ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971083 全員に公開 ハイキング十勝連峰

旭岳からトムラウシ、オプタテシケ山〜吹上温泉へ

日程 2016年09月25日(日) 〜 2016年09月28日(水)
メンバー hyena_kick
天候ほぼ快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間45分
休憩
43分
合計
7時間28分
S白雲岳避難小屋08:2409:10高根ヶ原分岐09:1711:17忠別沼11:1812:03忠別岳12:1212:57忠別岳避難小屋分岐13:0913:47五色岳13:5815:02化雲岳15:0515:14ヒサゴ沼分岐15:52ヒサゴ沼避難小屋
2日目
山行
8時間53分
休憩
28分
合計
9時間21分
ヒサゴ沼避難小屋07:3708:58ヒサゴのコル09:1609:52天沼09:5610:01日本庭園10:0210:35ロックガーデン11:18北沼11:45トムラウシ山11:4712:18南沼キャンプ指定地12:1913:48三川台13:4915:18ツリガネ山の肩15:1916:58宿泊地
3日目
山行
10時間19分
休憩
1時間33分
合計
11時間52分
宿泊地05:5206:49美真岳07:05カブト岩07:0607:31双子池08:4308:55双子池キャンプ指定地11:06オプタテシケ山11:1611:30オプタテシケ山北西稜頭11:3112:22ベベツ岳12:2313:00石垣山13:0114:03美瑛富士分岐16:47吹上温泉分岐16:4817:20吹上温泉白銀荘17:2617:44ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トムラウシ山からオプタテシケ山までの道のりはクマザサを切り分けて進みました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 『アーバンテック SUPER DELIOS(スーパー デリオス) 携帯浄水器

写真

白雲岳を離れて。
ナイス!北海道の山って感じ!
2016年09月25日 09:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳を離れて。
ナイス!北海道の山って感じ!
天気が良いとそれだけで2割増しになりますね。
2016年09月25日 09:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いとそれだけで2割増しになりますね。
あー、牛乳飲みたいなー!
2016年09月25日 10:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あー、牛乳飲みたいなー!
インスタントの飯もことのほか美味い。
2016年09月25日 10:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
インスタントの飯もことのほか美味い。
トムラウシ山は雲とガスにかすむ。
2016年09月25日 11:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ山は雲とガスにかすむ。
1
水場。
2016年09月25日 14:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。
化雲岳から下方を覗き込む、なかなかの高度感
2016年09月25日 15:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳から下方を覗き込む、なかなかの高度感
岩の上から覗き見る切り落ち方が素晴らしい化雲岳。
2016年09月25日 15:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上から覗き見る切り落ち方が素晴らしい化雲岳。
テン場につきました。
2016年09月25日 16:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場につきました。
避難小屋がフォトジェニック。
2016年09月26日 07:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋がフォトジェニック。
雪渓の溶解水がたまる池。
2016年09月26日 07:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の溶解水がたまる池。
木道を歩いていると郷愁がわきますね。
2016年09月26日 09:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を歩いていると郷愁がわきますね。
クマザサを分けて進んでいきます。
2016年09月26日 13:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサを分けて進んでいきます。
陽が暮れてきました。
2016年09月27日 05:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が暮れてきました。
熊と風。怖い。
2016年09月27日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊と風。怖い。
歩いてきた道程が悲しいほどよく見える。
2016年09月27日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道程が悲しいほどよく見える。
最後の水場、双子池
2016年09月27日 08:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の水場、双子池
また登るのかー。
2016年09月27日 08:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また登るのかー。
2
肉眼で歩いてきた小道がはっきりとわかって気が遠くなる。
2016年09月27日 09:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼で歩いてきた小道がはっきりとわかって気が遠くなる。
立派なケルン。
2016年09月27日 12:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なケルン。
1
久々の清流
2016年09月27日 15:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の清流
先日の台風の影響なのでしょうか。登山道の整備って大変なのですね。
2016年09月27日 15:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日の台風の影響なのでしょうか。登山道の整備って大変なのですね。
陽が暮れるまでに吹上温泉へ行かねば。
2016年09月27日 16:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が暮れるまでに吹上温泉へ行かねば。
ぎりぎり間に合った。
2016年09月27日 17:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぎりぎり間に合った。
翌日の味噌ラーメン。この町のスーパーで買ったザンキ(ザンギだっけ?)。安いのだ!
2016年09月28日 11:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の味噌ラーメン。この町のスーパーで買ったザンキ(ザンギだっけ?)。安いのだ!
1
上富良野駅のそばにある『第一食堂』
2016年09月28日 11:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上富良野駅のそばにある『第一食堂』
撮影機材:

感想/記録

飲料水を確保するために『アーバンテック SUPER DELIOS(スーパー デリオス) 携帯浄水器』を今回はじめて導入。これは助かりました。

北海道遠征2日目の朝。隣のツェルトを張って休んでいた男性と短く挨拶。9月の終わり、風吹く山中の北海道でふきっさらしのツェルトで休めるとは…。
たっぷり眠ったので味噌汁を一杯飲んで撤収。今夜の宿場、ヒサゴ池へと向かう。

湖畔を進んでいくと法面にふたつの雪渓。手に持つ二万五千図をみると二つの雪渓の間に登山道が。その直上に稜線のルートがあるのでゴーロを登る。
結果、這松にさえぎられ(100m向こうにルートがあるのはわかるが)とぼとぼともとの場所まで戻る。二万五千図を過信するのも考え物なのだな。登山地図の情報を書き写しておくのがいいのか。
雪渓を越えて岩尾歩いていると黄色いマークを見つけたので正規の登山ルートに戻る。
時間は少し早いが 風の吹かない場所で食事をとる。

飲み水を煮沸して冷ましボトルにいれるのは燃料も使うし美味しくないので、ろ過式浄水器のデリオスを使用しました。
これは思いのほか良かったのです。

トムラウシ山を登り切ると携帯の電波がはいりました。ここで先にある双子池の状況を今一度ネットで探ってみると立派な小屋が(※)表示されたのでとても嬉しくなった。
が、あとで思い知らされるのですが表示されたのは北八つの双子池!実際の双子池は非常に簡素なお池でした。
それでもこの水場に感謝しつつ2リットルを超える飲み水を確保。
ちなみにトムラウシ山からオプタテシケ山間の低場はクマザサに覆われ、それをかき分けて進むという状況でした。

当初の希望であったルート上の嶺はすべて歩きたい、などと生ぬるいことは北の空の彼方へ(ここがその彼方なのだが)一歩でも楽したい。生ビールを飲んで風呂につかりたい。文明の利器ってやっぱり凄い。そろそろもう山もいいかなあ。インスタントものだとおっきいほうもまるで生産されない。

邪念にまみれてザックを担ぎ振り返ってみると歩いてきた道がはっきりとわかる。

確実に北海道の山だなあ。北や南とはまるでちがうし東北の山とも違う。もちろんネパールの山とも。
この時期の日の入りは17:20頃。十勝の避難小屋もあるし慌てることはないのですが、どうせなら温泉に浸かってのんびりしたい。ビールの一杯や二杯をぐびりとやりたい。というわけで後半はかなりのピッチで歩き倒し17:30、残陽の香りが少しだけ漂う森の中に吹上温泉の建物が見えたのでした。
今回も無事に歩けたことに感謝感謝のグビリグビリ。

○吹上温泉の白銀荘 テントサイト使用料500円
(宿泊施設は相部屋なのでガハハとうるさいおじさんと一緒だと辛いのでテントでゆっくりしました)
○吹上温泉から上富良野駅までのバスは3本。ネットで調べて。
○上富良野駅のそばにあるスーパーマーケット内にあるお総菜屋さんのザンギは安い!
○GPSデータはジオグラフィカを使用。




訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ