼岳、聖岳、赤石岳〜夏の南アルプステント泊縦走2016〜

日程 2016年08月17日(水) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー aigoe
天候8月17日:晴れ〜曇り〜夜はドシャ降りの雨
8月18日:曇り〜一瞬雷雨
8月19日:晴れ〜曇り一時雨
8月20日:朝は晴れ〜以降雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沼平ゲートに駐車、椹島〜沼平はバス利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間8分
休憩
0分
合計
6時間8分
Sスタート地点09:4010:18畑薙大吊橋10:50ヤレヤレ峠11:45ウソッコ沢避難小屋13:22横窪沢小屋15:48茶臼小屋
2日目
山行
5時間37分
休憩
0分
合計
5時間37分
茶臼小屋07:2207:56茶臼岳09:50上河内岳10:57南岳09:5011:52聖平小屋
3日目
山行
10時間40分
休憩
0分
合計
10時間40分
聖平小屋04:2905:27小聖岳06:19聖岳07:59兎岳08:47小兎岳09:29中盛丸山10:24百間洞山の家11:29百間平13:23赤石岳14:44大聖寺平15:09荒川小屋
4日目
山行
5時間56分
休憩
0分
合計
5時間56分
荒川小屋06:0907:36小赤石岳07:58赤石岳・小赤石岳間分岐09:01富士見平09:25赤石小屋12:05椹島ロッジ12:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【8月17日】茶臼小屋テント泊:700円、水は無料で豊富
【8月18日】聖平小屋テント泊:700円、水は無料で豊富、お弁当1ケ500円
【8月19日】荒川小屋1泊夕食:8600円(夕食+弁当−寝具代)、水は豊富
       ※宿泊レシートもらえたので、帰りの椹島〜沼平までのバスに乗れる
その他周辺情報帰りのお風呂:湯ノ島温泉(500円)
※営業は16時半までだったので30分ほどしか入れなかった。
 畑薙からすれ違いが厳しい狭い道を走っていく必要あり時間かかる
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

沼平ゲートに駐車でき、ここからスタート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼平ゲートに駐車でき、ここからスタート!
良い天気だったので気分も晴れやか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気だったので気分も晴れやか
5
有名な畑薙吊橋、確かにかなりの高度感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な畑薙吊橋、確かにかなりの高度感
3
何度か沢を渡る橋を通過する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か沢を渡る橋を通過する
1
結構な勾配の箇所もあり、テント装備では汗が噴き出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な勾配の箇所もあり、テント装備では汗が噴き出す
1
ウソッコ沢の滝、沢釣りをしてる人がいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウソッコ沢の滝、沢釣りをしてる人がいた
1
中ノ段でおにぎり休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ段でおにぎり休憩
2
横窪沢小屋、TJAR選手メッセージあり、望月さんの5日間切り記録はヤバ過ぎでしょ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横窪沢小屋、TJAR選手メッセージあり、望月さんの5日間切り記録はヤバ過ぎでしょ
茶臼小屋までの中間にある水場は涸れていなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼小屋までの中間にある水場は涸れていなかった
1
茶臼小屋、テント泊申し込み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼小屋、テント泊申し込み
小屋の周りはお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の周りはお花畑
自炊室にて腹ごしらえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自炊室にて腹ごしらえ
6
翌朝の小屋前からは雲海の広がる展望だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の小屋前からは雲海の広がる展望だった
3
夜にゲリラ豪雨でテントはズブ濡れに(*o*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜にゲリラ豪雨でテントはズブ濡れに(*o*)
7
茶臼小屋から稜線に出たが展望いまいち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼小屋から稜線に出たが展望いまいち
050茶臼岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
050茶臼岳山頂
4
残念ながら光岳方面は見えなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら光岳方面は見えなかった
聖平へ向かう、広大なエリアがあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平へ向かう、広大なエリアがあった
霧が晴れ、上河内岳が見えてきてくれた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れ、上河内岳が見えてきてくれた!
4
上河内岳への上りはきつかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳への上りはきつかった
3
トウヤクリンドウその1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウその1
4
上河内岳山頂到着!少しだが青空も見えていた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳山頂到着!少しだが青空も見えていた!
9
山頂で少し待っていると南岳と聖の頭が見えて嬉しかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で少し待っていると南岳と聖の頭が見えて嬉しかった
3
ナナカマドの実がもう赤くなっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実がもう赤くなっていた
チングルマも綿毛ですっかり秋モード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマも綿毛ですっかり秋モード
1
ホシガラス2匹
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホシガラス2匹
5
マツムシソウの蜜を吸うチョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウの蜜を吸うチョウ
6
朝日岳に続き、薄紫のマツムシソウがいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳に続き、薄紫のマツムシソウがいっぱい
10
ナデシコもたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデシコもたくさん
4
オトギリソウもたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウもたくさん
5
ハクサンフウロはやや少なめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロはやや少なめ
3
フルーツポンチは食べましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルーツポンチは食べましょう
2
聖平小屋でテント泊申し込み。弁当注文も可能だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋でテント泊申し込み。弁当注文も可能だった
翌朝は快晴スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は快晴スタート
1
月が明るくてヘッデンいらず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月が明るくてヘッデンいらず
2
雲がたなびく上河内岳と朝焼け富士山が見事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がたなびく上河内岳と朝焼け富士山が見事
3
富士山も雲なしなので、混んでそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も雲なしなので、混んでそう
3
リベンジ目標の聖岳がドーンと見えてテンションアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リベンジ目標の聖岳がドーンと見えてテンションアップ
3
幻想的な富士山の景色となった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な富士山の景色となった
10
上河内岳が雲に覆われてしまったが、群青色の空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳が雲に覆われてしまったが、群青色の空
3
遠くまで続く雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くまで続く雲海
2
小聖岳の看板がボロボロで読めず・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小聖岳の看板がボロボロで読めず・・・
2
上河内岳方面の眺めに見とれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳方面の眺めに見とれる
7
まるで雲が海のように波を作っているようだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで雲が海のように波を作っているようだった
8
聖岳山頂到着!昨年のリベンジ達成!感無量!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳山頂到着!昨年のリベンジ達成!感無量!
15
ブロッケンのおまけ付
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケンのおまけ付
8
雲の先にある富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の先にある富士山
5
雲海から顔を出す赤石岳の景色に心奪われる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海から顔を出す赤石岳の景色に心奪われる
7
茶臼〜光岳の稜線も雲海から浮き出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼〜光岳の稜線も雲海から浮き出てきた
4
これが光岳??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが光岳??
3
百間までの稜線は残念がら見れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間までの稜線は残念がら見れず
1
兎岳山頂からはガスガス、聖平小屋の稲荷寿司がウマすぎ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳山頂からはガスガス、聖平小屋の稲荷寿司がウマすぎ
10
去年と同じような写真・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年と同じような写真・・・
1
こちらも・・・しょうがない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも・・・しょうがない
1
百間小屋までの山斜面にアキノキリンソウがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間小屋までの山斜面にアキノキリンソウがたくさん
2
百間洞山の家、今年はスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間洞山の家、今年はスルー
赤石へ向かう、百間小屋の屋根と中盛丸山が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石へ向かう、百間小屋の屋根と中盛丸山が見えた
大沢岳が見えた、ここに上がる気力はなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢岳が見えた、ここに上がる気力はなかった
3
兎岳も何とか一瞬見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳も何とか一瞬見えた
歩を進めるも、赤石山頂は見えてこなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩を進めるも、赤石山頂は見えてこなかった
2
ガレガレの急峻上りルートで疲労困憊
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレの急峻上りルートで疲労困憊
2
百諒燭らのルートが見えて少し癒される
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百諒燭らのルートが見えて少し癒される
赤石岳山頂到着!残念ながら、今年も展望お預け!悔しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳山頂到着!残念ながら、今年も展望お預け!悔しい!
3
小赤石岳、大聖寺平まではガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小赤石岳、大聖寺平まではガスガス
荒川小屋に下っていくと小赤石の稜線は見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川小屋に下っていくと小赤石の稜線は見えてきた
1
荒川小屋へ無事到着、さすがにヘロヘロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川小屋へ無事到着、さすがにヘロヘロ
シュラフあったので別棟へ宿泊となった、空いててむしろよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュラフあったので別棟へ宿泊となった、空いててむしろよかった
2
夕方の小屋前からの荒川前岳方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方の小屋前からの荒川前岳方面の展望
2
夕方の小屋前からの小赤石岳方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方の小屋前からの小赤石岳方面の展望
1
翌朝の小屋前から見る富士山には雲がまとわりついてた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の小屋前から見る富士山には雲がまとわりついてた
3
快晴な朝の荒川前岳と荒川小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴な朝の荒川前岳と荒川小屋
7
険しく見える荒川前岳の展望が見事だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しく見える荒川前岳の展望が見事だった
7
悪沢岳には雲がかかっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳には雲がかかっていた
3
大聖寺平より見る小赤石岳、こちらにも雲が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大聖寺平より見る小赤石岳、こちらにも雲が・・・
標高を上げていくと中央アルプスが一望できた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと中央アルプスが一望できた!
3
御嶽も見えて、アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽も見えて、アップ
2
この展望に、右下に見えるツアー客も大喜びだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この展望に、右下に見えるツアー客も大喜びだった
3
ようやく荒川前岳が姿を見せてくれた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく荒川前岳が姿を見せてくれた
4
槍穂も見えた、よかったよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂も見えた、よかったよかった
3
小赤石岳、3度目の正直とはならず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小赤石岳、3度目の正直とはならず
トウヤクリンドウその2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウその2
6
チシマギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
5
赤石小屋までの沢伝いの斜面はお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋までの沢伝いの斜面はお花畑
椹島まで下るだけかと思っていたら富士見平まで上り・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島まで下るだけかと思っていたら富士見平まで上り・・・
赤石小屋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋に到着
荒川小屋のおにぎり弁当でパワーアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川小屋のおにぎり弁当でパワーアップ
11
赤石小屋からは雨でレンズも曇る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋からは雨でレンズも曇る
椹島に無事到着、今年も素晴らしい思い出となった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島に無事到着、今年も素晴らしい思い出となった
2
白樺荘付近の雨がひどかった為、湯ノ島温泉まで行ってサッパリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺荘付近の雨がひどかった為、湯ノ島温泉まで行ってサッパリ
2

感想/記録
by aigoe

 待ちに待った夏季長期休暇ではあったが、なんとも天気がよくなさそう・・・。
週間天気とにらめっこしながら、昨年快晴に恵まれなかった南アルプス南部エリアへ
再びテントを担いで歩くことに決めた。(以下、とりとめのない長文日記です。)

【8月17日】
 神奈川から直行で畑薙まで向かう。とにかくここまでの運転が長い。駐車場に到着
して混み合っているか聞いてみると、台風の影響やお盆過ぎてからはそうでもない
とのことから沼平ゲートにも空きがあるということでそちらに車を停めることが
できた。

 スタートし、林道を歩いて有名な吊橋を渡る。ダム湖の上を歩くイメージが今年は
やはり雪が少ないせいか、川の上だった点で水は心配になった。ややスタートも遅い
時間だったのでバテバテだったら横窪沢でテントの計画だったが、小屋の人に相談を
してみるとなるべく茶臼まで行っておいた方がよいとのことで、無事茶臼小屋にて
テント泊ができた。茶臼小屋まではそこそこの急登で、先週までは有名なTJARが
開催されていて、通過点になっていたそうでかなり盛り上がっていたとのこと。

テントで横になって昼寝してると夕方よりすさまじいゲリラ豪雨に遭遇。初日から
後先の思いやられるスタートになった。

【8月18日】
 朝からズブ濡れテントの撤収作業・・・。そんな気分も晴れず、天気もいまいち
という中でコース的に百軒洞まで行くのもしんどいと判断してこの日は聖平までと
した。

 茶臼岳に立ち寄ったが光岳は残念ながら見れず。上河内岳では一瞬ガスが晴れ、
翌日目指す聖岳の頭が一瞬見えたのはなんともうれしかった。お昼には聖平に到着。
ゆっくりのんびり小説読みながら休んだ。テント泊もガツガツ歩くだけでなく、
こんな時間も必要ですね。翌日は荒川小屋まで一気に行こうと決めていると夕方
から雷雨となる。昼間せっかく乾いたと思ったテントがまたズブ濡れ・・・。

【8月19日】
 テントはヘリの荷揚げの影響から朝5時半には撤収してほしいと言われており、
ゆっくり休んだ影響もあってか4時半に小屋を出発。天気はすっかり晴れていた。
去年、土砂降りの雨の中を歩いた聖岳がよく見えてテンションアップ。山頂までは
ビショ濡れテント泊装備を担いで上がるのは堪えたが無事山頂到着!昨年見ること
ができなかった山頂からの景色を満喫できた。特に、次に向かう雲海から顔を出す
赤石岳の姿がすごく印象的であった。

 聖岳から百間小屋に向かうとあっという間に天気は変わり、霧の中。昨年と全く
変化のない苦しいアップダウンルート。兎岳、中盛丸山の上り返しはきつく、さら
にそのあとに赤石岳と4つのピークハントは体に悪いコースであった。そして残念
なことに今年も赤石岳山頂からの展望はお預けとなった。翌日の可能性もまだある
と判断し、荒川小屋で宿泊することにした。

 荒川小屋は8割程度の混雑とのことだったが、シュラフもあることを話すと別棟
の避難小屋を使わせてもらえた。こちらには結局5人でゆったりと使用でき、暑く
狭苦しい小屋泊まりよりはかなりマシだった気がする。

【8月20日】
 休みは6連休だったので、まだ1泊できる予定も可能だったので悪沢岳まで
のんびりと歩いてもう一泊千枚小屋でテント泊も考えていた。ところが、新たな
台風が来ている情報からこの日で下山することにする。

 快晴の赤石岳山頂を狙って再び出発したのだが、むしろ天気がどんどんと
悪くなっていく。赤石小屋へのルート分岐でも天気は回復しそうにもないので、
山頂にも立ち寄らず、下山することにした。14時までのバスに乗れればという
つもりだったが、予想以上によいぺースで歩けたようで13時のバスに乗車でき、
無事に沼平ゲートのクルマに戻れた。

そして浦島太郎状態で下山して、ニュースを見るのがある意味で楽しみ。
今年は五輪ネタで吉田の波乱、高松ペアの逆転金メダルシーン、男子リレー
銀メダルと、今現在も状況をいろいろチェックするのに四苦八苦中(笑)

【おわりに】
今年も昨年に続き、かなりの雨に降られてしまう山歩きにはなってしまった。
そんな中でも、時折見せてくれた南アルプスの景色は本当に良い思い出となった。

ぜひまた歩きに行きたいと思う。特に赤石岳様・・・、次回リベンジの際は快晴の
展望を見させて下さいませ。

あいごえ
訪問者数:502人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ