また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1128907 全員に公開 雪山ハイキング 氷ノ山

GWの氷ノ山は雪の山だった+孤高の人、加藤文太郎を訪ねて

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年05月02日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
福定親水公園の駐車場に置かせてもらいました。
トイレ、登山ポストもあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
1時間46分
合計
6時間25分
S福定親水公園08:4208:54布滝09:0809:30地蔵堂09:38木地屋跡09:4410:35氷ノ山越10:4711:20仙谷分岐11:2111:30こしき岩11:3511:44氷ノ山12:4313:09神大ヒュッテ13:1413:53一の谷休憩所14:18東尾根避難小屋14:31東尾根登山口14:3314:41氷ノ山スキー場セントラルロッジ14:4215:06福定親水公園15:0715:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まだまだ雪が残っていました。でも、ツボ足でいけました。でもアイゼンあったほうが歩きやすいと思います。
■福定親水公園〜氷ノ山越
 序盤は春山ですが、徐々に雪が増えていく。氷ノ山越あたりから雪の上を歩きます。こちらのコースは、弘法の水とか水場はたくさんありました。
■氷ノ山越〜氷ノ山山頂
 雪道がほとんどです。でも尾根を通る道なので、一本道で、道迷いはありません。
■氷ノ山山頂〜神大ヒュッテ(東尾根と大段ヶ平分岐)
 夏道は雪で見えません。雪の上のトレースをたどって下りました。でも、GPSやコンパスで見定めながら歩いたほうがいいでしょう。杉林と赤い屋根の小屋が目印。
■神大ヒュッテ〜東尾根避難小屋
 序盤、雪道で、GPS頼りに下りました。トレースたどっても、いつの間にかルートミスしていたり、わけわからなくなりました。経験者もしくはGPSと歩くのがいいと思います。一の谷休憩所あたりからは、夏道になります。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

国道9号線を北上中、氷ノ山が見える。まだ雪たっぷりにすこしおののく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道9号線を北上中、氷ノ山が見える。まだ雪たっぷりにすこしおののく
平日なのに結構クルマが多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なのに結構クルマが多い
ここからは、山頂まで5.2km。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、山頂まで5.2km。
コース案内看板もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース案内看板もあります。
登山ポストもあります。提出しておきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストもあります。提出しておきました。
兵庫の登山家の多田繁次氏のケルンです。加藤文太郎氏と親交のあった方です。(後述)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵庫の登山家の多田繁次氏のケルンです。加藤文太郎氏と親交のあった方です。(後述)
氷ノ山に行ってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山に行ってきます
ヤマエンゴサクだっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマエンゴサクだっけ?
タチツボスミレかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレかな
滝がたくさんありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝がたくさんありました
28曲がりだそうです。つづら折のルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28曲がりだそうです。つづら折のルート
安全祈願のお地蔵様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全祈願のお地蔵様
看板折れてますが、のぞきの滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板折れてますが、のぞきの滝
かすかに見えてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかに見えてます
ショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
行く先は雪がありますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く先は雪がありますね
連樹だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連樹だそうです。
1から7まで番号札が付いてますが、複雑に絡んでよくわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1から7まで番号札が付いてますが、複雑に絡んでよくわかりません。
根元が曲がり、このあたりの樹は苦労している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根元が曲がり、このあたりの樹は苦労している
つづら折の道はおしまいのようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折の道はおしまいのようです
行く手に小屋発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手に小屋発見
お参りしておきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りしておきました
このあたりから雪が出てくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから雪が出てくる
渡渉のところに梯子が付いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉のところに梯子が付いていた
氷ノ山越えの案内
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山越えの案内
水場その1、ひえの水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場その1、ひえの水
だんだん、道が怪しくなってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん、道が怪しくなってくる
とうろう岩の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうろう岩の看板
どこが灯篭なのかわかりませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこが灯篭なのかわかりませんでした
水場その2、弘法の水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場その2、弘法の水
ここもおいしかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもおいしかったです
山頂小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂小屋が見えてきた
水場その3、一口水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場その3、一口水
どんどん雪深くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん雪深くなる
氷ノ山越え避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山越え避難小屋
1
小屋には案内看板が整備されてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋には案内看板が整備されてます
ここは交差点なのですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは交差点なのですね
小屋にはノートがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋にはノートがありました
ここから、雪の斜面をトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、雪の斜面をトラバース
ブナの木が出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの木が出てきました
立派な樹がたくさんありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な樹がたくさんありました
鉢伏山の全体が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山の全体が見えてきた
仙谷口(鳥取)からの合流点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙谷口(鳥取)からの合流点
トラバースに向けて、アイゼンをはく人も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースに向けて、アイゼンをはく人も
山頂近く、雪が減ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近く、雪が減ってきました
伯耆大山が見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯耆大山が見えている
たどってきた道は雪いっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たどってきた道は雪いっぱい
周りの山を見渡す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの山を見渡す
山名方位盤があったので、山を調べてみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名方位盤があったので、山を調べてみる
低いのに、六甲が見えるのだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低いのに、六甲が見えるのだろうか
でもまだ使用禁止でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもまだ使用禁止でした
バイオマストイレの説明
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイオマストイレの説明
食事後、東尾根方面へ。途中山頂を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事後、東尾根方面へ。途中山頂を振り返る
赤い屋根の神大ヒュッテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い屋根の神大ヒュッテ
神大ヒュッテから東尾根へ。ここから困難を極めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神大ヒュッテから東尾根へ。ここから困難を極めました
ようやく夏道が出てくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく夏道が出てくる
1
ぬかるんだところもありましたがほっとします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるんだところもありましたがほっとします
ドウダンツツジの群生地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの群生地
花には早すぎるようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花には早すぎるようです
避難小屋目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋目指します
避難小屋。
写し方が悪いのであって、傾いているわけではありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。
写し方が悪いのであって、傾いているわけではありません
登山口到着、ここから舗装路歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着、ここから舗装路歩きます
こっちからは、3.9kmだそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちからは、3.9kmだそうです
スキー場が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場が見えてくる
水道をお借りしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道をお借りしました
トイレもお借りしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレもお借りしました
白いものもありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いものもありました
スタート地点に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点に戻ってきました
ところ変わって、浜坂の加藤文太郎記念図書館
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところ変わって、浜坂の加藤文太郎記念図書館
1階の受付のところでは、Tシャツもありました。
受付で写真可と聞いたので写真とっていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の受付のところでは、Tシャツもありました。
受付で写真可と聞いたので写真とっていきます
1階は普通の図書館。2階が資料室になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階は普通の図書館。2階が資料室になります
山の形の壁がしゃれている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の形の壁がしゃれている
氷ノ山の多田ケルンの多田繁次氏と文太郎氏の手紙がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山の多田ケルンの多田繁次氏と文太郎氏の手紙がありました
昔の地図、時刻表など展示してあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の地図、時刻表など展示してあります
1
新聞記事もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新聞記事もありました
単独行の元となった手帳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単独行の元となった手帳
伊吹山や今日行った氷ノ山にも登っておられます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山や今日行った氷ノ山にも登っておられます
多田繁次氏の本もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多田繁次氏の本もありました。
今日登った氷ノ山の地図もあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日登った氷ノ山の地図もあります
1
ヤマケイもえらく古い本からあるようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマケイもえらく古い本からあるようでした。
文太郎氏の生家や記念碑などもあるようですが、次の機会にしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文太郎氏の生家や記念碑などもあるようですが、次の機会にしました

感想/記録

GWの帰省ついでに、兵庫最高峰の氷ノ山に行ってきました。
伊吹山など現住所の滋賀の山々は雪が多かったのですが、雪解けが進んでいたので、氷ノ山も春山でいけるかなと出かけました。しかし、氷ノ山はまだまだ雪山でした。

氷ノ山は兵庫県最高峰で1,510m、中国山地でも鳥取の伯耆大山に次ぐ高さになります。日本二百名山に選ばれています。
今をさかのぼる30年ほど前、父に連れられ登りました。どのルートを通ったのかひとつも記憶にありませんが、今回、その父と同じような歳になり再訪しました。
なかなか実家のほうには帰らなくなってきているので、雪山は普段やらないのですが、この機会を逃すと次はいつになるかわからないので、がんばってきました。

GWさなかということで、結構、登山客が多かったです。途中でも、いろんな方と話をさせていただき、いろいろ教えていただき、うれしかったです。
また、山頂では、360度の景色で、遠くは大山が見えました。ちょうど、滋賀県の山・伊吹山などから白山が見えるような感じで、兵庫から見える高峰は大山なのだろうと一人納得していました。
山行き自体は、登りの福定〜氷ノ山越え〜山頂までは、夏道を意識した登山ルートがたどれましたが、下りはルートが雪に覆われ、GPS頼りとなってしまいました。もう少し、雪解けが進んでいたらよかったなと感じました。


今回の山登りにあわせて、以前から訪れたかった、兵庫県浜坂の加藤文太郎記念図書館にいってきました。
「単独行」や「孤高の人」で有名な登山家で兵庫の山、アルプスを舞台に活躍された方で、ヤマレコやられている方には説明不要かもしれません。
記念資料館で足跡などをたどり、やはりすごい人で、地元の誇りというのもわかる気がしました。
関連して、氷ノ山の多田ケルンの多田繁次氏の本などもあったので調べてみました。兵庫の山を愛した方で、自然破壊等の警鐘などもありますが、文太郎氏とも親交があったようです。本とか読んでみたいと思いました
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1192人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ