ヤマレコ

最終更新者 stk
基本情報
標高 2841m
場所 北緯36度18分28秒, 東経137度38分57秒
大キレットの核心部の一つ。南行の場合は登りのため、それほど危険を感じないが、北行の場合は急峻な岩稜の下りのため注意を要する。
山頂
危険個所
展望ポイント

長谷川ピークの日の出・日の入り時刻

10/22(日) 10/23(月) 10/24(火) 10/25(水) 10/26(木) 10/27(金) 10/28(土)
日の出 5時53分 5時54分 5時55分 5時56分 5時57分 5時58分 5時59分
日の入り 17時15分 17時14分 17時13分 17時11分 17時10分 17時9分 17時8分

長谷川ピーク (標高2841m)付近の気温

10月の気温(推定値)
最高気温
5.2
平均気温
-0.3
最低気温
-6
Loading...

周辺の平年の気象状況

10月の気象
日照時間 4.7 時間/日
降水量 6.6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

長谷川ピーク
長谷川ピーク
長谷川ピーク
長谷川ピーク
長谷川ピーク

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大キレット(だいキレット)は、長野県の南岳と北穂高岳の間にあるV字状に切れ込んだ岩稜帯である。この縦走ルートは痩せた岩稜が連続し、長谷川ピークや飛騨泣きといった難所が点在する。キレットとは漢字で「切戸」と書き、英語やドイツ語ではなく日本語である。
近年、関係者の尽力により足場などの設置が施され、以前に比べて危険度は減少している。それでも毎年数名の死亡者と多数の負傷者が出ており、国内の一般登山ルートとしては、今なお最高難度のルートの1つである。
大キレットの通過自体にも3〜4時間かかるが、両端にある北穂高岳、南岳に登るだけでも急登で1日かかることも、大キレットを困難なものにしている。有効なエスケープルートはないので、天候の悪化には注意を要する(A沢コルより本谷を降りるルートが存在するが、バリエーションであり、むしろ難易度は高くなる)。「すれ違うことも難しい」という言われかたをすることがあるが、実際にはそこまでナイフリッジになっている場所ばかりということはなく、互いに融通すれば相互通行は可能である。
また、高校の山岳系の部活動などで行ってはいけないルートとして大キレットを指定している県もある。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「長谷川ピーク」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  48    33 
2017年10月10日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  34    17 
2017年10月09日(2日間)
甲信越
  155    8 
hatake510, その他5人
2017年10月09日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  230     65  3 
2017年10月09日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  45     103 
2017年10月08日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  14   12 
2017年10月08日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  83    35  2 
2017年10月08日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  79    20  2 
2017年10月07日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  88    22 
2017年10月07日(3日間)
ページの先頭へ