ヤマレコ

記録ID: 1199598 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

悪沢・赤石・聖 山小屋一泊二日で

日程 2017年07月16日(日) 〜 2017年07月17日(月)
メンバー
天候曇り・雨・曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間38分
休憩
49分
合計
10時間27分
Sスタート地点05:0905:20滝見橋06:30小石下06:3107:35蕨段07:3607:43見晴岩08:22駒鳥池08:48千枚小屋08:5709:30千枚岳09:4110:17丸山10:1810:40悪沢岳10:4811:32荒川中岳避難小屋11:3311:37中岳11:52お花畑(荒川前岳南東斜面)12:16荒川小屋12:2512:49大聖寺平13:34小赤石岳13:3513:43赤石岳・小赤石岳間分岐13:4614:03赤石岳14:0514:11赤石岳避難小屋14:1215:11百間平15:1215:36百間洞山の家
2日目
山行
7時間38分
休憩
17分
合計
7時間55分
百間洞山の家04:5205:33中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)05:48中盛丸山05:5106:26小兎岳06:57兎岳08:16聖岳08:1908:50小聖岳08:5109:12薊畑分岐09:1309:24聖平小屋分岐09:2509:29聖平小屋10:15滝見台10:42乗越11:00造林小屋跡11:19聖沢吊橋11:58聖沢登山口12:0612:39牛首峠12:47椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
慎重に足を運ぶところはあるが危険な個所はない
その他周辺情報残念ながら手頃な登山後の温泉場所はない。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

椹島ロッジから登山口まで歩く。ここから登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島ロッジから登山口まで歩く。ここから登山口
1
いきなり滝が流れていて綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり滝が流れていて綺麗
1
吊り橋を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ります
1
千枚小屋あたりで富士山の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚小屋あたりで富士山の眺望
1
千枚岳到着。急登でもなく緩やかでもないずっとダラダラとした登り。途中、林道を2回渡るところがあり、、、、こっちは登山道一生懸命上ってるのにと、、、白けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳到着。急登でもなく緩やかでもないずっとダラダラとした登り。途中、林道を2回渡るところがあり、、、、こっちは登山道一生懸命上ってるのにと、、、白けます。
2
左端が聖、そして赤石、小赤石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端が聖、そして赤石、小赤石
2
丸山山頂 早くも眺望が頂上が雲に隠れて今一歩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山山頂 早くも眺望が頂上が雲に隠れて今一歩
1
悪沢頂上までもう一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢頂上までもう一息
悪沢頂上 ここまでの道は岩場もなく、悪沢の名前負けで拍子抜け 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢頂上 ここまでの道は岩場もなく、悪沢の名前負けで拍子抜け 
2
荒川中岳、立派な山容
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川中岳、立派な山容
4
途中にお花畑も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にお花畑も
1
中岳到着 天気は完全に下り坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳到着 天気は完全に下り坂
2
赤石頂上までに何度もぬか喜びさせられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石頂上までに何度もぬか喜びさせられます。
3
ようやく本物の頂上。しかし、天気は完全に下り坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく本物の頂上。しかし、天気は完全に下り坂
3
赤石避難小屋下からの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石避難小屋下からの下り
1
足場は石、、延々と下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場は石、、延々と下り
1
百諒燭隆波弔縫曠辰箸垢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百諒燭隆波弔縫曠辰箸垢
1
天気が良ければ最高に気持ちいいだろう百諒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければ最高に気持ちいいだろう百諒
まだまだ下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下り
ようやく山小屋到着 百瞭胸海硫函助かるー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山小屋到着 百瞭胸海硫函助かるー
3
ごはんも悪くない 夕食時間は3回に分けられてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごはんも悪くない 夕食時間は3回に分けられてました
5
山小屋満杯 寝付けなかった ほとんどの人が朝食抜きで早出。朝食組は3人だけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋満杯 寝付けなかった ほとんどの人が朝食抜きで早出。朝食組は3人だけでした。
1
山小屋から軽く上った後
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋から軽く上った後
1
この辺りはライチョウの宝庫 道すがら兎岳まで別々に合計3羽いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはライチョウの宝庫 道すがら兎岳まで別々に合計3羽いました
2
一向に天気が良くならない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一向に天気が良くならない
と言っているうちに兎岳 ここまで小屋から2時間ぐらい経過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言っているうちに兎岳 ここまで小屋から2時間ぐらい経過
1
お、聖岳か?(そんなわけない)。この後、聖まで、ピーク3、4つくらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、聖岳か?(そんなわけない)。この後、聖まで、ピーク3、4つくらい
赤石山脈の本領発揮
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山脈の本領発揮
1
ようやく到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく到着
3
聖からの下り、一転して延々とザレ場。これ上ってくるの大変だろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖からの下り、一転して延々とザレ場。これ上ってくるの大変だろうな。
聖平小屋へと続く木道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平小屋へと続く木道
小屋到着 こっからは余裕だろうと思いきや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋到着 こっからは余裕だろうと思いきや
2
最初は延々と平たんな道なので舐めてましたが、かなり踏みごたえある下山路でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は延々と平たんな道なので舐めてましたが、かなり踏みごたえある下山路でした
えー!こっからまだ3時間もかかるの?そんなー。バスに間に合わんだろうが。この表示板のせいでこっからダッシュで降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えー!こっからまだ3時間もかかるの?そんなー。バスに間に合わんだろうが。この表示板のせいでこっからダッシュで降りる。
1
聖沢登山口にようやく到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖沢登山口にようやく到着
1
聖沢登山口から椹島まで上る。途中でバスに抜かれる悲しさよ。拾ってくれる素振りすら感じず。この抜いていったバスに乗らねば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖沢登山口から椹島まで上る。途中でバスに抜かれる悲しさよ。拾ってくれる素振りすら感じず。この抜いていったバスに乗らねば。
1
林道からこっちに最後の山道で降りるとバスの乗り場に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からこっちに最後の山道で降りるとバスの乗り場に

感想/記録

前日に椹島ロッジで一泊しているので実質的には2泊3日です。

3連休、東京からの東名高速は大渋滞。かつ、東名高速降りてからがこれまた長いドライブ。27号から途中189号にのって、井川に行かなければならないのに、カーナビの指示で27号で登っていくと。。。。上落合で通行止め。なんとか15:00に畑薙ダムの臨時駐車場について最終バスに乗れたけど、バスの出発は1分も待たなかったので本当に余裕のある出発をお勧めいたします。

肝心の山ですが、椹島ロッジで朝5:00の朝食の後、急ぎ出発。荒川小屋12:30まで着ならば、そのまま百瞭胸海硫箸泙任い韻襪隼廚い泙后8畍4時までに洞山につかないと、夕食受付に間に合いません。。。。洞山の朝食は午前4:30から。聖岳降りてから、聖沢登山口までの登山道がかなりのロングコース。慌てる必要はないですが、あまりゆっくり降りてると帰りのバスに間に合わなくなるので注意。
訪問者数:918人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/17
投稿数: 497
2017/7/18 17:16
 すごいですね
はじめまして
南ア深南部はこの3座をまるまる残していて
しかも百瞭胸海硫箸離肇鵐ツが夕食という
これは魅力的なプランですね!
もちろん体力勝負なんでしょうけど・・・

せいぜい赤石・悪沢で荒川小屋のカレーかな?と
考えてましたけど、プランの幅が広がりました

ところで、このコースだと椹島の送迎バスは
百瞭胸海硫箸1泊という事でOKなんですか?
登録日: 2014/5/26
投稿数: 4
2017/7/19 7:38
 Re: すごいですね
一泊で大丈夫ですよ。百瞭胸海貿颪泙辰浸に貰うレシートをなくさないようにしてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ