また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107902 全員に公開 山滑走剱・立山

雄山から御前谷を滑降して田圃平・黒部平へ 

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
 DrKimura(CL)
, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
アルペンルート 室堂から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
1時間35分
合計
5時間30分
Sみくりが池温泉07:0008:15一の越山荘08:4509:45雄山10:2511:05トラバース開始点;2195mのテラス11:2511:45鉄塔の尾根 2152m11:5012:30黒部平駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アルペンルート開通初日の4月15日に室堂に入り、15日は吹雪のため、行動できず、みくりが池温泉で停滞。16日一の越から雄山に登り、御前谷をスキー滑降して、田圃平に抜けた。
(地図のGPS軌跡は室堂山荘のあたりから始まっていますが、スイッチをいれるのが遅れたためで、実際の行程は上記のとおりです。)
コース状況/
危険箇所等
^譴留曚ら雄山への登りは、アイゼンとピッケルの世界。我々は、ピッケルは持たず、アイゼンにストックでバランスをとって登り、一部怖いところもあった。
御前谷、3000mからの滑降。雪はやわらかくゆるんで、最初の急斜面も、滑りやすかった。我々4人のみで、今シーズンのファーストトラック(?)をいただいた。
8譱庵から田圃平へトラバースして抜けるルート取り。地図にある2274mの岩塔の下を回り込むと、標高2195mに小さなテラスがあり、休憩できる。そこから、斜面を水平方向に歩いて高度を下ろさずトラバースし、ダケカンバの生える北東方向にはしる尾根を回り込むと目印の送電線の鉄塔が尾根越しに見える。高度をできるだけ降ろさないようにして、鉄塔の右側、鉄塔より高い位置で、南東方向に走る尾根を越えると、田圃平への斜面に出られる。尾根を越えないで高度を下げてトラバースしていくと崖に行く手を阻まれてしまい、戻って登り返さなければならなくなる。(GPSファイルを参考にしてください。ただし、雪庇などの状態により変動があり得ると思います。)
づ鎚猜燭悗粒蟾漾傾斜はちょうどよいが、雪質が悪化して、快適なものではなくなってしまった。 黒部平でゴールとした。
その他周辺情報大町温泉 薬師の湯 信州物見遊山手形で入浴可。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール
共同装備 ツエルト

写真

みくりが池から見た立山三山
2017年04月16日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池から見た立山三山
2
一の越から雄山。
2017年04月16日 08:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越から雄山。
2
一の越から室堂方面と奥大日岳
2017年04月16日 08:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越から室堂方面と奥大日岳
2
雄山神社に立つ
2017年04月16日 09:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山神社に立つ
2
奥大日岳方面
2017年04月16日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳方面
1
鹿島槍ヶ岳方面
2017年04月16日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳方面
2
雄山から、急斜面を降りて、一息ついて見上げる御前谷
2017年04月16日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山から、急斜面を降りて、一息ついて見上げる御前谷
御前谷の快適な滑降
2017年04月16日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前谷の快適な滑降
1
2274mの岩塔を回り込んだところの2195mのテラスから、ダケカンバの生える尾根がみえる。あの尾根をできるだけ高い位置で越えるようにトラバースする。
2017年04月16日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2274mの岩塔を回り込んだところの2195mのテラスから、ダケカンバの生える尾根がみえる。あの尾根をできるだけ高い位置で越えるようにトラバースする。
2195mテラスから黒部川方面
2017年04月16日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2195mテラスから黒部川方面
送電線鉄塔の尾根にトラバースしてきたところ。
この写真は先行して下りすぎ、登り返してきたメンバーが撮影している
2017年04月16日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔の尾根にトラバースしてきたところ。
この写真は先行して下りすぎ、登り返してきたメンバーが撮影している
尾根の乗っ越しはスキーを履いたままでは無理。
2017年04月16日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の乗っ越しはスキーを履いたままでは無理。
田圃平、ロープウェイ下で休憩。
2017年04月16日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田圃平、ロープウェイ下で休憩。
1

感想/記録

アルペンルートの開通日に入山して、御前谷のファーストトラックを滑降することができました。室堂は観光客であふれ、スキーヤー、ボーダーも多いですが、御前谷は、我々4人だけの静かな世界、素晴らしい景観のなかの滑降を堪能できました。山スキーの醍醐味。
御前谷から、田圃平に抜けるルートの取り方がポイントとなりますが、ヤマレコの過去の記録を参考にして、ほとんど登り返しなしで行けるルートがとれて、GPS記録にのこせました。
訪問者数:482人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ