また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089951 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒〜黒戸尾根(北岳と仙丈の好展望)

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴 (予報では-3℃9mの風だったけど微風に感じられた)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白渓谷の駐車場 工事中で停められるスペース半減
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
消費した水 1000ml
食べたもの ビスケット あんぱん チョコ菓子など1200kcal
コース状況/
危険箇所等
トレースはバッチリです 感謝!!
一番危険に感じられたのは8合目御来光場の上 夏場なら登りにくい鎖とステップのあるところのさらに上 ルンゼ状の鎖場でしょう(写真あり)
ルンゼがすべて埋まり鎖がない 登りは余裕だったが下りはピッケルを刺しては数歩降りるのを繰り返す。 
30mほどしかないが、かなり慎重に下った。
それ以外は危険個所はないように思えた。
 
その他周辺情報尾白の湯 820円
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

天候調査 7時の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候調査 7時の天気
1
天候調査 下山時刻の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候調査 下山時刻の天気
1
ヤマテン 甲斐駒の天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマテン 甲斐駒の天気
1
かいじ号 レンタカーは20時が締め切りなので特急で
2017年03月19日 19:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かいじ号 レンタカーは20時が締め切りなので特急で
1
真っ暗の中、出発します
思ったより寒くない
2017年03月20日 04:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗の中、出発します
思ったより寒くない
この橋を越えると緊張します いよいよ山に入ります
2017年03月20日 04:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を越えると緊張します いよいよ山に入ります
1
いつの間にか周りは雪だらけ チェーンスパイクを装着
2017年03月20日 06:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか周りは雪だらけ チェーンスパイクを装着
七丈小屋 ここまで4時間オーバー
2017年03月20日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋 ここまで4時間オーバー
いつも難儀する鎖場 雪で埋まり夏より楽?
2017年03月20日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも難儀する鎖場 雪で埋まり夏より楽?
2
山頂見えた!
2017年03月20日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂見えた!
9
積雪期の甲斐駒2回目 5時間40分・・
2017年03月20日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪期の甲斐駒2回目 5時間40分・・
15
危険を感じたルンゼ 雪で埋まって木々も一部しか見えていない。30m60度と推測・・
2017年03月20日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険を感じたルンゼ 雪で埋まって木々も一部しか見えていない。30m60度と推測・・
8
2015年12月(寡雪の年) ルンゼは埋まってない 周りに木々も多く危険は感じない
2015年12月30日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年12月(寡雪の年) ルンゼは埋まってない 周りに木々も多く危険は感じない
1
七丈小屋から往復3時間 予想どおり
2017年03月20日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋から往復3時間 予想どおり
ようやく橋 ちかれた🙌
2017年03月20日 14:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく橋 ちかれた🙌
甲斐駒 チョコっとしか見えておらず・・
2017年03月20日 15:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒 チョコっとしか見えておらず・・
「甲斐駒がこんなに大変だとは思わなかった。赤岳にすればよかった」とすれ違った人がいっていました (確かにそうだ・・)
2017年03月20日 15:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「甲斐駒がこんなに大変だとは思わなかった。赤岳にすればよかった」とすれ違った人がいっていました (確かにそうだ・・)
帰りも「かいじ号」 普通列車まで待ってられん!
2017年03月20日 18:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも「かいじ号」 普通列車まで待ってられん!
1

感想/記録

ヤマレコの記録を拝読すると甲斐駒を積雪期でも日帰りが可能と記録が並ぶ
なので12時をリミット(明日は仕事なので)にして遅ればせながら積雪期日帰りに挑んでみた。

はじめは健康ランドに泊まろうと思っていたが、超満員で快適に寝られるとは思えない まだ車中泊の方が快適だろう
仕方ないので中央道双葉SAで5時間ほど仮眠

3時20分に目覚ましをセットしたが、バタバタしてしまい尾白渓谷の駐車場に着いたのは4時40分  4時30分に出発する予定が20分遅れてしまった。

踏み跡は明瞭でラッセルなどはないようだ。
ラッセルしていたらとても日帰りなどできない あまりに明瞭な割には駐車場には3〜4台しか止まっていない。
あとで分かったことだが三連中の初日と2日目に大勢登りそのトレースが残っていたのだろう。
今日登っている人は日帰り組が3人 小屋泊まりとテント泊の人が4〜5人といったところだろうか。
今日は午前中こそ風が強いが午後からは風が止む見込み 昼前に到着すればいいなあと予定を立てた。

今回は長丁場なので12爪アイゼンは極力七丈小屋より上の核心部分でしか使いたくない。 12爪アイゼンを履いて歩けばバテるのも早いのだろうと。その代わりにチェーンスパイクを使ってみた。
かなり効果ありチェーンスパイク(または軽アイゼン)を抜きで行動するには長丁場には不利なのは明らか。

予定通り七丈小屋までチェーンスパイクで登ったがやっぱり無理があった。
七丈小屋で12爪アイゼンに装着しなおすと、ペースがガクッと落ちる。
ここから山頂まで往復3時間とみているがやっぱりそのくらいになりそう。

山頂から2人降りてきて危険個所を聞くとやっぱりご来光場より上のルンゼが危険個所のようだ。
登りは恐怖心もなくすんなり登れたが、ふと後ろを振り返るとめちゃくちゃ急斜面で落っこちたら無傷ではすまなそうだった。

山頂が目前に迫ってきた 2人いるが北沢峠から登ってきた。と言っていた。、
その方に写真を撮ってもらい、礼を言って下山にかかる

やっぱり怖いのは雪で埋まったルンゼ やっぱりビビってしまった。
ピッケルをしっかり刺して1歩か2歩 降りるの繰り返し。

七丈小屋で五合目にテント泊の方に追いつく
いろいろ厳冬期のテント生活の話を聞けて楽しいが、僕には実際にできるのだろうか。

あとは12爪アイゼンを五合目まで装着し、笹の平分岐までチェーンスパイクで行動した。
笹の平分岐から下は雪がないと言えばうそでたまに葉っぱの下に隠れた氷に足を取られ尻もちをついたりした。

15時に駐車場に着く
これなら温泉に入れるわあ 楽しみ
10時間の山行は無事に終えることができました お疲れさまでした。

訪問者数:2099人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ