また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1113586 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳(イワザクラを訪ねて長石谷〜馬の背尾根)

日程 2017年04月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所岳中道ルート登山口前駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
1時間10分
合計
4時間55分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)09:0410:11犬星大滝10:1610:57岳峠11:0211:03鎌ヶ岳11:5612:00岳峠12:04尾根分岐12:0512:13カズラ谷分岐12:21白ハゲ12:2212:26馬ノ背尾根分岐12:2713:13湯ノ峰13:35馬の背尾根登山口13:3813:46蔵之助13:55長石谷登山口13:5613:59御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

中道ルート登山口前駐車場から御在所岳を仰ぎ見ますが、今回向かうのはこちらではなく、長石谷を辿って鎌ヶ岳へ。
2017年04月22日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道ルート登山口前駐車場から御在所岳を仰ぎ見ますが、今回向かうのはこちらではなく、長石谷を辿って鎌ヶ岳へ。
長石尾根を見送ると、砂防堰堤をいくつか高巻き、
2017年04月22日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石尾根を見送ると、砂防堰堤をいくつか高巻き、
ツバキの花を横目に進んで、長石谷の河原へ降り立ちます。
2017年04月22日 09:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキの花を横目に進んで、長石谷の河原へ降り立ちます。
1
まずお目にかかるのはイワウチワ。河岸の斜面を彩ります。
2017年04月22日 09:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずお目にかかるのはイワウチワ。河岸の斜面を彩ります。
4
飛び石伝いに谷を遡ります。
2017年04月22日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石伝いに谷を遡ります。
左岸の岩場にふと目をやると、岩壁にへばりつくようにして咲くイワザクラを見つけます。
2017年04月22日 09:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸の岩場にふと目をやると、岩壁にへばりつくようにして咲くイワザクラを見つけます。
2
赤紫色の可憐な花を愛でます。
2017年04月22日 09:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤紫色の可憐な花を愛でます。
4
日差しを浴びて美しい花姿です。
2017年04月22日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを浴びて美しい花姿です。
1
渓流に沿ってさらに先に進むと、
2017年04月22日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓流に沿ってさらに先に進むと、
1
今度は右岸の岩場にイワザクラを見つけます。昨年来たときにも見かけた場所ですが、先ほどと比べてこちらは数が少ない模様。
2017年04月22日 09:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は右岸の岩場にイワザクラを見つけます。昨年来たときにも見かけた場所ですが、先ほどと比べてこちらは数が少ない模様。
2
ショウジョウバカマとイワウチワの競演を眺めながら先に進むと、
2017年04月22日 10:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマとイワウチワの競演を眺めながら先に進むと、
2
犬星大滝が懸かる周辺には、
2017年04月22日 10:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬星大滝が懸かる周辺には、
2
バイカオウレンの群落。
2017年04月22日 10:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレンの群落。
2
しだいに谷幅が狭まり、水流が細くなっていくと、
2017年04月22日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しだいに谷幅が狭まり、水流が細くなっていくと、
昨年のこの時期には見られなかった雪渓に差し掛かります。登り詰めると、右手の岩場の急斜面に取り付き、
2017年04月22日 10:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年のこの時期には見られなかった雪渓に差し掛かります。登り詰めると、右手の岩場の急斜面に取り付き、
ひと登りで岳峠に達し、稜線上に出ます。
2017年04月22日 11:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りで岳峠に達し、稜線上に出ます。
1
アセビを眺めながら急坂を登り切り、
2017年04月22日 11:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビを眺めながら急坂を登り切り、
鎌ヶ岳の頂上に到着します。
2017年04月22日 11:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の頂上に到着します。
4
北側には、武平峠を隔てて雨乞岳と御在所岳と向き合います。
2017年04月22日 11:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には、武平峠を隔てて雨乞岳と御在所岳と向き合います。
南側には、険しい鎌尾根の先に入道ヶ岳や仙ヶ岳など鈴鹿南部が続き、彼方には伊勢平野が広がります。
2017年04月22日 11:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には、険しい鎌尾根の先に入道ヶ岳や仙ヶ岳など鈴鹿南部が続き、彼方には伊勢平野が広がります。
1
雲母峰の先には伊勢湾の海岸線が弧を描くはずですが、霞がかかったようで遠望は利きません。
2017年04月22日 11:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰の先には伊勢湾の海岸線が弧を描くはずですが、霞がかかったようで遠望は利きません。
鎌ヶ岳の頂上を後にすると、来た道を引き返し始めます。頂上直下の急斜面を下降して岳峠に降り立つと、
2017年04月22日 11:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の頂上を後にすると、来た道を引き返し始めます。頂上直下の急斜面を下降して岳峠に降り立つと、
雲母峰方面に進み、カズラ谷道を見送ると、
2017年04月22日 12:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰方面に進み、カズラ谷道を見送ると、
タテヤマリンドウを見つけます。
2017年04月22日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウを見つけます。
2
見晴らしの良い白ハゲに達し、この先は馬の背尾根に進みます。
2017年04月22日 12:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い白ハゲに達し、この先は馬の背尾根に進みます。
小刻みにアップダウンを繰り返しながら進む尾根道は、
2017年04月22日 12:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小刻みにアップダウンを繰り返しながら進む尾根道は、
アカヤシオがぽつり、ぽつりと現れ始め、
2017年04月22日 12:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオがぽつり、ぽつりと現れ始め、
青空に映えていい感じ。
2017年04月22日 12:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えていい感じ。
1
薄紅色の花を鑑賞しながら進みます。
2017年04月22日 12:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄紅色の花を鑑賞しながら進みます。
2
さらに下っていくと、今度はミツバツツジ。赤紫色の花が一斉に咲き誇る様子は何とも華やか。
2017年04月22日 13:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下っていくと、今度はミツバツツジ。赤紫色の花が一斉に咲き誇る様子は何とも華やか。
1
日差しを浴びて眩しく輝きます。
2017年04月22日 13:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを浴びて眩しく輝きます。
1
赤紫色のミツバツツジと薄紅色のアカヤシオが咲き競う様子を、背後で見守る御在所岳。軍配はどちらに上げるのでしょうか?
2017年04月22日 13:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤紫色のミツバツツジと薄紅色のアカヤシオが咲き競う様子を、背後で見守る御在所岳。軍配はどちらに上げるのでしょうか?
ミツバツツジがアクセントを添える白砂のザレた痩せ尾根を登り切ったところは、
2017年04月22日 13:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジがアクセントを添える白砂のザレた痩せ尾根を登り切ったところは、
湯ノ峰の小ピーク。
2017年04月22日 13:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ峰の小ピーク。
ミツバツツジとアカヤシオを交互に眺めながら、岩がごつごつとした痩せ尾根を進んでいくと、
2017年04月22日 13:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジとアカヤシオを交互に眺めながら、岩がごつごつとした痩せ尾根を進んでいくと、
1
イワウチワに導かれながら斜面を下降します。
2017年04月22日 13:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワに導かれながら斜面を下降します。
1
斜面に所狭しと咲き誇る様子は圧巻です。
2017年04月22日 13:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に所狭しと咲き誇る様子は圧巻です。
2
馬の背尾根登山口の展望台から、御在所岳の山懐に抱かれる湯の山温泉街を見下ろします。この先は西国三十三箇所観音石仏像が並ぶ観音山遊歩道を歩いて、
2017年04月22日 13:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背尾根登山口の展望台から、御在所岳の山懐に抱かれる湯の山温泉街を見下ろします。この先は西国三十三箇所観音石仏像が並ぶ観音山遊歩道を歩いて、
1
三岳寺に飛び出します。
2017年04月22日 13:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三岳寺に飛び出します。
桜が散り舞う大石公園を経て、県道湯の山温泉線を歩いて中道ルート登山口前駐車場を目指します。
2017年04月22日 13:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が散り舞う大石公園を経て、県道湯の山温泉線を歩いて中道ルート登山口前駐車場を目指します。

感想/記録

 お花目当ての鈴鹿のお山前半戦は、イワザクラに期待して長石谷を辿って鎌ヶ岳へ。岩壁に咲く赤紫色の可憐なお花を鑑賞したら、帰路は馬の背尾根に進みます。こちらはアカヤシオやミツバツツジが見頃となり、そのほかにもイワウチワの群落など、色とりどりのお花が楽しめました。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ