ヤマレコ

記録ID: 1198743 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)、早川尾根

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
下山口の御座石鉱泉から登山口の竹宇駒ヶ岳神社まで、自転車で移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間3分
休憩
1時間42分
合計
8時間45分
Sスタート地点05:1305:14尾白川渓谷駐車場05:1905:22竹宇駒ヶ岳神社06:13笹の平分岐06:55刃渡り07:03刀利天狗07:34五合目小屋跡07:3507:37屏風小屋跡07:3808:03七丈小屋08:1908:44八合目御来迎場08:4809:15駒ヶ岳神社本宮09:17甲斐駒ヶ岳09:3009:31駒ヶ岳神社本宮09:3309:45摩利支天09:5410:06六方石10:1110:23駒津峰10:2710:57仙水峠11:1311:51栗沢山12:0112:37アサヨ峰12:5313:14ミヨシノ頭13:58早川尾根小屋
2日目
山行
3時間43分
休憩
1時間1分
合計
4時間44分
早川尾根小屋03:5604:13広河原峠04:1404:39赤薙沢ノ頭04:4204:48白鳳峠04:5605:24高嶺05:3005:52アカヌケ沢の頭05:5506:01地蔵ヶ岳06:0806:29鳳凰小屋06:4307:22燕頭山07:3108:29御座石鉱泉08:3908:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 ツェルト ナイフ カメラ シュラフカバー

写真

御座石鉱泉にMTBをデポしてから、車で竹宇駒ケ岳神社へ。5時20分に駐車場からスタート。
2017年07月15日 05:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉にMTBをデポしてから、車で竹宇駒ケ岳神社へ。5時20分に駐車場からスタート。
刃渡りを通過。危険なところは特にありません。
2017年07月15日 07:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りを通過。危険なところは特にありません。
1
五合目の広場。休憩するにちょうど良いスペースです。
2017年07月15日 07:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目の広場。休憩するにちょうど良いスペースです。
五合目から七丈小屋までの険しい登りが続きます。
2017年07月15日 07:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目から七丈小屋までの険しい登りが続きます。
1
七丈小屋。早川尾根小屋で水が入手できるかわからなかったので、ここでたくさんくんでいきました。
2017年07月15日 08:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋。早川尾根小屋で水が入手できるかわからなかったので、ここでたくさんくんでいきました。
だいぶ高いところまで登りました。
2017年07月15日 08:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ高いところまで登りました。
山頂が見えてきました。
2017年07月15日 08:46撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました。
どこが登山ルートなのか、ここから見てもさっぱり分かりません。
2017年07月15日 08:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこが登山ルートなのか、ここから見てもさっぱり分かりません。
1
山頂の祠が見えます。
2017年07月15日 09:18撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠が見えます。
1
山頂に到着。4時間近くかかりました。テン泊装備を担いでのタイムとしては上出来でしょうか。
2017年07月15日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。4時間近くかかりました。テン泊装備を担いでのタイムとしては上出来でしょうか。
1
山頂からの風景。
2017年07月15日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの風景。
1
白根三山方面。
2017年07月15日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根三山方面。
富士山と地蔵岳。
2017年07月15日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と地蔵岳。
1
仙丈ケ岳。
2017年07月15日 09:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳。
摩利支天に寄り道。
2017年07月15日 09:52撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天に寄り道。
1
摩利支天からの甲斐駒ヶ岳は迫力があります。
2017年07月15日 09:52撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天からの甲斐駒ヶ岳は迫力があります。
1
仙水峠で休憩。
鳳凰小屋まで歩く予定でしたが、予定より遅れているので、目標を早川尾根小屋に変更しました。
2017年07月15日 11:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙水峠で休憩。
鳳凰小屋まで歩く予定でしたが、予定より遅れているので、目標を早川尾根小屋に変更しました。
1
栗沢山。
サントリーのCMの影響で人気が上がり、最近急に登山者が増えたそうです。
2017年07月15日 11:58撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山。
サントリーのCMの影響で人気が上がり、最近急に登山者が増えたそうです。
1
甲斐駒ヶ岳を振り返ったところ。
2017年07月15日 11:58撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳を振り返ったところ。
これから歩く早川尾根。美しい尾根です。
2017年07月15日 11:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く早川尾根。美しい尾根です。
アサヨ峰。360度パノラマの絶景!
2017年07月15日 12:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰。360度パノラマの絶景!
1
早川尾根小屋への稜線歩き。栗沢山山頂までに比べると登山者は激減しますが、踏み跡は明瞭です。
2017年07月15日 13:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋への稜線歩き。栗沢山山頂までに比べると登山者は激減しますが、踏み跡は明瞭です。
1
早川尾根小屋に到着。営業期間外ですが、小屋は開放されています。水場は、水量は少なめですが、水が出ていました。
2017年07月15日 14:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋に到着。営業期間外ですが、小屋は開放されています。水場は、水量は少なめですが、水が出ていました。
2
ツエルトを設営。今回は、傍にあった木の幹を利用してみました。
2017年07月15日 14:30撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツエルトを設営。今回は、傍にあった木の幹を利用してみました。
1
2日目は3時56分に出発し、地蔵岳方面へ。
2017年07月16日 04:13撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は3時56分に出発し、地蔵岳方面へ。
早川尾根を南に進むにつれて、北岳が少しずつ形を変えていくのが面白いです。
2017年07月16日 04:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根を南に進むにつれて、北岳が少しずつ形を変えていくのが面白いです。
1
雲海に浮かぶ島のような八ヶ岳。
2017年07月16日 04:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ島のような八ヶ岳。
1
正面に高峰。その左にオベリスク。
2017年07月16日 04:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に高峰。その左にオベリスク。
1
白鳳峠を通過。
2017年07月16日 04:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鳳峠を通過。
高嶺への登り。最初はハイマツ帯の道。
2017年07月16日 04:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺への登り。最初はハイマツ帯の道。
次第にゴーロの道になり、最後はロッククライミングのような岩稜帯。
2017年07月16日 05:25撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第にゴーロの道になり、最後はロッククライミングのような岩稜帯。
高嶺の山頂に着きました。
2017年07月16日 05:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺の山頂に着きました。
1
左から、観音岳、薬師岳、富士山。
2017年07月16日 05:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、観音岳、薬師岳、富士山。
1
広河原から北岳山頂までのルートが一望できました。
2017年07月16日 05:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から北岳山頂までのルートが一望できました。
白砂のビーチのような景色。
2017年07月16日 05:41撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂のビーチのような景色。
アカヌケ沢の頭。
2017年07月16日 05:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヌケ沢の頭。
目の前に、大迫力のオベリスク。
2017年07月16日 05:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に、大迫力のオベリスク。
1
観音岳と富士山。
2017年07月16日 06:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳と富士山。
オベリスク登頂は、今回はパス。
2017年07月16日 06:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスク登頂は、今回はパス。
鳳凰小屋は大繁盛していました。
2017年07月16日 06:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋は大繁盛していました。
1
燕頭山。最近まで「えんとうざん」と思っていましたが、「つばくらあたまやま」と読むらしいです。
2017年07月16日 07:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕頭山。最近まで「えんとうざん」と思っていましたが、「つばくらあたまやま」と読むらしいです。
燕頭山山頂はサルオガセが独特の雰囲気を醸しだしていました。
2017年07月16日 07:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕頭山山頂はサルオガセが独特の雰囲気を醸しだしていました。
1
御座石鉱泉に到着。
2017年07月16日 08:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉に到着。
MTBで竹宇を目指しました。御座石林道から峠越えのルートです。
2017年07月16日 08:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MTBで竹宇を目指しました。御座石林道から峠越えのルートです。
1
99%舗装されているので、ロードバイクでも大丈夫です。
2017年07月16日 09:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
99%舗装されているので、ロードバイクでも大丈夫です。

感想/記録

昨年歩き損ねて、ずっと宿題として残されていた早川尾根を、ようやく歩くことができました。コースタイム24時間の道のりを、軽量テン泊装備、1泊2日でプランしました。早川尾根小屋に泊まる人が予想以上に多くて驚きました。テントサイトはほとんど埋まっていました。早川尾根小屋〜高嶺は、静かな山歩きができて、山頂からの景色も良く、素晴らしい稜線でした。
訪問者数:271人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ