また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1181639 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

キタダケソウ満開の北岳日帰り

日程 2017年06月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芦安駐車場→広河原:バス1130円、タクシー1200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大樺沢上部二俣から上は急傾斜の雪渓が残ってます
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル ストック カメラ 軽アイゼン

写真

始発のバスですがすでに6:30過ぎてます。広河原から望む北岳。快晴。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発のバスですがすでに6:30過ぎてます。広河原から望む北岳。快晴。
一度右岸に渡り、再び左岸へ戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度右岸に渡り、再び左岸へ戻る。
左岸に戻ってほんのわずかでもう雪渓末端。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に戻ってほんのわずかでもう雪渓末端。
もうすぐ二俣。この辺りで見える大岩は全くどこにあるかわからない。雪多し。右俣にしようかと迷うが、左俣を選択。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ二俣。この辺りで見える大岩は全くどこにあるかわからない。雪多し。右俣にしようかと迷うが、左俣を選択。
上部二俣を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部二俣を望む。
八本歯のコルへの尾根に取りつく。上部二俣からここまでは雪が多いためか様相が違い、ルート間違いやすそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルへの尾根に取りつく。上部二俣からここまでは雪が多いためか様相が違い、ルート間違いやすそう。
取りつきから振り返る。急傾斜なうえ、雪が腐っていて体力を消耗した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつきから振り返る。急傾斜なうえ、雪が腐っていて体力を消耗した。
尾根上の夏道は多少雪が残るところもあるが、ほぼ問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の夏道は多少雪が残るところもあるが、ほぼ問題なし。
八本歯のコル到着。時間と体力を随分費やした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコル到着。時間と体力を随分費やした。
長ーいハシゴと間ノ岳方面への稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長ーいハシゴと間ノ岳方面への稜線。
トラバース分岐到着。小屋の方が作業されてました。感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース分岐到着。小屋の方が作業されてました。感謝。
小屋の方に教えていただいたとおり、キタダケソウ満開。ハクサンイチゲの開花は始まったばかりで、ほぼキタダケソウの群落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の方に教えていただいたとおり、キタダケソウ満開。ハクサンイチゲの開花は始まったばかりで、ほぼキタダケソウの群落。
4
過去何度か北岳に来たが、こんな盛りのキタダケソウは初めて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去何度か北岳に来たが、こんな盛りのキタダケソウは初めて。
7
仙丈側はまだ晴れてる様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈側はまだ晴れてる様子。
3
吊尾根分岐。日帰り予定なので、先を急ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐。日帰り予定なので、先を急ぐ。
頂上手前から北岳山荘方面。この辺りに10mほど雪上を歩く場所があるが、ロープ、ステップあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前から北岳山荘方面。この辺りに10mほど雪上を歩く場所があるが、ロープ、ステップあり。
2
山頂到着。仙丈は見えるが、甲斐駒は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。仙丈は見えるが、甲斐駒は雲の中
1
バットレス寄りにはまだ雪が残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バットレス寄りにはまだ雪が残る。
1
両俣分岐。この直下に数m雪上を歩く場所があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両俣分岐。この直下に数m雪上を歩く場所があった。
1
肩の小屋が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見えた。
1
肩の小屋の天場は雪の下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋の天場は雪の下。
伸びやかな小太郎尾根。ここお気に入りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伸びやかな小太郎尾根。ここお気に入りです。
小太郎尾根分岐。この直下から草すべり分岐間は断続的に雪の上を歩くが、ほぼステップが切られていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐。この直下から草すべり分岐間は断続的に雪の上を歩くが、ほぼステップが切られていた。
草すべり分岐。往復をできるだけ違うルートにしたかったので、草すべりルートへ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草すべり分岐。往復をできるだけ違うルートにしたかったので、草すべりルートへ進む。
池が見えた。手前にミネザクラ。この下に数m雪上になるが、問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池が見えた。手前にミネザクラ。この下に数m雪上になるが、問題なし。
南アルプスらしい、コケむした道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスらしい、コケむした道。
1
こんなベンチが3か所ほどあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなベンチが3か所ほどあった。
大樺沢沿いに戻ってきた。この辺で脚が終わって、急激にペースダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢沿いに戻ってきた。この辺で脚が終わって、急激にペースダウン。
広河原山荘が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘が見えた。
今日も無事に帰ってこられて山に感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事に帰ってこられて山に感謝。
1

感想/記録
by st_oda

バス運行初日にキタダケソウを観に行った。今年は開花が遅れたそうで、まさに満開のキタダケソウを観ることができ大満足。ただし大樺沢左俣は残雪多く、雪も腐り気味なので要注意。
訪問者数:511人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ