ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952107 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

鷲羽岳・水晶岳/楽しかった一日の冒険

日程 2016年08月31日(水) [日帰り]
メンバー wazao
天候☀快晴・稜線山頂部強風(予報15〜20m)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇駐車場
・深山荘駐車場に隣接の高山市営駐車場
・無料
・150台
・舗装済
・1〜4段に分かれていて1段目に簡易トイレが2基あり
※出発時は前日悪天のためガラガラでしたが下山時は満車で空を待つ車が数台あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準CT=24:00
コース状況/
危険箇所等
◇コース状況/危険箇所等
●新穂高登山指導センター〜笠新道登山口〜わさび平小屋〜小池新道入口
・良く整備された林道区間です。
・暗闇の単調な歩きとなります。
●小池新道入口〜秩父沢出合〜シシウドヶ原〜鏡平山荘
・沢沿いのガレ場、ゴーロ帯が延々と続く登り坂
・秩父沢出合は増水すると通行不可になることもあるようです。
・渡渉は何回かありますが橋もあり飛び石で今回は問題なく渡れました。
●鏡平山荘〜弓折乗越
・石ゴロの急坂
・弓折乗越で稜線に上がります。
●弓折乗越〜双六小屋〜双六岳巻道分岐〜三俣峠〜三俣山荘
・ザレガレのアップダウンを繰り返します。
・片側切れた場所もありますので注意です。
・ガスが出たら方向を見失うような広い場所もありますので注意です。
●三俣山荘〜鷲羽岳〜ワリモ岳〜ワリモ北分岐
・三俣山荘から鷲羽岳は登り一辺倒の急登です。
・浮石が多いので落石には注意です。
・鷲羽から一旦下がりワリモ岳へ登り返してワリモ北分岐まで大きく下ります。
●ワリモ北分岐〜水晶小屋〜水晶岳〜水晶小屋〜ワリモ北分岐
・比較的なだらかに下り、その後水晶小屋迄登り返します。
・水晶小屋は直前まで目視できません。
・水晶岳直下は岩場ですが注意すれば問題有りませんでした。
●ワリモ北分岐〜岩苔乗越〜黒部源流標〜三俣山荘
・ワリモ北分岐から岩苔乗越までは大きく下がります。
・黒部源流標までは沢筋をひたすら下ります。
・黒部源流標から登り返すと三俣山荘へ到着します。

◇登山ポスト
・新穂高登山指導センターにあり。
・用紙、筆記具あり。
・夜間も照明が点灯している。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

0時01分新穂高登山センターを出発です。
2016年08月31日 00:01撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0時01分新穂高登山センターを出発です。
9
小池新道入口、ここから登山道です。ここまでは長い林道歩きでした。
2016年08月31日 01:29撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口、ここから登山道です。ここまでは長い林道歩きでした。
5
秩父沢出合
2016年08月31日 02:10撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢出合
3
シシウドヶ原
2016年08月31日 03:10撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原
3
鏡平山荘、もうじき4時になりますが静かです。
2016年08月31日 03:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘、もうじき4時になりますが静かです。
3
弓折岳分岐、やっと稜線に上がりました。
2016年08月31日 04:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折岳分岐、やっと稜線に上がりました。
3
随分と明るくなってきました。双六小屋が見える。正面は鷲羽岳なのか。。
2016年08月31日 05:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随分と明るくなってきました。双六小屋が見える。正面は鷲羽岳なのか。。
13
双六小屋
2016年08月31日 05:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋
7
双六岳巻道分岐
2016年08月31日 06:16撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳巻道分岐
3
鷲羽岳を双六岳巻道分岐から確認。不安な空模様。。天気予報は一日中晴れですが風は15〜20mで強風です。
2016年08月31日 06:17撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳を双六岳巻道分岐から確認。不安な空模様。。天気予報は一日中晴れですが風は15〜20mで強風です。
7
晴れの『鷲羽岳』をキャッチ。両翼を広げて貫禄の山容です。麓に三俣山荘が見えます。
2016年08月31日 07:43撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れの『鷲羽岳』をキャッチ。両翼を広げて貫禄の山容です。麓に三俣山荘が見えます。
35
三俣山荘と鷲羽岳。
2016年08月31日 07:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘と鷲羽岳。
13
鷲羽岳山頂目指しています。最初はガレた斜面。
2016年08月31日 08:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂目指しています。最初はガレた斜面。
9
振り返り、三俣蓮華に双六岳が見える。三俣山荘も小さくなった。
2016年08月31日 08:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、三俣蓮華に双六岳が見える。三俣山荘も小さくなった。
23
浮石が多いので落石注意ですね。
2016年08月31日 08:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮石が多いので落石注意ですね。
7
遠くから見ると緑のお山でしたが実際は岩礫の岩々の山でした。
2016年08月31日 08:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから見ると緑のお山でしたが実際は岩礫の岩々の山でした。
3
鷲羽岳山頂に到着。
2016年08月31日 09:12撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂に到着。
11
鷲羽山頂で記念撮影。強風でカメラ倒れまくり、山頂は一人だったので自撮りが大変。
2016年08月31日 09:16撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂で記念撮影。強風でカメラ倒れまくり、山頂は一人だったので自撮りが大変。
48
深い山並み
2016年08月31日 09:18撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い山並み
13
すぐ後ろに立派な山頂標識と三角点がありました。
2016年08月31日 09:18撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ後ろに立派な山頂標識と三角点がありました。
15
右手前はこれから登る水晶岳、奥に見えるのは薬師岳。
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手前はこれから登る水晶岳、奥に見えるのは薬師岳。
7
黒部五郎岳でしょうかカールが凄い、眼下は黒部源流。
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳でしょうかカールが凄い、眼下は黒部源流。
19
三俣蓮華から笠ヶ岳方面
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華から笠ヶ岳方面
14
一番奥に笠ヶ岳、双六岳、三俣蓮華、歩いて来た巻き道ルートが見える。。楽しい風景を満喫。
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥に笠ヶ岳、双六岳、三俣蓮華、歩いて来た巻き道ルートが見える。。楽しい風景を満喫。
13
あの尖っているのは槍さんですね。
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの尖っているのは槍さんですね。
8
槍ヶ岳アップ
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳アップ
15
槍ヶ岳から穂高連邦
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から穂高連邦
7
右奥に笠ヶ岳、遠くに見えても存在感あります。
2016年08月31日 09:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に笠ヶ岳、遠くに見えても存在感あります。
6
鷲羽池が手前に見えます。北ア最深部という感じです。※鷲羽池はtailさんのコメントがキッカケで判明しました。
2016年08月31日 09:21撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽池が手前に見えます。北ア最深部という感じです。※鷲羽池はtailさんのコメントがキッカケで判明しました。
18
ワリモ岳山頂を通過して水晶岳に向かいます。
2016年08月31日 09:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂を通過して水晶岳に向かいます。
9
ワリモ北分岐に到着。
2016年08月31日 10:06撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐に到着。
3
水晶小屋分岐、裏銀座コースにつながります。
2016年08月31日 10:36撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋分岐、裏銀座コースにつながります。
4
水晶小屋に到着。
2016年08月31日 10:37撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋に到着。
3
水晶岳に向かっていますが風が強い。鷲羽岳よりも強く吹いています。時々突風で身動きが出来なくなる。
2016年08月31日 11:02撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳に向かっていますが風が強い。鷲羽岳よりも強く吹いています。時々突風で身動きが出来なくなる。
7
水晶岳山頂に到着。
2016年08月31日 11:15撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂に到着。
11
山頂記念撮影。途中から一緒に登った方に撮って頂きました。山頂が狭いので近くでの撮影になりました。私はサブザックで登りましたが空身で登る方が多いようです。風が強くて寒い。。
2016年08月31日 11:18撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂記念撮影。途中から一緒に登った方に撮って頂きました。山頂が狭いので近くでの撮影になりました。私はサブザックで登りましたが空身で登る方が多いようです。風が強くて寒い。。
44
水晶小屋方面、左手前の小ピークに水晶小屋が見える。
2016年08月31日 11:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋方面、左手前の小ピークに水晶小屋が見える。
11
山頂から
2016年08月31日 11:20撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
5
野口五郎岳方面
2016年08月31日 11:20撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳方面
8
山頂から
2016年08月31日 11:20撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
3
薬師岳、雲ノ平越しに見る薬師はカッコイイです。
2016年08月31日 11:20撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳、雲ノ平越しに見る薬師はカッコイイです。
10
赤牛岳への稜線、その後ろは立山でしょうか右に黒部湖も見えます。
2016年08月31日 11:20撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳への稜線、その後ろは立山でしょうか右に黒部湖も見えます。
10
野口五郎岳方面、目を引くキレイな山並み。
2016年08月31日 11:55撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳方面、目を引くキレイな山並み。
13
水晶小屋から水晶岳
2016年08月31日 11:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋から水晶岳
6
水晶岳アップ
2016年08月31日 11:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳アップ
9
真砂岳、野口五郎岳、三ツ岳方面。
2016年08月31日 11:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳、野口五郎岳、三ツ岳方面。
17
岩苔乗越から雲ノ平方面。
2016年08月31日 12:29撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越から雲ノ平方面。
6
黒部源流を下ります。
2016年08月31日 12:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流を下ります。
4
源流の始まりでしょうか。
2016年08月31日 12:37撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流の始まりでしょうか。
5
ウメバチソウ
2016年08月31日 12:44撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
18
色素が薄そうなウメバチソウ
2016年08月31日 12:45撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色素が薄そうなウメバチソウ
6
トリカブト
2016年08月31日 12:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト
6
黒部源流標
2016年08月31日 13:17撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流標
4
奥に、槍・穂高連邦。
2016年08月31日 14:46撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に、槍・穂高連邦。
10
鷲羽岳の勇姿
2016年08月31日 14:51撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳の勇姿
20
双六池と双六小屋テン場。
2016年08月31日 16:07撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六池と双六小屋テン場。
4
見るたびに撮ってしまう槍・穂高連邦。
2016年08月31日 16:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見るたびに撮ってしまう槍・穂高連邦。
10
穂高は雲の中。。
2016年08月31日 16:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高は雲の中。。
4
鏡平山荘、朝は真っ暗でした。
2016年08月31日 17:34撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘、朝は真っ暗でした。
4
鏡池では宿泊客が日没の景色を取るためベンチに大勢いました。
2016年08月31日 17:40撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池では宿泊客が日没の景色を取るためベンチに大勢いました。
24
シシウドヶ原に到着。あと30分位で日が暮れますね。
2016年08月31日 18:08撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原に到着。あと30分位で日が暮れますね。
5
小池新道入口に到着。もう1時間早く明るい内に到着したかった。この後は長い林道歩き。。途端にザックの重みを腰に感じるようになった。
2016年08月31日 19:29撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道入口に到着。もう1時間早く明るい内に到着したかった。この後は長い林道歩き。。途端にザックの重みを腰に感じるようになった。
5
新穂高登山センターに帰着しました。お疲れ様でした。
2016年08月31日 20:37撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高登山センターに帰着しました。お疲れ様でした。
10
鷲羽岳/2016.08.31・三俣山荘¥600
2016年09月02日 08:39撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳/2016.08.31・三俣山荘¥600
9
鷲羽岳/2016.08.31・三俣山荘\600
2016年09月02日 08:40撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳/2016.08.31・三俣山荘\600
7
水晶岳/2016.08.31・水晶小屋\500
2016年09月02日 08:40撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳/2016.08.31・水晶小屋\500
10
撮影機材:

感想/記録
by wazao

鷲羽・水晶にチャレンジしてきました。
中々日帰りで歩ける気がしないコースですので気になっていましたが
地図を見たりレコを拝見したりしながら妄想登山を楽しんでいました。
妄想登山も中々面白く、たまに酒の肴にもなります(笑)

最近長いコースを歩いていなかったので少々不安もあったのですが
2週間前の北海道遠征で6日連続の山歩きをしたので
多少準備は出来ているのかと思い決行することにしました。
結果、体力は残っていたのですが足が棒になってしまったので
また地元の筑波山で鍛えなければいけない良い目標ができました。

北アのスターが鎮座する展望は目を見張りますね。。
この感激も頑張るパワーになりました。
鷲羽岳は思っていた通り両翼を大きく広げたような姿で圧巻でした。
展望もスバラシイです。。この辺りは何処の山も展望抜群なのでしょうね。
水晶岳は鷲羽岳に比べると岩の塊という山容で
あまり人を寄せ付けないような印象でした。
今回は稜線、山頂部では強風に煽られまくりで
特に水晶岳では強い突風が吹くと身動きが出来なくなりました。

野口五郎岳方面の山姿は感動感激で美しい山容は心奪われます。
薄くピンクがかった砂礫の山肌はとてもキレイで思わず注目しました。
ここの山域は何処を見ても展望がスバラシク感動的です。
今宵はこの感激を肴に酒が進みそうです。
訪問者数:1669人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/6
投稿数: 77
2016/9/1 19:20
 ロングルート、お疲れ様でした!
wazaoさん、はじめまして。
このルートを日帰りとは、まさに楽しい大冒険ですね。
わたしもこの山域は思い出深いので楽しく拝見させて頂きました。

ちなみに北海道遠征では大雪・十勝でおそらくお会いしてる様な気がします。

これからも楽しい山行を奥様と安全に楽しんで下さい。
登録日: 2012/10/7
投稿数: 387
2016/9/1 22:14
 激闘20時間はすごい!
wazaoさん、こんばんは。
普通のハイカーは2泊3日くらいの行程でしょう。
しかも台風一過で強風の中、20時間でピストンとは
もきっとお代わりが進むことでしょうね
快晴の天候にも恵まれ、2山達成おめでとうございました
登録日: 2012/3/29
投稿数: 153
2016/9/1 23:51
 お疲れ様でした。
いやぁ〜凄いですね!
このコースを日帰りで行けるとは。
最後の林道歩きは大変だろうと思います。
日帰りする人は良く途中で自転車をデポしているのですが全て歩きとは恐れ入ります。
私には考えられないことです。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3097
2016/9/2 9:26
 やっちゃいましたね♪
wazaoさん、こんにちは!

水晶を日帰りですかっ!
張本氏の公認を取り、「アッパレ!」を貰いましょうよ
ここを日帰り出来たのなら、全山日帰りも達成しそうですね。
いや〜素晴らしいですよ!n師匠も見習って欲しいところです

私も、全く同じ行程で歩きましたが、ガスと霧雨でろくに写真も撮れず、
非公開にしています
それに、あまりのロングに体力を使い果たし、ヘロヘロでしたよ。
wazaoさん、体力は残っていたとか!?
これまた凄いの一言です!

鷲羽は2回行っていますが、両日とも天候不順
鷲羽池を見た事がありません。
掲載されたお写真では確認出来ませんが、しっかり見えたのでは?
強風が難ではありますが、視界良好で何とも羨ましい限りです。

超ロングと遠征、お疲れ様でした!

*********************************
追伸

確かに、30がそうです
見落としです!失礼しました!この景色が見たかったのですよ。
いや〜 まさに完璧です
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/2 10:51
 Re: ロングルート、お疲れ様でした!
はじめましてpeachkさん

コメントありがとうございます。
気になっていたルートでしたが歩ききるイメージがあまり湧かなかったので
酒の肴に妄想登山を楽しんでいました。

北海道遠征では予定どおり8座登られたようでお疲れ様でした。
大雪山の強風にはめげましたね。。それと十勝岳前泊の白銀荘は私もお気に入りです。
大雪、十勝は日程が同じですので何処かですれ違っているかもしれません。
これからも何処かのお山でお会い出来るかもしれませんね
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/2 11:13
 Re: 激闘20時間はすごい!
こんにちはnksanさん

鷲羽、水晶岳は思っていた以上に楽しい歩きになりましたが
20時間超えの激闘をしてきました

目を見張る展望、キレイな山姿。。山容に感激しました。
こういう感情は日常では久しく感じていません(笑)
随分と頑張るパワーを頂きました

天気は予報どおりの快晴でしたが稜線、山頂での強風にはめげました
何とか歩ききれたので昨日はご察しの通りキンキンに冷えたビールが
美味しかったですよ。。3本一気に頂きました
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/2 11:52
 Re: お疲れ様でした。
こんにちはdaikentaさん

このコースは酒の肴の妄想登山で楽しんでいたのですが決行することにしました。

いやぁ〜凄いのはdaikentaさんですかね
北海道遠征中にスマホでヤマレコをチェックしていると
daikentaさんの、槍ヶ岳〜西穂高周回(大キレットとジャンダルム)が。。
こんなスリリングな難関コースが好みだったなんて知りませんでしたよ

帰りの林道歩きは凄く飽きました。固い地面の林道はザックの重みが腰に来ます。。
ここの林道は一般車と同じで自転車も乗り入れ禁止ですね
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/2 12:31
 Re: やっちゃいましたね♪
こんにちはtailwindさん

tailさんから「アッパレ!」を頂ければ嬉しいですね。
このコースは歩き応えありすぎでしたが
鷲羽、水晶の稜線歩きと展望の素晴らしさで報われました

tailさんが登った時はガスと霧雨だったのですか。。条件悪すぎですね
悪条件の中での完登はタフです。
私でしたらめげてしまい到底無理、撤退するしかないです
新穂高登山センターに帰着した時、足は棒のようでしたが
以外に体力は残っていて興奮状態でした(笑)

チョットわかりにくいのですがNo.30の一部に写っているのは
鷲羽池ではないでしょうか
しっかり見えたので覚えていますが名前は知りませんでした。
鷲羽池の画像を調べて見ましたら似ているような気がします。

強風でしたが視界良好で迫力の展望を楽しめました。
どちらを見てもスター群団の山々。。
トキメキますねパワーを頂きました

***************************************

追伸
鷲羽池という立派な名前が付いているとも知らず槍穂をバックにして4〜5枚撮っていました 何かいい感じの景色でしたので満足していましたが名のある池だと分かって良かったですよ。ありがとうございました
登録日: 2012/12/25
投稿数: 3917
2016/9/2 15:20
 水晶岳までピストンですか!!
wazaoさん、こんにちは

これはまたたまげてしまいました。なんと、日帰りといえども20時間ですか
流石の体力ですね。
三俣山荘ぐらいまでは行ってみたいと思っておりましたが、
ここらあたりはとても日帰りでは考えられないエリアでしたがやりますね。
恐れ入りました。
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/2 17:40
 Re: 水晶岳までピストンですか!!
こんにちはhigurasiさん

登山道が終わる小池新道入口に明るい内に下山したかったのですが
1時間位オーバ−してしまいました
小池新道入口から登山指導センターまでの最後の林道歩きが
疲れた体に一番きつかったように思います
砕石をかけて転圧した固い地面の林道は足腰に負担が大きいですね。
ザックの重みが途端に腰にきました。

道に迷うこともないので最後の林道は休まずキバッテ歩き通しましたが
新穂高登山指導センターに帰着した時には足が棒になっていました
フルマラソンを走るhigurasiさんでしたら余裕で明るい内に完結しますよ。
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1639
2016/9/2 22:30
 こんばんは
脱帽です
何も言うことがありません

十分に気を付けてください
登録日: 2013/4/11
投稿数: 839
2016/9/3 9:53
 『漆黒のルンゼ・・』まさに!!
wazaoさん、こんにちは

「鷲羽、水晶、日帰り」だなんて、いったいどこから何時に
入ったんだろう? と思いましたが、さすが、いざとなった
時にナイトハイクnightを得意とするwazaoさんならではの山たびですね!!

でも真っ暗な中「お助け風」をヒョーっと受けたりしたら、
ビックリしちゃいそうですね それにあの岩岩した尾根を真っ暗な中、
鏡平山荘まであるかれたと思うとホント凄いです
以外に沢っぽいとこもあり、かなり序盤は勇気と忍耐が必要だったのでは
と思います。

ですが百名山もこの山たびがいわば「天王山」?
この2座を一気に奪取出来た事は大きい
この山たびが酒bottleの肴にならずして、
いったい何が肴になるというのでしょうか ??
「kazuro〜一枚岩のトラバース・・。」
↑そんなの肴にならないって ?? またー
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/3 11:42
 Re: こんばんは
こんにちはolddreamerさん

このコースは長年、酒の肴によく妄想していましたので
コース内容はかなり頭に入っていました(笑)
出発からのナイトハイク5時間は暗闇の一人歩きですので
ペースチェックはタイムスケジュールを見ながら頻繁にしました。
色々と想定しながら計画、実行、完遂の流れが楽しいです。
日常では感じられないような感激があるとリフレッシュできますね
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/3 13:14
 Re: 23:59分発・・・。 だと?
こんにちはkazuroさん

ナイトハイクは稜線に上がった弓折乗越の先まで
続きましたので5時間超は長かったですね
それ以後は明るくなるにつれ展望も開けたので
気分は180度変わって爽快感MAXになりました

暗闇の一人歩きですのでペース配分は気をつけました。
kazuroさんも今夏に歩いた山道だと思うと心強かったですよ
本当に序盤は忍耐ですね

kazuroさんの北アルプス裏銀縦走レコに刺激を受けて
ついつい登る気になってしまいました。
1本長いコースを歩いてから準備したかったのですが
8月31日以降休みの天気が思わしくなく
陽もどんどん短くなるので今回決行となりました
Kazuroさんの裏銀縦走レコを見ていたら酒が進んじゃいましたよ
随分と刺激と酒を頂きました
登録日: 2012/3/24
投稿数: 1559
2016/9/3 16:45
 wazaoさん、お久しぶりです。
鷲羽・水晶の日帰りをされたんですね

凄すぎて言葉になりません。しかし一度トライしてみたいルートです。

新穂高を0:00に出発しないと一日で帰ってこれるか心配になりますね。

以前水晶まで行きましたが、三俣山荘まで戻ってバタンキューでした。あの時を思い出すと新穂高温泉まで戻る自信は全くありません

お見事でした

百名山もぼちぼち王手をかけられましたね。前回の北海道シリーズも凄かった です。
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/3 18:22
 Re: wazaoさん、お久しぶりです。
こんばんはHIDENORI-Tさん

ご無沙汰しておりますがレコで活躍は拝見しております。
HIDENORIさんは走るのも登るのも凄いですね
元々ランナー系のアスリートなのでしょうか。
凄いパワーで違いを感じてしまいます
直近では日帰りで余裕の白峰三山縦走&塩見・蝙蝠岳は圧巻でした
競技会にも参加されて活躍されているようですね。
HIDENORIさんでしたら新穂高から鷲羽・水晶は楽勝です。
今回もトレランの方がいましたが何であんなに早く動けるのでしょうかね

百名山は北海道、九州、四国と遠い所ばかり残してしまっています。
普段は週一の一日休みのため日帰りしかできません。まだ何年か、かかりそうです。
夏休みが唯一の連泊遠征のチャンスです
登録日: 2014/4/19
投稿数: 929
2016/9/4 20:17
 お久しぶりです(*^▽^*)
こんばんは。
鳳凰三山でお会いした者です。覚えてますか???
31日は快晴で気持ちが良かったですね。
私は槍ヶ岳でした。
ロングコースですごいパワーですね。
お体の具合はもう完全なんでしょうか?
美しい山々のお写真を拝見したので、私もいつか行ってみたくなりました。
登録日: 2012/9/27
投稿数: 700
2016/9/5 8:16
 Re: お久しぶりです(*^▽^*)
ええ、憶えていますよ。明るい笑顔の快足女史hapiraさんですね
地蔵岳オベリスクで少しお話をさせて頂きました。
31日は同じ新穂高からスタートだったのですね。
天気は快晴で良かったですが強風でした
槍山頂でも強風に煽られたようですね。
昨年追突されたムチ打ちはほゞ支障がなくなりましたが
たまに首に電気が走ります
新穂高駐車場の写真に私の車が写っていました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ