また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > chusakaiさんのHP > 日記
2018年10月12日 12:36クライミング練習全体に公開

過去の宮崎県比叡山 - まとめ

改訂履歴
20201117大幅改訂Ver3
20190611整備中

この宮崎県比叡山の日記の構成
【1】ルート別総合情報
【2】私の撮影したYouTube動画(プレイリスト)
【3】私の過去のヤマレコ記録集
【4】TOP図入手先
【5】天気予報
【6】私の次の記録用テンプレート

【1】ルート別総合情報
★☆【以下ルート、ピッチ毎の感想やプロテクションや終了点種類など必要最低限のギアまとめ】★☆
グレード「」内はトポ図から引用しています、[]は私の所感グレードで高度感を考慮しています。

☆★☆★☆★
『TAカンテ』:デシマルグレードで5.8程度だが、ランナウト(確保無しが続く)が多いのでリードはメンタル力が求められる。
☆★☆★☆★
◆アプローチ◆
 トイレ右横から15分でTAカンテ、谷筋の左の急登を登る、踏み跡は明瞭ですので苔が生えた谷筋は間違いなので気をつけてください。登り始めて7分ほどで正面岩壁に突き当たると左に進んでください。
■1P「+」[5.8+](8分)■
 登り始めすぐに見える、右から回り込む岩が「核心」だが岩から余裕をもって離れると5.8だと分かる、枯れ木を左から巻くと終了点。
 プロテクション:ハンガー5
 長めのナチュラルプロテクション用スリング1セット、核心を越えて左上する途中の木にて確保する、長ければ長いほどスリングをラウンドターンでセット出来て、フォローでの回収が楽となる。
 終了点:ハンガー二枚にネジ締めワイヤー、ちょっと高めに設置してあり背の低い人はフォローが良いかも、しかし奥行十分のバンドなので楽に出来る、収容は3名、トラブルで4名が何とか。
■2P「-」[5.7](6分)■
 2P開始は1P終了点からぐーっと左上する、開始点から見えなくなる乗越しを越えるとやや平行線で進む。注意点はその平行線上の手前に「ハンガー」、中間に「ラッペルステーション」が見えるが、そこは下から上に抜ける別ルートが交差するラインなので、支点確保をして「そのまま平行」で5m先のテラスのハンガー2枚設置まで抜けて終了。
 プロテクション:ハンガー2
 終了点:ハンガー2、このテラスも広いし楽は出来るが凸凹している。
■3P「検廖5.8](7分)■
 最初の傾斜の緩いが長い「ランナウト」が初心者には堪える、、、その先は残置ピトンを探す、カム1つあると余裕も出来る、終了点の超大型のフレークは安定しているがその右根本にあるフレークにはなるべく触らないことを勧める。その岩全体を良く観察してみると、、、大型地震が来たら落ちるであろうことは分かる。
 プロテクション:ハンガー1、残置ピトン1(探せば後2?)、カムを使うならBD社キャメロット#0.5(紫)程度(人差し指と親指で輪っかサイズ)
 終了点:ラッペルステーション、3名が何とか立てる程度、
■4P「検廖5.7](9分)■
 カンテ右を進むも良し、真ん中のスラブを進むも良し、ガバが多くて安心。
 プロテクション:ハンガー1
 終了点:ラッペルステーション
 木の終了点を飛ばしてそのまま5Pへ突入してしまうと、50mロープだと5Pの枯れ立木(終了点の手前だが)まであと3メートル?ほどで届かない、、、60mロープだと届くはず(未確認ですが)
 その際の詳細はこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1888123.html
■5P「+」[5.8](5分)■
 立木で終了点を取るも良し、その先3mの岩のハンガー2から終了点を取るも良し、ただし風が強くなると奥に居たら声がお互い届かない、笛を使う私。
 プロテクション:??
 終了点:ハンガー2
■6P「記載なし」(3分)■
 5.6程度をフリー(確保なし)で登ります、まだクライミングシューズが良い。
 終了点:あえて支点構築するならば、最後にある岩の間を抜けた先の木の根元に支点構築(残置ロープ有)して折り返し確保で充分でしょう。終了点の木でしのいでお昼ご飯を取ります。
■一般登山道まで(10〜15分)■
 木の陰から稜線の上へ行くのも良し、右下に降りるも良し、初心者がいるなら下へ、通常クライミングシューズは脱ぎますが、初心者のレベルに応じてクライミングシューズでコンテ(サイマル)で一般登山道へ行くも良いでしょう。
初心者には核心が2つあります。
1.鞍部から岩を乗越しますが右手前の岩は掴まないこと、その先はガバなので大丈夫。
2.そのあとすぐに一般登山道へクライムダウンがあるけど、熟練者が先に降りて身長の低い方がいれば補助してあげてください。
そこから左に降りていくのが一般登山道の戻り道。右奥のラッペルステーションには行かないように!!今度どこに降りるのか調査します。
■一般登山道から下(30分)、■
下山初めて30分で車道に戻れます、が、結構な斜度の下山路ですので注意してください。
俺はヘルメット着用して降ります。
何度か左右に分かれるけど全て左へ、踏み跡が明瞭なので地形を把握していたら問題はないが。


☆★☆★☆★
『第一スラブ』
☆★☆★☆★
クイックドロー8、アンカーシステム1、環付きカラビナ2、120スリング1
リギングプレートがあれば少しは楽か?人が立てるテラスだからいらないかって感じ。
4P:一番厳しいところがある、初見リードの際は左側の木の谷に入って途中から綱引き大会となった。
5P:開始は3メートルほど真上に登った松の木でするとよい(レコdetail-1609645より)
5Pその2:50mロープ(通常は半分でピッチ刻む)ビレイポイントの直上の松の木にあがるとぎりぎりは解消される。(レコdetail-1609645より)
7P途中の残置カムを見逃さないこと。
終了してからも一般登山道に戻るルートも危ないのでサイマル(コンテ)クライミングで抜けるべき。
参考URL:以下2つ熟読を勧めます。正確性をあげるためにもまた登りたいのぅ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1813108.html
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1609645.html


【2】私の撮影したYouTube動画(プレイリスト)
◆Chu's クライミング 比叡山Special
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKHZO6X4MC5uWEsivubOZayS3ooml8nwh
◆宮崎県比叡山の第一スラブ- 宙'sクライミング -
https://www.youtube.com/playlist?list=PLUa3JU9gGbQZ_lR3TminzTR3xPAkLRCb5


【3】私の過去のヤマレコ記録集
■比叡山TAカンテ - 2020年11月15日 [登山・山行記録] - ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2736331.html
若&iotan、米粉&ツルT&ちゃりんこ、宙&カリントー
レスキューヘリ、蠟人形の館

■宮崎県比叡山TAカンテ6名、ハーフロープ*2(ダブルロープ) - 2020年03月21日
宙&ミホさん(ADおねえ)&ちゃりんこさん、若さん&米粉パン&さとちゃん
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2275118.html
コンタ(ちゃりんこさん)と米粉パンは初マルチ

■tsuruty初マルチは宮崎比叡山TAカンテ - 2019年11月10日
若さん&さとちゃん、私&ツルT(つるべ)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2103111.html
★TAカンテ、3Pはカムは使わず
トイレにモグラ溺死事件(モグラなのかは未確認、帰りには所在不明、ゾンビか?)、1Pで180cmスリング回収忘れ、ルベルソ落下事故。

■比叡山マルチピッチクライミング★NACC - 2019年06月09日ヤマレコ
私&ADお姉、マー&ガチャ、若&さとの3パーティー
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1888123.html
★TAカンテ、カムは使わず、、、なんで?
トイレにマムシ事件、5Pでロープ足らず(4Pを飛ばした)

■比叡山マルチピッチクライミングNACC - 2019年04月27日〜28日
どややん、N君と宙パーティ、若竹さんとさとちゃんのパーティ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1813108.html
終始ダブルロープ
★TAカンテ、初めてカムを使う
★第一スラブ・ノーマル/スーパー混成

■染み出す水も凍ってる比叡山 - 2018年12月08日(土)〜 2018年12月09日(日)
chengfu,chusakai(記録),aum,Tさん
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1675249.html
1日目
★奥の細道、核心手前から甘草の道へのトラバースルート、1P目リード、1ピッチ目オンサイト!!、キャンプ準備のため途中敗退
★TAカンテの1ピッチのみ
2日目
★3KN(TAカンテ2ピッチ目から分かれるルート)、3人、寒いのと時間切れ途中敗退

■宮崎県比叡山喫南面でマルチピッチ
chengfu,chusakai(記録),aum,Tさん
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1609645.html
2018年10月07日(日) 〜 2018年10月08日(月)
★TAカンテ:チャンさんと二人で途中から懸垂下降で降りたので時間参考にならず。
★第一スラブ・ノーマル:チャンさんと二人、S09:05->TOP14:11->E14:51、都合6時間弱

■宮崎県比叡山喫南面スラブ「TAカンテ」【動画】
chengfu,chusakai(記録), aum
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1485112.html
2018年06月02日(日帰り)
★TAカンテ:S07:25->TOP10:52->山頂へ寄り道なので下山は40分ほどとすると、都合4h20mくらい
カムを使った(aumさん)初めてのルート、チャンさんの3人で。


【4】TOP図入手先
オリジナルの画像がきれいなトポ図はこちらから↓
■比叡山・鉾岳・大崩山クライミングルート図 - 西都山岳会より
https://sites.google.com/site/httpsaitosangakukaicom/home/bi-rui-shan-mou-yue-da-beng-shankuraiminguruto-tu

比叡山のトポ : k1ヒュッテより
http://k2hut.yuki-mura.net/hieizan.html
http://k1hut.yuki-mura.net/hieizantopo.html

比叡山ガイド
http://yabuyama.private.coocan.jp/h1root/h1-menu.html


【5】天気予報
■比叡山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]
https://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=45150010&type=15&ba=ks


【6】私の次の記録用テンプレート
過去の宮崎県比叡山 - まとめ - chusakaiさんの日記 - ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/diary/9108-detail-173647
私のプロフィールTOPにリンクを作成していますのでわからなくなったらそちらから入ってください。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-9108-prof.html

★☆=★☆=以下はテンプレート★☆=★☆=
★TAカンテ ←ルート
12:54 TAカンテ到着 ←備考情報

【登り】以下は宙が移動している時刻 ←登りなのか懸垂下降なのか備考情報
(開始〜終了、リードとセカンドなどの役目があるのでピッチ間の時間は単純にわからない)
(休憩と準備に時間を掛けすぎだな)

【1P】リード宙、2ndツルT 10:23〜10:35(検棔▲蝓璽鼻12分)
時間切れ撤退、次は懸垂下降

【懸垂下降開始】
15:32 4→3P懸垂開始

〜〜〜〜
★自宅 6:14
★サントリー入口交差点 6:28
小池高山IC 6:37
三都中島西IC 6:45
三都警察署 6:58
★道の駅清和村 7:15
道の駅高千穂 7:42
日之影深角IC 7:49
★道の駅青雲橋 7:55
★曲がり角 8:12
★比叡山P 8:22
合計 2:08

比叡山P 15:06
曲がり角 15:15
道の駅青雲橋 15:22
道の駅清和村 16:09
サントリー入口交差点 16:57
自宅 17:17
合計 2:11

旧hutリンク2019年2月いっぱいまでhttp://www.geocities.jp/k2hut/


レッジ ledge やっと立てるくらいの幅の岩の棚。
バンド band 岩を横切っているもの。レッジが横に長く続いているものをさすことが多い。
テラス terrace 足場は充分広くて危険性は低い。(これは俺の解釈)
参考出典:最新クライミング用語集 山と溪谷社のクライミング・ボルダリング総合サイト CLIMBING-net クライミングネット
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:355人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2010/7/27
投稿数: 1763
2020/11/17 19:38
 RE: 過去の宮崎県比叡山 - まとめ
20201117、加筆修正をしました。


ページの先頭へ