また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055211 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

【奥秩父】道の駅みとみ〜雁坂峠〜甲武信ヶ岳〜西沢渓谷

日程 2017年01月28日(土) 〜 2017年01月29日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候【1日目】
快晴、稜線の風ほぼなし
12時頃の雁坂峠の気温10℃近く
日没過ぎの破風山避難小屋内気温0℃

【2日目】
快晴、夕方より曇り、稜線の風木賊山位西でやや強めの西風
6時頃の破風山避難小屋内気温-4℃
9時過ぎの甲武信小屋の気温-2℃

※かなり天気が良かったので、普段はこれに5℃程度下がるかと
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅みとみに7:00前に到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間3分
休憩
1時間16分
合計
9時間19分
Sスタート地点07:4707:55雁坂トンネル有料道路料金所駐車場07:5708:41沓切沢橋08:4709:26沓切沢出合10:29井戸ノ沢出合10:3411:34雁坂峠12:2113:21雁坂嶺13:2615:04東破風山15:1316:05破風山16:0717:06破風山避難小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雁坂峠までは、積雪はあれどほぼ予定通りのCTで進むことが出来た。
が、その後のラッセルに手こずってしまい、予定の倍の時間をかけてしまった。
2日目は避難小屋で荷物を減らせたこと、ラッセル時間が短かかったこと、それ以降はしっかりトレースされていたので負担少なく下ることが出来たのでとても助かりました。
コース状況/
危険箇所等
【道の駅みとみ〜雁坂峠】
沓切橋まではひたすら林道を歩く。そこから登山道となる。
井戸ノ沢までは比較的緩やかな登り、以降は急登になる。
積雪は道の駅みとみからずっと。登山道に入ってから沢を渡る箇所が数度あり、完全に凍結しているため、アイゼンが必要。

【雁坂峠〜甲武信小屋巻道分岐】
稜線を進む。東破風山〜西破風山の展望が良い。雁坂嶺は展望なし
西破風山の登り、東破風山の下りは急で結構怠い。
雁坂嶺〜西破風山、東破風山〜甲武信ヶ岳の登り返しが大きい。

【甲武信ヶ岳積雪状況】
雁坂峠〜甲武信小屋まき道分岐まではトレース薄く、吹き溜まりのものは完全に消滅するので、ほぼ全行程でラッセルが必要になる。今回はコースタイムの倍の時間を要した。
甲武信ヶ岳〜戸渡尾根は徳ちゃん新道と近丸新道の分岐あたりまでは深い積雪のため要アイゼン。
戸渡尾根及び甲武信ヶ岳〜まき道〜木賊山はしっかり踏まれている。甲武信小屋〜木賊山はトレース跡薄い。

【甲武信ヶ岳〜地下丸新道〜徳ちゃん新道】
甲武信ヶ岳〜木賊山を百数十mの登り返しがあり、急登でやや怠い。
木賊山から以降はずっと狭くて急な下り。徳ちゃん新道は分岐直後と麓近くの急坂が特に怠い。
その他周辺情報【破風山避難小屋】
25人は収容できそう。
だるまストーブ設置。薪は一応置いてあるが、非常用のため使用しないこと。
道中で枝を拾いながら行くとよい。(着火剤添付済の豆炭を寄贈させていただきました)
トイレ無し。水場は少し下る(水は麓から上げたので未確認)

【道の駅みとみ】
登山ポスト:なし
駐車:100台は停まれる?
便所:あり
入浴:温泉
食事:道の駅みとみ

【西沢渓谷】
登山ポスト:子酉橋傍の公衆トイレに登山指南所が併設されており、登山ポストもあり。
駐車:西沢渓谷入り口にあり。
便所:子酉橋傍に公衆トイレあり
入浴:西沢渓谷バス停付近にはない。バス路線上に温泉はあるみたいだが、終バス時刻が早いので寄ってる時間もあまりなさそう
食事:道の駅みとみなど
観光:西沢渓谷を散策してみるとか
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール シェラフ
共同装備 豆炭 鍋用食材等 日本酒5合 ウイスキー
備考 毎度のことながら腕時計を忘れ…あとヤマレコMAPの地図データをダウンロード忘れてた…

写真

道の駅みとみに到着。後ろには木賊山が見えます(右)
2017年01月28日 07:05撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みとみに到着。後ろには木賊山が見えます(右)
1
道の駅から少し下ったところにある登山口から雁坂峠へ向かいます。
2017年01月28日 07:31撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅から少し下ったところにある登山口から雁坂峠へ向かいます。
村営の釣り堀がありました。
2017年01月28日 07:33撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営の釣り堀がありました。
しばらく林道を歩きます。途中で鹿の番が前を横切りました!
2017年01月28日 08:01撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道を歩きます。途中で鹿の番が前を横切りました!
沓切橋に到着。ここから本格的な登山道です。
2017年01月28日 08:43撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓切橋に到着。ここから本格的な登山道です。
川が凍っていました。
2017年01月28日 08:53撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川が凍っていました。
1
雪は積もっていましたが、それほど深くもなく、また踏み跡もしっかりしていたのでサクサク進みます
2017年01月28日 09:04撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は積もっていましたが、それほど深くもなく、また踏み跡もしっかりしていたのでサクサク進みます
完璧に凍りついた沢を横断。設置されていたロープを完全に頼りにして、どうにか渡ることが出来ました。
2017年01月28日 09:08撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完璧に凍りついた沢を横断。設置されていたロープを完全に頼りにして、どうにか渡ることが出来ました。
2
谷間のちょうど真ん中に朝日が差し込んできた!
2017年01月28日 09:25撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間のちょうど真ん中に朝日が差し込んできた!
3
丸太の橋を渡ります。
2017年01月28日 09:31撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太の橋を渡ります。
日の当たるところはとても暖かい…温度計を見たら10℃近くあるって!
2017年01月28日 10:27撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の当たるところはとても暖かい…温度計を見たら10℃近くあるって!
「井戸ノ沢」のペインティング。ここからが急登になります
2017年01月28日 10:29撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「井戸ノ沢」のペインティング。ここからが急登になります
樹林帯を抜け展望の良い所で気分も晴れやかです。
2017年01月28日 11:04撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け展望の良い所で気分も晴れやかです。
本日初富士山!
2017年01月28日 11:15撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日初富士山!
1
アップで
2017年01月28日 11:15撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで
3
急登に息を切らせながら雁坂峠に到着!
2017年01月28日 11:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に息を切らせながら雁坂峠に到着!
1
西側を見れば南アルプスが
2017年01月28日 12:14撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側を見れば南アルプスが
昼食を摂って雁坂嶺へ挑みます。
2017年01月28日 12:23撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食を摂って雁坂嶺へ挑みます。
1
雁坂峠で会った人がワカンがあったら着けたほうが良いと教えてくれましたが、たしかにこれは欲しいかも…
2017年01月28日 12:58撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠で会った人がワカンがあったら着けたほうが良いと教えてくれましたが、たしかにこれは欲しいかも…
2
峠から地味に距離のある雁坂嶺に到着。ここでアイゼンとストックを装備しました。
2017年01月28日 13:25撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から地味に距離のある雁坂嶺に到着。ここでアイゼンとストックを装備しました。
両脇の木にストックが引っかかるのが気になります。
2017年01月28日 13:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両脇の木にストックが引っかかるのが気になります。
東破風山に向かう急登。ラッセルするだけでも大変なのに岩場で滑ったりして…
2017年01月28日 15:00撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東破風山に向かう急登。ラッセルするだけでも大変なのに岩場で滑ったりして…
やっとのことで東破風山に登頂。汗ダラダラ
2017年01月28日 15:08撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで東破風山に登頂。汗ダラダラ
北を見れば上州の山々が!
2017年01月28日 15:44撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北を見れば上州の山々が!
1
西破風山に到着。日没までにたどり着けるかしらん…
2017年01月28日 16:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西破風山に到着。日没までにたどり着けるかしらん…
今回一番懸念していた西破風山からの下り。展望は良いんだけどなぁ。
2017年01月28日 16:14撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回一番懸念していた西破風山からの下り。展望は良いんだけどなぁ。
明日登る甲武信ケ岳(真ん中)を望む
2017年01月28日 16:15撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登る甲武信ケ岳(真ん中)を望む
そろそろ日没だなぁ…夕焼けの富士山が映えるなぁ…
2017年01月28日 17:01撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ日没だなぁ…夕焼けの富士山が映えるなぁ…
4
破風山避難小屋に到着!日没時刻は17:09なのでギリギリセーフ(山の陰なので薄暗くなってたけど)
2017年01月28日 17:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋に到着!日没時刻は17:09なのでギリギリセーフ(山の陰なので薄暗くなってたけど)
2
道中拾ってきた枝をだるまストーブにくべる。一時的にではありますがストーブの周りは10℃近くまで上がりました。
2017年01月28日 17:28撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中拾ってきた枝をだるまストーブにくべる。一時的にではありますがストーブの周りは10℃近くまで上がりました。
5
持ち寄った食材と酒で鍋パーティ!日本酒は熱燗にしていただきました。
2017年01月28日 17:52撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持ち寄った食材と酒で鍋パーティ!日本酒は熱燗にしていただきました。
4
寝る前に外に出て星空撮影。今までで一番綺麗に撮影することが出来ました。
2017年01月28日 22:01撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝る前に外に出て星空撮影。今までで一番綺麗に撮影することが出来ました。
5
翌朝、ラッセルタイムを考慮して少し早めに出発。
2017年01月29日 06:30撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、ラッセルタイムを考慮して少し早めに出発。
3
延々とラッセル…が、早朝で雪がまだ凍ってるため場所によってはつぼ足せずに上に乗れる。
2017年01月29日 06:41撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々とラッセル…が、早朝で雪がまだ凍ってるため場所によってはつぼ足せずに上に乗れる。
1
昨晩の鍋パと暖かい小屋内での休養で体調は万全。これなら昨日ほど酷くはならなそうだ。
2017年01月29日 07:12撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩の鍋パと暖かい小屋内での休養で体調は万全。これなら昨日ほど酷くはならなそうだ。
賽の河原に到着。
2017年01月29日 07:37撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原に到着。
賽の河原からの富士山
2017年01月29日 07:39撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原からの富士山
4
振り向けば散々な目に遭わされた破風山
2017年01月29日 07:41撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば散々な目に遭わされた破風山
1
秩父方面はきれいな雲海が出来ていました。
2017年01月29日 07:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父方面はきれいな雲海が出来ていました。
南を見れば富士山と連なる山々が良い感じです。
2017年01月29日 07:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南を見れば富士山と連なる山々が良い感じです。
5
またしばらくラッセルを続け、ようやくのことで甲武信小屋の巻道に辿り着きました!
2017年01月29日 08:37撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしばらくラッセルを続け、ようやくのことで甲武信小屋の巻道に辿り着きました!
しっかり踏み固められていて歩きやすい…甲武信ヶ岳スゴイ…(違う)
2017年01月29日 08:38撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり踏み固められていて歩きやすい…甲武信ヶ岳スゴイ…(違う)
1
甲武信小屋に到着。誰かいるかと思ってましたが、そんなこともありませんでした。
2017年01月29日 09:05撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋に到着。誰かいるかと思ってましたが、そんなこともありませんでした。
「冬季閉鎖、笹平の避難小屋を利用すること」との張り紙。えぇ…大変苦労しましたが…
2017年01月29日 09:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「冬季閉鎖、笹平の避難小屋を利用すること」との張り紙。えぇ…大変苦労しましたが…
1
甲武信小屋にザックをデポして空身で山頂へ向かいます。
2017年01月29日 09:13撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋にザックをデポして空身で山頂へ向かいます。
1
見事に甲武信ヶ岳に登頂!
2017年01月29日 09:35撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事に甲武信ヶ岳に登頂!
4
北〜西側の展望! 正面の白いのが北アルプス、左端が八ヶ岳です。
2017年01月29日 09:36撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北〜西側の展望! 正面の白いのが北アルプス、左端が八ヶ岳です。
西〜南西側の展望! 正面手前から国師ヶ岳、朝日山、金峰山と連なり、その後ろ奥、金峰山の左が南アルプス、右が中央アルプスです。
2017年01月29日 09:36撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西〜南西側の展望! 正面手前から国師ヶ岳、朝日山、金峰山と連なり、その後ろ奥、金峰山の左が南アルプス、右が中央アルプスです。
2
先程の写真をまとめてパノラマ撮影! 主要な名峰が一望できる素晴らしき快晴の甲武信ヶ岳!
2017年01月29日 09:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の写真をまとめてパノラマ撮影! 主要な名峰が一望できる素晴らしき快晴の甲武信ヶ岳!
1
あ、富士山もキレイでしたよ!(雑)
2017年01月29日 09:46撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、富士山もキレイでしたよ!(雑)
6
山頂は風も強くそれなりに寒いので、早々に撤収して下山します。甲武信小屋の荷物を収容して巻道を戻る。
2017年01月29日 10:17撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風も強くそれなりに寒いので、早々に撤収して下山します。甲武信小屋の荷物を収容して巻道を戻る。
木賊山分岐。木賊山方面のほうが踏み跡が多い印象。甲武信まで行くガッツはなかったのかしらん?
2017年01月29日 10:48撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山分岐。木賊山方面のほうが踏み跡が多い印象。甲武信まで行くガッツはなかったのかしらん?
ここからはひたすら下ります。
2017年01月29日 10:58撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはひたすら下ります。
林の中の細い道の急坂なので、ちょっと歩きにくいですね。
2017年01月29日 12:24撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中の細い道の急坂なので、ちょっと歩きにくいですね。
近丸新道との分岐点でアイゼンを外し、徳ちゃん新道を降ります。
2017年01月29日 13:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近丸新道との分岐点でアイゼンを外し、徳ちゃん新道を降ります。
徳ちゃん新道はヤセ尾根の岩場だったりぬかるみがあったりでかなり怠い。。
2017年01月29日 14:25撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道はヤセ尾根の岩場だったりぬかるみがあったりでかなり怠い。。
そして最後の難関。尾根道から左の急な斜面を下ります。ここがまたキツい…!
2017年01月29日 14:30撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後の難関。尾根道から左の急な斜面を下ります。ここがまたキツい…!
1
北側を向けば笹平が見える。…が、避難小屋は見えなかった残念…。
2017年01月29日 14:37撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側を向けば笹平が見える。…が、避難小屋は見えなかった残念…。
徳ちゃん新道の急勾配をすべてクリアし、無事に西沢山荘に到着。お疲れ様でした!
2017年01月29日 15:33撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道の急勾配をすべてクリアし、無事に西沢山荘に到着。お疲れ様でした!
まったり遊歩道。
2017年01月29日 15:46撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったり遊歩道。
西沢渓谷入り口のゲートに到着。お疲れ様でした!!
2017年01月29日 15:57撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷入り口のゲートに到着。お疲れ様でした!!
1
撮影機材:

感想/記録

前回の山行で山仲間になったOさんから「今度一緒に甲武信ヶ岳に登ろうぜ!(意訳)」と連絡が来たので、熟練者がいるなら行ってみようか!と半ばノリで同行することにしました。
とは言え去年の5月に甲武信ヶ岳に登ったときにも2300m付近から積雪があったことを考えると慎重にならざるをえないわけで。しっかり準備を整えて当日に挑みました。

延々と続くラッセルは身も心もクタクタになったけど、良い雪上歩行訓練になり経験値を得ることが出来ました。
普段が単独行ばかりなので、他の人と支え合って協力して登る頼もしさを知ることが出来ました。
天気のめぐり合わせが良く、気温も安定しており、素晴らしい展望を拝むことが出来ました。

【今回の山であった人達】
雁坂峠までのコースで、下りが2人、登り(追い抜かれ)が1人とあったきりでした。
追い抜かれた人には雁坂峠で昼食を摂っている時に雁坂嶺ピストンからの降りで再会しました。雁坂嶺までの状況を聞いた所、結構積雪があるので、ワカンなどがあったら付けたほうが良いとのこと。あー持ってきたら良かったなー…と思ったりしました。
以降は誰とも会いませんでした。甲武信ヶ岳辺りは誰かと会いそうな感じもしたんだけどなぁ。
訪問者数:1087人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 急登 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ