ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985835 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰奥駈道(吉野から熊野へ)

日程 2016年10月12日(水) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー gen0715
天候10/12 晴れ
10/13 曇り時々晴れ
10/14 曇り一時晴れ
10/15 曇り
10/16 曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都駅から吉野駅:近鉄特急
熊野本宮大社から新宮駅:バス
新宮駅から名古屋駅:JR特急南紀 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間34分
休憩
17分
合計
4時間51分
S近鉄吉野駅10:3710:50吉野山駅11:01金峯山寺11:59吉野水分神社12:15高城山12:1612:24奥千本口バス停12:32金峯神社12:3612:52青根ヶ峰12:5414:27四寸岩山14:3714:50足摺の宿跡15:28二蔵宿小屋
2日目
山行
11時間21分
休憩
1時間28分
合計
12時間49分
二蔵宿小屋04:0705:00大天井ヶ岳05:45五番関05:5607:21洞辻茶屋07:3007:39陀羅尼助茶屋08:18西の覗岩08:1908:37山上ヶ岳08:4709:25小笹ノ宿09:4211:02大普賢岳11:1511:49国見岳12:22七曜岳12:2913:20行者還岳13:41行者還小屋14:0114:52一ノ垰14:56一の垰プレート15:12奥駈道出合15:39弁天の森15:59聖宝ノ宿跡16:56弥山小屋
3日目
山行
10時間20分
休憩
1時間32分
合計
11時間52分
弥山小屋05:2405:27弥山05:33弥山小屋05:56八経ヶ岳06:2006:33明星ヶ岳07:13五鈷峰07:40舟ノ垰08:14楊子ノ宿08:2509:09仏生ヶ岳09:1009:54孔雀岳11:08釈迦ヶ岳11:4212:15深仙ノ宿12:1612:46太古の辻12:57仙人舞台石13:32天狗山13:4213:55奥守岳14:07嫁越峠14:1114:22天狗の稽古場14:30地蔵岳15:06滝川辻15:23乾光門15:2815:55涅槃岳16:25証誠無漏岳16:34鎖場16:52阿須迦利岳16:5417:16持経の宿
4日目
山行
10時間34分
休憩
1時間10分
合計
11時間44分
持経の宿04:1504:24持経千年檜05:01両又分岐05:08平治ノ宿05:34転法輪岳06:01倶利伽羅岳06:1407:16怒田宿跡07:29行仙岳07:4808:06行仙宿山小屋09:28笠捨山09:3709:56葛川辻10:40地蔵岳10:4711:14東屋岳11:21拝み返し11:28檜之宿跡11:45香精山11:5612:24塔ノ谷峠12:58古屋の辻13:18蜘蛛ノ口13:2313:36稚児ノ森13:56水呑金剛14:32花折塚14:3814:58玉置山展望台15:26玉置山15:40玉置神社15:59玉置神社駐車場
5日目
山行
7時間21分
休憩
27分
合計
7時間48分
玉置神社駐車場04:2204:53玉置辻06:05大森山06:1206:19大水ノ森06:47切畑辻07:12五大尊岳(北峰)07:1907:30五大尊岳08:08金剛多和08:29大黒天神岳08:4209:20山在峠09:29吹越山09:41吹越宿跡10:09吹越峠10:38七越峰11:48大斎原12:10世界遺産熊野本宮館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後、湯の峰温泉公衆浴場利用
 6:00〜22:00 大人¥250 ※石鹸・シャンプー等の設置無し 

写真

近鉄吉野駅
2016年10月12日 10:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近鉄吉野駅
黒門
2016年10月12日 10:53撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒門
行者堂
2016年10月12日 10:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂
蔵王堂
2016年10月12日 11:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王堂
2
花矢倉展望台より
2016年10月12日 11:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花矢倉展望台より
吉野水分神社
2016年10月12日 12:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野水分神社
修行門
2016年10月12日 12:25撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
修行門
義経の隠れ塔
2016年10月12日 12:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
義経の隠れ塔
金峯神社
2016年10月12日 12:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峯神社
女人結界標石@青根ヶ峰の北
2016年10月12日 12:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人結界標石@青根ヶ峰の北
1
青根ヶ峰
2016年10月12日 12:54撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青根ヶ峰
2
四寸岩山にて
心身ノ峠は三角点の点名だと帰ってから知りました。
2016年10月12日 14:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四寸岩山にて
心身ノ峠は三角点の点名だと帰ってから知りました。
足摺宿
2016年10月12日 14:52撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足摺宿
二蔵宿 ロフト付き
お世話になりました。
2016年10月12日 15:30撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二蔵宿 ロフト付き
お世話になりました。
二蔵宿内部の案内図
2016年10月12日 15:34撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二蔵宿内部の案内図
二蔵宿の水場
水量は十分。たくさん頂きました。
小屋からアップダウンはあまりありませんでした。
2016年10月12日 15:43撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二蔵宿の水場
水量は十分。たくさん頂きました。
小屋からアップダウンはあまりありませんでした。
ここから2日目です。
五番関の女人結界門
2016年10月13日 05:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから2日目です。
五番関の女人結界門
鍋担ぎ行者
2016年10月13日 06:26撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋担ぎ行者
陀羅尼助茶屋
2016年10月13日 07:41撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陀羅尼助茶屋
等覚門
2016年10月13日 08:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
等覚門
金峯山寺境内
2016年10月13日 08:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峯山寺境内
西の覗
2016年10月13日 08:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の覗
恐々覗き込んでみました。
2016年10月13日 08:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐々覗き込んでみました。
大天井ヶ岳@西の覗
2016年10月13日 08:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヶ岳@西の覗
妙覚門
2016年10月13日 08:33撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙覚門
1
金峯山寺本堂
2016年10月13日 08:36撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峯山寺本堂
4
稲村ヶ岳@山上ヶ岳
2016年10月13日 08:43撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳@山上ヶ岳
4
小笹ノ宿
2016年10月13日 09:26撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小笹ノ宿
小笹ノ宿の水場
表流水ですがすぐ近くです。
2016年10月13日 09:28撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小笹ノ宿の水場
表流水ですがすぐ近くです。
小笹ノ宿から南に進んだあたり
2016年10月13日 09:53撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小笹ノ宿から南に進んだあたり
阿弥陀ヶ森分岐の女人結界門
2016年10月13日 10:11撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀ヶ森分岐の女人結界門
八経ヶ岳と弥山@大普賢岳
2016年10月13日 11:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳と弥山@大普賢岳
3
稲村ヶ岳〜山上ヶ岳@大普賢岳
2016年10月13日 11:09撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳〜山上ヶ岳@大普賢岳
2
山上ヶ岳@大普賢岳
2016年10月13日 11:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳@大普賢岳
2
稲村ヶ岳@大普賢岳
2016年10月13日 11:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳@大普賢岳
2
国見岳から稚児泊へは激下りでした。
2016年10月13日 11:57撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳から稚児泊へは激下りでした。
行者霊水
疲れた体にたくさん補給させてもらいました。
2016年10月13日 13:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者霊水
疲れた体にたくさん補給させてもらいました。
行者還避難小屋 2部屋仕様
きれいな小屋で疲れた自分は泊まりたい衝動に駆られました。

2016年10月13日 14:01撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還避難小屋 2部屋仕様
きれいな小屋で疲れた自分は泊まりたい衝動に駆られました。

2
ようやく弥山が近づいてきました。
2016年10月13日 15:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく弥山が近づいてきました。
ここから3日目です。
2016年10月13日 16:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから3日目です。
1
弥山@八経ヶ岳
2016年10月14日 06:11撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山@八経ヶ岳
3
釈迦ヶ岳@八経ヶ岳
2016年10月14日 06:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳@八経ヶ岳
2
明星ヶ岳山頂
八経ヶ岳の展望が得られます。
2016年10月14日 06:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳山頂
八経ヶ岳の展望が得られます。
2
弥山と八経ヶ岳@明星ヶ岳
2016年10月14日 06:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山と八経ヶ岳@明星ヶ岳
楊子ノ宿小屋
2016年10月14日 08:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楊子ノ宿小屋
2
明星ヶ岳・八経ヶ岳・弥山@仏生ヶ岳
2016年10月14日 09:11撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳・八経ヶ岳・弥山@仏生ヶ岳
鳥の水
今回は出ていましたが、あまり当てにできそうもありません。
2016年10月14日 09:42撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥の水
今回は出ていましたが、あまり当てにできそうもありません。
孔雀の覗きから
2016年10月14日 10:09撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀の覗きから
釈迦ヶ岳
2016年10月14日 10:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳
2
釈迦ヶ岳山頂
2016年10月14日 11:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂
2
中央に八経ヶ岳 手前右に仏生ヶ岳
2016年10月14日 11:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に八経ヶ岳 手前右に仏生ヶ岳
1
かくし水
テント場のすぐ近くで便利です。
2016年10月14日 11:59撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かくし水
テント場のすぐ近くで便利です。
深仙小屋
2016年10月14日 12:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深仙小屋
釈迦ヶ岳を振り返る
2016年10月14日 12:27撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳を振り返る
大日岳
そびえ立っていて、登るのはあきらめました。
2016年10月14日 12:34撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳
そびえ立っていて、登るのはあきらめました。
太古の辻
2016年10月14日 12:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太古の辻
1
釈迦ヶ岳・孔雀岳@天狗山
2016年10月14日 13:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳・孔雀岳@天狗山
1
天狗山山頂
2016年10月14日 13:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山山頂
ここから4日目です。
転法輪岳山頂
2016年10月15日 05:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから4日目です。
転法輪岳山頂
行仙岳山頂
2016年10月15日 07:31撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行仙岳山頂
行仙岳から釈迦ヶ岳を望む
2016年10月15日 07:32撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行仙岳から釈迦ヶ岳を望む
行仙宿山小屋
すごく立派でした。
2016年10月15日 08:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行仙宿山小屋
すごく立派でした。
笠捨山に着きました。
釈迦ヶ岳も大分遠くなりました。
2016年10月15日 09:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠捨山に着きました。
釈迦ヶ岳も大分遠くなりました。
1
地蔵岳
2016年10月15日 10:36撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳
蜘蛛の口
2016年10月15日 13:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蜘蛛の口
玉置神社が近づいてきました。
2016年10月15日 15:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉置神社が近づいてきました。
ここから最終日、5日目です。
大森山山頂
2016年10月16日 06:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから最終日、5日目です。
大森山山頂
大森山南峰
三角点がありました。
2016年10月16日 06:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大森山南峰
三角点がありました。
五大尊岳
2016年10月16日 07:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五大尊岳
目指す大斎原
2016年10月16日 10:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す大斎原
1
七峰越
2016年10月16日 10:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七峰越
熊野本宮大社
ザックを降ろして参拝します。
2016年10月16日 12:16撮影 by N03D, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野本宮大社
ザックを降ろして参拝します。
2
おまけ
湯の峰温泉にある東光寺
2016年10月16日 13:58撮影 by N03D, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
湯の峰温泉にある東光寺
つぼ湯
2016年10月16日 14:06撮影 by N03D, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼ湯
3
備崎
写真中央辺りで熊野川を渡渉しました。
(湯の峰温泉からの帰りに撮影)
2016年10月16日 14:31撮影 by N03D, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
備崎
写真中央辺りで熊野川を渡渉しました。
(湯の峰温泉からの帰りに撮影)
2

感想/記録

1度歩いてみたいと思っていた大峯奥駈道。
山と高原地図を買ったのは3年前。
今年のG.W.に6連休を確保するも、踏ん切りがつかず不発。
今回、天候に恵まれ、無事に歩き切ることができました。

まずは、距離が長いので計画立案が難しかったです。
当初4日間で検討を続けていましたが、どうしても歩けそうなプランにならない。
5日間へと変更するも、アクセスに余裕は出ましたが、行程は劇的に楽にはなりませんでした。
2日目はコースタイム14時間以上ですが、そこを2時間位削れるだろうとの胸算用で臨みました。(結果的に甘い考えだったことを思い知らされました。)

1日目
10時半前に近鉄吉野駅下車。
ちょっと駅のトイレ(ウォシュレットですごくきれい)に寄ったら、目の前でロープウェイが出発してしまった。
次は15分後だったので歩きましたが、いきなりの急坂でした。
吉野山駅からは観光気分。
蔵王堂は立派でした。
途中で、2日目の昼用に柿の葉寿司を購入。
良いお天気ですが、左足の付根に痛みが走り嫌な予感が生じます。
吉野の散策も金峯神社で終わり、そこから少し上って山道に入りました。
青根ヶ峰手前で昼休憩中の林業関係者が今日会った最後の人達でした。
その先ものんびり歩き、ニ蔵宿に泊まりました。

2日目
今回一番長く歩く予定の日。
4時過ぎに小屋を出発しました。
しかし、早くも大天井ヶ岳からの下りで古傷の左膝靭帯が痛み出しました。
それでも山上ヶ岳の周辺は行場などの見どころも多く、楽しめました。(その分時間もかかりました。)
山上ヶ岳には誰もいませんでした。
小笹ノ宿で長めの休憩を取った後、再び歩き出しますが足どりは重い。
リスクを承知で、ペースアップのため今補給したばかりの水を1L捨てました。
大普賢岳からは山上ヶ岳がよくみえました。
しかし、その後の国見岳から稚児泊へは急激な下りで、膝に大きな負担がかかりました。
七曜岳に着いた頃には、フラフラで集中力もなくなり、このまま歩き続けたら滑落や道迷いなどの致命的なミスを犯しそうな危険を感じました。
一旦、行者還避難小屋泊まりに計画変更しました。
しかし、行者還岳をピストンする間、ザックをデポして身軽だったので、少し冷静に考えることができました。14時間強の行程の4時間分を、11時間強の明日に繰り越したら、奇跡が起きない限り消化できないだろう。予定通り5日間で歩き切るためには、今日は何としても弥山小屋まで行くしかない。
行者霊水をチャージし、行者還避難小屋で長めの休憩を取ったのち、覚悟を決めて歩き出しました。
既に疲れた体、一旦切れた気持ちで、コースタイム4時間のところを3時間で歩くことができました。
我ながら意外とやるなと思いました。(自画自賛)
何とか弥山小屋に辿り着き、泊まれることが確定した時には、正直ホッとしました。翌日のお弁当も作ってもらうことができました。ここに営業小屋があって本当に助かりました。
今日の宿泊客は、2人でした。(小屋はすごく大きくて立派でした。)

3日目
2日目まで予定通りこなせたので、少し安心していましたが、そう甘くはありませんでした。
ほんのちょっとした下りでも左膝が痛み、全然ペースが上がりません。
そんな中、比較的平坦で五鈷峰から舟ノ垰の間を気分良く歩いていると、赤い木の実がたくさん入った糞がありました。すごく新しいものではないので、さほど気にしなかったのですが、その先で視界が開けたら動く黒い物体が目に入りました。クマでした。
向こうの方が先に気付いたようで、40M位前を谷の方から樹の茂みを目指して駆け上がって行きました。きれいな毛並みで軽快に走り、「自分もあれ位動けたら、もっと楽しいだろうなあ」と思いました。
釈迦ヶ岳山頂からは、周りの山々が良く見えました。10人位の人達と一緒になり、小屋で作ってもらったお弁当をありがたくいただきました。
その後南奥駈けに入りましたが、「この先のピークは全部巻いて行きたい」という気持ちでした。
結局、コースタイムをオーバーして行動終了となりました。
かろうじて、ライトが要らないうちに持経ノ宿に着きました。
小屋では、予想に反し神奈川からの女性2人組と御一緒となりました。
水場も近く、電気も付いて(100円/2h)快適な小屋でした。

4日目
昨日の反省から、4時過ぎに歩き出します。
玉置神社駐車場売店の営業時間内に辿り着き、栄養を補給したいとの思いから、気合いは充分です。
真っ暗の中の林道では、この道で正しいのかと不安にもなりました。
気合いはあっても、左膝の痛みは変わらずペースは上がりません。
抜本的な改善が必要なので、途中からダブルストックを投入しました。
駐車場でのチェルト泊のポール用を主用途に持参したストック。
今回最も活躍したアイテムでした。
可変長のダブルストック。多分、これなしでは計画通り歩くことは無理でした。
行仙岳には電波塔が立っていました。
笠捨山には2つ反射板が有りました。
地蔵岳は鎖場も多く、結構険しかったです。
いくつもピークをこなし、何とか、16時頃に駐車場到着。
売店では、ビール2本、こんにゃく2皿、しいたけうどん1杯をいただきました。
翌日の昼用にさんま寿司も購入しました。
夜は、風でポールが倒れたり、結露の滴りが顔に落ちてきたり、時々車がやってきたりと、熟睡とはほど遠い状態でしたが、予想の範囲内なので不満は感じませんでした。

5日目
最終日ですが、本宮大社までは8時間以上かかるので、今日も早立ちします。
歩くのを楽しむというのとはほど遠く、ひたすら次のポイントを目指して歩きました。
七峰越の手前で、大斎原の鳥居が見えた時はうれしかったです。
熊野川の河原に到着し、靴と靴下とタイツを脱いで、川に入ります。
瀬踏みがいい加減で、水深が膝近くになった時にはこけそうになりましたが、なんとかストックを突いて持ちこたえ、渡り切りました。
その後は大斎原に上がり、観光客に交じって本宮大社へ向かいました。


今回の山行、私の経験の中では間違いなく一番ハードなものとなりました。
1日10時間を超えて行動すること自体かなり珍しいですが、それが3日間続きました。
大汗かきで普段は水をたっぷり持つのですが、今回は軽量化との兼ね合いで、初日以外は全て行動中に使い切りました。
秋で気温が丁度良かったこと、全く雨が降らず天候に恵まれたことから達成できた本当に”ギリギリ”の山歩きでした。
訪問者数:409人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ