ヤマレコ

記録ID: 1052124 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

2017-01-24 川苔山ウスバ尾根~川苔山~曲がり尾根

日程 2017年01月24日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
青梅線奥多摩駅下車  東日原行きバス乗車  川苔橋下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間13分
休憩
0分
合計
8時間13分
Sスタート地点07:1915:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
曲がり尾根の下降点で一部急峻な所があるが、ロープが張られているので問題なし。
その他周辺情報清東橋バス停から川井駅までのバス便は、土曜日曜より平日の方が便が多く便利。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ザイル シュリンゲ カラビナ スパッツ アイゼン。

写真

川苔橋 林道入口に在る石仏、誰が供えたのだろうか花があった。
2017年01月24日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔橋 林道入口に在る石仏、誰が供えたのだろうか花があった。
川苔橋バス停、下車したのは私を含めて三人だけ。
2017年01月24日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔橋バス停、下車したのは私を含めて三人だけ。
林道入口のゲート、鍵は掛かっていないので、自己責任で通行できるらしい?。
2017年01月24日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入口のゲート、鍵は掛かっていないので、自己責任で通行できるらしい?。
前方に見えるのは竜王橋。
2017年01月24日 07:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に見えるのは竜王橋。
竜王橋とある。
2017年01月24日 07:54撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王橋とある。
竜王橋から石尾根を望む。
2017年01月24日 07:54撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王橋から石尾根を望む。
竜王橋からすぐのカーブミラー、この裏手が仕事道の取り付き点、左上に看板あるので分かりやすい。
2017年01月24日 07:55撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王橋からすぐのカーブミラー、この裏手が仕事道の取り付き点、左上に看板あるので分かりやすい。
1
仕事道の689メートル点付近から強引に尾根筋に取りつき、730メートル点付近で振り返る、急登だ。
2017年01月24日 08:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕事道の689メートル点付近から強引に尾根筋に取りつき、730メートル点付近で振り返る、急登だ。
1
750メートル点付近で仕事道が横断する、木の影で見ずらい。
2017年01月24日 08:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
750メートル点付近で仕事道が横断する、木の影で見ずらい。
同点の仕事道。
2017年01月24日 08:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同点の仕事道。
873メートル点付近から急登を振り返る。
2017年01月24日 08:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
873メートル点付近から急登を振り返る。
同点から急登を振り返る。
2017年01月24日 08:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同点から急登を振り返る。
930メートル点付近から長沢背稜を望む。
2017年01月24日 09:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
930メートル点付近から長沢背稜を望む。
1110メートル点付近から左奥に雲取山を望む。
2017年01月24日 09:41撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1110メートル点付近から左奥に雲取山を望む。
1102メートル点付近から長沢背稜を望む。
2017年01月24日 09:41撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1102メートル点付近から長沢背稜を望む。
ウスバ乗越、道標の裏手から尾根筋を辿る。
2017年01月24日 09:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスバ乗越、道標の裏手から尾根筋を辿る。
1
1172メートル点付近から左奥に石尾根を望む。
2017年01月24日 10:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1172メートル点付近から左奥に石尾根を望む。
1285メートル点付近で一般登山道に出る、木にテープが巻いてあった。
2017年01月24日 10:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1285メートル点付近で一般登山道に出る、木にテープが巻いてあった。
1
同、直ぐ先にロープが張られていた、ウスバ尾根の取り付き点だ。
2017年01月24日 10:39撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、直ぐ先にロープが張られていた、ウスバ尾根の取り付き点だ。
1
川苔山山頂 私の他にひとりだけ。
2017年01月24日 11:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山山頂 私の他にひとりだけ。
1
山頂から。
2017年01月24日 11:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。
山頂から。
2017年01月24日 11:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。
山頂から。
2017年01月24日 11:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。
山頂から。
2017年01月24日 11:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。
1
1331メートル点付近、ここで握り飯を一つ食べた、本日の食事これだけ。
2017年01月24日 11:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1331メートル点付近、ここで握り飯を一つ食べた、本日の食事これだけ。
同、振り返るとトレールが綺麗についているが、ウスバ尾根から一般道出て山頂までは坪足でほとんど歩かれていなかった。マイナーと言うことか?。
2017年01月24日 11:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、振り返るとトレールが綺麗についているが、ウスバ尾根から一般道出て山頂までは坪足でほとんど歩かれていなかった。マイナーと言うことか?。
1341メートル点付近の道標、古里駅方面に向かう。
2017年01月24日 11:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1341メートル点付近の道標、古里駅方面に向かう。
同、長沢背稜を望む。
2017年01月24日 11:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、長沢背稜を望む。
1341メートル点付近の道標。
2017年01月24日 11:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1341メートル点付近の道標。
1292メートル点付近の道標。
2017年01月24日 11:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1292メートル点付近の道標。
1268メートル点付近の道標。
2017年01月24日 11:48撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1268メートル点付近の道標。
同、道標の裏手の先に見えるコブが真井北稜の取り付き点(真名井沢の峰)
2017年01月24日 11:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、道標の裏手の先に見えるコブが真井北稜の取り付き点(真名井沢の峰)
真井北稜取り付き点、木にテープ巻いてあった(真名井沢の峰)
2017年01月24日 11:52撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真井北稜取り付き点、木にテープ巻いてあった(真名井沢の峰)
1177メートル点付近。分岐点、左が曲がり尾根。右が真名井沢北陵だが取付き点もう少し手前だと思う、これを登りに取ると分かりずらい所だ。
2017年01月24日 12:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1177メートル点付近。分岐点、左が曲がり尾根。右が真名井沢北陵だが取付き点もう少し手前だと思う、これを登りに取ると分かりずらい所だ。
1042メートル点付近。
2017年01月24日 12:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1042メートル点付近。
46号鉄塔。
2017年01月24日 12:40撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
46号鉄塔。
942メートル点付近にある看板。
2017年01月24日 12:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
942メートル点付近にある看板。
706メートル点付近から大丹波川曲ケ谷に掛かる橋を望む。
2017年01月24日 13:19撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
706メートル点付近から大丹波川曲ケ谷に掛かる橋を望む。
同、大丹波川曲ケ谷に掛かる橋の手前左が曲がり尾根の取り付き点、分かり難いが薄く踏み跡がある。尚、この径は狼住所に向かう。
2017年01月24日 13:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、大丹波川曲ケ谷に掛かる橋の手前左が曲がり尾根の取り付き点、分かり難いが薄く踏み跡がある。尚、この径は狼住所に向かう。
同、から左奥に木に黄色いテープが巻かれてあった。
2017年01月24日 13:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、から左奥に木に黄色いテープが巻かれてあった。
同、狼住所に向かう径。
2017年01月24日 13:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、狼住所に向かう径。
同、沢床。
2017年01月24日 13:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、沢床。
大丹波川曲ケ谷と大丹波川の出会。
2017年01月24日 13:28撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丹波川曲ケ谷と大丹波川の出会。
獅子口小屋方面に向かう径。
2017年01月24日 13:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子口小屋方面に向かう径。
林道から取り付き点。
2017年01月24日 13:48撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から取り付き点。

感想/記録

土曜日にステキな仲間達35人とハイキングに行った、下山後に誘われるままに居酒屋に立ち寄った。87歳の大先輩が隣の席で、その紳士ぶりと穏やかさ優しさに感動し、調子に乗って飲みすぎてしまった。翌日個人山行の予定だったのだが、結局その日は女房と昭和記念公園を散策することになったが、また酒を飲みすぎて次の日も山行できず本日に至った。
今日は冬山装備としたが正解だった、かなり冷え込んでいる、稜線では風が強く腰から下がかなり冷えた。
竜王橋を過ぎて直ぐにカーブミラーの裏から仕事道に入る。この道は過って逆さ川を遡行し下降に何度も使用した事がある、逆さ川の大滝の先にあり左に行くとカーブミラーで右に行くと川苔山である。右に行ったことはないが一般登山道に繋がっているのだろうか?
話を戻して、仕事道の689メートル点付近で強引に尾根筋に取り付いた。もう少し仕事道を辿ても良かったが、地形図の尾根筋を忠実に辿りかったからである、かなりの急登であるが凌いだ。尾根筋を辿ると何度となく仕事道が現れるが、なるべく尾根筋を辿ることにした、ルートを外す心配
からだ。尾根の巻き道として度々仕事道が出てくるが、上手く仕事道を利用した方が得策だと思う。
ウスバ乗越手前での急登では雪があり(アイゼン未使用)アルバイトを強いられた又、ウスバ乗越後も同じ目に遭った。ここで時間を取られたため予定時刻のバスに乗り遅れる結果となったのである。
ウスバ尾根から一般登山道に出てツボ足を辿り山頂は直ぐだった、平日故に山頂には私の他に一人だけ居た。
曲がり尾根に取り付くには、真名井沢の峰から真井北陵に入る。1168m点が分岐点で曲がり尾根は右だ、北陵に入るのは少し手前のような気がする?、兎も角分かりずらい所だ(地形が複雑)。
尾根に入ってしばらくすると鉄塔が見えてくる、これを目掛けてルートを取って行く、706メートル点付近で大丹波曲ヶ谷に掛かる橋が見えてくる(これを目掛けてルートを取ってはダメ、要注意)、ブッシュ帯に入るが尾根筋を外さず行くと木に黄色いテープが在るので、これを左に折れ踏み跡を拾って行くと、先ほど見えた橋とは別の橋のたもとに出る、狼住所に繋がる一般登山道だ、これを右に行けば大丹波川と曲がり谷の出会い出る。
アルバイトを強いられたおかげでバスに乗り遅れる(20分ほど)、川井駅まで歩くことに、5.2kの車道歩きは退屈だった。
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ