また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1181443 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川連峰主稜線(平標山→万太郎山→肩の小屋→土合駅)

日程 2017年06月24日(土) 〜 2017年06月25日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候1日目:晴れ時々曇、2日目:曇時々晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
1日目:平標山登山口駐車場に駐車、登山開始 
    ※6時着で1段目駐車場はほぼ満車、2段目に駐車
2日目:谷川岳RW、JR:土合駅→越後湯沢駅、バス:湯沢駅→平標山登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間38分
休憩
45分
合計
9時間23分
S平標登山口駐車場06:3806:40平標登山口07:38松手山コース送電鉄塔07:5008:22松手山08:2309:13一ノ肩09:50平標山09:5910:16平仙鞍部10:59仙ノ倉山11:0111:27エビス大黒避難小屋11:2811:56エビス大黒ノ頭12:1513:18毛渡乗越13:33越路避難小屋13:3414:28万太郎山15:32大障子ノ頭16:01宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報下山後に苗場で温泉入浴
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 無線機
備考 ビニルシート(大型)※避難スペース(床)が濡れていたように持参
敷いて寝たので快適でした。

写真

松手山経由平標山への登山口。
この山火事用心はいつも目立つところにありますね。
2017年06月24日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松手山経由平標山への登山口。
この山火事用心はいつも目立つところにありますね。
1
ヤマツツジ。
タニウツギをはじめ、初夏になると木々に咲く花は赤が目立つようになります。
2017年06月24日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
タニウツギをはじめ、初夏になると木々に咲く花は赤が目立つようになります。
1
柏崎刈羽原子力発電所から首都圏への送電線。
遠くまで電気運んでんだなあ~
2017年06月24日 07:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏崎刈羽原子力発電所から首都圏への送電線。
遠くまで電気運んでんだなあ~
通称「巨大鉄塔」
良い休憩ポイントです
2017年06月24日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通称「巨大鉄塔」
良い休憩ポイントです
1
ブナの新緑がきれい。
梅雨時期なのに厳しくもうれしい日差し
2017年06月24日 08:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑がきれい。
梅雨時期なのに厳しくもうれしい日差し
ベニサラサドウダンツツジ
2017年06月24日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダンツツジ
4
気持ち良い稜線歩き。
このくらいの傾斜の稜線歩きは楽しいですね
2017年06月24日 08:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良い稜線歩き。
このくらいの傾斜の稜線歩きは楽しいですね
1
ミヤマハンノキの新芽
葉が開くとどんな形になるのかなあ・・・。
2017年06月24日 08:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハンノキの新芽
葉が開くとどんな形になるのかなあ・・・。
ブナ。虫こぶ
足元から目の高さまで、ゆっくり歩くといろいろな自然が発見できます。
2017年06月24日 08:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ。虫こぶ
足元から目の高さまで、ゆっくり歩くといろいろな自然が発見できます。
1
ミツバオウレン
2017年06月24日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
3
よく整備された登山道
2017年06月24日 09:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された登山道
ガレ場の木階段
2017年06月24日 09:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場の木階段
平標山山頂は人が多かったので小休憩で通過。
仙ノ倉山まで進むことに。
2017年06月24日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂は人が多かったので小休憩で通過。
仙ノ倉山まで進むことに。
ハクサンイチゲが一面に広がる。
すごいお花畑だ!
2017年06月24日 10:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲが一面に広がる。
すごいお花畑だ!
6
山頂まではお花畑を楽しむことができる。
すごい景色
2017年06月24日 10:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まではお花畑を楽しむことができる。
すごい景色
仙ノ倉山頂。
たくさんの人が登っていました。
2017年06月24日 11:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山頂。
たくさんの人が登っていました。
ミヤマハタザオ(白)とミヤマキンバイ(黄)かなあ
2017年06月24日 11:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハタザオ(白)とミヤマキンバイ(黄)かなあ
1
ニッコウキスゲも
2017年06月24日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲも
3
主稜線。
何気にアップダウンが激しいんです。
ちょんだそこらの稜線歩きよりも断然体力を要する稜線歩きの始まり。
2017年06月24日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線。
何気にアップダウンが激しいんです。
ちょんだそこらの稜線歩きよりも断然体力を要する稜線歩きの始まり。
1
ほんとうにきれいなお花畑
2017年06月24日 11:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとうにきれいなお花畑
1
ミヤマキンポウゲ
2017年06月24日 11:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
3
うわあ、あれ越えなきゃならない。
エビス大黒の頭
2017年06月24日 11:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわあ、あれ越えなきゃならない。
エビス大黒の頭
2
下りもあれば、登りもあります。
2017年06月24日 11:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りもあれば、登りもあります。
1
荒々しい谷底。
まだ雪が消えたばかりの感じ。
2017年06月24日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい谷底。
まだ雪が消えたばかりの感じ。
1
風が本当に心地よい。
2017年06月24日 11:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が本当に心地よい。
2
ぐいぐい登る。
2017年06月24日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐいぐい登る。
2
岩陰にはツガサクラ
2017年06月24日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩陰にはツガサクラ
2
白いイワカガミも
2017年06月24日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いイワカガミも
2
なんだかんだで、到着。
冷やしうどん。
長年登山をしてきましたが、冷やしうどんを山頂で食うのは初(笑)
2017年06月24日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかんだで、到着。
冷やしうどん。
長年登山をしてきましたが、冷やしうどんを山頂で食うのは初(笑)
3
ウサギギク
初夏の花やん
2017年06月24日 12:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク
初夏の花やん
2
ダイナミックな景色だあ。
北アにも負けるとも劣らないパノラマが広がる。
2017年06月24日 12:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイナミックな景色だあ。
北アにも負けるとも劣らないパノラマが広がる。
3
また、ずっと下る~。
ずっと稜線の登山道が見えます。
2017年06月24日 12:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、ずっと下る~。
ずっと稜線の登山道が見えます。
1
ミヤマカラマツ
2017年06月24日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ
1
吹き上げる風が冷たい。
2017年06月24日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き上げる風が冷たい。
1
越路避難小屋
2017年06月24日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越路避難小屋
1
残雪もきれい
2017年06月24日 14:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪もきれい
1
ようやく万太郎山に到着。
やっぱ、頑張った後にはデザートでしょ。
2017年06月24日 14:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく万太郎山に到着。
やっぱ、頑張った後にはデザートでしょ。
1
そして、また下り~。
もう下らんでよろしいのに。
2017年06月24日 15:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、また下り~。
もう下らんでよろしいのに。
1
シラネアオイ
進むたびに新しい花が出迎えてくれます
2017年06月24日 15:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
進むたびに新しい花が出迎えてくれます
2
ようやく穏やかな稜線歩きに。
2017年06月24日 15:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく穏やかな稜線歩きに。
1
進むにつれて、見える山の角度が変わります
2017年06月24日 15:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進むにつれて、見える山の角度が変わります
2
ようやく大障子避難小屋が見えてきた。
今日はここに泊まるしかない。
2017年06月24日 16:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく大障子避難小屋が見えてきた。
今日はここに泊まるしかない。
4
夕食は、カレーとハンバーグ。
きゅうりもうまい。
2017年06月24日 18:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は、カレーとハンバーグ。
きゅうりもうまい。
2
こんな感じ。
我々のほかに泊まる人はいなかったのが何より。
持参したビニルシートを敷いたりし快適に泊ることができました。
2017年06月24日 18:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
我々のほかに泊まる人はいなかったのが何より。
持参したビニルシートを敷いたりし快適に泊ることができました。
3
翌日は曇り空
2017年06月25日 06:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は曇り空
2
でもきれい。
稜線の左側新潟県側の下界は晴れているのが良く見える。
厳しい上越国境の稜線を進みます。
2017年06月25日 06:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもきれい。
稜線の左側新潟県側の下界は晴れているのが良く見える。
厳しい上越国境の稜線を進みます。
2
そ、群馬県側はガスの中
2017年06月25日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そ、群馬県側はガスの中
1
そして、足元にはお花畑
2017年06月25日 07:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、足元にはお花畑
山男?雪女?が歩いたのかなあ。。。
雪渓に一筋の雪跡が見える。
2017年06月25日 07:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山男?雪女?が歩いたのかなあ。。。
雪渓に一筋の雪跡が見える。
1
オジカ沢の頭。
時折ガスが濃くなる。
まあこの時期だし仕方ない。
2017年06月25日 07:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭。
時折ガスが濃くなる。
まあこの時期だし仕方ない。
1
でも、このガスも植物にとっては恵みになるはず。
2017年06月25日 07:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、このガスも植物にとっては恵みになるはず。
この花わからない。
どなたかご存知の方いたら教えてください
2017年06月25日 07:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花わからない。
どなたかご存知の方いたら教えてください
1
ナナカマドの花
2017年06月25日 07:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花
1
こんな狭い稜線も歩く
2017年06月25日 07:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな狭い稜線も歩く
ゴゼンタチバナ
2017年06月25日 08:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
クサリ場もあった。
先に進んだ者が、足を着く場をリードします。
2017年06月25日 08:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場もあった。
先に進んだ者が、足を着く場をリードします。
3
アカモノとハクサンチドリ
2017年06月25日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノとハクサンチドリ
2
コケモモ
2017年06月25日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモ
3
このレトロな道標に、ずいぶんと助けられました。
2017年06月25日 08:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このレトロな道標に、ずいぶんと助けられました。
2
キバナノコマノツメ
2017年06月25日 08:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
2
ユキワリソウ
道中たくさん咲いていましたが、これが一番きれいに撮れた
2017年06月25日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキワリソウ
道中たくさん咲いていましたが、これが一番きれいに撮れた
2
これはなんだろう?カキドオシ?
2017年06月25日 08:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなんだろう?カキドオシ?
2
歩いてきた稜線を振り返る。
雲中の稜線を歩いてきたんだあ。感慨無量
2017年06月25日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返る。
雲中の稜線を歩いてきたんだあ。感慨無量
3
ようやく、肩の小屋に到着。
たぶん、我々が今日の一番乗り。
小屋の休憩室入口でしばし休憩。
2017年06月25日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、肩の小屋に到着。
たぶん、我々が今日の一番乗り。
小屋の休憩室入口でしばし休憩。
小屋直下はいつものことながら、残雪が。
いつもより多い気がする。
2017年06月25日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋直下はいつものことながら、残雪が。
いつもより多い気がする。
1
ステップを切って下ります。
※稜線歩きを含み、雪上を歩いたのはここだけです。
2017年06月25日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステップを切って下ります。
※稜線歩きを含み、雪上を歩いたのはここだけです。
1
左肩の稜線(雪原)を下ったことが見てとれます。
2017年06月25日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左肩の稜線(雪原)を下ったことが見てとれます。
1
まだ登ってくる登山者も少ない。
ピーク時は思わぬところで渋滞が発生します。
2017年06月25日 10:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ登ってくる登山者も少ない。
ピーク時は思わぬところで渋滞が発生します。
1
ロープウエイで一気に山麓へ。
2017年06月25日 11:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイで一気に山麓へ。
1
昔の名残。土合駅へ歩かなきゃわからないモニュメント。
上信越高原国立公園なんですね。
2017年06月25日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の名残。土合駅へ歩かなきゃわからないモニュメント。
上信越高原国立公園なんですね。
1
で、土合駅の名物階段へ進む。
2017年06月25日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、土合駅の名物階段へ進む。
渡り廊下?からはきれいな渓谷も見れる。
2017年06月25日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡り廊下?からはきれいな渓谷も見れる。
1
モグラ階段を下り、ようやくホーム。
2017年06月25日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モグラ階段を下り、ようやくホーム。
1
めずらしい~。
カタツムリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めずらしい~。
カタツムリ
1
大障子避難小屋、直下の水場はまだ雪の下。
水場手前の沢から水を補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子避難小屋、直下の水場はまだ雪の下。
水場手前の沢から水を補給。

感想/記録

上信越高原国立公園の谷川連峰3回目の主稜線縦走。
肩の小屋側からにしようか、平標山側からにしようか天気図とにらめっこしながら悩み、新潟県側の平標山側から登山することに。新潟県側から群馬県側に進む方がアップダウンも楽なような気がするのは私だけかなあ。
平標山までの道中では、80歳筆頭の4名の団体さんからマタタビ塩漬けをいただきました。地の精力がつく食べ物のおすそわけに授かり、元気を得ました。
また、我等の荷物を見て大障子まで行くと聞いた一人のおじさんとは、仙ノ倉山まで一緒。抜きつぬかれつも「先を急げ」と随時励ましの言葉をかけてもらいました。
美しい自然もさることながら、出会った人々の優しさも登山の楽しみですね。みなさんに本当に感謝です。
避難小屋に泊まるため、もしかの満パイも視野に、すれ違う人から情報収集をしながら進みました。しかし、心配を外に大障子避難小屋になんなく宿泊できました。懸念の水場は周囲の状況を確認しつつ、通常の水場まで下ることなく小さな沢から採取できました。植生を荒すことなく、かつ臨気な対応と判断が必要となります。
平標山~仙ノ倉山間とは違って、主稜線は厳しく美しい大自然が広がります。夜中から朝方は厳しい風雨でした。
谷川連峰は、ロープウエイ、電車、バスといろいろな乗り物も楽しめます。2日歩いた山中をわずか15分のトンネルで戻るのもなんだか意気な気がします。また行きたいお気に入りの山域です。
訪問者数:432人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ