また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1194632 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

光岳 易老渡から1泊でもキツカッタ

日程 2017年07月19日(水) 〜 2017年07月20日(木)
メンバー , その他メンバー1人
天候2日間晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
◆行き:中央道松川ICから道の駅遠山郷48Km1時間10分ぐらい
道の駅遠山郷にて車中泊
◆タクシーにて道の駅遠山郷〜易老渡(60分)料金は、¥10000〜¥16000(ジャンボTAXi)人数割です、タクシー会社に問合せしてください。
◆帰り:道の駅遠山郷〜中央道飯田IC 湯〜眠日帰り温泉立寄り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間10分
休憩
1時間20分
合計
10時間30分
S易老渡05:4607:45面平07:4610:38易老岳11:0212:41三吉平14:14県営光岳小屋14:4715:04光岳15:0615:18光石15:3415:52光岳15:5616:16県営光岳小屋
2日目
山行
6時間5分
休憩
21分
合計
6時間26分
県営光岳小屋05:4506:13イザルヶ岳06:2207:24三吉平08:57易老岳09:0510:37面平12:06易老渡12:1012:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
久し振りの登山で足腰の衰弱を痛感、山を好み登るからには日頃より何らかの形で鍛錬の継続が必要だ・・・、
易老岳からの下りで大腿部の筋肉がふにゃふにゃ力入らずメルトダウンを起こしたようだ!!!(g)
コース状況/
危険箇所等
◆コース状況
易老渡〜易老岳
易老渡の駐車場から橋を渡りジグザクの急登を大汗をかき登る。
尾根道の勾配も少し緩やかになり陽の射さない登山道は、コケの着いた大木の生い茂る面平に到着する。
ひんやりとした空気の中休憩を取ると一気に吹き出した汗も止まる。
面平はの表示、易老岳までは1/3の地点まだまだ急登が続く。
番号の表示を追いながらどうにか㉚にたどり着く、そこは茶臼岳と光岳の分かれ、易老岳山頂の三角点はそこから少し離れた所にある、山頂の周囲は木々に覆われ視界はない。

易老岳〜三吉平〜光岳小屋
易老岳からシダと立枯れの林を下り花を楽しみながら進むと右手西方向に視界が広がる”三吉のガレ”そこから見下ろすと深い谷の先は登山口の易老渡か?
先を進むと乾いた泥濘地帯ここ何日も雨が降ってない様子で快適に泥濘地帯を通過三吉平に到着する。
三吉平を過ぎるとゴーロの谷筋の道に変わる、歩き難いキツイ登りが暫く続くが途中から草花に癒され静高平へと進む。
静高平には水場があり冷たい水をたっぷり頂いた。
息を吹返しセンジヶ原へ木道を進むと正面に光岳小屋が見えてくる。

光岳小屋〜光岳〜光石
小屋で宿泊の手続きを済ませ、光岳に向かうダケカンバの林を抜け15分程で光岳の山頂に着く、残念ながら視界なし・・・
更に15分程先の光石に向かう、こちらも視界が悪いが、変わりに沢山の花が迎えてくれた。狭い岩場では充分に注意をしよう!
翌朝、光岳にご来光を見に登ったが山頂からはシラビソの林に視界が開けず小屋に戻る。
小屋の前からは、綺麗なご来光を拝むことが出来た。

光岳小屋〜イザルガ岳
早朝の小屋を出発、センジヶ原では昨日と違った露に濡れた花達と再開。
センジヶ原から右へ10分程でイザルガ岳に、ここからの展望は聖岳・茶臼岳が目の前に、残念ながら富士山は見えず。
その後来た道を登山口の易老渡まで下りた。
その他周辺情報道の駅遠山郷(かぐらの湯)
https://www.michieki.jp/eki/804/
http://tohyamago.com/osusume/kaguranoyu/
光岳小屋
https://www.michieki.jp/eki/804/
殿岡温泉 湯元 湯〜眠
http://www.yu-min.com/
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

遠山郷道の駅前日予約したタクシーに乗ります
2017年07月19日 04:27撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠山郷道の駅前日予約したタクシーに乗ります
2
タクシー発車時刻表
2017年07月19日 04:27撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシー発車時刻表
2
芝沢ゲート開錠通過
2017年07月19日 05:13撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲート開錠通過
3
1時間程で易老渡到着ここから登山開始
ガードレールには何台かの自転車が
2017年07月19日 05:43撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間程で易老渡到着ここから登山開始
ガードレールには何台かの自転車が
3
橋を渡る
2017年07月19日 05:45撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡る
1
熊鈴は付けてきた
2017年07月19日 05:46撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊鈴は付けてきた
2
ジグザクの急登が続き面平に
2017年07月19日 07:26撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザクの急登が続き面平に
1
大木が生い茂る樹林帯
2017年07月19日 07:41撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木が生い茂る樹林帯
3
続く急登㉕残り5
2017年07月19日 09:58撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続く急登㉕残り5
1
一息入れる2254m
2017年07月19日 10:11撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息入れる2254m
2
㉚/㉚終わった
2017年07月19日 10:40撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㉚/㉚終わった
3
易老岳の太陽は頭の上だ
2017年07月19日 10:40撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳の太陽は頭の上だ
2
プラカードみたいな標識は”易老岳”
2017年07月19日 10:46撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プラカードみたいな標識は”易老岳”
4
ゴゼンタチバナ
2017年07月19日 11:09撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
4
マイズルソウ
2017年07月19日 11:10撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ
4
オサバクサ
2017年07月19日 11:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オサバクサ
3
イワオトギリ
2017年07月19日 11:38撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
3
三吉ガレで視界が開けた
2017年07月19日 11:43撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉ガレで視界が開けた
4
カラマツソウ
2017年07月19日 11:49撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
3
ここからゴーロの谷が始まる
2017年07月19日 12:54撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからゴーロの谷が始まる
2
谷のあちこちで花が迎えてくれたイワカガミ
2017年07月19日 12:54撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷のあちこちで花が迎えてくれたイワカガミ
3
ミヤマカタバミ
2017年07月19日 12:55撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
2
ズダヤクシュ
2017年07月19日 12:55撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ
2
ハクサンフーロ
2017年07月19日 13:22撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフーロ
3
キバナコマノツメ
2017年07月19日 13:27撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナコマノツメ
2
ツマトリソウ
2017年07月19日 13:30撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
3
冷たい・美味い・生き返った
2017年07月19日 13:50撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たい・美味い・生き返った
6
センジュヶ原の木道をのんびりと
2017年07月19日 14:04撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジュヶ原の木道をのんびりと
8
ハクサンチドリ
2017年07月19日 14:08撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
3
シナノキンバイ
2017年07月19日 14:08撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
1
光岳小屋が見えてきた
2017年07月19日 14:11撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋が見えてきた
3
光岳(2591m)
2017年07月19日 15:06撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳(2591m)
6
光石はガスが掛てる
2017年07月19日 15:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石はガスが掛てる
2
光石に立ってみる♪
2017年07月19日 15:22撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石に立ってみる♪
10
座ってみる♪
2017年07月19日 15:23撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座ってみる♪
6
ミヤマムラサキ
2017年07月19日 15:30撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマムラサキ
6
ウスユキソウ&ミヤマムラサキ&?
2017年07月19日 15:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ&ミヤマムラサキ&?
3
カラマツソウ
2017年07月19日 15:39撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
2
お世話になります光岳小屋
2017年07月19日 16:14撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になります光岳小屋
2
翌朝、光岳から日の出を待つ
2017年07月20日 04:30撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、光岳から日の出を待つ
4
光岳西側の山々
2017年07月20日 04:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳西側の山々
1
雲海が広がっている
2017年07月20日 04:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が広がっている
1
標識も朝日を受ける
山頂は樹木で視界が効かず日の出の方向が遮られている為小屋まで下りる
2017年07月20日 04:32撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識も朝日を受ける
山頂は樹木で視界が効かず日の出の方向が遮られている為小屋まで下りる
2
雲がだんだんと赤く染まってきた
2017年07月20日 04:33撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がだんだんと赤く染まってきた
1
イザルガ岳の左に白くふた筋
2017年07月20日 04:47撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳の左に白くふた筋
2
センジヶ原の木道が川の流れのように光ってる
2017年07月20日 04:51撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジヶ原の木道が川の流れのように光ってる
3
綺麗・うっとり眺めてると
小屋の方から”食事の準備ができました〜”の小屋番さん
2017年07月20日 04:52撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗・うっとり眺めてると
小屋の方から”食事の準備ができました〜”の小屋番さん
9
早朝のセンジヶ原の花はどれも朝露に濡れている
ミツバオウレン
2017年07月20日 05:49撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝のセンジヶ原の花はどれも朝露に濡れている
ミツバオウレン
2
イワカガミ
センジヶ原の花
2017年07月20日 05:49撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
センジヶ原の花
2
ツマトリソウ
センジヶ原の花
2017年07月20日 05:51撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
センジヶ原の花
2
ミツバオウレン
センジヶ原の花
2017年07月20日 05:53撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
センジヶ原の花
3
ハクサンチドリ
センジヶ原の花
2017年07月20日 05:57撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
センジヶ原の花
2
イザルガ岳から聖岳を見る
2017年07月20日 06:13撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳から聖岳を見る
4
イザルガ岳にて聖岳をバックに
2017年07月20日 06:16撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳にて聖岳をバックに
9
イザルガ岳から聖岳と茶臼岳
2017年07月20日 06:25撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳から聖岳と茶臼岳
7
芝沢の駐車場には20台程の車が
2017年07月20日 12:27撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢の駐車場には20台程の車が
3
ビューポイントから下栗の里を見る
2017年07月20日 12:48撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビューポイントから下栗の里を見る
2
アップで下栗の里を覗く
2017年07月20日 12:48撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで下栗の里を覗く
3

感想/記録

南南アルプスの光岳、この山だけまだ未踏でした。
行きたくても条件が揃わないとなかなか行ける様な山ではありません。
登山口までの林道も、何度もの災害で復旧し易老渡まで入れるようになりましたが一般車の乗り入れは出来ません。
一般車は易老渡の手前6.5Kmの芝沢ゲートまでしか入れずここからは徒歩での移動となります。
この間は今後もマイカーでの乗入れは出来そうもありませんし・・・
自分の体力を考えると光岳は私の中ではどんどんと遠のくばかりです。
今回はそんな中、道の駅遠山郷からタクシーを利用することにしました。
タクシーにより確実に光岳の走破が見えてきましたが、いざ2日間を歩いてみると体力不足を痛感どうにかゴールが出来た状態でした。
最近の山行はこのような反省が多く同行のmiyuunonさんには世話になるばかりです。今後もよろしく!
訪問者数:512人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ