ヤマレコ

記録ID: 1168822 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬大雪渓 三大雪渓3Days初日 白馬岳

日程 2017年06月13日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
33分
合計
8時間14分
S猿倉荘04:2505:14白馬尻荘06:21岩室跡07:29避難小屋07:3108:22白馬岳頂上宿舎08:48白馬山荘08:4909:04白馬岳09:2909:44白馬山荘09:4810:27避難小屋10:51岩室跡11:19白馬尻小屋11:2012:39猿倉登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
6/13現在
猿倉〜白馬尻小屋/ほぼ夏道。小屋手前から雪道。
白馬尻小屋〜白馬岳頂上宿舎/雪道。大雪渓は落石多数。要注意!!
白馬岳頂上宿舎〜山頂/夏道
その他周辺情報おびなたの湯 600円
薬師の湯 700円
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

本日より三日間、三大雪渓を巡る旅の始まり。
一日目は猿倉から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日より三日間、三大雪渓を巡る旅の始まり。
一日目は猿倉から。
1
額縁ショット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
額縁ショット
1
長走沢
2年前は山開き前で橋は架かっておらず靴を脱いで渡渉しました。さらに帰路では猿の群れに囲まれ生きた心地がしませんでした。今年は会いたくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長走沢
2年前は山開き前で橋は架かっておらず靴を脱いで渡渉しました。さらに帰路では猿の群れに囲まれ生きた心地がしませんでした。今年は会いたくない。
2
白馬尻小屋少し手前から雪道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋少し手前から雪道
1
白馬尻小屋は組み立て工事中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋は組み立て工事中
1
大雪渓へ突入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓へ突入
1
振り返ると小屋と雲海。
向き直ると十数メートル先に落石が( ̄□ ̄;)!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると小屋と雲海。
向き直ると十数メートル先に落石が( ̄□ ̄;)!!
1
向かって右側に転がっていきましたが、直進していたら避けられなかったかも。もう二度と不用意に振り返りません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かって右側に転がっていきましたが、直進していたら避けられなかったかも。もう二度と不用意に振り返りません。
2
向かって右側のデブリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かって右側のデブリ
前方に意識を集中しています。今のところこちらに向かってくる落石はありませんが、落石が他の石にぶつかり進路を変えて行くのを目の当たりにすると恐怖を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に意識を集中しています。今のところこちらに向かってくる落石はありませんが、落石が他の石にぶつかり進路を変えて行くのを目の当たりにすると恐怖を感じます。
2
杓子尾根からのデブリ
こちらからは頻繁にガラガラと音がしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子尾根からのデブリ
こちらからは頻繁にガラガラと音がしています。
1
ここまで来れば落石の心配はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば落石の心配はありません。
1
雪は固過ぎず緩過ぎずでちょうどいい感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は固過ぎず緩過ぎずでちょうどいい感じ!
大雪渓の入江に雲が流れ込んできます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓の入江に雲が流れ込んできます。
1
白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
1
頂上宿舎と杓子、白馬鑓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上宿舎と杓子、白馬鑓
3
分岐
ここでアイゼンを外しました。
剱はやはりカッコいいですが雲海に浮かぶ毛勝も素晴らしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
ここでアイゼンを外しました。
剱はやはりカッコいいですが雲海に浮かぶ毛勝も素晴らしい!
2
白山も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山も見えます。
白馬岳と白馬山荘
山頂まで雪はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳と白馬山荘
山頂まで雪はありません。
1
山荘前からの眺望
真正面に剱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前からの眺望
真正面に剱
3
三角点を三脚替わりに自撮り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を三脚替わりに自撮り
3
恒例のぐるっと一周。
まずは槍穂高、立山、剱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例のぐるっと一周。
まずは槍穂高、立山、剱
2
栂海新道方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道方面
1
小蓮華、白馬大池方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華、白馬大池方面
1
南アルプス方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面
1
天気が良いせいか雷鳥には会えませんでしたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いせいか雷鳥には会えませんでしたが…
イワヒバリの撮影で山頂周辺をウロウロ。
ツバメも飛んでいましたが速すぎてムリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒバリの撮影で山頂周辺をウロウロ。
ツバメも飛んでいましたが速すぎてムリ!
名残惜しいですが白馬山荘、剱、立山、槍穂高を眺めながら山頂を後にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが白馬山荘、剱、立山、槍穂高を眺めながら山頂を後にします。
1
分岐の少し手前ですがここでアイゼンを装着し下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の少し手前ですがここでアイゼンを装着し下ります。
下の方はガスってるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方はガスってるようです。
1
ガスの中に突入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中に突入
1
間もなく抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく抜けます
止まりたての落石。
大人の頭程の大きさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
止まりたての落石。
大人の頭程の大きさ。
こんなのがゴロゴロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのがゴロゴロ
落石に怯えながらの下山で精神的に疲れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石に怯えながらの下山で精神的に疲れました。
白馬尻小屋
この先は時間に余裕があるので花を愛でながらのんびり歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋
この先は時間に余裕があるので花を愛でながらのんびり歩いていきます。
エンレイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウ
何の蕾かわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の蕾かわかりません。
ショウジョウバカマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
キヌガサソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
先ほどの蕾はこれですね。
シラネアオイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの蕾はこれですね。
シラネアオイ
1
ヤマエンゴサク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマエンゴサク
オオカメノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
タチツボスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
1
無事下山ですが肝心なことを忘れてました。
ツクモグサ撮り忘れ😞
山野草の名前も少しずつですが覚えていこうと思っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山ですが肝心なことを忘れてました。
ツクモグサ撮り忘れ😞
山野草の名前も少しずつですが覚えていこうと思っています。
1
帰りはおびなたの湯で汗を流しました。このあと薬師の湯へ温泉のハシゴ。明日の針ノ木に備え閉館時間近くまで入浴、休憩、仮眠の繰り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはおびなたの湯で汗を流しました。このあと薬師の湯へ温泉のハシゴ。明日の針ノ木に備え閉館時間近くまで入浴、休憩、仮眠の繰り返し。
1

感想/記録

三大雪渓3Days 初日は白馬大雪渓と白馬岳。

大雪渓2Daysと称して白馬と針ノ木にチャレンジしたのは2年前の5月末日のこと。結果は初日の白馬でヘロヘロ、2日目の針ノ木では前日の疲労とマヤクボ沢のトラバースに恐れをなし撤退。
今回はそのリベンジと自分がどれ程進歩しているのかを確認するのが目的でした。あらためて行程を組む過程で未踏の剱沢雪渓も、との思いに駆られ次から次へ妄想が膨らみ、気づいたら3日間で実現可能な構想へと変化していきました。

まずは白馬岳ですが、梅雨入り後とは思えない素晴らしい天候に恵まれ道中および山頂からの絶景を堪能することができました。雪渓も固過ぎず緩過ぎずの歩きやすい状況。ただ大雪渓内は落石の恐怖との戦いで精神的に疲れました。
訪問者数:289人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ