また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172274 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

大清水〜尾瀬沼〜皿伏山〜白尾山〜富士見峠〜鳩待峠

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!(午後から雲多め)
アクセス
利用交通機関
バス
●行き
クルマ:大清水駐車場(1日500円/240台/7時頃の到着時駐車率は8〜9割ほど)
●帰り
バス:鳩待峠〜戸倉(980円)
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
・三平下から南岸ルートは残雪豊富(例年の4月並だそうです)なため
尾瀬沼山荘の判断で現在通行止めにしているとのこと。
今回は状況を伺った上で先に進ませてもらうことに。
・残雪が豊富だったは南岸分岐〜皿伏山〜白尾山の樹林帯
富士見峠〜アヤメ平〜中ノ原付近の樹林帯。
マイクロウェーブ反射板から富士見峠への林道も3割ほどは残雪で埋まっていました。

●大清水〜小渕沢田代
大清水のゲートからすぐに一ノ瀬方面との分岐があり奥鬼怒林道へ入ります。
3.3kmほど進むと分岐が現れ、小渕沢沿いに進んで行きます。
分岐から2.2kmほどさらに進むと林道の脇に小渕沢田代入口があります。
登山口からはまず水流のあるガレ沢を登り高低差180mほど登ると傾斜が緩み
湿地帯を進むと縦走路に合流。尾瀬沼方面に高低差40〜50mほど下ると
突如視界が開けます。ここが小渕沢田代です。

●小渕沢田代〜三平下
小渕沢田代から1911のピークの北側を巻き、尾瀬沼に向かって高低差220mほど
下ると尾瀬沼ヒュッテに到着です。
この付近少し残雪があり若干ルートが不明瞭なところがありました。
尾瀬沼ヒュッテから湖岸沿いに付けられた木道を1kmほど進むと三平下へと至ります。

●三平下〜皿伏山
三平下から南岸ルートを1.1kmほど進むと南岸分岐が現れます。
ただし、この時期の道標は「沼尻⇔三平峠下」のみになっていて
皿伏山方面を指し示す道標はたたまれていました(写真参照)。
分岐から残雪の樹林帯を500mほど進むと大清水平へと至ります。
大清水平を過ぎると再び残雪の樹林帯に入り高低差200mほど登ると皿伏山に到着です。
広く不明瞭な尾根筋と残雪でルートが隠されていて分かりにくく、
注意深くテープ・リボン類を探して進む必要があります。

●皿伏山〜白尾山
皿伏山から高低差170mほど下った白尾山との鞍部がセン沢田代。
セン沢田代は周囲の樹林で湿原を見ることはできませんでした。
セン沢田代から250mほど登り返すと白尾山山頂ですが、
この区間が今回一番キビしかった区間です。
ルーファイの要素が多少あるのと滑りやすい残雪の急斜面と踏み抜きの連続でした。

●白尾山〜鳩待峠
白尾山から湿原地帯を抜けるとマイクロウェーブ反射板が現れ、
ここから富士見峠まで1.2kmほどの林道歩きとなります。
富士見峠からアヤメ平までひと登りして横田代まで平坦な木道が続くルートとなります。
樹林帯に入ると残雪で木道が覆われていますが
踏み跡がしっかりしているので迷うこうはありません。
横田代から鳩待峠までは高低差300mほどの下り。泥濘んだ道を進みます。
 
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

大清水のゲート通過して奥鬼怒林道に入るところからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大清水のゲート通過して奥鬼怒林道に入るところからスタート
4
しばらくは林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは林道歩き
遅めの出発で沢沿いにも日が入ってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅めの出発で沢沿いにも日が入ってきます
1
ホラホラ中也的な…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホラホラ中也的な…
1
分岐を左側に曲がり小渕沢に沿って進見ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を左側に曲がり小渕沢に沿って進見ます
途中パチリながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中パチリながら
ラショウモンカズラがたくさん咲いてました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラショウモンカズラがたくさん咲いてました(photo komemame)
4
スミレ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレ(photo komemame)
小渕沢田代入口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小渕沢田代入口に到着
入口からは水流のあるガレ沢を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口からは水流のあるガレ沢を登ります
小淵沢田代入口から高低差180mほど登ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小淵沢田代入口から高低差180mほど登ると…
傾斜が緩み湿地帯を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩み湿地帯を進みます
水芭蕉の群生地帯を通ります。踏んづけないように歩くのがタイヘン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉の群生地帯を通ります。踏んづけないように歩くのがタイヘン
水芭蕉をパチリング
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉をパチリング
1
先週は落ち着いて撮れなかったので…(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週は落ち着いて撮れなかったので…(photo komemame)
5
今週はたっぷり時間をかけて撮影(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今週はたっぷり時間をかけて撮影(photo komemame)
2
水芭蕉の群生地帯を抜けるとお次は残雪地帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉の群生地帯を抜けるとお次は残雪地帯
1
登山道にも雪解け水が流れ込みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にも雪解け水が流れ込みます
鬼怒沼⇔尾瀬沼を繋ぐ縦走路に合流しました。尾瀬沼方面に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼⇔尾瀬沼を繋ぐ縦走路に合流しました。尾瀬沼方面に進みます
突然目の前が開けると小淵沢田代です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然目の前が開けると小淵沢田代です
5
水芭蕉がたくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉がたくさん
1
タテヤマリンドウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ(photo komemame)
3
小渕沢田代はこじんまり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小渕沢田代はこじんまり
1
鳥のさえずりがこだまして楽園的な感じでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥のさえずりがこだまして楽園的な感じでした
4
湿原の向こうは右から四郎岳〜燕巣山〜物見山。奥に奥白根山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の向こうは右から四郎岳〜燕巣山〜物見山。奥に奥白根山
3
奥白根山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根山アップで(photo komemame)
2
燧ヶ岳の先っぽが見えています(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の先っぽが見えています(photo komemame)
再び樹林帯に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入ります
樹林帯に入るとP1911の北側から尾瀬沼まで高低差220mほど
下ります。途中残雪で道がわかりづらいところもありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入るとP1911の北側から尾瀬沼まで高低差220mほど
下ります。途中残雪で道がわかりづらいところもありました
樹林の間から尾瀬沼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から尾瀬沼
尾瀬沼のテン場を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼のテン場を通過
タカネザクラ。青空が似合います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネザクラ。青空が似合います
5
シラネアオイをアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイをアップで(photo komemame)
4
水芭蕉と尾瀬沼。奥がこれから向かう皿伏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉と尾瀬沼。奥がこれから向かう皿伏山
3
この辺りも水芭蕉だらけ。尾瀬沼の水芭蕉はデカイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも水芭蕉だらけ。尾瀬沼の水芭蕉はデカイ
リュウキンカ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュウキンカ(photo komemame)
4
水芭蕉とのコンボ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉とのコンボ(photo komemame)
2
なんだかんだ言ってもやっぱり尾瀬沼は良いところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかんだ言ってもやっぱり尾瀬沼は良いところ
3
燧ヶ岳の山頂をアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の山頂をアップで(photo komemame)
3
三平下からの南岸ルートは通行止でしたが、尾瀬沼山荘の方とお話して状況を伺った上で先に進ませてもらいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平下からの南岸ルートは通行止でしたが、尾瀬沼山荘の方とお話して状況を伺った上で先に進ませてもらいました
2
南岸分岐に到着。体調の良くないkomemameは沼尻まで往復して三平下から大清水まで戻ることになりここでお別れ。道標は「沼尻⇔三平峠下」のみになっていて皿伏山方面を指し示す道標はたたまれていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岸分岐に到着。体調の良くないkomemameは沼尻まで往復して三平下から大清水まで戻ることになりここでお別れ。道標は「沼尻⇔三平峠下」のみになっていて皿伏山方面を指し示す道標はたたまれていました
1
ひとり旅のスタートです。南岸分岐から先に進むと残雪が現れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとり旅のスタートです。南岸分岐から先に進むと残雪が現れます
残雪地帯を通過すると突然大清水平が現れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪地帯を通過すると突然大清水平が現れます
1
ショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
2
大清水平を過ぎると再び残雪地帯へ。ここから皿伏山までは不明瞭な尾根筋のためルーファイしながら慎重に進みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大清水平を過ぎると再び残雪地帯へ。ここから皿伏山までは不明瞭な尾根筋のためルーファイしながら慎重に進みました
1
皿伏山に到着。眺望はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皿伏山に到着。眺望はありません
2
皿伏山から白尾山との鞍部のセン沢田代まではほとんど雪はありませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皿伏山から白尾山との鞍部のセン沢田代まではほとんど雪はありませんでした
新緑の間から見えているのは荷鞍山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の間から見えているのは荷鞍山でしょうか
新緑の皿伏山を振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の皿伏山を振り返って
セン沢田代に到着。周囲の樹林で湿原を見ることはできません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セン沢田代に到着。周囲の樹林で湿原を見ることはできません
セン沢田代から白尾山までが今回一番キビしかったかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セン沢田代から白尾山までが今回一番キビしかったかな
急斜面に残る雪で足元はツルツル。でも足元に力が入ったら入ったで今度は踏み抜き。これが延々と続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に残る雪で足元はツルツル。でも足元に力が入ったら入ったで今度は踏み抜き。これが延々と続きます
そして踏み抜いた足元には沢が流れていてザブン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして踏み抜いた足元には沢が流れていてザブン
白尾山に到着。傾いた頂上標。白尾山山頂も眺望はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白尾山に到着。傾いた頂上標。白尾山山頂も眺望はありません
2
タテヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
4
山頂から少し先に進むとちょっと開けた場所があったのでお腹は減りませんが何か入れなきゃ、ということで片寄ったカルビ弁当休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し先に進むとちょっと開けた場所があったのでお腹は減りませんが何か入れなきゃ、ということで片寄ったカルビ弁当休憩
6
白尾山を過ぎるとちょっとした湿原が広がっていて雰囲気が良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白尾山を過ぎるとちょっとした湿原が広がっていて雰囲気が良い
1
先週歩いた物見山〜鬼怒沼山〜黒岩山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週歩いた物見山〜鬼怒沼山〜黒岩山
2
四郎岳〜燕巣山〜物見山。奥は根名草山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四郎岳〜燕巣山〜物見山。奥は根名草山
1
池塘の先に見えるのは至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘の先に見えるのは至仏山
3
至仏山と手前はアヤメ平付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山と手前はアヤメ平付近
荷鞍山にも行きたかったのですがkomemameが待っているため今回はパス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷鞍山にも行きたかったのですがkomemameが待っているため今回はパス
1
マイクロウェーブ反射板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイクロウェーブ反射板
ここから富士見峠まではところどころ雪で覆われた林道を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから富士見峠まではところどころ雪で覆われた林道を歩きます
樹林の間から富士見小屋が見えました。奥は至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から富士見小屋が見えました。奥は至仏山
富士見小屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見小屋に到着
1
アヤメ平に向かって登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平に向かって登ります
1
振り返って白尾山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って白尾山
1
富士見小屋を振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見小屋を振り返って
午後になって雲が増えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後になって雲が増えてきました
1
振り返ると燧ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると燧ヶ岳
5
池塘の先に至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘の先に至仏山
5
池塘と景鶴山と平ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘と景鶴山と平ヶ岳
2
アヤメ平を過ぎて樹林帯に入ると木道は残雪に覆われるところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平を過ぎて樹林帯に入ると木道は残雪に覆われるところ
歩く木道の先は上越国境稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く木道の先は上越国境稜線
1
歩く木道の先に至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く木道の先に至仏山
2
湿原の先に笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の先に笠ヶ岳
1
湿原の奥に上越国境稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の奥に上越国境稜線
1
中ノ原付近も残雪豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ原付近も残雪豊富
鳩待峠に近づくに連れて雪はなくなり周囲は新緑に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠に近づくに連れて雪はなくなり周囲は新緑に
鳩待峠に到着。お疲れ様でした!この後バスに乗って戸倉にて大清水からクルマで移動してきたkomemameと合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠に到着。お疲れ様でした!この後バスに乗って戸倉にて大清水からクルマで移動してきたkomemameと合流
3
【おまけ】
沼尻からの景色(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】
沼尻からの景色(photo komemame)
4
【おまけ】
小沼からの燧ヶ岳(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】
小沼からの燧ヶ岳(photo komemame)
6

感想/記録

梅雨入りしても天気のいい週末が続くため、行かないわけにいきません。
先週はちょっとハードになってしまったため今週は少し軽めのルートにしよう、
ということで先週届かなかった小渕沢田代からまだ歩いたことのない
皿伏山〜白尾山を繋げることを目的にして、2週連続で尾瀬・大清水へ向かいます。
土曜日の山行ということもあり、少し遅めの出発になりました。

大清水から小渕沢田代を経由して三平下に到着すると
沼平方面の尾瀬沼の南岸のルートが通行止めになっています。
「南岸ルートは残雪が豊富。特に皿伏山の方面は例年の4月並みに雪が残っていて、
道迷いのリスクが高いためオススメできない」と小屋の人に言われましたが、
状況を伺った上で進ませてもらうことにしました。

komemameはあまり体調が良くないようで、
三平下から大清水に下ることになり、ここでお別れ。
皿伏山〜白尾山までは、残雪で道は分かりにくいところもありましたが、
要所要所にリボン・テープなどの目印がしっかりと付いていて、
先週の黒岩山付近に比べるとラクラク。

大清水〜尾瀬沼ヒュッテ間と三平下〜皿伏山〜白尾山〜富士見峠間は
誰とも会うことなく先週に引き続き静かな尾瀬を満喫しました。

 


感想/記録

今回私は、とちゅうで挫折しているので、
三平下ー沼尻までしか歩いていません。
行けるかなぁと思っていましたが、
先週の疲れが想像以上に残っていたようです。
あと、雪が現れると先週の苦労がトラウマのように思い出されて、
ちょっと気が重くなってしまったのもあります。

そんなこんなで、ひとりでのんびり歩きました。
ちょっとしばらく尾瀬はいいかな……(←テンション低め)

おしまい。


訪問者数:559人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ