また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1189244 全員に公開 ハイキング奥秩父

金峰山、国師ヶ岳 (前半はガス、後半は雨)

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR塩山駅7:30発のバスで大弛峠。
帰り:大弛峠16:00発のバスでJR塩山駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
41分
合計
6時間5分
S大弛峠09:0009:54朝日岳09:5710:51金峰山10:5310:56五丈石11:0811:09金峰山11:1412:48大ナギ12:4913:03朝日峠13:0413:26大弛峠13:2913:59前国師ヶ岳14:0114:10国師ヶ岳14:2215:05大弛峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
先週は、上野原を歩き高温多湿で辛かったので、今週は、なるべく高い所ということで、金峰山に行きました。バスで大弛峠(2365m)まで行くので、体に優しい高低差です。 今回もGPSのログが不調です。(GPSが悪いのではなく、使い方がずぼらだからなのです。)

<大弛峠から金峰山往復>
クルマで大弛峠まで上がれることも有り、多くの人が歩かれていました。さすが百名山ですね。陣馬山〜景信山のような感じでした。私は、あまり樹林帯でないところを歩いていないので、金峰山の手前など緩やかな転石場?の歩き方が今一つ判らず、腰が引けていました。やはり土の樹林帯が相応かも。
金峰山では残念ながらガスで眺望はNGでした。大弛峠〜金峰山間の数箇所のピークでは、そこそこ高度が高いからでしょうか大月周辺の山(1500m超える程度)に較べると登りで直ぐに呼吸が追いつかなくなる感じでした。
天気が良かったら、金峰山の周辺をのんびり歩いて大弛峠に戻ることも考えていたのですが、ガスで景色が今一つだったので大弛峠に引き返しました。
<大弛峠から国師ヶ岳往復>
前国師ヶ岳に向かう途中でポツリと雨が降りはじめ、国師ヶ岳山頂に着いて数分後大粒の雨になりました。山頂標識を撮って、直ぐに引き返しました。遠くで雷の音がしており、雷が近づてこないように祈りながら歩きました。前国師ヶ岳の山頂付近は樹林が無いので、怖くて足早に通過しました。バス待ちの間、大弛小屋で休憩したのですが、付近の山の絵図がとても印象的でした。中でも鶏冠山の絵図が縦構図で気に入りました。
コース状況/
危険箇所等
朝日岳、金峰山(五丈岳手前)に岩場あり、注意して歩きました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
グローブ 1 軍手
ローカット
個人装備品
数量
備考
ザック 30L程度
飲料 700ml消費
熊鈴 使用せず

写真

JR塩山駅7:30発のバス。満員(27名乗り)でした。
2017年07月08日 07:18撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR塩山駅7:30発のバス。満員(27名乗り)でした。
1
途中で乗り合いタクシーに乗り換えて大弛峠にほぼ定刻で到着。
2017年07月08日 08:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で乗り合いタクシーに乗り換えて大弛峠にほぼ定刻で到着。
1
大弛峠から朝日岳手前までは、気持ちよい樹林帯が続きます。
2017年07月08日 09:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠から朝日岳手前までは、気持ちよい樹林帯が続きます。
尾根道の南側にも長野県の標識。県境は単純ではなさそうです。
2017年07月08日 09:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道の南側にも長野県の標識。県境は単純ではなさそうです。
朝日峠通過。
2017年07月08日 09:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日峠通過。
ここで薄手長袖の上から腕をブヨ?に刺されました。 痛いと思ってブヨ?を手で払うと、微量の出血で白いシャツの袖に血がにじむ。腫れて気分が悪くなったら。。。と不安に思ったが、その後、特に腫れはしなかった。ブヨでなかったのかもしれません。
2017年07月08日 09:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで薄手長袖の上から腕をブヨ?に刺されました。 痛いと思ってブヨ?を手で払うと、微量の出血で白いシャツの袖に血がにじむ。腫れて気分が悪くなったら。。。と不安に思ったが、その後、特に腫れはしなかった。ブヨでなかったのかもしれません。
1
朝日岳手前のガレ場。
2017年07月08日 09:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳手前のガレ場。
1
かなり痛んでいる朝日岳の標識
2017年07月08日 09:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり痛んでいる朝日岳の標識
1
朝日岳の西側から見た金峰山。ガスが流れてきています。
2017年07月08日 10:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の西側から見た金峰山。ガスが流れてきています。
2
朝日岳の西側から見た金峰山。その2 ガスで金峰山が見えにくくなりました。
2017年07月08日 10:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の西側から見た金峰山。その2 ガスで金峰山が見えにくくなりました。
1
金峰山まであと少しです。
2017年07月08日 10:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山まであと少しです。
1
金峰山を通り越し、五丈石側から見た金峰山。山梨百名山の標識は五丈石のそばにあります。
2017年07月08日 11:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山を通り越し、五丈石側から見た金峰山。山梨百名山の標識は五丈石のそばにあります。
1
イワカガミも結構がんばって咲いていました。
2017年07月08日 11:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミも結構がんばって咲いていました。
1
金峰山の標識。
2017年07月08日 11:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の標識。
1
あまり高い所には行かないので、樹林帯でない風景がとても新鮮。
2017年07月08日 11:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり高い所には行かないので、樹林帯でない風景がとても新鮮。
1
金峰山から戻る途中で振り返り。
2017年07月08日 11:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山から戻る途中で振り返り。
1
賽の河原から見た金峰山小屋
2017年07月08日 11:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原から見た金峰山小屋
鉄山の東側。立ち入り禁止なのでしょうか?ロープあり。踏み跡は明瞭です。
2017年07月08日 11:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山の東側。立ち入り禁止なのでしょうか?ロープあり。踏み跡は明瞭です。
倒木の上の石積み
2017年07月08日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の上の石積み
1
倒木の根に苔
2017年07月08日 12:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の根に苔
大弛峠に戻り、国師ヶ岳に向かいます。余裕があれば、奥秩父最高点の北奥仙丈岳にも寄ろうと考えていました。
2017年07月08日 13:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠に戻り、国師ヶ岳に向かいます。余裕があれば、奥秩父最高点の北奥仙丈岳にも寄ろうと考えていました。
1
大弛峠から国師ヶ岳までは7−8割程度は木の階段だったような気がします。国師ヶ岳に向かう途中で小雨になり、国師ヶ岳について数分で大粒の雨。久しぶりに雨具を装着しました。
山頂には誰も居なくなりました。
下山の途中、遠くで雷の音がしてきました。前国師ヶ岳の辺りは樹林が無いので、雷が落ちないか不安でした。
2017年07月08日 14:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠から国師ヶ岳までは7−8割程度は木の階段だったような気がします。国師ヶ岳に向かう途中で小雨になり、国師ヶ岳について数分で大粒の雨。久しぶりに雨具を装着しました。
山頂には誰も居なくなりました。
下山の途中、遠くで雷の音がしてきました。前国師ヶ岳の辺りは樹林が無いので、雷が落ちないか不安でした。
1
雨に濡れた木道。味気ないですが、木道は雨のときはありがたいです。時間的には余裕があったのですが、気持ちの余裕なく奥仙丈岳は、パスして大弛峠に向かいました。
2017年07月08日 14:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れた木道。味気ないですが、木道は雨のときはありがたいです。時間的には余裕があったのですが、気持ちの余裕なく奥仙丈岳は、パスして大弛峠に向かいました。
1
夢の庭園。晴れていたら見晴らしが良いのでしょうね。
2017年07月08日 14:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夢の庭園。晴れていたら見晴らしが良いのでしょうね。
1
大弛小屋にあった山の絵図。本にしたら売れそうです。
2017年07月08日 15:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛小屋にあった山の絵図。本にしたら売れそうです。
1
16:00頃の大弛峠。雨ということも有り、乗り合いタクシー以外には自家用車数台でした。
2017年07月08日 15:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:00頃の大弛峠。雨ということも有り、乗り合いタクシー以外には自家用車数台でした。
1

感想/記録

今シーズンは、虫除けにフマキラーのスキンベープミストを携帯しているのですが、ブヨ?(子供も含め)には、あまり効き目はありませんでした。これほど虫の多いところは初めてです。頭からすっぽり顔を覆うネットを装着されている方を見かけましたが、これほど虫が多いと、使いたくなりますね。
日帰りで、金峰山、国師ヶ岳が楽しめるので、眺望を求めて再チャレンジしたいと思います。
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/23
投稿数: 5894
2017/7/9 7:13
 塩山〜大弛峠バス
i-espritさん おはようございます😁

この路線バス初めてですか?
僕は初めて運行された時に何度か利用してます。
車でしか行けず、タクシーだと1万円してましたから空白地帯でした。
マイカー派には反則だと非難されてますが、公共交通機関利用者にとっては有り難いですよ。
上日川とココは栄和交通さんの独壇場ですね。
暫く振りに行きたくなりましたよ☺️

虫除けスプレーは自作するのが良さそうです。
僕は今年は皆さんを倣ってハッカ油など購入しました。
次回山行から利用する予定です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス イワカガミ 倒木 ガレ 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ