また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1091561 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

しらびそ小屋から天狗岳(テント泊)

日程 2017年03月19日(日) 〜 2017年03月20日(月)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口となるみどり池入口の駐車場は20台弱しか駐車できません。週末は満車になることも多いと思います。なお、冬期はツルツルに凍結します。トイレや自動販売機などはありません。ちょっと遠いですが、稲子湯なら施設はそろっています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間32分
休憩
14分
合計
1時間46分
Sミドリ池入口11:4612:50こまどり沢 水場13:0413:32しらびそ小屋
2日目
山行
5時間4分
休憩
2時間30分
合計
7時間34分
しらびそ小屋07:5008:03ミドリ池08:0408:09中山峠・本沢温泉分岐08:1009:22中山峠09:3010:19天狗の鼻10:2010:23東天狗岳11:0411:07天狗の鼻11:37天狗の奥庭11:3812:01黒百合ヒュッテ12:4312:48中山峠12:4913:37中山峠・本沢温泉分岐13:3813:42ミドリ池14:3314:49こまどり沢 水場14:5115:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山時にGPSが暴れたようです(往路と同じルートを歩きました)。
コース状況/
危険箇所等
特段の危険箇所はありません。
唯一、中山峠手前は急斜面です。ルート(トレース)も複数出来ています。
往路(みどり池入口〜みどり池〜中山峠〜東天狗岳)は、すべてチェーンスパイクで行きました。復路(東天狗岳〜黒百合ヒュッテ〜みどり池)は、前爪アイゼンでした。下山(みどり池〜みどり池入口)はズボ足です。
その他周辺情報せっかくなので稲子湯に立ち寄りましたが、貸切状態でした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ テント シェラフ

写真

11:49 ゲートを越えて登山開始
2017年03月19日 11:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:49 ゲートを越えて登山開始
気持ちの良いルートです。ファンになりました。
2017年03月19日 11:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いルートです。ファンになりました。
13:04 がんばって40分とありますが、普通に30分で着くと思います。
2017年03月19日 13:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:04 がんばって40分とありますが、普通に30分で着くと思います。
1
13:08 時々見る変な木。
2017年03月19日 13:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08 時々見る変な木。
13:55 テント指定地にテント設営完了です。
2017年03月19日 13:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:55 テント指定地にテント設営完了です。
1
しらびそ小屋で休憩しました。良い雰囲気の小屋です。ビールは売っていますが、ジュース類は販売していません。
2017年03月19日 14:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらびそ小屋で休憩しました。良い雰囲気の小屋です。ビールは売っていますが、ジュース類は販売していません。
1
みどり池とその奥の東天狗岳。かまくらもありました。
2017年03月19日 14:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池とその奥の東天狗岳。かまくらもありました。
2
この夜は、連休中にもかかわらず、テントは2つでした。
2017年03月19日 18:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この夜は、連休中にもかかわらず、テントは2つでした。
2
08:09 翌日は天狗岳を目指します。この分岐は右ですが、本沢温泉や硫黄岳へは左です。
2017年03月20日 08:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:09 翌日は天狗岳を目指します。この分岐は右ですが、本沢温泉や硫黄岳へは左です。
09:18 中山峠手前の急登です。トレース、ステップがあり、特段危険ではありません。
2017年03月20日 09:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:18 中山峠手前の急登です。トレース、ステップがあり、特段危険ではありません。
10:12 連休最終日ということもあり、相当な人が入っていました。トレースもはっきりしているので、チェーンスパイクのまま東天狗まで登ってしまいました。なお、息子とは夏山1回、雪山は3回目の登頂となります。
2017年03月20日 10:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:12 連休最終日ということもあり、相当な人が入っていました。トレースもはっきりしているので、チェーンスパイクのまま東天狗まで登ってしまいました。なお、息子とは夏山1回、雪山は3回目の登頂となります。
4
山頂(東天狗)ジャンプ。奥は、西天狗です。今回は黒百合ヒュッテで昼食をとるために、西天狗には行きませんでした。
2017年03月20日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(東天狗)ジャンプ。奥は、西天狗です。今回は黒百合ヒュッテで昼食をとるために、西天狗には行きませんでした。
6
山頂からは、みどり池やしらびそ小屋が確認できました。
2017年03月20日 11:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは、みどり池やしらびそ小屋が確認できました。
1
11:04 東天狗山頂を振り返ります。下りは、前爪アイゼンにしました。
2017年03月20日 11:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:04 東天狗山頂を振り返ります。下りは、前爪アイゼンにしました。
黒百合ヒュッテで昼食をとりたいので、天狗の庭経由ルートで向かいます。夏よりも圧倒的に歩きやすかったです。
2017年03月20日 11:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテで昼食をとりたいので、天狗の庭経由ルートで向かいます。夏よりも圧倒的に歩きやすかったです。
1
11:44 山頂から1時間かからずに黒百合ヒュッテに到着です。
2017年03月20日 11:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:44 山頂から1時間かからずに黒百合ヒュッテに到着です。
この山荘前の斜面は尻セードなどで遊びたくなる斜面です。アイゼンをしていたので、素直に下りました。
2017年03月20日 11:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山荘前の斜面は尻セードなどで遊びたくなる斜面です。アイゼンをしていたので、素直に下りました。
1
黒百合ヒュッテで豪華な昼食。名物ビーフシチューです。ケーキは売り切れでした。
2017年03月20日 12:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテで豪華な昼食。名物ビーフシチューです。ケーキは売り切れでした。
4
12:57 中山峠の先は、急斜面になります。息子は、大人用のステップの幅に合わないので、どうしてもゆっくりになります。
2017年03月20日 12:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:57 中山峠の先は、急斜面になります。息子は、大人用のステップの幅に合わないので、どうしてもゆっくりになります。
この日のテン場は某高校山岳部のテントで大賑わいでした。顧問の先生に話しをきくと、この5年で部員が大きく増えて、各学年10人以上いるそうです。
2017年03月20日 14:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日のテン場は某高校山岳部のテントで大賑わいでした。顧問の先生に話しをきくと、この5年で部員が大きく増えて、各学年10人以上いるそうです。
4
15:21 みどり池入口まで下山しました。しらびそ小屋から、だいたい1時間程度です。橋の上はツルツルでした。
2017年03月20日 15:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:21 みどり池入口まで下山しました。しらびそ小屋から、だいたい1時間程度です。橋の上はツルツルでした。
稲子湯に立ち寄りましたが、貸切でした。良い温泉だと思います。
2017年03月20日 15:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子湯に立ち寄りましたが、貸切でした。良い温泉だと思います。
4
冬期はバスも運休しているので、静かな稲子湯です。
2017年03月20日 16:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期はバスも運休しているので、静かな稲子湯です。

感想/記録
by k2saka

3連休の後半二日間に予定が取れたため、八ヶ岳(東天狗)に行きました。いつもアプローチは西側からですが、今回は東側からとしました。

しらびそ小屋は小屋に泊まるほうがよかったかもしれません。こぢんまりしていますが、良い雰囲気の小屋でした。息子は「山登りはじめました」というマンガを読んでいて、パンの朝食が食べたかったと言っておりました。なおテン場は狭いです。テント泊の人にも水は無料で分けてくれます。トイレはバイオ式ですが、黒百合ヒュッテと比べるとどうしても見劣りします。なお、コーラなどの飲料類は販売していませんでした(ビールは有り)。ケーキも品切れでした。

小屋の方からは、小屋から山頂まで4時間と考えた方がよいとアドバイスを受けましたが、実際は中山峠まで90分、そこから東天狗までも60分程度と、休憩時間を入れても約3時間弱で登頂できました。我々は普段は遅めの歩きですので、雪で歩きやすかったのかもしれません。中山峠手前の急斜面だけ注意が必要かと思います。ただし樹林帯の中なので、あまり危険感はありません。

いつも利用する唐沢鉱泉・黒百合ヒュッテ側と比較して、人が少なく静かな山行・テント泊が楽しめました。稲子湯にも立ち寄れて、満足した山行になりました。
今度は、もう少し早い時刻に出発して、しらびそ小屋−中山峠−東天狗−夏沢峠−本沢温泉ーしらびそ小屋 の巡回ルートも歩いてみたくなりました。
訪問者数:1083人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/15
投稿数: 1351
2017/3/24 7:34
 こんにちは(*´∀`)♪
中山峠と東天狗岳で写真を撮って頂いた者です。ありがとうございました❤

テン泊で素敵なルートをお兄ちゃんと歩いて来たのですね(о´∀`о)
お天気も良く最高の登山日和でした〜♪

一緒に行ったkaorioに息子がいるんですが、k2sakaさん親子を見て羨ましがってましたよ〜♪息子を山岳部に!と張り切ってました(笑)

お疲れさまでした❤
登録日: 2014/4/17
投稿数: 35
2017/3/24 16:14
 Re: こんにちは(*´∀`)♪
nagashi様
コメントありがとうございました。あの日は天気もよくて、最高でしたね。我々は東天狗山頂に40分近く滞在してしまいました。お疲れさまでした。
息子は中学に入ったら運動部に入りたいと言っていますので、毎月行っている父子登山もそこまでかと思っています。公立には登山部はないですからね。

またどこかでお会いできることを楽しみにしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ