ヤマレコ

記録ID: 1049764 全員に公開 雪山ハイキング京都・北摂

愛宕山〜地蔵山 - 中尾根途中撤退〜米買道〜ツツジ尾根〜愛宕神社〜地蔵山〜表参道

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ/曇り/小雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都バス - 清滝〜阪急嵐山 230円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
1時間40分
合計
11時間10分
S保津峡駅07:1007:14保津峡橋07:22中尾根ルート登山口07:2808:22P366付近08:2410:08P366付近10:34荒神峠10:4611:28ツツジ尾根方面分岐11:3011:34水尾分かれ11:4011:44花売り場12:02黒門12:10愛宕神社社務所12:1212:20愛宕山12:5012:56愛宕神社社務所12:5813:22890.1m峰(愛宕山三角点)13:2614:42P917 反射板14:4615:02地蔵山15:0615:24P917 反射板15:2616:38愛宕神社社務所16:4816:55黒門17:04花売り場17:08水尾分かれ17:56お助け水17:5818:02愛宕神社二の鳥居18:1218:14嵯峨清滝公衆トイレ18:1618:20清滝バス停18:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■中尾根ルート
米買道との出合までは積雪量が豊富なものの、前日までのトレースがあり、普通に通行できました。
それ以降は難易度が高そうなコース取りをしたせいもあって、苦労しました。
途中からトレースらしきものに出合い、それに沿って進んだものの、積雪量が増したのに加え、雪の重みで垂れ下がった枝に対処するのに疲れ、途中で引き返す事にしました。
行程を書き止めていたメモをどこかで落としたのに気付き、それを探しに戻るという理由込みでの判断ですが、それがなくても引き返したような気がします。
このルートを通る事自体が初めてだったし、これだけ雪深い日に歩く人がほとんどいないようなルートを選択をしてしまったのは、明らかなミスでした。

■米買道
この日に通った区間はアップダウンがあまりなく、トラバース道が大半だったような印象。
谷を通過する際、沢に倒木があり、通行しにくくなっていました。
個人的には、その沢の数メートル手前ぐらいが積雪の影響もあり、嫌な感じでした。

■ツツジ尾根ルート
今回は荒神峠から表参道との出合まで歩いています。
歩く人が多いせいか、道はしっかりと踏み固められて、通行に問題なし。
登山道から見える風景から判断する限り、中尾根ルートと積雪量はそんなに変わらなさそう。
大雪の翌日の早朝とかだと、また状況は違っていそう。

■表参道
無雪期よりも逆に歩きやすいぐらいの状態でした。
水尾別れから少し進んだ辺りからは、登山道の踏み固められた範囲が限られており、すれ違いの際に気を使うかなという感じ。

■愛宕神社
雪がいっぱい。
広場から鳥居までの階段は普通の斜面と化していました。

■地蔵山
少ない所でも50cmぐらいは積もっていそうで、多い所だと80cmかそれ以上はありそうな印象。
雪のない時期の進みやすい登山道の印象とは一変し、障害物に行く手を阻まれ、思ったように前に進む事ができず、とても疲れる山行になりました。

以上、6本爪の軽アイゼンを着用しての山行で感じた事をまとめています。
適切な装備で挑めば、また違うはず。
その他周辺情報保津峡駅、愛宕神社、清滝にトイレがあります。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

保津峡駅からスタートです。
電車を降りた時には雪が降っていました。
2017年01月21日 07:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保津峡駅からスタートです。
電車を降りた時には雪が降っていました。
1
正面奥に愛宕山。
あそこまで登ります。
2017年01月21日 07:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面奥に愛宕山。
あそこまで登ります。
水尾方面に向けて歩行中。
雪の重みで倒れたのでしょうか、電線に引っかかっています。
2017年01月21日 07:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水尾方面に向けて歩行中。
雪の重みで倒れたのでしょうか、電線に引っかかっています。
中尾根ルートの登山口。
ここで軽アイゼンを装着。
2017年01月21日 07:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根ルートの登山口。
ここで軽アイゼンを装着。
1
登り始めの辺り。
2017年01月21日 07:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めの辺り。
雪の量が増して来ました。
2017年01月21日 07:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の量が増して来ました。
見上げると、こんな感じ。
2017年01月21日 07:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると、こんな感じ。
1
後の苦労も知らずに楽しく歩いておりました。
2017年01月21日 07:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後の苦労も知らずに楽しく歩いておりました。
1
日が差して来ました。
2017年01月21日 07:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が差して来ました。
1
前日までの足跡ですね。
がに股さん?
2017年01月21日 07:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日までの足跡ですね。
がに股さん?
この辺りでこんなに積もっているとは思っていませんでした。
2017年01月21日 08:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでこんなに積もっているとは思っていませんでした。
1
P366付近と思われます。
地面に近づけて撮影してみました。
雪の質感が感じられるでしょうか。
あるのかどうか分からないけど、プレート探しはまたの機会に。
2017年01月21日 08:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P366付近と思われます。
地面に近づけて撮影してみました。
雪の質感が感じられるでしょうか。
あるのかどうか分からないけど、プレート探しはまたの機会に。
1
人ではない足跡の方が多いようです。
2017年01月21日 08:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人ではない足跡の方が多いようです。
1
米買道と出合までもう少し。
2017年01月21日 08:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米買道と出合までもう少し。
1
米買道に着きました。
荒神峠方面を見ています。
2017年01月21日 08:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米買道に着きました。
荒神峠方面を見ています。
1
こちらは水尾方面。
2017年01月21日 08:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは水尾方面。
右にある沢の方に進んでみました。
2017年01月21日 08:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にある沢の方に進んでみました。
これが大岩のようです。
2017年01月21日 08:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが大岩のようです。
出合付近から登り始める事にしました。
2017年01月21日 08:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出合付近から登り始める事にしました。
1
尾根芯を意識しつつ登ってみました。
2017年01月21日 08:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根芯を意識しつつ登ってみました。
どこを進んだのでしょうね。
2017年01月21日 08:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこを進んだのでしょうね。
ネットに行き当たりました。
左をそのまま進むか、右に回り込むかで迷いましたが、左へ進みました。
2017年01月21日 08:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットに行き当たりました。
左をそのまま進むか、右に回り込むかで迷いましたが、左へ進みました。
進みづらい所もありました。
2017年01月21日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進みづらい所もありました。
ネットの上端に到着。
トレースはなし。
2017年01月21日 09:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットの上端に到着。
トレースはなし。
こんな中を不安なまま登っています。
2017年01月21日 09:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな中を不安なまま登っています。
どこにいるのか分からなくなりそう。
2017年01月21日 09:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこにいるのか分からなくなりそう。
カメラも疲れ始めたのか、レンズカバーが写り込んでいますね。
2017年01月21日 09:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラも疲れ始めたのか、レンズカバーが写り込んでいますね。
これは避けて通ったはず。
2017年01月21日 09:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは避けて通ったはず。
やっとの事で見つけたトレースですが、人の歩いた跡にしては細いような。
ここではスルーしたはず。
もう少し進んだ辺りで、登山の行程を記録したメモを紛失しているのに気付き、落ち込んでしまいました。
2017年01月21日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとの事で見つけたトレースですが、人の歩いた跡にしては細いような。
ここではスルーしたはず。
もう少し進んだ辺りで、登山の行程を記録したメモを紛失しているのに気付き、落ち込んでしまいました。
この少し前にイノシシが登場。
右後方から走って来て、前方を横切り、左下へ下って行きました。
俊敏な動きで、彼らのテリトリーなんだと実感。
2017年01月21日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この少し前にイノシシが登場。
右後方から走って来て、前方を横切り、左下へ下って行きました。
俊敏な動きで、彼らのテリトリーなんだと実感。
2
イノシシの足跡です。
2017年01月21日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イノシシの足跡です。
1
ここで前に進む気力が枯渇し、撤退する事にしました。
紛失したメモが気になるので、それを探しながら来た道を戻ります。
2017年01月21日 09:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで前に進む気力が枯渇し、撤退する事にしました。
紛失したメモが気になるので、それを探しながら来た道を戻ります。
2
空は晴れやかですが・・・
2017年01月21日 09:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は晴れやかですが・・・
1
ネットの上端まで苦労しながら戻って来ました。
2017年01月21日 09:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットの上端まで苦労しながら戻って来ました。
ネットの下端に到着。
すっかり雪まみれです。
2017年01月21日 09:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットの下端に到着。
すっかり雪まみれです。
米買道まで戻って来ました。
ここまでにメモはなし。
最も可能性の高そうなのがこの辺りで、粘って探しましたが、結局は見つからず。
きっぱりと諦めるためにかどうか分からないけど、P366まで戻ってみました。
2017年01月21日 09:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米買道まで戻って来ました。
ここまでにメモはなし。
最も可能性の高そうなのがこの辺りで、粘って探しましたが、結局は見つからず。
きっぱりと諦めるためにかどうか分からないけど、P366まで戻ってみました。
P366付近でしょうか。
メモは見つからず、諦めるしかありません。
2017年01月21日 10:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P366付近でしょうか。
メモは見つからず、諦めるしかありません。
米買道に戻り、荒神峠を目指します。
2017年01月21日 10:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米買道に戻り、荒神峠を目指します。
1
谷を通過しますが、ここがやっかいでした。
沢にある倒木も邪魔でしたが、その手前は道幅が狭いのに積雪で滑りやすくなっていて、高所恐怖症の身には結構なプレッシャーでした。
2017年01月21日 10:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を通過しますが、ここがやっかいでした。
沢にある倒木も邪魔でしたが、その手前は道幅が狭いのに積雪で滑りやすくなっていて、高所恐怖症の身には結構なプレッシャーでした。
1
その谷を振り返り。
手前が倒木で、奥に少しスリップした跡が見えています。
左手で岩を掴んでいられたので、少しのヒヤリで済みました。
2017年01月21日 10:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その谷を振り返り。
手前が倒木で、奥に少しスリップした跡が見えています。
左手で岩を掴んでいられたので、少しのヒヤリで済みました。
1
この辺りは気持ちの良い道ですね。
2017年01月21日 10:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは気持ちの良い道ですね。
1
クヌギのわかれ。
荒神峠のすぐ手前ぐらいの位置でした。
2017年01月21日 10:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クヌギのわかれ。
荒神峠のすぐ手前ぐらいの位置でした。
荒神峠に到着。
ここでパン休憩にしました。
2017年01月21日 10:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒神峠に到着。
ここでパン休憩にしました。
休憩ベンチもこんな具合でした。
2017年01月21日 10:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ベンチもこんな具合でした。
登り始めの辺り。
2017年01月21日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めの辺り。
踏み跡くっきりなので、安心です。
2017年01月21日 11:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡くっきりなので、安心です。
積雪量は中尾根と遜色ないぐらいでしょうか。
2017年01月21日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪量は中尾根と遜色ないぐらいでしょうか。
表参道が見えて来ました。
この雪の塊に直撃されると、命が危なそう?
2017年01月21日 11:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道が見えて来ました。
この雪の塊に直撃されると、命が危なそう?
表参道との出合を振り返り。
2017年01月21日 11:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道との出合を振り返り。
水尾分かれに到着。
暑さに耐えかね、服を脱ぎました。
2017年01月21日 11:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水尾分かれに到着。
暑さに耐えかね、服を脱ぎました。
ケーブル駅跡へのトレース。
時間がないので、そちらへは行きません。
2017年01月21日 11:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブル駅跡へのトレース。
時間がないので、そちらへは行きません。
1
ハナ売場の手前。
こんな位置に木はなかったはずですが。
2017年01月21日 11:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナ売場の手前。
こんな位置に木はなかったはずですが。
雪の重みで倒れてしまったようです。
2017年01月21日 11:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の重みで倒れてしまったようです。
お地蔵さんも雪に埋もれつつあるようです。
2017年01月21日 11:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんも雪に埋もれつつあるようです。
1
きれいですね。
2017年01月21日 11:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいですね。
1
雪があると映える黒門。
2017年01月21日 12:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があると映える黒門。
2
何とも言えない曲線具合。
2017年01月21日 12:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とも言えない曲線具合。
最も疲れた人がやって来ましたよ?
2017年01月21日 12:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も疲れた人がやって来ましたよ?
初めて訪れた時の事を思い出させてくれます。
2017年01月21日 12:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて訪れた時の事を思い出させてくれます。
41/40に到着。
101/40ぐらい歩いた気分でしたが。
2017年01月21日 12:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
41/40に到着。
101/40ぐらい歩いた気分でしたが。
初めて来た時もそれなりの積雪量でしたが、これ程ではありませんでした。
2017年01月21日 12:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて来た時もそれなりの積雪量でしたが、これ程ではありませんでした。
1
これを見たかったのです。
2017年01月21日 12:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見たかったのです。
1
社務所前の広場。
少しボコッとしているのがベンチでしょうね。
2017年01月21日 12:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社務所前の広場。
少しボコッとしているのがベンチでしょうね。
社務所も何だか神々しい。
2017年01月21日 12:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社務所も何だか神々しい。
1
階段もほぼ単なる斜面と化しています。
2017年01月21日 12:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段もほぼ単なる斜面と化しています。
1
この方が登りやすい。
2017年01月21日 12:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方が登りやすい。
雪人形みたいになってしまっていますね。
2017年01月21日 12:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪人形みたいになってしまっていますね。
愛宕神社に到着。
長い道のりでした。
普段よりもゆっくりと休憩。
2017年01月21日 12:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社に到着。
長い道のりでした。
普段よりもゆっくりと休憩。
1
先に進みます。
行き先は状態を見て、判断します。
2017年01月21日 12:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進みます。
行き先は状態を見て、判断します。
1
京都市街地方面の展望。
霞んでいますが、積雪で浮かび上がった大文字山の火床が見えています。
2017年01月21日 13:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都市街地方面の展望。
霞んでいますが、積雪で浮かび上がった大文字山の火床が見えています。
地蔵の辻。
サカサマ峠方面に行く予定でしたが、時間もないし、雪深いので、そちらには進みません。
2017年01月21日 13:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の辻。
サカサマ峠方面に行く予定でしたが、時間もないし、雪深いので、そちらには進みません。
1
三角点へと続くトレース。
当初の予定だと、左の窪んだ所からここに到着するはずでした。
この積雪量を見ると、何という無茶な予定だったのかという感じ。
2017年01月21日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点へと続くトレース。
当初の予定だと、左の窪んだ所からここに到着するはずでした。
この積雪量を見ると、何という無茶な予定だったのかという感じ。
モコモコ感たっぷり。
2017年01月21日 13:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モコモコ感たっぷり。
青空との対比が素晴らしい。
2017年01月21日 13:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空との対比が素晴らしい。
三角点に到着。
先着者さんが掘り返してくれていました。
2017年01月21日 13:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点に到着。
先着者さんが掘り返してくれていました。
4
三角点からの展望。
2017年01月21日 13:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点からの展望。
3
やはり鉄塔は撤去されていました。
2017年01月21日 13:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり鉄塔は撤去されていました。
先に進みます。
一応、竜ヶ岳を心に入れながら歩いていました。
2017年01月21日 13:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進みます。
一応、竜ヶ岳を心に入れながら歩いていました。
1
脇に目を向けると、こんな感じ。
2017年01月21日 13:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇に目を向けると、こんな感じ。
1
こんな物も。
2017年01月21日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな物も。
竜ヶ岳への分岐。
2017年01月21日 13:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳への分岐。
トレースがあったので、それを辿ってみました。
2017年01月21日 13:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがあったので、それを辿ってみました。
1
何だか別世界ですね。
2017年01月21日 13:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だか別世界ですね。
5
美しい。
2017年01月21日 13:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい。
2
霧氷かな?
2017年01月21日 13:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷かな?
1
トレースは竜ヶ岳へは向かっていませんでした。
トレースを残していた方が戻って来られ、この辺りを周遊していたとの事でした。
この装備でトレースなしの竜ヶ岳に行くのは無茶なので、地蔵山を目指す事にしました。
2017年01月21日 13:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースは竜ヶ岳へは向かっていませんでした。
トレースを残していた方が戻って来られ、この辺りを周遊していたとの事でした。
この装備でトレースなしの竜ヶ岳に行くのは無茶なので、地蔵山を目指す事にしました。
2
右奥が竜ヶ岳のはず。
この日、あの頂に立った人はいるんでしょうか?
2017年01月21日 13:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥が竜ヶ岳のはず。
この日、あの頂に立った人はいるんでしょうか?
2
食べてしまいたいぐらいのふんわか感。
2017年01月21日 13:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べてしまいたいぐらいのふんわか感。
1
右に逸れて行くトレースを辿ってみました。
2017年01月21日 13:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に逸れて行くトレースを辿ってみました。
1
スキー場があったのが納得できますね。
2017年01月21日 13:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場があったのが納得できますね。
1
のんびりとした風景ですよね。
でも、かなり疲れていました。
2017年01月21日 13:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびりとした風景ですよね。
でも、かなり疲れていました。
1
かなりの積雪量です。
2017年01月21日 14:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの積雪量です。
1
右が反射板のあるP917で、左奥が地蔵山。
いつもより遠く感じますね。
2017年01月21日 14:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が反射板のあるP917で、左奥が地蔵山。
いつもより遠く感じますね。
2
地蔵山へ向けて歩行中。
この辺りはまだ障害物が少なかったのかな。
2017年01月21日 14:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山へ向けて歩行中。
この辺りはまだ障害物が少なかったのかな。
1
木が邪魔をして、とにかく進みにくい。
普段よりも道がぐねぐねと迂回していて、なかなか前へ進みません。
そろそろ時間が気になっています。
2017年01月21日 14:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が邪魔をして、とにかく進みにくい。
普段よりも道がぐねぐねと迂回していて、なかなか前へ進みません。
そろそろ時間が気になっています。
1
視界が開けた辺り。
晴れ間が覗き、少し気分も回復。
2017年01月21日 14:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けた辺り。
晴れ間が覗き、少し気分も回復。
1
ゆっくりと景色を堪能したいのだけど、心にゆとりがない。
2017年01月21日 14:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと景色を堪能したいのだけど、心にゆとりがない。
1
愛宕山の山頂が少し顔を覗かせています。
2017年01月21日 14:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山の山頂が少し顔を覗かせています。
2
こちらは亀岡方面でしょうか。
2017年01月21日 14:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは亀岡方面でしょうか。
1
大文字山の火床をズームで。
ここから見えていたとは、過去に歩いた時には気付いていませんでした。
2017年01月21日 14:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大文字山の火床をズームで。
ここから見えていたとは、過去に歩いた時には気付いていませんでした。
2
反射板のあるP917に到着。
晴れているタイミングで、きれいな写真になってくれました。
2017年01月21日 14:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板のあるP917に到着。
晴れているタイミングで、きれいな写真になってくれました。
2
霧氷ですよね。
2017年01月21日 14:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷ですよね。
1
少し雪が付着しているかも知れないけども。
2017年01月21日 14:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪が付着しているかも知れないけども。
何だか分からないけど、シャッターを押していました。
2017年01月21日 14:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だか分からないけど、シャッターを押していました。
ゆっくりと見入っていたいけれど・・・
2017年01月21日 14:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと見入っていたいけれど・・・
この先にピークハンターさんのプレートがありますが、この日はスルーしました。
2017年01月21日 14:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先にピークハンターさんのプレートがありますが、この日はスルーしました。
地蔵山。
少し下った位置から見ています。
この辺りが最も積雪量が多いように感じました。
アセビの低木の上にトレースが付いていて、ズボッと足がはまりまくりでした。
時間がないので、この後は写真を控えて、山頂へ。
2017年01月21日 14:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山。
少し下った位置から見ています。
この辺りが最も積雪量が多いように感じました。
アセビの低木の上にトレースが付いていて、ズボッと足がはまりまくりでした。
時間がないので、この後は写真を控えて、山頂へ。
1
地蔵山山頂に到着。
P917まで程ではないにしても、ここまでの道のりも大変でした。
2017年01月21日 15:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山山頂に到着。
P917まで程ではないにしても、ここまでの道のりも大変でした。
三角点を探した跡でしょうか。
2017年01月21日 15:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を探した跡でしょうか。
この日の勲章。
途中で何度か挫折しそうになりましたが、ここまで来て良かった。
2017年01月21日 15:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の勲章。
途中で何度か挫折しそうになりましたが、ここまで来て良かった。
2
山頂の風景。
15時過ぎだけど、この積雪量を考えると、もう時間がありません。
2017年01月21日 15:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の風景。
15時過ぎだけど、この積雪量を考えると、もう時間がありません。
1
往路では写真を撮っていなかったので、記憶に留めるために。
2017年01月21日 15:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路では写真を撮っていなかったので、記憶に留めるために。
こんな感じですんなりと通してくれないのです。
何度もザックを肩から下ろしました。
左端にちょこっと反射板。
2017年01月21日 15:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じですんなりと通してくれないのです。
何度もザックを肩から下ろしました。
左端にちょこっと反射板。
1
ここまで戻って来ました。
足がスパッツのカバー範囲を超えて雪に埋もれ、カーゴパンツもすっかり濡れてしまっています。
2017年01月21日 15:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで戻って来ました。
足がスパッツのカバー範囲を超えて雪に埋もれ、カーゴパンツもすっかり濡れてしまっています。
1
反射板に到着。
普段と違い、先は長いのです。
2017年01月21日 15:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板に到着。
普段と違い、先は長いのです。
愛宕山山頂。
写真だと、すぐそこなんですが。
2017年01月21日 15:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山山頂。
写真だと、すぐそこなんですが。
こんな感じでトレースが分岐している箇所がありました。
往路では画面左に進むトレースを進み、復路では手前から続くトレースを進みました。
2017年01月21日 15:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じでトレースが分岐している箇所がありました。
往路では画面左に進むトレースを進み、復路では手前から続くトレースを進みました。
もう少しかな。
2017年01月21日 15:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しかな。
ここまで戻って来ました。
右にP917、左奥に地蔵山。
また来ます。
でも、これだけの積雪時は避けたいかなぁ・・・
2017年01月21日 16:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで戻って来ました。
右にP917、左奥に地蔵山。
また来ます。
でも、これだけの積雪時は避けたいかなぁ・・・
1
雪の質感が感じられます。
2017年01月21日 16:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の質感が感じられます。
美しい。
2017年01月21日 16:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい。
1
先へと進みます。
2017年01月21日 16:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先へと進みます。
1
地蔵の辻。
こんなに遠いと感じたのは初めて。
2017年01月21日 16:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の辻。
こんなに遠いと感じたのは初めて。
1
比叡山方面。
2017年01月21日 16:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比叡山方面。
1
京都北山の峰々。
あちらも雪深いんでしょうね。
2017年01月21日 16:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都北山の峰々。
あちらも雪深いんでしょうね。
1
月輪寺へ下る予定でしたが、閉門時間に間に合わなさそうでもあり、表参道を下る事にしました。
2017年01月21日 16:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月輪寺へ下る予定でしたが、閉門時間に間に合わなさそうでもあり、表参道を下る事にしました。
1
広場では誰も見かけませんでした。
かなりの空腹状態だったので、社務所前の休憩所で食事休憩。
飲み物が足りなくなりそうだったので、自販機で購入。
その音が聞こえたのか、神社の方が声をかけてくれました。
早く下山すべき時刻でしたからね。
2017年01月21日 16:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場では誰も見かけませんでした。
かなりの空腹状態だったので、社務所前の休憩所で食事休憩。
飲み物が足りなくなりそうだったので、自販機で購入。
その音が聞こえたのか、神社の方が声をかけてくれました。
早く下山すべき時刻でしたからね。
最後に振り返り。
また来ます。
2017年01月21日 16:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に振り返り。
また来ます。
倒木。
2017年01月21日 16:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木。
水尾分かれ。
気温は-3.5℃。
心なしか寒くなって来たような。
2017年01月21日 17:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水尾分かれ。
気温は-3.5℃。
心なしか寒くなって来たような。
ここを通過。
2017年01月21日 17:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを通過。
こちらのお地蔵さんも雪の中に半ば沈んでいました。
2017年01月21日 17:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのお地蔵さんも雪の中に半ば沈んでいました。
早くあちらに戻りたい。
2017年01月21日 17:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くあちらに戻りたい。
ここでランプを取り出し、点灯させての下山となりました。
ここからがまた長かった・・・
2017年01月21日 17:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでランプを取り出し、点灯させての下山となりました。
ここからがまた長かった・・・
ようやく二の鳥居に到着。
ここでアイゼンやスパッツを取り外し、身軽になりました。
2017年01月21日 18:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく二の鳥居に到着。
ここでアイゼンやスパッツを取り外し、身軽になりました。
1
清滝バス停に到着、この日の山行はここで終了です。
2017年01月21日 18:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝バス停に到着、この日の山行はここで終了です。
2

感想/記録

前の週ほどではなさそうだけど、積雪の中を歩こうという事で、愛宕山へ出かけて来ました。
1月3日にも来て、お札をいただいたのですが、古いお札を持参し忘れていたので、それの返却という事もあり、他の山ではなく、こちらを目的地としました。
当初の予定では、中尾根コース〜表参道〜愛宕神社〜地蔵の辻〜サカサマ峠〜芦見谷〜三角点〜竜ヶ岳にピストン〜月輪寺〜清滝・・・を考えていました。
各地点での積雪量、時刻や疲労度などで、変更や短縮をしようという感じ。
行ってみないと分からない部分が多いですしね。
以下、いつも以上に長文です。

保津峡の駅に着いてみると、既に雪が舞っているし、駅周辺にも積雪が見られ、この日の大変さがにわかに想像できるようでした。
中尾根ルートの入口で軽アイゼンを装着し、登山開始。
初めてのルートで不安もありましたが、前日までのトレースがあり、次第に積雪量が増えて来るものの、特に困難もなく、米買道との出合に到着。
ただ、思っていた以上に雪が積もっており、この先が心配でした。
近くの沢の方に行くと、大岩があり、それをチェック。
ヤマレコMAPのみんなの足跡はその辺りからあるようでしたが、出合付近から登り始め、尾根芯を意識して登ってみました。
全くトレースもなく、無駄に疲れただけかも知れませんが、この辺りはまだ楽しさもありました。
進み続けると、ネットに出合い、ここで進路に迷いました。
そのままネットの左側を登るか、右に行くか。
迷った結果、そのまま登り続けました。
ネット沿いに木が生えていたりで、必ずしもネットの近くを歩いていられる訳ではなく、障害物が少なそうな所を選んで進みますが、所々でザックが引っかかったりして、思うように前に進むのが困難な場面もありました。
ネットを通過後も同じような感じでしたが、しばらくするとトレースを発見。
でも、何だか細くて、獣道かなと最初は思い、スルーしました。
もう一度、トレースに出合った際にそれを辿ったりもしましたが、この辺りの記憶があいまいです。
登山の行程を記録していたメモをなくしているのに気付いたり、イノシシが走り抜けて行ったり、積雪量が多い中を進むのが困難になったりで、精神的にも肉体的にも疲れが増していました。
結局、9時半頃に前方の進みにくさが満開になったように感じられたので、引き返す事を決意。
なくしたメモを探しながら下る事にしました。
正直な話、あの道のりをまた歩くのかとうんざりするような気分でしたが、メモには過去2回分の記録も記入してあったので、取り戻したい思いが強かったのです。
で、苦労しつつ下りながらメモを探しましたが、見つからないままに米買道に到着。
米買道との出合で記入したのが最後の記憶で、ポケットから落ちるのは考えにくく、この辺りにあるかなと念入りに見て周ったものの、見つからず。
念のためにP366まで戻ったりしましたが、あるはずもなく・・・
何とか気を取り直すように努め、米買道を荒神峠方面に進み始めました。
途中の谷を通過する際、高所恐怖症の身には嫌な所があり、雪で少し足を滑らせ、少しヒヤリとしましたが、左で岩をつかんでいられた事もあり、何事もなく通過しました。
その後は快調に進み、荒神峠に到着。
疲れていたので、ここでパン休憩としました。

荒神峠からの再出発後は、軽アイゼンが何度かずれて装着し直したりしたものの、道は踏み固められていたので、中尾根ルートとは違い、進むのに困難はありませんでした。
ただ、中尾根で溜め込んだ疲労もあってか、あまりペースは上がらず。
表参道に合流後、水尾分かれに到着し、あまりに暑いので余分に来ていた服を脱ぎました。
ケーブル跡にも寄らず、トレースがないであろう脇道にも入らず、そのまま表参道で神社を目指します。
表参道では、踏み固められた範囲が十分でなく、すれ違う際に気を使いました。
それ以外は普段よりも進みやすいぐらいで、大雪で一変した景色を楽しみながら神社の境内に到着。
灯籠に積もった雪を見て嬉しくなったり、普通の斜面と化した階段を登ったりで、本殿に到着。
古いお札を納め、休憩所で昼食です。
この間に予定を組み直し、再出発です。

食事休憩後、まずは三角点へ向かいました。
当初の予定では、地蔵の辻からサカサマ峠方面へ行く事になっていましたが、そういう状態では全くなかったと判断しました。
三角点に着いた時には晴れていて、美しい景色を堪能できました。
その後、竜ヶ岳への分岐に着き、トレースがあったので進んでみましたが、これは竜ヶ岳へ向かっておらず、付近を周遊しているトレースでした。
なので、竜ヶ岳へ進むのも断念しましたが、その周遊トレースを少し辿っている間に素晴らしい景色を見られたし、これはこれで良し。
最後に残されたのは地蔵山という事で、そちらへ向かいました。
普段なら、大した距離ではないのだけど、この日は雪で思うように進まず、地蔵山への分岐までが遠い。
まだかまだかと思っていると、スキー場跡の案内看板を見落としたのか、知らない間に地蔵山へのルートに入ってしまっていました。
かなりの積雪なのに加え、その雪の重みで木が垂れ下がり、行く手を上下から阻まれる感じで、何度もザックを肩から下ろし、障害物を通過すると担ぎ直すという繰り返し。
普段と違い、道が蛇行しているのもあり、歩けども歩けども、なかなか前へ進まず、本当に辿り着くのか不安でした。
地蔵山の手前のP917へ向かっている途中で、2人の単独行の方に会い、お互いにこんな中をよくぞ歩いているなという感じで、目に見えない連帯感みたいなものを感じました。
何度か挫折しそうになりましたが、この2人に会った事で少なからず力をもらったような気がします。
中尾根を途中撤退したというのもあっただろうし、地蔵山に辿り着きたかったのです。
何とか根気を維持し、まずはP917に到着。
ここでもうまいタイミングで晴れてくれて、青空に映える霧氷が美しかったです。
登って来た甲斐がありました。
15時を引き返す頃合と考えていましたが、何とかそれぐらいには地蔵山の山頂に到着できそうなので、景色に見入るのも程々にして、先へ。
この先もそれなりに進みにくかったけど、もう少しなので、とにかくやる気をかき集めて歩を進め続けていると、急に山頂に到着しました。
真っ白な雪に覆われても地味さは変わらず、地蔵山の山頂らしくて、これはこれで満足なのです。
ピークハンターさんのプレートの前まで来て、喜びをじんわりと噛みしめつつ、きっちりと写真に収め、ようやく少し安堵できました。
少しだけ休んだ後、下山。
こんな所を登って来たのかと改めて思いながら、所々で写真を取ったり、何度も足を雪の中に埋め込み、P917に到着し、さらに先へ。
あの進みづらい道をまた進むのかと思うと気が重いけど、すでに切り抜けて来た道でもあるので、往路のような不安感はなく、無事に下山する事に心を集中させました。
何だかんだで地蔵山とP917を見渡す所まで戻って来て、改めて長い道のりだったなと感慨に耽りかけますが、早く下山しないといけない時刻になってしまっています。
しかし、思うようにスピードは上がらないし、お腹が空腹を訴えておりました。
何とか社務所前まで戻り、ここで食事にしました。
もぐもぐ食べて、ごくごく飲んで、エネルギーの補給を完了。
遅くなってしまったので、表参道で下山です。
途中までは快調に進みましたが、階段ゾーンはランプを点灯させながらの下りになり、ゆっくりの移動を余儀なくされました。
我慢の歩行を続け、何とか二の鳥居に到着し、ここでアイゼンとスパッツを外し、下山完了です。
清滝のバス停まで意外と軽やかに進み、この日のゴール地点に到着しました。

以上、長々と振り返ってみました。
楽しさも味わったけど、それ以上に苦しい山行でした。
反省すべき点など、色々と感じた事はありますが、まずは無事に下山できた事を感謝です。
この冬の間にまだ雪山へ赴く機会はありそうだけど、次回は軽めのルートを選ぶようにしよう。
訪問者数:376人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ