また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1212539 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

カムイエクウチカウシ山【214/301】小雨降るなか、ヒグマ情報にビビりながらの登山になりました。

日程 2017年07月30日(日) 〜 2017年07月31日(月)
メンバー
 syowa08(CL)
, その他メンバー2人
天候30日 晴れのち曇り
31日 曇り時々小雨・霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札内川ヒュッテ 前、駐車場

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間34分
休憩
14分
合計
3時間48分
S札内川ヒュッテ10:4010:47コイカクシュサツナイ岳登山口12:23七ノ沢出合12:3614:25八ノ沢出合14:2614:28宿泊地
2日目
山行
13時間55分
休憩
1時間27分
合計
15時間22分
宿泊地04:5207:02三股08:57八ノ沢カール08:5810:39カムイエクウチカウシ山11:0012:03八ノ沢カール12:1413:36三股13:3715:25宿泊地16:1316:15八ノ沢出合16:1818:04七ノ沢出合18:0520:03コイカクシュサツナイ岳登山口20:0420:14札内川ヒュッテ20:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日本二百名山
八ノ沢テント場⛺で2泊を予定していたが雨で体が冷えてしまい、一泊にて撤収した。
コース状況/
危険箇所等
【札内川ヒュッテ⇆八ノ沢出合】
▪ヒュッテ前ゲートからトンネル二本を抜けるまで、舗装路が続く。
▪二つ目のゲートを抜けると、整備された未舗装路となり七ノ沢まで続く。
▪七ノ沢から出合まで札内川を上流から見て中洲・左岸、ときおり右岸と徒渉しながら進みました。
▪徒渉の際、沢履を使い岩の上を渡り歩きましたが、浅瀬と思われるところは、水に入りました。膝下を濡らし、火照る体を冷やしました。
▪八ノ沢を登らずに本流を進んでしまう方がおられるようです。
【八ノ沢出合⇆八ノ沢カール】
▪上流から見て左岸側を歩きました。岩の上に設けられた石積みのケルンや木々につけられたピンクリボンを目印に進みました。
▪滝下に雪渓が残っていましたが軽アイゼン無しで歩くことが出来ました。
【八ノ沢カール⇆1700mコル】
▪九十九折を進みました、新し目のクマの糞を目にすることもありました。
▪ウメバチソウ・ミソガソウ ・・・など黄色・白色・紫色と花畑の中を靴を濡らしながら歩きました。
【1700mコル⇆山頂】
▪ハイマツ帯の藪漕ぎでびしょ濡れになりました。
▪地図に現れない起伏が1時間ほど続きました。
その他周辺情報31日は、ヒュッテで宿泊
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

10:44
トンネルの先に見える光に向け足を進めました。
2017年07月30日 10:44撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44
トンネルの先に見える光に向け足を進めました。
10:57
未舗装路をしばらく進むと、大きなゲートが待ち受けていました。
2017年07月30日 10:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:57
未舗装路をしばらく進むと、大きなゲートが待ち受けていました。
1
12:07
未舗装路終点近くまできました。
大きくえぐれた場所がありました。
2017年07月30日 12:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:07
未舗装路終点近くまできました。
大きくえぐれた場所がありました。
12:51
渡渉や森の中を歩き、八ノ沢を目指しました。
2017年07月30日 12:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:51
渡渉や森の中を歩き、八ノ沢を目指しました。
14:23
八ノ沢の出合までもう少し。
2017年07月30日 14:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:23
八ノ沢の出合までもう少し。
1
14:30
ヒュッテを出発して4時間でテント場に到着。
2017年07月30日 14:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30
ヒュッテを出発して4時間でテント場に到着。
14:55
テントを設営し、明日への準備に取り掛かりました。
2017年07月30日 14:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:55
テントを設営し、明日への準備に取り掛かりました。
2
5:19
八ノ沢の沢登り
2017年07月31日 05:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:19
八ノ沢の沢登り
6:11
小雨の中を進みました。
2017年07月31日 06:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:11
小雨の中を進みました。
6:11
周りを見渡すと雪渓が残っていました。
2017年07月31日 06:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:11
周りを見渡すと雪渓が残っていました。
7:30
滝の右手にある森中の急坂を登りました。
2017年07月31日 07:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30
滝の右手にある森中の急坂を登りました。
2
10:40
カムエク山頂到着
2017年07月31日 10:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40
カムエク山頂到着
2
残念ながら山頂名板を見つけることはできませんでした。
2017年07月31日 10:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら山頂名板を見つけることはできませんでした。
2
11:31
ハイマツ帯で「びしょびしょ」になりながら下山しました。
2017年07月31日 11:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:31
ハイマツ帯で「びしょびしょ」になりながら下山しました。
11:48
熊の糞?
2017年07月31日 11:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:48
熊の糞?
1
11:58
カールまで下ってきました。
2017年07月31日 11:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:58
カールまで下ってきました。

感想/記録

昨年、登ることができなかったカムエクにリベンジしました。残念ながら、晴れ間が見えたのは、八ノ沢の出合までで、それ以降は、霧や小雨の中の山行となってしまいました。以前、幌尻岳登山の際に沢歩きを経験しましたが、荷が軽かったこともありあまり苦に思いませんでしたが、今回は、重装備となり厳しい登山になりました。
天気が良ければ、出合で二泊といったゆっくり山行という計画でしたが、2日目は、雨と汗で体中がびっしょりと濡れてしまい、また、テント場も雨で火をおこすにも起こせない状況となってしまい、カムエクの奥深さを痛感しました。またの機会があれば、自転車持ち込みで日帰り登山に挑戦したいと思います。
訪問者数:673人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ