また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046120 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

2017mの雲取は、ノートレース長沢背稜からラッセル地獄にて。

日程 2017年01月13日(金) 〜 2017年01月14日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候13 晴 14曇のち小雪 稜線はマイナス20度
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
氷川駐車場に駐車。平日始発バス(06:04東日原行)に乗車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
このルートは、無雪期はもちろん冬の積雪時にも5,6回以上歩いているが、今回の積雪量は半端なかった。これまで同ルートを何度も歩いており、冬期ノートレース時でも無雪期+αのタイムで行けていたので、油断があった。
雪が落ち着くまで、安易な立ち入りはお勧めしない。
今冬雲取に行かれるなら、鴨沢、石尾根、三峰いずれかで。

9日の大雪で、長沢背稜は完全ノートレースで積雪40〜50cm。ところにより太腿上70cm〜80cm。ワカン必須。目印はほぼ無く、無雪期を含め10回以上このルートを歩いている我々でも途中でコースアウトしてしまった。結局、これまでの冬季比+3時間以上かかり、大反省。

石尾根の方はトレースあり。雲取〜ブナ坂間は鴨沢からのトレースが明瞭で問題なかったが、ブナ坂から先の七ツ石から六ツ石までの石尾根上はトレースはあるにはあったが14日午前中時点では1、2名分程度しかなかった。積雪量は膝くらい。ところによって太腿。先行者の踏み跡が大股男性のものらしく、妻はこれが使えず難儀しており、何度も吹き溜まりにハマってもんどりうっていた。鷹ノ巣および六ツ石山の巻道にもトレース無し。
六ツ石山から下は雪は途端に少なくなり普通に歩ける。
その他周辺情報雲取山荘7800円。要予約。テント泊者ゼロ。
奥多摩小屋テン場では、完全極寒装備の東京消防庁隊員100名位が耐寒訓練テント泊をしていた。
なお、山頂避難小屋泊した方によると、夜、食料を全部鼠か何かに盗られて朝起きたら全てなくなっていたとのこと。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック アイゼン スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール シェラフ チェーンアイゼン ワカン

写真

始発バス。貸切。
2017年01月13日 06:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発バス。貸切。
3
東日原バス停。
2017年01月13日 06:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原バス停。
3
車道はツルツルに凍結。
2017年01月13日 07:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道はツルツルに凍結。
5
天祖山登山口。
2017年01月13日 07:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祖山登山口。
5
この辺は積雪10cm程度で特に問題なし。
2017年01月13日 09:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は積雪10cm程度で特に問題なし。
3
妻のつぼ足跡を追う。
2017年01月13日 09:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻のつぼ足跡を追う。
3
雪深くなり、妻は膝まで沈むつぼ足に。
大体40cmくらいか。
2017年01月13日 09:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪深くなり、妻は膝まで沈むつぼ足に。
大体40cmくらいか。
この量でノートレースは厳しい。
2017年01月13日 10:17撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この量でノートレースは厳しい。
4
天祖山山頂会所の軒下をお借りして。
今日はシンガポールラクサ。
2017年01月13日 10:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祖山山頂会所の軒下をお借りして。
今日はシンガポールラクサ。
9
思ったより積雪あり、しかもノートレースなので一瞬下山も考えたが、
2017年01月13日 11:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより積雪あり、しかもノートレースなので一瞬下山も考えたが、
3
この程度ならなんとかなるかと、ワカン装着して先へ。
やはりここで下山すべきであった。
2017年01月13日 11:18撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この程度ならなんとかなるかと、ワカン装着して先へ。
やはりここで下山すべきであった。
4
ワカンでも沈む。
2017年01月13日 11:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンでも沈む。
1
一瞬雪の少ないところがあると、ワカンは逆に足をとられる。
2017年01月13日 12:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬雪の少ないところがあると、ワカンは逆に足をとられる。
4
長沢山。
雪深く、ここまでで、いつもの冬期比べ+2時間かかっている。日没との戦い。
2017年01月13日 14:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢山。
雪深く、ここまでで、いつもの冬期比べ+2時間かかっている。日没との戦い。
13
まだまだ長いが、ラッセル続く。
2017年01月13日 14:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ長いが、ラッセル続く。
3
相変わらず深いノートレースが続く。
大体70cm程度。
2017年01月13日 15:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず深いノートレースが続く。
大体70cm程度。
2
芋の木ドッケ。これ下りきれば、三峰ルートと合流する。
2017年01月13日 16:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋の木ドッケ。これ下りきれば、三峰ルートと合流する。
1
大ダワでついに日没。ヘッデン山行。
2017年01月13日 17:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワでついに日没。ヘッデン山行。
1
雲取山荘。取るものも取りあえず、18時の夕飯に。
2017年01月13日 18:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘。取るものも取りあえず、18時の夕飯に。
4
夕飯後、炬燵で生き返る。
食事の写真は撮る暇も無かったが、365日同じイシイのハンバーグ。
2017年01月13日 19:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯後、炬燵で生き返る。
食事の写真は撮る暇も無かったが、365日同じイシイのハンバーグ。
8
長時間ラッセルにつかれて呆ける‥。
2017年01月13日 19:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長時間ラッセルにつかれて呆ける‥。
8
爆睡して朝。
2017年01月14日 06:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆睡して朝。
5
怪しい標識が、
2017年01月14日 07:12撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怪しい標識が、
4
一応、日が出たが、これから荒れるとの予報。
2017年01月14日 07:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、日が出たが、これから荒れるとの予報。
無駄なデカイ看板。
2017年01月14日 07:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無駄なデカイ看板。
13
うーむ、これも無駄にバカでかい。
2017年2017mの雲取山であるが、来年になったら撤去するのであろうか?
2017年01月14日 07:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーむ、これも無駄にバカでかい。
2017年2017mの雲取山であるが、来年になったら撤去するのであろうか?
14
富士山は雪雲の中。
2017年01月14日 07:16撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雪雲の中。
こちらは以前からある普通の山頂標識。
2017年01月14日 07:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは以前からある普通の山頂標識。
8
石尾根を下る。
2017年01月14日 07:19撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根を下る。
1
ここからブナ坂までは踏まれていて雪も少なく問題なし。
2017年01月14日 07:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからブナ坂までは踏まれていて雪も少なく問題なし。
3
しかし、強風で寒い。バラクラバ装着。
2017年01月14日 07:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、強風で寒い。バラクラバ装着。
ブナ坂。怪しい妻。
残念ながら明瞭なトレースはここまでだった。
七ツ石に向かう踏み跡は1、2名のものしかなし、
2017年01月14日 08:18撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂。怪しい妻。
残念ながら明瞭なトレースはここまでだった。
七ツ石に向かう踏み跡は1、2名のものしかなし、
七ツ石山頂。
2017年01月14日 08:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山頂。
4
雪庇ができている。
2017年01月14日 08:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇ができている。
2
かなり積雪あり。
2017年01月14日 08:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり積雪あり。
2
いつもは登っていく日陰名栗峰を巻いたら異様に長い。
時々埋もれながら鷹ノ巣へ。雪降ってきた。
2017年01月14日 08:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは登っていく日陰名栗峰を巻いたら異様に長い。
時々埋もれながら鷹ノ巣へ。雪降ってきた。
鷹ノ巣避難小屋で昼食。
2017年01月14日 10:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣避難小屋で昼食。
5
鷹ノ巣は巻く気満々であったが、巻道にトレースが無い!
ノートレース歩きは昨日でこりごりしたので、
渋々踏み跡のある山頂へ登り返す。
2017年01月14日 10:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣は巻く気満々であったが、巻道にトレースが無い!
ノートレース歩きは昨日でこりごりしたので、
渋々踏み跡のある山頂へ登り返す。
2
やはり沈む。
2017年01月14日 11:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり沈む。
太腿までスッポリの踏み跡。
2017年01月14日 11:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太腿までスッポリの踏み跡。
鷹ノ巣山頂。土曜日の11時半という山頂お昼タイムでいつも賑わうここも、さすがに誰もいない…。
2017年01月14日 11:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山頂。土曜日の11時半という山頂お昼タイムでいつも賑わうここも、さすがに誰もいない…。
6
怪しい曇。
2017年01月14日 11:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怪しい曇。
1
疲れたな。
2017年01月14日 11:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたな。
5
雪の石尾根。
2017年01月14日 11:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の石尾根。
1
ちょっと嬉しそうな妻。
2017年01月14日 12:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと嬉しそうな妻。
5
時々倒木あり。
2017年01月14日 12:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々倒木あり。
1
時々吹き溜まりに足をとられて転ぶ妻。
2017年01月14日 12:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々吹き溜まりに足をとられて転ぶ妻。
4
六ツ石は巻こうと思ったが、いつもは無い直登トレースしか無かった。
2017年01月14日 12:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ツ石は巻こうと思ったが、いつもは無い直登トレースしか無かった。
1
渋々六ツ石に登って行ったが、途中から大きく迂回。
2017年01月14日 13:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋々六ツ石に登って行ったが、途中から大きく迂回。
1
やれやれ、奥多摩に下山。
2017年01月14日 15:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やれやれ、奥多摩に下山。
7

感想/記録

13日は有休であったが、荒れ模様の週末。
歩けそうなのは東京近郊の山のみ。
ということで2017年だし、2017mの雲取へ。

雲取に泊まるときは大抵いつも冬期を含めて長沢背稜から行っており、今回もそうしてしまったことが敗因。
これまでも積雪&ノートレースのときに何度も同じルートを歩いているが、今回の雪の量は半端なく、厳しいノートレースラッセルとなった。
積雪時に何度も歩いてるにもかかわらず、水松山付近で枝尾根に入り込むなどのロスもあり、
これまでの冬期比で、プラス3時間を要してしまい、大ダワで日没となってしまった。

天祖山までは、従来冬期とさほど変わらず。やや多めくらいの感じであったが、その先が半端なかった。
深いラッセルとなると、やはり自分が先行する方が安心であり、妻1割、自分9割ラッセルにて非常に疲れた。
が、無事に到着して安堵。

翌朝は荒れ模様とのことであったが、2017年の新しい異様な標識の山頂を踏んで石尾根を下山。
殆どの方が鴨沢ピストンらしく、ブナ坂までは踏まれまくっていて無雪期同様。
しかし、ここから七ツ石に向かうと途端に1、2名分の踏み跡しかなくなった。男性の足跡にて妻は歩幅が合わず難儀。雪も降ってきた。
しかし、昨日のノートレースラッセルと比べれば全然マシ。
雪が降り続いているため、鷹ノ巣避難小屋で昼飯。
鷹ノ巣山頂は寄らずに巻こうと思ったが、巻道に踏み跡無く、ラッセルは昨日でお腹一杯のため、渋々山頂へ登り返す。
ここから六ツ石までの尾根上もそれなりに雪あり、先行者の歩幅と合わない妻は、度々太腿まで埋まって抜けなくなることしばしば。
六ツ石山のいつもの北面のトレースは無く、山頂へ直登する雪道ができており、ここも渋々それを辿って大きく迂回。
六ツ石山から先はようやく雪が数cm程度と普通に歩けるようになった。

これまで冬季に同ルート何度も歩いているという油断があり、最後はヘッデン山行となってしまったことを大反省。
また今週も雪が予想されるため、今冬の雲取行かれる方は、鴨沢もしくは三峰からとされたく、ご注意を。

◆因みにヤマレコ登録してからの、我々の以前の冬季同ルート記録はこちら。長沢背稜で+3時間、踏跡あった石尾根でも+1時間半以上かかっている。雪の量とラッセル有無でこれだけ違う。
2011年2月時↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-98487.html
2014年12月時↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-567444.html
訪問者数:2084人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/8
投稿数: 3578
2017/1/18 23:17
 なるほど
そういう事でしたか。
まあ、無事で何よりでした。
実はねえ、私も久々に雲取山荘泊で雲取山にいこうかと思ってたんですよ。
(もちろん鴨沢からですけど
行ってたらバッタリ同宿でしたね。
しかしまあ、この雪でそんなルート良く行くわ!!
さすがです
登録日: 2012/1/31
投稿数: 965
2017/1/19 10:45
 びっくり!
思った以上に雪多いですね。
ペンさん達でもこの苦戦。
びっくりしました。
まあご無事で何よりです。
お互い今年も事故のないようにしましょう。
お疲れ様でした。
登録日: 2011/1/22
投稿数: 1363
2017/1/19 10:49
 これは・・・・
ご苦労さまでした・・・9割ラッセル
東京の雲取山とは思えない雪の量でしたね〜
北八のトレース無いレベルになるかと・・・
大変だったとは思いますが、
近場で充分な雪山登山が出来ましたよね〜
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2441
2017/1/19 20:27
 Re: なるほど
残念!
行かれてたらバッタリ会えましたね。
平日でしたし天候が天候だけにガラガラでしたよ。
が、いずれにせよこちらは倒れ込んで寝るだけでしたから

これだけ雪があったらやはり鴨沢が無難ですね。
なまじ冬期に何度も同ルートを歩いていたという油断がありました
気をつけねば…。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2441
2017/1/19 20:35
 Re: びっくり!
いやいや、冬期にもこの天祖山から長沢背稜コースを5,6回歩いてるのですが、
今回の雪深さはかなりヤバかったです。
何度も歩いているのに水松山でいつのまにか枝尾根に入り込むなどのルートミスまでしてしまいました。
長沢背稜はずっと70cmほどのラッセルで疲れましたし
後半は写真撮る余裕は全くありませんでした。
油断大敵、安全第一ですね
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2441
2017/1/19 20:48
 Re: これは・・・・
積雪量的には北ヤツの方がありますが、
とにかくこのルートは無雪期すらも殆ど人がいないので
遭難したら完全アウトです
また標高差も激しいですし、北ヤツの穏やかさと違って
柱谷の峰付近の石楠花ゾーンは雪と石楠花が絡まって非常に歩きにくいです。
ルートも不明瞭ですし。
北ヤツでいえば大岳から亀甲池のルートは冬期不明瞭で大変になりますが
あそこはとにかく下れば双子池ヒュッテもしくは竜閑橋には出ますから、
山奥で小屋が全くないだけこちらの方がもっと危険性が高いです。
本当にヤバかったですよ
登録日: 2011/1/24
投稿数: 739
2017/1/20 9:05
 お疲れ様でした。参考になります(^^ゞ
お二人が難儀するとは
普通の登山者じゃ太刀打ちできませんね

私も日原から酉谷山か天祖山を狙って計画していた処でしたから
とっても参考になりました。
このルート人がすくないですから春まで待とうかと思います。

今日も南岸低気圧が迫っていますから
奥多摩も、もう一段雪が積もるでしょうねsnow
本当にお疲れ様でした
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2441
2017/1/20 17:17
 Re: お疲れ様でした。参考になります(^^ゞ
いやいや、かなりヤバかったです
当然ながら初日は誰にも会いませんでした。
(会っていたらトレースありますので、当たり前ですが…)
春は新緑が綺麗でいいですよ。秋もいいですが日が短くなりますから。
また今週も⛄になりそうですから、春になるまでしばらくは立ち入られないのが賢明かと。
これだけラッセルしたらさすがに太腿がつりました
登録日: 2013/9/16
投稿数: 2128
2017/3/3 19:08
 遅くに失礼します
鳳凰のレコにコメントした者です。
随分大変だったんですね〜。
私は日曜日に奥多摩駅から雲取まで歩きましたが雪がほとんど無かったです。
こんな積雪の中、長沢背稜から石尾根歩かれるだなんて頭が下がる思いです。
奥さまの骨折快方に向かわれてますでしょうか?
またお二人の楽しそうなレコ拝見したいものです。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2441
2017/3/4 14:55
 Re: 遅くに失礼します
tomhigさん、
コメントありがとうございます。
石尾根は本当に何度歩いても良い尾根ですよね。もう、春も近くなって
奥多摩は花粉が凄くて近寄れませんが^^;
妻の肋骨は予想以上に治らず、まだ療養を続けています。早く良くなってもらいたいのですが…。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ