また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > nomoshinさんのHP > 日記

日記

シルバーステージ nomoshin Standard

最近の日記リスト 全体に公開

2019年 04月 19日 21:20未分類

ご当地グルメ

今日は北海道東部ではお天気が悪そうだったので、風蓮湖、納沙布岬、浜中町(坂本直行著「雪原の足あと」で紹介されていた別当賀川源流、4/11にお亡くなりになったモンキーパンチさんの故郷)などを観光。風蓮湖開口部の南東側の春国岱では、親切な漁師さんに32個もアサリを貰ってしまいました。「刺身でも美味いよ」
  14   2 
2019年 04月 19日 03:39未分類

野付半島は生きている⁉

昨日(2019/4/18)は、午前中に斜里岳から下山できたので、午後は前々から一度行ってみたかった野付半島を訪問しました。 ネイチャーセンターに立ち寄ると、大変立派で、内容もとても充実していました。若いスタッフが頑張ってようでした。また、申請すると通行許可証を出してくれるので、半島の一番先端まで行
  24   2 
2019年 04月 12日 16:28山岳図書レビュー(書籍)

「雪原の足あと」 最近読んだ山の本

★「雪原の足あと」坂本直行/著(茗渓堂、1965年4月) 当初は今朝から1泊2日で中央アルプスに出かけようと計画していたのですが、なんだか雪崩が怖くなって中止にしました。その代わりに晴耕雨読ではありませんが、坂本直行著の画文集「雪原の足あと」をじっくりと楽しみました。 アイヌの「又吉」の
  7 
2018年 08月 30日 14:40山岳図書レビュー(書籍)

「私たちのエベレスト」 最近読んだ山の本

★「私たちのエベレスト」日本女子登山隊/著(読売新聞社、1975年11月) 田部井淳子さんに関連する図書の読書を継続中。これは、女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功した日本女子登山隊の公式記録ともいうべき図書で、遠征隊のほぼすべての内容が網羅されています。登山隊のスポンサーだった読売新聞
  14 
2018年 08月 14日 13:23山岳図書レビュー(書籍)

「さわやかに山へ」 最近読んだ山の本

★「さわやかに山へ」田部井淳子/著(東京新聞出版局、1997年6月) 田部井淳子さんに関連する図書の読書を継続中。写真が相当数収録されています。章立てとしては次の通り: (1)今までのこと、これからのこと…まえがきにかえて (2)スイスアルプス…ワクワクの出会いと感動 (3)ネパールヒマ
  13 
2018年 08月 03日 17:12山岳図書レビュー(書籍)

「女たちの山」 最近読んだ山の本

★「女たちの山 シシャパンマに挑んだ女子隊9人の決算」落合誓子/著(山渓ノンフィクション・ブックス、山と溪谷社、1982年12月) 先に読み終わった北村節子さん著の「ピッケルと口紅」でちょっと(ネガティブに)紹介されていた図書です。正直、後味の悪い本ですので積極的にお薦めすることはしません。後
  15 
2018年 07月 24日 11:37山岳図書

「ピッケルと口紅」 最近読んだ山の本

副題「女たちの地球山旅」。東京新聞出版局から1997年3月に発行されたもの。本書の宣伝的な紹介文:「世界初の女性エベレスト登頂者にして、世界七大陸最高峰踏破者・田部井淳子の周りに、そうそうたる女性クライマーが集まった。そこへ山好きのお嬢様記者が乱入。ハラハラドキドキの女達の山行記。」 お嬢様記者とい
  23   3 
ページの先頭へ